1日保険を徹底解説!補償内容から支払い方法を紹介

1日保険を徹底解説!補償内容から申し込み・支払い方法を紹介!

 

 

自動車を所有していなくても、免許を持っていれば、家族や友人の運転の代わりをするなど、きっと運転する可能性がありますよね。しかし、いざ自動車を運転することになった時、「自動車保険はどうすればいいの?」と困ってしまう方も多いと思います。


 

1日自動車保険って何?

 

自動車保険は、自分自身の自動車を所有していれば加入することができますが、自分自身の自動車を所有していないということは、保険の対象となる自動車がないため、一般的に多い1年契約の自動車保険には加入することができません。しかし、1日だけ代理で運転するドライバーのための、「1日自動車保険」という保険商品があることをご存知でしょうか?

 

この1日自動車保険は任意の自動車保険ですが、自賠責保険では補償の対象外となる車両の修理費や、慰謝料などがカバーできますので、自動車に乗り慣れていないドライバーにとっては、必須の保険といえるでしょう。
それでは順番に、1日自動車保険についてみていきましょう。

1日自動車保険の必要性

 

もしあなたが自分の自動車を所有していないため自動車保険に入っておらず、他人の自動車を運転する機会があるのであれば、1日自動車保険への加入を強くお勧めします。なぜなら、1日自動車保険に加入することで、自分のみならず相手をも守ることができるからです。

 

例えば、他人の自動車を運転中に事故やトラブルに巻き込まれた場合、思いもよらない高額な修理費や慰謝料を請求される可能性があります。もしあなたが自分の自動車を所有していて、自動車保険にも加入していれば、「他車運転特約」といって、借りた車を自分の車とみなして保険金を受け取ることができますが、保険に加入していなかった場合、高額な賠償金や慰謝料、修理費などの費用を支払うことができるでしょうか?

 

こんな時に助かった!

 

友人や知人の自動車を借りるとき、「自動車の所有者が保険に入っているから、もし事故をしてもその保険があるから大丈夫だろう」と考えるのは危険です。もし車両に傷をつけ修理が必要になった場合、所有者の保険を利用してしまうと、等級が3等級ダウンしてしまうほか、次年度以降の保険料がぐっと上がってしまいます。自分の借りていた時の傷のために次年度の保険料を上げてしまうのは、やはり人として考えものですよね。
1日自動車保険は手軽に加入することができるため、他人の自動車を借りるときは、貸してくれる相手へのマナーとして加入しておくことが無難です。

1日自動車保険の対象者は?

 

1日自動車保険の対象者は、主に「自動車を所有していない若者」です。スマートフォンがあればどこでも契約することができる上、保険料も500円からと手軽で便利に利用できるようになっています。

 

ただし、1日自動車保険の対象となる自動車は、基本的に自家用乗用車(普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車)となり、高額車両は対象外です。例えば、高級スポーツカーやキャンピングカー、タクシー、バス、バイクなどの運転は認められませんので、そういった車種を運転する機会があるのであれば、事前に保険会社へ問い合わせしておきましょう。

 

また、本人や配偶者名義の自動車を運転する場合や、法人名義の自動車を運転する場合、車検が切れている車を運転する場合も対象外です。レンタカーの場合、レンタカー会社で専門の自動車保険がありますので、レンタカーを借りる際にそちらで加入しましょう。

 

1日自動車保険に加入するケースで最も多いのが、「友人・知人名義の自動車を借りるとき」と、「親や兄弟名義の自動車を借りるとき」です。一般的に自動車保険の対象となる自動車は、「本人名義の自動車であること」が必要ですが、1日自動車保険の場合、名義変更は必要ありません。また、他人の自動車を借りることが前提となっているので、契約手続き自体、とてもスムーズに行えることが魅力的ではないでしょうか。

保険料はいくら位で入れるの?

 

現在販売されている1日自動車保険の保険料は、1日500円から加入することができます。この1日の考え方は各保険会社によって異なりますが、「1日=加入した日の24時まで」の場合と、「1日=加入した時間から24時間」の場合がありますので、必ず契約する際にチェックしておきましょう。
※現在は24時間制の方が多くなっているようです。

 

500円からというのは、オプションをセットすると保険料が少し高くなるからです。車両保険や社内手荷物特約などをつけると、1500円~2000円前後になりますが、運転初心者の方はセットしていても損はないでしょう。

 

また、この1日保険は契約期間の延長が可能です。借りていた自動車で遠出をしていたけれど、渋滞に巻き込まれてしまって、運転時間が長引きそう・・・という場合は、スマートフォンで簡単に継続できますので、必ず保険期間の延長をしておきましょう。

加入方法・流れ

 

加入方法は、スマートフォン、セブンイレブン、保険代理店での手続き方法がありますが、代理店経由の場合、導入している代理店が少ないのと、セブンイレブンの場合、保険会社が三井住友海上のみになるため、各社を比較するのであればスマートフォンからの契約が便利でしょう。スマートフォンであれば24時間いつでもどこでも契約できるので、おすすめです。

 

保険料の支払い方法は、スマートフォンからの契約は携帯電話代と合わせて請求となり、セブンイレブンの場合はレジで現金またはnanacoで支払います。

 

加入の流れは以下の通りです。

 

<スマートフォンの場合>

 

  • スマートフォンでお客さま情報を入力し、運転免許証の登録を行う
  • 情報登録後、利用しているキャリアでの決済を行う
  • スマートフォンの画面上に「契約申し込み完了」の画面が出れば、手続き完了

 

<セブンイレブンの場合>

 

  • マルチコピー機で申し込み手続きを行う
  • レジで支払いを行い、手続き完了

 

セブンイレブンの場合、①の前に事前にネットから仮申し込みを行うことで、店頭での手続きがスムーズになります。インターネット環境があれば、あわせて利用しましょう。

ペーパードライバーでも大丈夫?

 

ペーパードライバーの方だと、特に「自動車の運転自体、久しぶり」という方も多いと思います。そんな方にも1日自動車保険はとてもおすすめです!1日自動車保険の主なターゲットは、自動車を所有していない人なので、もちろんペーパードライバーの方も対象です。しかし、他人に借りた自動車を傷つけたらどうしよう・・・と不安も大きくなりがちですよね。

 

そんなペーパードライバーの方に向けて、お得な保険料でより充実したオプションも用意されています。500円プランには車両保険がセットされていませんが、2000円前後の「車両付き」プランであれば、より安心も大きいと思います。ペーパードライバーの方は、ぜひ車両保険ありタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

1日自動車保険の口コミ・評価

 

○こんな場面で利用しました!

 

●帰省中、実家の車を運転することになりましたが、ペーパードライバーで久々の運転が心配でした。しかも実家の保険は「本人・配偶者限定」で、私は補償の対象外だったので、1日自動車保険を利用しました。合計4日ほど利用したのですが、自分にも保険があることで安心して運転できました。

 

●友人と一緒にゴルフへ行くことになりました。長時間の運転が予想されたので、交代で運転することになったのですが、万が一自分が運転中に事故を起こしたら、友人の保険を使うことになり迷惑になると思ったので、自分の補償は自分でかけておこうと思い、1日自動車保険に加入しました。

1日自動車保険のメリット・デメリット

 

メリットを紹介

 

複雑な契約手続きは一切なし!

 

これまでの保険といえば、代理店で加入するのが一般的でした。しかし1日自動車保険は、スマートフォンから契約できることと、24時間、場所を選ばずに契約できるので、とても便利です。

保険料が格安!

 

やはり1日自動車保険の最大の魅力は、保険料が500円から加入できることではないでしょうか。オプションを付帯しても格安で加入できるので、格安な保険料で安心を得ることができます。

急な場面にも対応!

 

免許を持っていると、予期しないタイミングで自動車を運転しなければならない、そんな場面も考えられますよね。1年間の自動車保険の場合、契約始期日を決定し、申込書を送付してから保険会社の承認を得て、ようやく契約がスタートする・・・という流れのため、契約開始日まで時間がかかります。
一方、1日自動車保険の場合、スマートフォンさえあればその場で契約することができるので、急な場面にも対応することが可能です。

最大で7日間加入できる!

 

1日自動車保険は、連続して最大7日間契約することができます。1週間以内で自動車を借りる予定があるのであれば、1度の契約で手続きが完了するので、便利に利用できます。

 

1日自動車保険のデメリット

 

スマートフォンのキャリアや機種が限られる

 

実はこの1日自動車保険、スマートフォンならすべて対応しているわけではなく、各保険会社の提携している大手キャリアのものや、自分名義のスマートフォンである必要があるなど、いくつか条件があります。
例えば、格安スマホを利用している場合や、他人のスマートフォンから契約しようとする場合、利用できないことがあります。その場合は、1日自動車保険を販売しているセブンイレブンで加入することができますが、スマートフォンの利便性よりは少し劣ります。

コンビニエンスストアが限られる

 

現在、コンビニエンスストアで直接加入できるのは「セブンイレブン」のみとなっています。また保険会社も「三井住友海上」に限られています。もし契約したい保険会社があるのであれば、デメリットとなるでしょう。

8日以上利用する場合、再度加入する必要がある

 

メリットの中で「7日間連続で契約できる」とお伝えしましたが、延長も含め最大7日となるため、もし8日以上になる場合、いったん8日目で新たに契約する必要があります。8日以上借りる予定があれば、少し面倒ですね。

【まとめ】上手に生かして1日保険を活用しよう

 

1日自動車保険は、自動車を所有していない人にとって、手軽に運転時の安心を買うことができる商品です。特に自動車離れが進んでいると言われている若い世代にとっては、いきなり自動車を購入するのは二の足を踏むけど、運転はしたい!でも保険に入れない…と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

1日自動車保険は、そんな若い世代を応援する意味もある保険なのです。1日自動車保険を利用して自動車を運転することで、少しずつ運転の楽しさを知り、自動車を買いたい!と思うきっかけになれば最高ですよね。しかも良いことに、1日自動車保険にはリピーター割引制度があり、1日自動車保険が次第に安くなるのはもちろんのこと、本格的に自動車を購入したときの保険も安くなる仕組みがきちんと整備されています。

 

新しい世界へ一歩踏み出すきっかけとして、まずは1日自動車保険への加入から検討してみるのもよいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド