コンパクトカー

コンパクトカー

 

 

「コンパクトカー」と言われて、どのような車種があるのかパッと思いつく方は少ないかもしれません。

 

人気車種である「アクア」「ヴィッツ」「デミオ」など、
これらはすべて「コンパクトカー」に区分されています。

 

年齢性別問わず人気の「コンパクトカー」に的を絞って、
保険契約時のポイントを紹介します。


コンパクトカーの概要

 

コンパクトカーとは

 

 

コンパクトカーとは、実は明確な定義が存在しません。

 

一般的に普通車の、5ナンバー枠の車でありその中からさらに小型の車を表します。

 

    ●5ナンバーの規格

     

  • 全長   :4,200mm以下
  • 全幅   :1,700mm以下
  • 全高   :2000mm以下
  • 排気量  :2000cc以下(5ナンバー)

※因みに軽自動車はコンパクトカーでは無く軽自動車枠に入ります。

 

 

軽自動車

5ナンバー車

5ナンバー車

3ナンバー車

3ナンバー車

N BOX

フィット

ヴォクシー

クラウン

全長(mm)

3,395

3,900

4,695

4,895

全幅(mm)

1,475

1,695

1,695

1,800

高さ(mm)

1,780

1,525

1,825

1,460

排気量(cc)

660

1,339

1.986

2,499

 

軽自動車よりもサイズが大きい分、室内空間は広々としているにも関わらず、ボディサイズが小さいため、小回りが利きやすい車種というのも人気のポイントです。
自動車販売台数からみても、軽自動車の次に販売実績の多い車種となっており、世代を問わず選ばれていますね。

 

こんなコンパクトカーが売れている!

 

人気のコンパクトカーの例に挙げるておきますね。

  • トヨタ・・・アクア、ヴィッツ、パッソ、スペイド
  • 日産・・・マーチ、ノート
  • スズキ・・・ソリオ、スイフト
  • ホンダ・・・フィット
  • マツダ・・・デミオ

CMでもよく見かける顔ぶれです!
2016年の時点では、これらの車種がコンパクトカーの販売実績を牽引しているようです。

 

どんな時に使い勝手がいいの?

 

コンパクトカーの購入を考えたとき、必ず考えることが「軽自動車とどちらの方がお得かな?」という点ですよね。ここでは比較する際のメリットとデメリットを上げました。

 

助かった事
  • 小さな車が欲しいけど、軽自動車だと安全性が…というユーザーにピッタリのサイズ感
  • 最新の軽自動車と比べると、本体車両価格にあまり差がなくなってきており、軽自動車よりも安く購入できることがある
  • 室内空間が広々としているので、ファミリーカーとしても使える
  • 安全面でも軽自動車よりボディが強化されているため安心

 

少しマイナスポイント
  • ボディサイズが小さくても、あくまでも「普通車」のため、税金の優遇を受けることができない
  • 小回りの利くサイズ感で作られているため、連続長距離走行に不向き。長時間運転は疲労が溜まりやすい

 

維持費は安くあがるの?

 

最近のコンパクトカーは、どの車種も「20Km以上/L」走ります。

 

特にトヨタのアクアは「37Km/L」、ホンダのフィットハイブリッドは「36.4Km/L」と、コンパクトカーの中ではダントツで燃費のよい車種となっています。
(アクアもフィットも「ハイブリッド車」のため、特に燃費がよいという点もあるかもしれません。ハイブリッド車については、ハイブリッドカーの保険を読んでみてください)

 

コンパクトカーは税金が安いのはもちろんですが、タイヤなど消耗品も安く上がりますので、通勤用に車が欲しいという人などにはとても助かります。

コンパクトカーの任意保険 【実例・見本】

 

 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・車対車+A・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 9等級(継続・乗り換え)

 

26歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・フィット 26歳以上 ソニー損保 72,980円 53,400円 37,790円
アクサダイレクト 90,760円 70,520円 48,650円
三井ダイレクト 75,670円 57,320円 42,740円
損保ジャパン 274,510円 225,600円 148,050円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

コンパクトカーの保険の選び方

 

 

お待たせしました!
ここから保険の話になりますので宜しくお願い致します。

 

コンパクトカーの場合、任意保険はどのような内容で加入するのがよいか分かりますか?

 

ここでは私のおススメの補償内容をご紹介します。


 

STEP1 どこの保険会社で加入する?

 

コンパクトカーのドライバーさんは、多くは「通勤・通学」または「日常・レジャー」で利用される方がほとんどではないでしょうか?
長距離ドライブも頻繁でなく、デイリーユーズの方が多くを占めていると思います。

 

そんな人には、保険料が安くなる「ダイレクト型」の保険会社での加入をおススメします。

 

走行距離によって保険料が安くなる割引もあり、保険料を押さえつつ、必要最低限の補償も得られるので、コスト優先の方はぜひ見積もりをとってみてくださいね。

 

もし勤務先の福利厚生として「団体自動車保険制度」があれば、そちらを活用するのもよいと思います。
「団体自動車保険制度」は、企業と代理店(または企業代理店)が提携して、一般で加入するよりも数十%保険料がお得になることもあります。

 

ダイレクト型の見積もりを取りつつ、勤務先に出入りしている代理店があれば、そちらからも見積もりをとってみると、思いがけず安く保険をかけられることがありますよ。

 

STEP2 どんな補償内容で加入したらいい?

 

どのような補償内容で加入すればよいかみていきましょう。

 

コンパクトカーのドライバーさんは、「通勤・通学」か「日常・レジャー」のいずれかに当てはまると思いますので、上記を想定してポイントをお伝えしていきますね。

 

通勤・通学用なら、運転者限定をしてしまった方がお得

 

通勤・通学用なら、運転者の範囲を限定してしまうのはいかがでしょうか?運転者の範囲を、メインユーザー本人に限定してしまうことで、年間数千円保険料をカットすることができます。
しかし週5日はメインのドライバーが運転し、空いた時間に家族が頻繁に運転するという方には、あまりおススメできません。

 

「ほぼ自分しか運転しない・家族は別の車を運転する」という方は、積極的に見直しを行なってみてくださいね。

 

対人保険・対物保険・人身傷害保険

 

この3点については、「対人保険・対物保険=無制限」、「人身傷害保険=3000万〜5000万程度」が個人的なオススメです。特に対人保険・対物保険というのは、相手に対する補償で、高額となるケースが多くなっています。

 

必ず無制限にしてリスクに備えましょう。

 

車両保険

 

新車の場合「一般車両保険」をおススメしていますが、年数が経過している自動車や中古車なら、「車両危険限定(エコノミー車両保険)」にする方法もあります。

 

「車両危険限定」とは、自動車対自動車の事故に限定しており、「一般車両保険」で支払われる自損事故や当て逃げ事故が補償されません。またコンパクトカーの場合、大きな事故になればなるほど修理代がかさみますが、実はその修理代で新たな新古車や中古車のコンパクトカーに乗り換えることができるかもしれません。
近年、コンパクトカーは軽自動車の人気に押され、中古車市場では「新しいものが安く」販売されているというのが現状です。
その為、年式がそこまで新しくない自動車に保険をかけるのであれば、「車両危険限定」でも良いと思います。

 

【一般車両と車両危険限定の選び方】

 

  • 一般車両・・・新車/家族間で自動車を共有している/メインユーズの自動車
  •  

  • 車両危険限定・・・運転者が限定されている/中古車・年数が経過している/サブユーズの自動車

 

おすすめの特約

 

日常生活賠償特約

日常生活の中で、賠償責任が発生した場合に、相手への保険金を支払う特約です。特に大きな賠償請求となりやすい「バイク・自転車」での接触事故にも備えることが出来る補償となっています。

 

人身傷害入院時諸費用特約

人身傷害保険の保険金を受け取れる事故に巻き込まれた際、入院期間中に必要となった諸費用が支払われる特約です。例えば、メインユーザーの母親が自動車事故でケガをし入院することになったとき、家事代行サービスやベビーシッターサービスを利用した時の費用などが補償されます。また、ペットのお世話に関する費用も支払われる特約などもあります。

 

弁護士費用特約

自動車事故の被害を受けた時や、相手に対して損害賠償請求を行なうとき、弁護士をたてて掛かった費用や、法律相談をした時の費用等を保険会社が負担してくれる特約です。

コンパクトカー、だからフルカバーが安心

 

私はコンパクトカーというと、どんなシチュエーションでも選びやすく選ばれやすい車種だなと思っています。
「軽自動車より安心」「小回りが利くし、女性の私でも運転しやすい」「初心者だから、はじめての車にピッタリ」「高齢者の父にも安心して運転してもらえる」など、安心を買っていると思っています。

 

きっと家族のメインカーになっている家もたくさんあるのではないでしょうか?
コンパクトカーは、小さくても普通乗用車の区分なので、税金や車両本体価格で見ると軽自動車には劣ってしまいますが、その分、家族を守り、家族の中心になれるポテンシャルがあります。

 

だからこそ、個人的には保険料もあまり「コスト」の面を意識しすぎず、必要な補償や特約はしっかり付帯してほしいなあと思います。
メインの車だからこそ、家族にとって大事な契約となるので、ぜひそういった観点から保険の見直しを行なってみてくださいね。

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド