自動車共済

自動車保険と自動車共済は何が違う?加入することで受けられるメリット

 

 

任意加入の自動車保険は現在は代理店型やダイレクト型などさまざまな会社が展開していますが、「共済」というものでも加入ができるのは皆さんもご存じですよね。
ここでは損害保険会社の自動車保険と、自動車共済の違いや特徴についてチェックしてみました。


共済とは?

 

自動車保険も自動車共済も同じようなものに感じますが、そもそも「共済」って何なんでしょうか。

 

「共済」とは、営利目的ではなく助け合いの精神に基づいた、企業内や地方自治体内、地縁団体ないや老父同組合内などにある、生命保険や損害保険に類する補償事業のこと。
テレビCMで見かける「コープ共済」だとか「全労済」「JA共済」といったものが代表的で皆さんも知っているのでは?
こういったタイプのところで入れる自動車保険に類するもの、ということですね。

 

主要な共済の一覧

 

共済には生命保険的なものや、火災保険的なものもありますが、ここでは自動車共済を扱っている主なところを挙げてみました。

全労済 

マイカー共済

コープ共済

マイカー共済

JA共済

自動車共済クルマスター

県共済 

自動車共済

教職員共済  

自動車共済

全国町村職員生活協同組合

自動車共済事業

全国都市職員災害共済会

自動車共済事業

 

全労済やJA共済などは、一般的な人も加入ができますが、規定の職員の組合などといった資格を持ったひとだけが入れるものもあるみたいですね。

 

自動車共済の特徴と損保との違い

 

次に損害保険会社の自動車保険と、自動車共済の違いを確認してみました。
自動車共済に加入する場合のメリット、デメリットを自動車保険と絡めてみてみましょう。

 

「自動車共済」のメリット

 

  • 代理店型の自動車保険に比べると、営利目的でない分コストが安い
  • 最大で22等級まで設定されているものも
  • 損保の保険にはない割引制度がある場合も
  • お仕事によっては、地縁や仕事関連の窓口で加入できるので、なじみやすい
  • 窓口で加入する場合、人を介しているので、説明を聞いたりできるのでなんとなく安心できる

 

「自動車共済」のデメリット

 

  • ダイレクト型自動車保険に比べたら、それほど安さを感じられない
  • 事故時に専門スタッフが迅速に対応してくれるとは限らない
  • 補償内容が損害保険会社に比べると見劣りする
  • 中小の共済の場合、破たんリスクがゼロとはいえない

 

「自動車共済」の保険料は安いって本当?

 

自動車共済は「営利目的ではない」という部分から、必要な金額を算出して保険料が設定されているため、比較的保険料は安め。
特に職員組合など、規定の資格を持つ人だけが入れるタイプのところは、安いようです。
以前のように「代理店」で自動車保険に加入することが普通だった時代で比較するなら、「自動車共済のほうが安い」と言い切れたようですが、現在では損害保険会社も「ダイレクト型」の保険が増えましたので、一概に共済のほうが安い、とまでは言い切れなくなってきています。

 

共済に加入する際の注意点

 

自動車保険から自動車共済に変える場合、一部の共済では引き継ぎが難しいケースもあるようです。
また共済から自動車保険に切り替える場合もJA共済や全労済なら等級も同じように引き継げますが、共済によっては同じ等級制度がないところも。

 

 

「自動車共済」から自動車保険に乗り換える際の注意点

 

これは、等級引継ぎについてが一番気になるところですね。
JA共済、全労済といったところの場合は問題ありません。
ただ切り替える際には保険証券とともに、車検証も必要となります。
共済の証書には「車両の所有者の記載がない」ことがあるので、車検証を用意する必要があるんですね。

 

また教職員共済など、ノンフリート等級の制度がない共済は引き継ぎができないようです。

 

【まとめ】事故対応などはやはり損害保険に劣る感も…

 

自動車共済は、相互扶助といった意味合いが強いため、保険料は安いというメリットはありますが、個人的にはやはり実際に事故に遭った時の対応については、損害保険会社には劣る印象です。
無事故で何もなければ、掛け金が安くていい場合もあるかもしれませんが、万が一のことを考えると、慎重に検討するほうがよいと思います。

 

共済と損害保険会社の自動車保険の見積もりと補償内容を、しっかりと比較するのがベストでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド