車の維持費を徹底解説!月間・年間コスト

車の維持費を徹底解説!月間・年間コストを下げる方法

 

車の維持費について詳しく解説

 

車を持つと、購入費用やガソリン代だけでなく、さまざまな費用がその都度かかってきます。
数年ごとに車検もありますし、消耗品も定期的に更新しないと安全にドライブできません。
ここでは車の維持費について、またそのコストを抑えるにはどんな方法、アイデアがあるか、みていきましょう。

維持費には何がある?

 

ざっくり思い浮かべるだけでも、以下のような費用が必ずどんな車でもかかります。

 

車両購入費

キャッシュなら全額、一部頭金にするなどしてローンを組むことも。ローンのほうが総額が大きくなる

車検

新車からだと3年後、その後は2年ごとに車検を通さないと車を運転できません

税金   

車には「自動車税」「重量税」といった税金がかかりますので、毎年納める必要あり

保険

新車購入、車検の際に強制加入するのが「自賠責保険」。そして任意で自動車保険にも入るべきです

駐車場

戸建てで駐車場があればいいですが、月極めを借りると毎月一定額出ていく。出先ではコインパーキングの費用がかかる

ガソリン

燃費や走行距離によっても費用差がありますが、常にかかるコスト

高速費用

遠出したり通勤で高速を使う場合は、けっこうな額になることも

その他消耗品

最低限でもオイル、オイルエレメント、タイヤの更新、ワイパーブレードなどなど消耗するごとにかかる

 

ドレスアップしたり、車の使い方によってはスタッドレスタイヤだ、アクセサリーだ、ホイルだ、とあれこれさらに費用がかかります。
こうやって見るだけでもけっこうあれこれかかるって、改めてわかりますよね。

 

月間コストに換算すると?

 

諸々車にかかる費用を挙げましたが、実際にどのくらいの金額になるのか、気になりますよね。「トヨタ・アクア」を例にとって調べてみました。

車両購入費 およそ 200万円  ローンだと 月々およそ 3.5万~4万円程度?
車検費用   およそ 71000円 (基本料 約2000円 自賠責 25830円 重量税 24600円 印紙代 1100円)
税金 34500円 ~ 42000円
任意保険  およそ 4万円~20万円 年齢、等級、車両保険、特約などにより差あり
駐車場  月極め 10000円 ~ 20000円 地域や借りるところにより差あり、借りなければ なし。出先ではコインパーキング料金が発生
ガソリン 月額およそ 5000円程度 走る距離、ガソリンの相場などにより差あり
高速費用  月間およそ3000円 使う頻度、距離による。使わなければなし
その他消耗品 オイル、オイルエレメントなど更新時数千円~1万円程度、タイヤ グレードにより2万~4万 など


こまめに毎月かかってくるのはやはり「ガソリン」でしょうか。
駐車場も家にあれば費用は掛からないですね。
燃費がいい車を選ぶこと、燃費走行を心がけることで、ガソリン代は多少カットできますね。
またこれら費用のどれをとっても、「軽自動車」が圧倒的にリーズナブルですので、参考にチェックしてみてもよいかもしれません。

 

【チェック!】

  • 毎月、またタイミングごとにかかる費用を把握して想定しておくべし
  • 燃費がいい車を選ぶのもあり
  • 相対的にかかるコストが気になるなら、「軽自動車」が圧倒的に費用はリーズナブル

 

維持費の中で下げる工夫ができるものは?

 

費用がかさむのが気になる…というかたは、工夫することでコストカットしていくことも考えたいものですよね。これら維持費のなかで工夫次第でコストを下げられるものは以下のようなものがあります。

 

車検  不必要なところをメンテしない業者、ユーザー車検ならコストダウンできる
メンテナンス オイル交換、タイヤの更新も、店によってずいぶん価格差があるため、安いところを探したり、ネット通販も利用するなど
ガソリン  なんといっても低燃費な車種を選ぶことから。また地元で安いスタンドを利用、燃費走行の心がけを
任意保険 自賠責は一律ですが、任意保険はずいぶん保険料に差が。見直すと年間万単位で変わることも!
駐車場   周辺で安いところに借り換える。出先でも格安のところや予約で安いところを先に確保できるakippaなどを利用してみる
高速費用  設置代がかかっても車載器利用が割安。出かける際も週末割りや深夜割引を活用しよう!

 

この中で結構大きいコストカットが可能なのは任意保険やメンテナンス費用。
任意保険は代理店型からダイレクト型に変えるだけで、数万円も安くなるユーザーもいます。
またメンテナンス費用は、例えば「タイヤ」なども今やインターネットで価格比較して購入するのが最安値ですし、そういったものを受け入れて安価で取り換えてくれる業者もありますので、研究してみるのもよいでしょう。

 

【チェック!】

  • 保険、車検、消耗品は値段を比較してチョイスする!
  • 低燃費な車を選ぶ、日ごろから燃費走行を心がける!

 

【まとめ】必須の維持費も、工夫次第で節約はできる!

 

いかがでしたか?
けっこうあれこれ費用がかかる、ということを再認識されたのではないでしょうか。
でもこまめに調べたり工夫していけば、ある程度コストダウンはできます。
例えば筆者は貯めたポイントが使えるネットショップでタイヤを購入、地元の業者にじかに送り、取り付けてもらった経験もあります。
地味な努力かもしれませんが、やれば意外と節約できますので皆さんもいろいろ工夫してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド