事故に遭ってしまった場合

事故に遭ってしまった場合

 

 

車を運転していて、不幸にも交通事故に遭遇してしまったら、保険に入っていても入っていなくても慌ててしまうものです。
まずどう行動すべきかここでは順を追って紹介しています。


事故を起こした場合、被害者、加害者と特定できる場合もあれば、あるいはどちらとも取れない場合もあります。
いずれにせよ、大きくケガをしたり命に係わる状況でなければ、自分でまずやらなければならないことがいくつかあります。
ここでは交通事故に遭ってしまったとき、どうなるのか、またその時やるべきことなどをみていきましょう。

1 まずは事故直後の「事故対応」を!

 

事故に遭ってしまったときは、速やかにやらなくてはならないことが有ります。
慌ててしまうかもしれませんが、できるだけ冷静に、必要な手続きを踏みましょう。

 

  1. まずは人命第一、ケガをした方の救出、救急車の要請、搬送の手配
  2. 事故直後の状況の保全(撮影できれば撮影も)
  3. 警察へ連絡
  4. 事故にかかわった被害者加害者の身元、連絡先確保、車両の特定(ナンバープレートなど)、自賠責、任意保険の確認
  5. 契約している保険会社へ連絡
  6. できるなら目撃者の確保も

 

事故後にまずやっておくべきことは、上記のようなことです。
順序については、事故の状況に応じて急ぐものから対応すること。
とはいえ、車両など物損だけの事故ではなく、ケガを伴う、あるいは命に関わる事故を起こしてしまった場合、気が動転してしまうのも無理はありません。
そういったときはまず、自動車保険に加入していればそちらに連絡し、指示を仰ぐとよいでしょう。
保険会社によっては、スタッフが現場に駆けつけてくれるサポートもあり、万が一の時こそ心強いものです。

 

2 事故のあとの「示談交渉」

 

交通事故での過失割合

 

交通事故には、基本「過失割合」というものが問われますが、これも実際その事故がどう起こって、どうして事故になったのか?というところを明確にできなければ、実際の正確な割合にならない場合があります。
筆者もずいぶん前に、坂道と坂道の頂上にあたるような車庫内の道でほぼ正面衝突したことがあり、こちらはほぼ停止していたのに、過失割合を「50対50(どちらも同じ)」にされ、納得できなかった、という経験がありました。
過失割合によって、被害者、加害者、また両者が入ってる保険からの賠償金額は変わってくるため、この部分や事故後の示談交渉がかなり大事なポイントとなるのです。

 

とはいえ、事故で示談交渉を頻繁に行っているユーザーもそういないもの。
賠償金額が妥当なのか?過失割合はこんなものなのか?はかりかねることも多いんですね。
任意の自動車保険に入ってないと、こういう交渉も自分ですべて行わなくてはならない場合も。

 

逆に保険に入っていると、示談交渉の経験が豊富なスタッフや、特約によっては弁護士にサポートしてもらい、交渉を進めることができるので、安心です。

 

自動車事故の無過失責任

 

自動車での事故は、場合によっては、まったく自分には非がなくても、起こりうるものです。
例えば普通に車を運転していて、対向車が車線をはみ出してきて、衝突する、なんてこともあります。
またそういった事故で、自分は助かっても、対向車の運転者が死亡するといったことも。

 

自動車での事故の場合、条件付きで、「無過失責任」というものが取り決められています。

 

  • 充分注意を払い運転していたこと
  • 事故の被害者、運転者以外の第三者に、過失や故意があった
  • 車の性能上の欠陥がなかったこと

 

こういったことをすべて満たしている場合は、賠償責任は免除しましょう、ということになっています。

 

ただし、これらを満たしていない場合は、過失がない場合でも、賠償責任を負うケースがある、ということなのです。

 

3 保険の賠償

 

事故後の補償、賠償は、まず強制加入の自賠責保険で賄い、それでカバーできない部分を、任意加入の自動車保険で賄います。
現在起こっている事故は、賠償が数億円になるケースも珍しくありませんので、任意加入していないと、事故で一生を棒に振ることにもなりかねません。

 

事故で仕事ができない!「休業補償」は「自賠責保険」から

 

交通事故に遭ってケガをしてしまうと、仕事を休まなくてはならなくなりますね。
そうすると、働けない間の収入が途絶えてしまい、生活できなくなってしまうことに。
こういった部分をカバーできるのは「自賠責保険」。

 

ここ3か月の給与から割り出した、一日当たりの収入を、休んだ日数分「満額」受け取ることができます。
仕事で車に乗っていて、事故で入院した場合、労災保険を使うということもできますが、受け取れる金額は「自賠責のほうが上」となっています。
重複して受け取ることもできません。

 

事故で全損になった時は

 

「全損」とは、「物理的全損」と、「経済的全損」があり、前者は、車が大破してしまって、修理不能な状態、後者は、修理はできるものの、車の時価の額を修理費が上回ってしまう状態のこと。
このような状態になった場合、どのような補償が受けられるのか。

 

自分の任意保険から加入していれば払ってもらえるもの
  • 車両保険         … 加入していれば、設定金額の上限と臨時費用
  • 新車特約         … つけていれば、設定金額までで新車を購入可
  • 全損超過修理特約     … 車両超過修理費用特約ともいい、加入していれば、車両保険の金額にプラスして修理費用を払ってもらえる
  • 代車費用特約       … 入っていれば、修理中の代車の費用をカバーできる

 

相手の保険から払ってもらえるもの
  • 対物賠償         … 過失割合に応じ、時価額の過失割合に応じた金額
  • 相手全損超過修理費用特約 … 対物超過修理費用特約ともいい、これに相手がに加入し、時価額+規定範囲内で修理可能なら、修理費の受け取り可

 

相手が100%過失となっている場合は、全損による代車の費用も2週間程度分払ってもらえるようです。

 

【まとめ】事故の時、本当に役立つのが「保険」

 

交通事故に遭って、冷静に対応できる人は稀です。
何をどうすればいいのか動転するのが普通ですし、事故後の交渉でもめることも。
そういったときにしっかりとサポートしてくれるように、自動車保険の補償内容や特約を理解して、付帯させることが大事です。
事故時どういったケースが考えられるのか想像し、補償を組み立てていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド