自損事故傷害保険

自損事故傷害保険(自損事故傷害特約)

 

損事故傷害保険=自損事故傷害特約

 

●損事故傷害保険が役に立すシーン

  • 停車中の車に追突し、自分が怪我をした
  •  

  • 不注意で電子柱にぶつかり、怪我をした
  •  

  • センターラインをオーバーして対向車と正面衝突し、死亡した

 

交通事故の原因はいろいろありますが、

 

上の例にように、

 

  • 事故の相手のいない単独事故や
  •  

  • 自車側に一方的な過失のある事故

 

もあります。

 

事故に相手があり、相手にも事故の発生について過失がある場合、

 

怪我の補償は、自賠責保険や事故の対人賠償保険で補償されます。

 

では、事故の相手がいない場合や自分に一方的な過失のある場合は

 

怪我の補償がありません。

 

そんなときの強い味方がこの2つの補償です。

 

「人身傷害補償保険」

 

「自損事故傷害保険」

 

 

ここでは、「自損事故傷害保険」を紹介します。

 

⇒ 人身傷害保険についてはこちら

 

 

1.自損事故傷害保険は、対人賠償責任保険とセット

 

自損事故傷害保険は、対人賠償責任保険を契約し、人身傷害補償保険を契約しないときに

 

自動的についてきます。

 

 

人身傷害補償保険を契約した場合は、自損事故は人身傷害補償保険で補償されるので、

 

この補償は必要ありません。

 

 

2.自損事故傷害保険が適用されるときと補償額

 

自損事故傷害保険(自損事故傷害特約)が適用されるのは

 

・停車中の車に追突し、自分が怪我をした
・不注意で電子柱にぶつかり、怪我をした

 

などの事故の相手のいない単独事故のときと

 

 

・センターラインをオーバーして対向車と正面衝突し、死亡した
自車側に一方的な過失のある事故の場合です。

 

 

●自損事故傷害保険の補償額

  • 死亡:1500万円
  •  

  • 後遺傷害:50万円〜1500万円
  • (介護不要のとき350万円が上限)

     

  • 事故によるケガで入院した場合:1日あたり6000円、
  •  

  • 事故によるケガで通院した場合:1日あたり4000円
  • (入院・通院は上限100万円)となっています。

 

●まとめ

 

自損事故傷害保険は、

 

対人賠償責任保険を契約し、人身傷害補償保険を契約しないときに

 

自動的についてくる補償です。

 

 

・事故の相手のいない単独事故や

 

・自車側に一方的な過失のある事故

 

の自動車事故のときに適用となります。

 

 

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●自動車保険を見直す理由

契約内容は毎年見直しなければ損してしまいます。
車もあなたも年々状況が変わります。
気が付けば、もっと安くなるかも知れません。


毎年見直す必要性が有るのです

 ●結局どの保険を選べばいいの?

数ある保険会社の中から結局どの保険を選べばいいのか分からない。そんな人向けに、おすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキングを紹介!


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター