過失割合

過失割合

 

クルマ同士の事故。
全くいいことありませんよね。

 

でも、事故の原因は、加害者側が一方的に悪いということは少なく、被害者側にも落ち度があったからと言われます。この落ち度のことを「過失」といいます。そして加害者、被害者の落ち度の大きさを対比させたものを過失割合といいます。

 

車を運転する人、任意保険に加入している人なら、聞いたことのある言葉だと思います。

 

「過失」ってなんだろう?

 

「過失」とは、「不注意だった」、「あやまって」、「まちがって」してしまったこと。
「わざと」「あえて」してしまったとなると「故意」といいます。

 

もう少し詳しく言うと、ある結果の発生がわかっていて「あえて」ある行動をした、結果の発生を望んで「わざと」ある行動をした場合は、「故意」。ある行動をしたが不注意で結果が発生することに気づかなかった場合は、「過失」と言います。

 

たとえば、相手のクルマにぶつけてやろうと考えて割り込みをし、相手のクルマにぶつけてしまった場合は「故意」、割り込んでも大丈夫と思って割り込みをし、相手のクルマにぶつけてしまった場合は「過失」となります。

 

そして、損害保険において、故意または過失がなければ責任(=損害を償わなくてよいという意味)を負わないという「過失責任の原則」が採用されています。

 

過失割合はなんのためにするの?

 

交通事故は、加害者と被害者の両者に落ち度である過失があるから、発生するものです。

 

しかし、加害者が被害者よりも法的に悪いと評価され、事故の損害をすべて加害者が償うこととなると、被害者は自分の落ち度についてなんの責任を負わないことになります。

 

それってとても不公平だと思いませんか?
そこで、加害者と被害者がそれぞれの落ち度に応じて損害を分担する(これを「損害の公平な分担」といいます)ため、過失割合が算出されるのです。

 

つまり、過失割合によって損害賠償額の負担額が決まってくるのです。

 

過失割合はだれが決めるのか?

 

事故後、警察官が現場に来て、当事者の話を聞き取ったり、現場の写真を撮ったり、道路幅を計測したりします。そしてこのときの警察の調べをもとに交通事故証明書が発行されます。

 

しかし、この事故証明書は事故があったという事実の記載のみで、どちらの過失が大きかったかという表記はされません。

 

つまり、過失割合は、警察が決めるものではありません。交通事故の損害賠償は民事であるため、警察は民事不介入の原則から過失割合を決めたり、事故の当事者に伝えたりしません。

 

では、だれが決めているのか?それは、事故の示談を担当する保険会社になります。

 

過失割合はどのように決まるのか?

保険会社が過失割合を決める根拠は、過去の交通事故の裁判の記録(これを判例といいます)をもとになります。実際に起こった事故と判例を照らし合わせます。

 

具体的には「別冊判例タイムズNo.38 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」に載っているうち、実際に起こった事故とよく似ている事故の判例に当てはめ、過失割合を決めていきます。

 

私が体験した事故の例

 

私は、自動車を運転中、信号機のない交差点で一方通行の道路を逆走し、猛スピードで交差点に進入してきたスクーターに衝突された事故の当事者になりました。

 

私は、制限速度を守り、ほかの交通ルールもまもり運転をしていたので、自分には過失がないと思っていました。一方相手は、一方通行を逆走し、交差点で減速とはいえない速度で侵入する交通法規に違反していたのですが、過失割合は8対2、私に2割過失があるとされました。

 

※「別冊判例タイムズNo.38 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」325頁
【174】によると、基本過失割合は、一方通行違反のスクーターは7割、自動車が3割。
ただし、相手のスクーターが交差点進入時減速しなかったので、スクーターの過失を重く
割合を修正して、過失割合が8対2となりました。

 

 

過失割合が10:0になるとき

 

 加害者側が一方的に悪くなるとき、つまり加害者の過失が10割、被害者の過失が0になるときとは、下記の場合です。

 

●クルマ同士の事故の場合

  1. 加害者の追突
  2. 加害者のセンターラインオーバー
  3. 加害者の信号無視 ※被害者は信号、交通ルール順守の場合

 

●自動車対歩行者の場合

  1. 歩行者側の信号が青だった場合
  2. 信号機のない横断歩道上だった場合
  3. 歩道上での事故

 

つまり、判例上ほとんどの交通事故は、加害者と被害者の双方に過失ありとなるのです。

 

過失0の証明のむずかしさ

 

加害者の過失が10割、被害者の過失が0の例を紹介しましたが、そこで紹介した例以外で過失が0と主張することはもちろん可能です。

 

しかし、自分が主張することを、相手に承諾させるためには、主張が正しいという証明が必要となってきます。

 

証明とは、だれが見ても納得できるという証拠に基づいてなされるものです。ですから、自分の考えや一般論、他の事故時の体験を声高に言っても証明されたとはいえません。

 

車にドライブレコーダーなどの記録装置を取り付けるなど、証拠として有効になる場合もありますが、それだけでは事故の発生の予見できなかったこと、回避できなかったことに不注意がなかった、過失がなかったと言えない場合があります。

 

過失0の証明はとても難しいことです。

 

過失0だった場合(過失0張の場合)

 

過失割合が0の場合、損害賠償額の負担分はありません。つまり、損害賠償を支払う必要はありません。だから、自分の加入している自動車保険を使う理由もなくなります。

 

したがって、自分の加入している自動車保険会社が事故に関与する理由がないので、相手との示談交渉はすべて自分自身で行うことになります。

 

判例に当てはめると過失割合が発生するが、自分が事故について過失0を主張した場合も、同じように自分で相手と交渉することとなります。

 

自分の経験ですが、追突事故をもらったとき、相手保険会社との交渉は自分でしました。
相手保険会社担当者は交渉ごとに慣れているので、相手の有利になるように丸めこまれないと不安になりましたが、真摯に対応してもらい、スムーズに示談ができました。

 

⇒ 無過失責任|被害者であり、過失0の場合

 

損害賠償の負担額の計算方法

 

交通事故では、車両が壊れたり、けがをしたりと 修理費や治療費などの費用が掛かってきます。
では、過失割合によって、事故当事者の負担額はどうなるのでしょうか?

 

たとえば、加害者の過失割合9割、被害者の過失割合1割の場合

 

加害者の車両修理代100万円
被害者の車両修理代が50万円

 

加害者の修理代の負担額は
150万円×90%=135万円
被害者の修理代の負担額は
150万円×10%=15万円

 

となります。

 

「俺、被害者だから相手に払わなくていい」ということにはなりません。
過失割合に応じて、被害者であっても加害者の損害を賠償することになります。

 

自動車保険の大切さ

 

過失割合はあくまでも割合です。
それは、どういうことかといいますと
たとえば、あなたがトラックと事故を起こしたとします。過失割合はトラック9、あなたが1割となりました。

 

この事故で、トラックの積荷が全損し、損害賠償を払うことになりました。

 

積荷の金額が1億円だった場合

 

加害者の負担額は
1億円×90%=9000万円
あなたの負担額は
1億円×10%=1000万円

 

となります。

 

過失割合は、あくまでの賠償額の割合でしかありません。賠償額の総額が大きくなれば、割合が小さくても、負担する金額が高額なることがあるのです。

 

交通事故を望んで起こす人はいません。
しかし、ほとんどの事故の場合、過失割合が発生し、中には高額な損害賠償を負担しなければいけない場合もあります。
そうしたことを回避するため、自動車保険の加入は必要なことですね。

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド