軽自動車 自動車保険 21歳未満(18~20歳)

21歳未満 軽自動車の保険料の相場

 

 

●軽自動車【18歳から20歳】の自動車保険の考え方!

 

※18・19・20歳の車を運転する状況を再確認しましょう。

 

初心者に人気のスズキ・ハスラーで自動車保険を紹介する

  • 軽自動車の維持費と保険料の関係
  •  

  • 貴方の車を友人は運転するのか?
  •  

  • 高額な任意保険料、いくらまで納得して払える?
  •  

  • 両親から保険の権利を譲渡・引継ぎで安くできる?

 

●21歳未満の軽自動車の保険料を徹底紹介

 

免許を取れる年齢になって初めて車を買い、運転するのがわくわくする瞬間ですね。
最近の軽自動車は維持費が安いわりに、質感も向上しているので、若者にも人気です。

しかし、未成年の自動車保険料はとにかく高額です。
通勤や通学に車が必要でも、ランニングコストが安い軽自動車は最適で、高校や専門学校を卒業したばかりの年齢には、自動車保険料は大きな負担になってくることでしょう。
かといって加入しないわけにもいかないので、保険の事をよく知る必要があるのです。

 

「21歳未満の方の軽自動車の保険料を安くするには?」そんな方法を紹介します。

18~20歳の軽自動車の自動車保険料 【実例・見本】

 

 

ここでは実際に見積もりを取った自動車保険料を見てみましょう。

 

年齢条件の関係から、21歳未満の人は自動車保険が高くなるのはどこの保険会社でも同じです。

 

では18歳から20歳の保険料はいくら位になるのか?

 

軽自動車の中から見積もりを取ったので、チェックして下さい!


 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般 ・車対車+A ・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 6等級(新規加入)

 

18歳~20歳 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 404,770円 284,720円 185,930円
三井ダイレクト 317,370円 240,690円 157,380円
損保ジャパン 435,800円 326,430円 209,580円
ホンダ・S660 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 404,770円 284,720円 185,930円
三井ダイレクト 351160円 258230円 157380円
損保ジャパン 454,580円 337,150円 209,580円
スズキ・アルト 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 406,130円 290,630円 185,930円
三井ダイレクト 301,630円 232,520円 157,380円
損保ジャパン 435,800円 321,670円 209,580円
スズキ・ハスラー 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 410,370円 292,510円 185,930円
三井ダイレクト 301,630円 232,520円 157,380円
損保ジャパン 435,800円 326,430円 209,580円
ダイハツ・ムーヴ 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 414,600円 294,390円 185,930円
三井ダイレクト 315,680円 239,810円 157,380円
損保ジャパン 435,800円 326,430円 209,580円
ダイハツ・タントカスタムス 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 416,720円 295,330円 185,930円
三井ダイレクト 315,680円 239,810円 157,380円
損保ジャパン 437,880円 327,320円 209,580円
ダイハツ・ハイゼット 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 421,110円 316,130円 185,930円
三井ダイレクト 174,300円 140,700円 109,530円
損保ジャパン 319,460円 280,260円 196,360円
日産・デイズ 全年齢 ソニー損保 加入不可 加入不可 146,820円
アクサダイレクト 410,370円 284,720円 185,930円
三井ダイレクト 312,300円 238,060円 157,380円
損保ジャパン 431,620円 328,900円 209,580円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

 

 

【軽自動車18歳~20歳】保険料平均相場

 

 

未成年で契約する自動車保険料の中でも軽自動車のみに絞った平均価格から相場を算出しました。

 

【軽自動車18歳~20歳】軽自動車保険料の相場です!


19歳 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 全年齢 4社平均

(相場価格)

384,037円 294,740円 172,428円
ホンダ・S660 全年齢 4社平均

(相場価格)

413,837円 299,723円 174,928円
スズキ・アルト 全年齢 4社平均

(相場価格)

378,403円 281,607円 174,928円
スズキ・ハスラー 全年齢 4社平均

(相場価格)

382,600円 283,820円 174,928円
ダイハツ・ムーヴ 全年齢 4社平均

(相場価格)

388,693円 286,877円 174,928円
ダイハツ・タントカスタム 全年齢 4社平均

(相場価格)

390,093円 287,487円 138,223円
ダイハツ・ハイゼット 全年齢 4社平均

(相場価格)

304,957円 245,697円 159,660円
日産・デイズ 全年齢 4社平均

(相場価格)

384,763円 286,490円 174,928円

 

【軽自動車18歳~20歳】一番安い自動車保険会社

 

保険料が安い保険会社は?

 

特に未成年の保険料は高額に設定されています。
その中でも安い保険会社はどこなのか知りたくはないですか?

 

そこで実際に見積もりを請求し、どの保険会社が安いのかピックアップしました。

 

 

全年齢 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

317,370円

三井ダイレクト

240,690円

ソニー損保

146,820円

ホンダ・S660 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

351,160円

三井ダイレクト

258,230円

ソニー損保

146,820円

スズキ・アルト 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

301,630円

三井ダイレクト

232,520円

ソニー損保

146,820円

スズキ・ハスラー 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

301,630円

三井ダイレクト

232,520円

ソニー損保

146,820円

ダイハツ・ムーブ 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

315,680円

三井ダイレクト

239,810円

ソニー損保

146,820円

ダイハツ・タントカスタム 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

315,680円

三井ダイレクト

239,810円

ソニー損保

146,820円

ダイハツ・ハイゼット 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

174,300円

三井ダイレクト

140,700円

ソニー損保

146,820円

日産・デイズ 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

312,300円

三井ダイレクト

238,060円

ソニー損保

146,820円

 

※「自分の場合の保険料は?」「私の場合、最安値はどこの保険会社なの?」と知りたい場合は、複数社の見積もりを比較することで簡単に見つけることができます。


▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

軽自動車でも高い21歳未満の自動車保険料

 

軽自動車の保険料は安い

 

 

任意保険料を算出する際、
【形式別車両料率クラス】が使用されます。

 

しかし、軽自動車の保険料計算には、
【形式別車両料率クラス】が適用されず一律です。

 

そのため軽自動車の保険料は、普通自動車の保険料よりも安くなります。


 

「ホンダフィット1300」と「ホンダN-BOX」を比較

 

車種 ホンダフィットGE6 ホンダN‐BOX(JF2)
タイプ 普通乗用車(5ナンバー) 軽自動車(5ナンバー)
年式 平成24年11月 平成24年11月
対物賠償 無制限 無制限
対人賠償 無制限 無制限
人身傷害 1億円 1億円
車両保険 なし なし
弁護士特約 あり あり
使用目的 通勤・通学 通勤・通学
免許の色 グリーン グリーン
運転者限定 本人限定 本人限定
等級 新規6等級 新規6等級
年齢条件保険料(年間) 全年齢 全年齢
年齢条件保険料(年間) 151,870円 122,080円

 

普通車クラスに比べ、軽自動車の保険料は約3万円安くなります。

 

18歳から20歳は自動車保険が高額!それには理由がある

 

軽自動車の保険料は、普通車よりも安いのは本当です。
しかし、運転する人が21歳未満の場合はまだまだ保険料は高額です。

 

若ければ若いほど自動車保険料は高く設定されており、保険会社によっては加入できない場合があります。
特に車両保険は高額で、制限している会社が多いです。

 

この保険料が高い理由は21歳未満の人の事故発生率が高いためで、保険会社のもつ統計結果で数字で表れています。
保険会社は、21歳未満の人の保険料を安くすると赤字になってしまうため高くせざる負えないのです。

 

21歳以上と21歳未満の保険料の比較

 

年齢により保険料が変わるといいますが、どれ程違うのか比較してみましょう。

 

自動車保険には21歳未満不担保と言う20歳と21歳で大きく補償が変わる特約があります。

 

そのため、20歳と22歳の男性の自動車保険料を比較してみました。

 

年齢 20歳男性 22歳男性
タイプ 軽自動車(5ナンバー) 軽自動車(5ナンバー)
保険会社 三井ダイレクト
車種 スズキ・ハスラー(MR31S)
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
人身傷害 1億円
車両保険 一般100万円(免責 車対車0 1回目5万2回目以降10万円))
弁護士特約 あり
使用目的 通勤・通学
免許の色 グリーン
運転者限定 本人・家族限定
等級 新規6等級
年齢条件保険料(年間) 全年齢 21歳以上補償
年齢条件保険料(年間) 320,430円 149,940円

 

およそ18万円の差になりました。

 

20歳と21歳でこれだけ大きく差が出ます。
若年層という意味ではたった数年の違いですが、この違いはかなり大きいです。
となると、18歳から20歳の免許取り立ての時期をコストを抑えつつどう安心して車に乗るか、模索してみたくなりますね。

【軽自動車18歳~20歳】オススメの契約内容

 

21歳未満は事故率が高いのはデータで証明されています。

 

交通事故は偶然に発生し、相手も選べません。

 

保険料は補償内容を削れば削っただけ安くすることも可能です。

 

だからと言って必要な補償内容まで削ってしまえば、事故に有ってしまった際に困るのは契約者です。

 

ここでは21歳未満の人向けの「困らないための契約内容」について紹介します。

 

相手の怪我、物損へ十分な補償ができる必要不可欠な状態にしておきましょう。

 

必要な補償内容はこれ!

 

●基本条件

  • 対人賠償保険 無制限
  • 対物賠償保険 無制限
  • 対物超過修理費用補償特約あり

 

また自分や搭乗者の怪我の補償も厚くしましょう

●搭乗者の怪我に対する補償

  • 人傷傷害保険 無制限~1億円
  • 搭乗者傷害保険 あり

 

さらにつけておくと便利な特約として

●出来たら加入したい特約

  • 日常生活賠償責任補償
  • 弁護士特約
  • ロードアシスト

などがあります。

 

車両保険をつける?つけない?

 

 

18~20歳までの自動車保険で一番考えさせられるのは「車掌保険も加入するかしないか?」です。

 

未成年では車両保険に監修するのかしないのかで、2倍以上も保険料が変わってしまう事があります。


 

21歳未満、車両保険「有・無」の比較

 

21歳未満の場合で車両保険を付保しないとどれ程変わるのか?
先ほどのハスラーの例で比べると年間の保険料が約17万円変わってきます。

  • 車両保険あり 320,430円
  • 車両保険なし 159,240円

 

車両保険は、保険料の負担を大きくする要因のひとつです。
それなら、車両保険を付けなくてもいいのでは?と考えてしまいます。

 

しかし、事故で愛車が全損になってしまったとき、どういうリスクがあるかを考えてみましょう。

 

車両保険に加入していないと?

 

  • 車を買ったときローンを組んだ
  •  

  • もし車が壊れてしまったら、公共交通機関で通勤・通学が難しいので代替車が必要になる

 

という場合、車両保険をつけていないと

 

  • 車がなくなってもローンだけ残ってしまう
  •  

  • 代替車を用意するため、別途車両を取得する費用がかかる

ということになってしまいます。

 

そこで、車両保険を付けることになります

 

車両保険を安くする方法と価格差

 

免責額(自己負担額)を設定したり、
車両保険の適用条件をオールリスク負担型(一般)から車対車+A(自損事故は保険適用なし)タイプへ変更したり、と条件を検討されるとよいでしょう。

 

●免責額(自己負担額)1回目5万円 2回目10万円(車対車0)→ 1回目10万円 2回目10万円へ 設定を変更すると

 

320,430円→277,640円

 

42,790円も安くなる

 

●一般条件→車対車+Aタイプ(車対車免責0円)へ変更すると

 

320,430円→248,160円

 

72,270円も安くなる!

 

※保険料が安くなるというのは少し違います。
補償内容を削って、最低限の補償内容にすることで安くしていると言った方が良いですね!

 

 

また車両保険をつけないなら、乗り出し価格が安く、古い中古車を選び「ぶつけても(破損した部分を放置しても違反にならないなら)走れるうちは直さない。
だから、車両保険はかけない」という方法もあります。

 

車両保険を付けるべきか否かは、乗り出し価格で幾らの車に乗っているのか?
という事が重要になってきます。

保険料を安くする裏技2選!

 

車が欲しい!!

 

でも保険料が高いから維持できない!

 

そんな時に出来る限り保険料を安くする方法を紹介します。

 

  • 運転者条件を、本人のみに限定する
  •  

  • ダイレクト型自動車保険なら、証券不要型する
  •  

  • ダイレクト型自動車保険のインターネット申込割引を利用する
  •  

  • 走行距離制限をつける

 

など、保険料が安くなる条件は、積極的に利用しましょう。

 

軽貨物自動車(4ナンバー)を購入し、21歳まで使用する

 

4ナンバーの車は保険料が安いって知っていましたか?
そもそも、4ナンバー軽貨物には運転者の年齢条件が存在しないのです。

 

貨物自動車は本来、業務使用用途であるため、年齢条件が設定されていません。
自動車の保険料が割高な21歳まで、4ナンバーの軽自動車を使用するという方法もあります。

 

 

●スズキエブリィ DA64V 平成20年8月登録 価格35万円
 条件は、

  • 使用者  本人・配偶者限定  ・年齢20歳
  • 使用目的 通勤・通学
  • 免許の色 グリーン

 

対物賠償 無制限 車両保険 一般・車対車限定・無
対人賠償 無制限 車両保険自己負担 0円-10万円
人身傷害 無制限(三井ダイレクトは1億円) (免責金額) 無し
弁護士特約 有り 等級 6等級(新規)

 

保険料は、104,690円となり、ハスラーの車両保険なし 159,240円よりも保険料が安くなりました。

 

 

これまでの説明は、21歳未満の方がこれから自分で車を買って、自分で自動車保険に新規で加入するという場合のお話でした。

 

両親から保険等級の引継ぎ・譲渡

 

自動車保険は同居中の家族内で譲渡・引継ぎができます。

 

引継ぎのメリットは「等級」をそのまま受け継ぎことができることです。
新規加入で高額な保険料を支払いよりも、等級割引の利く保険をもらえたらかなり保険料が安くなります。

 

もちろん、両親の自動車の等級は新規加入で入る6等級よりも高い場合に限ります。

 

⇒ 等級引き継ぎ|息子・娘へ保険名義変更・譲渡で保険料を安くする

 

【18歳~20歳】の運転者が親の軽自動車に乗る場合

 

大学生が車で通学する場合

 

Aさんは、高校を卒業し大学へ進学します。進学先の大学の所在地は、公共交通機関の不便なところで、自家用車での通学が認められています。そこで、Aさんは自動車で通学をすることにしました。

 

Aさんのような場合、高校を卒業後すぐに自分の貯金で自動車を購入するケースは稀だと思います。自動車は、親御さんが購入された車を乗るか、いままで親御さんが所有されている車を乗る場合がほとんどだと思います。このようなケースの場合の保険加入方法も検討してみましょう。

 

21歳未満の運転者が親と同居している場合

 

21歳未満の運転者が、親御さんと同居している場合で

 

●既存の親御さんの自動車で通学する場合

 

親御さんの自動車保険に「年齢条件」「運転者限定」がついている場合は

 

「30歳以上」などの年齢条件を21歳未満が運転できる「全年齢」に、
「運転者本人限定特約」「運転者本人・配偶者限定特約」などの運転者限定を付けている場合、
「運転者家族限定特約」に変更すればよいでしょう。

 

また使用目的を日常レジャーで契約している場合、通勤・通学へ使用目的の変更も忘れずに。

 

例えば、

 

●親御さん 50歳 車両:トヨタアリオン

 

  • 使用者  本人・配偶者限定  ・年齢条件:35歳以上補償
  • 使用目的 日常・レジャー 
  • 免許の色 ゴールド
対物賠償 無制限 車両保険 一般条件
対人賠償 無制限 車両保険自己負担 0円-10万円
人身傷害 億円
弁護士特約 有り 等級 20等級

 

年間の保険料:37,060円だったのが、

  • 使用目的を通勤・通学、
  • 年齢条件を全年齢、
  • 運転者限定を運転者家族限定特約に変えると

109,980円と約7万円近く上がります。
しかし
ハスラーの見積もり金額(車両保険なしで159,240円)と比べると約4万円安く済みます。

 

●新たに車両を購入した場合

 

21歳未満の運転者の自動車保険は、親御さんの自動車保険の等級を継承し、
親御さんの自動車保険は新規加入し「セカンドカー」割引を使いましょう。
上記を対応していない保険会社もあります。確認が必要です。

 

やり方は
新たに購入する車を現在加入している保険に入れ替えます。
そして、現在加入されている車両は押しだされ補償する保険がなくなるので
新たに親御さんの名義で保険加入します。
すると、親御さんの新たに加入する自動車保険は、本来新規6等級から始まるところセカンドカー割引が適用され、7等級から始まります。

 

ちなみに保険料のおおよその見積もりは、

 

 

契約者 20歳男性の保険 運転者両親の保険
保険会社 三井ダイレクト
車両 スズキ・ハスラー(MR31S) トヨタ・アリオン(ZRT260)
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
人身傷害 1億円
車両保険 一般100万円(免責 車対車0 1回目5万2回目以降10万円)) 一般150万円(免責 車対車0 1回目5万2回目以降10万円))
弁護士特約 あり
使用目的 通勤・通学 日常・レジャー
免許の色 グリーン ゴールド
運転者限定 本人限定 本人・配偶者
等級 20等級 7等級
年齢条件 全年齢 35歳以上補償
年齢条件保険料(年間) 116,620円 59,130円

 

新規に21歳未満の運転者で自動車保険契約をするよりも、金額的にお得です。

 

21歳未満の運転者が親と別居している場合

 

●「別居」の定義、

  • 21歳未満のお子さんが仕送りなど親の援助を受けているなら「同居」と同じ
  • 21歳未満のお子さんが経済的に自立している場合は同居ではない

 

しかし、保険会社によっては、経済的同一性を同居の定義としないところもあります。

 

●21歳未満の運転者が自分の車を所有しない場合

 

例えば、夏休みなどの長期の休みに21歳未満のお子さんが帰省し親御さんの車を運転する場合、保険期間を1日単位で設定できる自動車保険に加入(コンビニエンスストアで加入できます)するのが無難です。

 

●21歳未満の運転者が自分の車を購入する場合

 

別居ですから「等級継承」もできません。車を購入できるくらい経済的にも自立しているのですから、21歳未満の運転者自身の負担で保険にも加入することになります。
だから、親御さんの負担もなしです

 

【軽自動車18歳~20歳】まとめ

 

 

軽自動車の保険料は、普通自動車の保険料と比べ安くなります。
しかし保険加入者が21歳未満の場合は、保険料は割高になります。

 

保険料が割高な理由は、21歳未満の人の事故率が高いからです。
だから、万が一のとき事故の相手へ十分に補償できるよう対人・対物賠償は無制限で、

 

自身の怪我の補償となり人身傷害も無制限や1億円の補償をかけましょう。


21歳未満の人の保険料を割高にする要因の一つとして車両保険があります。
車両が全損したとき、

  • ローンが残る
  • 壊れた車両の代わりが手当できない

という場合は、車両保険をかけましょう。

 

しかし

  • インターネット割引
  • 証券不発行の割引
  • 運転者条件

などの保険料が安くなる条件は積極的に利用しましょう。
また
保険料が割高な年齢のときは軽貨物自動車(4ナンバー)を使用する方法もあります。

 

21歳未満の運転者が、同居の親の自動車を使用する場合は、

  • 親御さんの自動車保険の運転条件を見直す
  • 車を購入した場合は、等級継承、セカンドカー割引を使用する

など割高な保険料を見直す方法はいろいろなやり方があります。

18~20歳の自動車保険をさらに詳しく知りたい方は

 

更に【18~20歳の自動車保険】の詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご参考下さい。

10代20歳以下の自動車保険を更に詳しくチェック

 

 

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

軽自動車21~25歳
21歳は軽自動車も保険料が安くできます。年齢条件を付けることのできる初めての年齢ですので、毎日車に乗る人でも大きく保険料を下げることができるのです。
軽自動車26~29歳
26歳は自動車保険の年齢条件が変わる歳でもありますが、就職や転職で一人暮らしを始めるなど、生活環境が変わる人もいるでしょう。こう言った住所の変更などで自動車保険はどう影響されるのでしょうか?
軽自動車30~34歳
軽自動車を仕事で使っている30歳~34歳の場合を例に自動車保険の紹介をしています。
軽自動車35~39歳
35歳から39歳と言えば子供が小学生と、成長が楽しみな時期でもありますよね。自動車保険では家族全体を見る補償もあります。また、年齢条件も35歳以上で安くなるので補償条件を見直すタイミングでもあるのです!
軽自動車40~49歳
40代の主婦は子供の塾の送り迎えなど頻繁に車を使うことが有ります。ファミリーカーがあるのでセカンドカーとして奥さん用の車を購入している人も多いですよね。もし事故に遭ってしまったらどういった事が起こるでしょうか?
軽自動車50~59歳
子育ても少しずつ落ち着く50代を機に自動車保険の見直しを考えました。家族の補償や環境が変われば自動車保険の補償の範囲も大きく見直すことで、かなり保険料が節約できるのです。
軽自動車60以上
60代以上の自動車保険の考え方はライフスタイルによっても大きく変わります。定年を見据えている人から定年後再度起業する人も様々です。そんな60歳以上の方に向けた自動車保険と軽自動車を組み合わせた考え方を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド