自動車保険 加入契約

自動車保険の加入契約について

 

 

自動車保険は、加入時にしか出来ないことがあるため、まずは加入の流れを知っておきましょう

 

加入時の保険料や補償内容に影響します


自動車保険には、契約の途中で変更することができる事と、出来ないことがあり、後になってからではどうしようもないことがいくつかあります。

 

例えば、等級引継ぎは新規加入時にしかできませんし、インターネット割引なども後からでは適用も返金もしてくれません。
そうならない為には、先ずは自動車保険への加入の流れを知る必要が有ります。

加入する前に

 

保険会社・内容ちゃんと選べてる?

 

自動車ヘ音に加入する前に、いあっまでの保険で満足しているのか、見直ししてみましょう。

 

自動車保険は、安ければいいものでもありません。しかし、補償内容も必要な物を付け同条件ならば、安い保険会社に加入したいですからね。

 

 

 

 

最終的に納得できる保険会社を選ぶのが目標です

 

そのためには保険の契約前にチェックするポイントが有ります


契約加入の流れ

 

自動車保険の加入はそれほど難しいものではありません。
以下のような流れとなっています。

 

  1. 保険料を見積もる  …インターネットで、補償内容を確認しつつ組み立てる
  2.  

  3. 補償内容を検討   …必要な特約、ムダや重複がないか確認
  4.  

  5. 保険会社を決める  …複数の見積もりを比較
  6.  

  7. 契約        …決めた保険会社で申し込み・契約・決済。補償が開始

 

 

  • ①補償内容を決める ← これが難しい( ˘•ω•˘ )
  •  

  • ②保険会社を決める ← どうやって決めるんや?

 

契約の流れは「代理店型」と「通販型」の保険会社に分かれます。

 

  • 代理店に電話して営業マンに来てもらい契約
  •  

  • インターネットから申し込み契約

 

この2つが有ります。

 

代理店型の自動車保険

 

代理店型自動車保険は加入したい自動車保険会社が決まっていないと選べず、まど、どの保険会社にするか決めなければなりません。

 

それ以外にも保険相談の窓口へ行きおすすめを祖溶解してもらうことも出来ます。

 

保険会社が決まったら、契約の手続きに入ります。

 

インターネット型自動車保険

 

ダイレクト型の自動車保険は基本的にインターネットからの申し込みになります。
窓口はいくつかあり、任意の保険会社のホームページから、見積もりを申し込むことができます。

 

 

もう一つは自動車吠えkンの比較サイトで、複数社の見積もりを取得を依頼し、その結果画面から任意穂保険会社へ申し込むことができます。
複数社の一括見積はこちらからできます。

 

必要な書類・用意するもの

 

申込時に用意するものがいくつかあります。

 

  • 車検証
  • 運転免許証
  • 現在の保険証券(すでに加入の場合)

もし手元にない場合でも表記が分かれば申し込みができます。
上記から記入する情報があるため手元に用意してあると便利という分けで、提出や提示の必要性はありません。

加入のパターンによる注意ポイント

 

新規契約

 

 

新規契約は、基本的に「6等級スタート」です。

 

新規加入時にしか使えない割引や保険料の節約方法が有ります。


 

先ず一番重要なのは「等級引継ぎができるかどうか?です。
割引はセカンドカー割引の適用をすることで1等級分お得に契約できます。

 

新規加入する際の注意点の補償内容と選び方!

 

継続更新

 

 

継続更新契約は、保険会社を変更するか更新するのかがポイント

 

保険会社会社を乗り換えることで保険料が安くなる場合もあります


自動車保険は1年契約が基本となるため、必ずしも保険を継続更新する必要はありません

 

継続更新する場合は、更新するメリットと乗り換えのメリットを両方理解したいですね。
継続更新してしまうと受けられない割引もあります。

 

継続更新をするメリットはそれ程ない?

保険契約その前にやっておきたいこと!

 

補償内容・保険料を見直す

 

毎年補償内容の見直しを知る必要が有ります。

 

「契約者」も「保険会社」状況が変化するため、契約内容と車の使用状況にずれが生じることがよくあります。
車の使い方や年齢条件が代わり、保険料に影響する部分にも変化があります。
保険会社も特約や内容が毎年変化しているため、更新のタイミングで見直すことで、保険料を無駄に支払うことを防ぐ事ができます。

 

自動車保険の見直しの必要性とタイミング

 

受けられる割引を確認

 

自動車保険には様々な割引が有ります。
また、

 

支払いは?

 

契約の決済はクレジットカードのほか、コンビニや銀行での納付、引き落とし、分割ができる場合もあります。
保険料の支払い方法によっては各社違いが有りますが、一番余分な出費を支払わなくていい方法は、1年分の保険料をクレジットカードで一括払いする方法です。
車に乗るその日から補償が受けられるように設定します。

 

自動車保険料の様々な支払い方法を紹介!

どの保険を選べばいいの?!

 

そもそも、どの保険会社に加入するのかが分からないんよ!という場合が殆どだと思います。

 

そのためにどういった事をする必要があるのか?が問題ですよね?

 

インターネットから申し込む保険は「複数社の見積もりを比較できるサービス」を利用して、見積もりを見比べることができます。

 

申し込んだ後に、加入したい保険会社を選択し、そのままネットから各保険会社に正式契約をする流れになります。

 

 

もっと保険の補償内容rとかに迷っているんだよ!という人は「自動車保険の選び方」で詳しく説明しています。

 

●自動車保険・加入契約のまとめ

  • 新規だからこそ受けられる割引の確認
  • 保険は基本的に1年契約
  • 代理店型とネット型では加入のアプローチが変わる
  • 見直しで補償内容の再確認
  • 乗り換えることで保険料が安くなる可能性が大きい
  • 保険会社に迷ったら比較する
  • 特約も必要な物を確認する

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド