自動車保険 継続更新

自動車保険を継続更新をする際は契約内容の見直しが重要!

 

 

自動車保険に加入していると、ついつい「今の会社で」と考えてしまいがちです。
でも各保険会社はさまざまな特約や割引を日進月歩で出してきていますので、もしかしたら他の会社のほうが合うものが出てきている可能性もあり。
ここでは自動車保険を継続更新する場合、チェックしておきたいポイントについてまとめました。


継続更新のメリット

 

私も毎年更新時に、結果的に同じ保険会社で継続更新しているケースがありますので、継続更新にメリットも感じています。
どういった部分かというと、いかのような点ですね。

 

  • 慣れた保険で自信をもって保険を選べる
  •  

  • 割引が受けられる場合も!

 

ダイレクト型自動車保険の場合、自分で補償内容や特約を設定したり外したりしつつ、検討できます。
慣れたところだとこれも安心感があるんですよね。
また継続更新だと、継続割だけでなく、最上級の20等級の人でもさらに割引が有る会社も。
そういったメリットがある人は、やはり継続してしまう場合が多いんですね。

継続の場合の注意点

 

継続更新はメリットがある人もいれば、注意しないといけない場合もあります。

  • 保険料が他社より高くなってる場合が有る
  •  

  • 特約内容が変わっていることが有る

 

自動車保険は、車が安全装備や燃費などが日々進化するのと同じように、毎年特約の消滅や新設がなされているため、これが良い!!と思っていた特約が無くなっていることがあったり、保険料もA社が安いと思っていても、B社がさらに使える割引を設定してきて安くなってる場合もあります。
ですから、「念のため」更新時には複数見積もりは取ってみるほうが安心です。

通販型と代理店型では?

 

自動車保険には大きく分けて、通販型(ダイレクト型)と代理店型がありますが、どちらを選ぶべきなのか。
これも人によって一長一短があるといえます。

 

代理店型はおまかせできるのがメリット

 

代理店型の更新メリットは、なんといってもおまかせでできて、簡単であること!
わからないことも丁寧に教えてくれますし、一声で色々やってくれる印象です。
事故時の対応についても、担当者に相談することができる場合もあって、これこそ代理店のメリットという感じです。

 

  • 継続時の補償の見直しも的確で
  •  

  • 支払いもいつもの口座でわずらわしくない
  •  

  • 代理店型は保険以外での関係でも何かと助かる

 

会社によっては、生命保険と一緒に申し込みしている場合もあり、自動車保険関連以外でも、担当スタッフが骨を折ってくれる場合もあります。
自分でいろいろ考えるのが難しい、おまかせしたいという人にとっては代理店型もメリットがあるかもしれません。

 

通販型は保険の継続にはメリットは殆どない?

 

通販型、ダイレクト型の自動車保険の場合、継続割引が大きい会社以外は、継続契約のメリットはあまり感じられません。
強いてメリットをあげるとするなら、いつものところでなんとなく安心、支払もクレジットカードの番号をまた入れなくていい、程度かも。

 

通販型の場合、価格訴求の保険であるため、継続するメリットが少ないといえます。
ですから毎年複数見積もりを取り、見直して1年ごと乗り替わっても、特にデメリットがないともいえますね。

【まとめ】継続更新するにしても比較だけでもしておこう

 

自動車保険は毎年更新時に補償内容や特約をしっかりと見直すべきです。
これは同じ会社で継続契約をする場合でも同じです。
なぜなら自動車保険の特約や割引は都度変化している場合もあること、自身の車の乗り方が変わっている場合もあるからです。

 

一括見積を使えば簡単に比較できますので、更新時には複数の自動車保険の見積もりを取り、補償内容や特約も、再度検討しましょう。

 ●保険契約のお役立ち記事

 

自動車保険の加入契約時に抑えるべきポイント

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド