原付特約(ファミリーバイク特約)

原付特約(ファミリーバイク特約)

 

 

原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ)を運転する場合、絶対に入らなければならない保険が「自賠責保険」です。
その他に、「自賠責保険」でカバーできないものを補償できるのが「原付特約」です。ここではメリット、補償の内容についてどんなものかみていきましょう。


●ファミリーバイク特約とは

 

原付特約(ファミリーバイク特約)とは125cc以下の原動機付自転車(または50cc以下の三輪以上の自動車)の運転中での事故に対して、相手方への損害の賠償、事故のけがの補償をする保険です。

 

普通自動車保険は、四輪車での事故の補償をするものですが、自動車保険契約者が数千円の追加金を支払えば、契約できる特約です。

 

保険会社によっては「原動機付自転車に関する特約」「マイバイク特約」という名称になります。

 

 

→ 125cc以上の人は【バイク保険】をチェックして下さい。

 

原付特約(ファミリーバイク特約)のメリット

 

一般道路を、ナンバープレートを付けた車両で走行する場合、絶対に入らなければいけない
保険があります。

 

そう、自賠責保険(自動車賠償責任保険)です。
でも、自賠責保険は、原付バイクでの事故の賠償をすべてカバーしてないんです。

 

 ●自賠責保険はバイクで相手に怪我をさせた場合補償される金額

  • 死亡時:3000万円
  • 後遺障害:75万円~4000万円(等級による)
  • 傷害:120万円まで

がでます。

 

でも相手の車両の修理代や物を壊した場合の弁償費用は、

 

自賠責からは出ないのです。

 

そこで、

 

対物事故、対人事故が自動車保険並みの補償で、自分のケガの補償もされる

 

ファミリーバイク特約に加入するのがオトクです。

 

自賠責保険と原付特約(ファミリーバイク特約)の補償の違い

  相手のケガ 相手のモノ 自分のケガ
自賠責保険 × ×

原付特約
(ファミリーバイク特約)

 

 

原付特約(ファミリーバイク特約)の補償内容

 

原付特約(ファミリーバイク特約)の補償内容を紹介しましょう!

 

対人・対物賠償は、自動車保険と同じ補償

 

対人賠償・対物賠償は、契約している自動車保険と同じ補償額になります。

 

つまり自動車保険の対人賠償・対物賠償が無制限で契約していれば、

 

原付特約(ファミリーバイク特約)の対人賠償・対物賠償も無制限の補償となります。

 

自分のケガの補償は選択可

 

自分のケガは、「人身傷害あり」「人身傷害なし」から選択します。

 

①人身傷害なし

 

「人身傷害なし」タイプは、自賠責保険から補償が受けられない場合に補償します。
例えば

 

事故の相手がいない、単独事故や

 

事故の相手方には過失がない、バイク運転者の追突事故

 

など場合です。

 

②人身傷害あり

 

「人身傷害あり」タイプは、相手のある事故、相手がいない事故、自分の過失が大きい事故でも

 

過失分を含めて補償されます。

 

例えば事故の過失割合が相手過失70%・自分過失30%で損害が300万円のときでも、

 

自分の過失分30%が減額されることなく、損害300万円全額補償されます。

 

 

ただ、「人身傷害あり」のタイプは補償範囲が広いので、

 

「人身傷害なし」より保険料が高くなります。

 

 

自分の車両修理代はなし

 

自分の車両修理代はでません。

 

自動車保険に車両保険をついていても、

 

原付特約(ファミリーバイク特約)には適用されません。

 

 

●原付特約(ファミリーバイク特約)の補償のまとめ

 

  相手のケガ 相手のモノ 自分のケガ バイクの修理代
人身傷害なし ×
人身傷害あり ×


※自賠責保険から補償が受けられない場合で、相手がいない事故や相手方に過失がない場合補償されます。

 

家族の範囲

 

  • 記名被保険者の配偶者(内縁を含みます。)
  • 記名被保険者または記名保険者の同居の親族
  • 記名被保険者または記名被保険者の別居の未婚の子

 

つまり、記名保険者とその家族が125cc以下のバイクで起こした事故は全て補償されることになります。
たとえば、友人から借り125㏄以下のバイクで事故を起こしても保険の補償の対象になります。
反対に記名保険者またはその家族所有の125cc以下のバイクを知人や友人等に貸し、そのバイクで知人や友人等が事故を起こしても、補償されません。

 

●運転手限定、年齢限定は適用されない!!
自動車保険に本人配偶者などの運転手限定や年齢条件を付けていても
原付特約(ファミリーバイク特約)には運転手限定、年齢限定は適用されません。
だから、30歳以上補償の自動車保険でも、記名保険者の未成年の子が125㏄以下のバイクで事故を起こしたら保険が適用されます。

 

1つの特約ですべての所有バイクを補償

 

原付バイクを5台所有していても、1つの特約はすべてのバイクが補償されます。

 

保険を使っても等級は下がらない

 

バイクで事故を起こしても原付特約(ファミリーバイク特約)を使っても
翌年の自動車保険の等級は下がりません。

 

 

まとめ

 

原付特約(ファミリーバイク特約)は、125cc以下のバイク事故で自賠責保険だけでは
カバーできない対物賠償やバイク運転手自身へのけがの補償をしてくれる保険です。
自動車保険に加入していれば、数千円でその補償が付けられ、特約を使っても自動車保険の等級が変わりません。
ご家庭に原付バイクがある場合は、ぜひとも入りたい特約ですね。

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド