自動車 任意保険 休業補償

サラリーマンの休業補償

 

事故に遭った場合、サラリーマンの休業保書はどれくらいもらえるの?会社勤めの人ならそう考えるでしょう。

 

損害保険料率算出機構によると、「休業損害は、休業による収入の現象があった場合又は有給休暇を使用した場合に1日につき原則として5700円にする。」
とあり基本は1日5700円が支給されることになるのですが、それ以上もらっているという人は納得いかないですよね。

 

ご安心下さい。


 

 

これにはちゃんと例外もあって、そんな人は源泉徴収票を提出すれば上限1日につき19000円までの休業補償が補償されます。

 

源泉徴収票は勤めている会社に言えばちゃんと出してくれますので、相手側の保険会社から5700円での休業補償の提示があった場合は必ず、その旨を申し出るようにして下さいね

専業主婦の休業補償ってあるの?

事故に遭った被害者が専業主婦の場合、休業補償は請求できるのでしょうか?事実、どこかに勤めているわけではありませんからはっきりとした金額が分かりませんよね。

 

でもこれもちゃんと決まっているんです。

 

損害保険料率算出機構によると、「休業損害は、休業による収入の現象があった場合又は有給休暇を使用した場合に1日につき原則として5700円にする。

 

ただし、家事従事者については、休業による収入の減少があったものとみなす。

 

」とされていて、事故により家事や炊事ができない期間は1日あたり5700円の休業補償がされるという事なのです。

 

 

自分は専業主婦だから休業補償はないだろうと思っている人は間違いですよ。

 

ちゃんと請求すれば自動車任意保険相場から支払われますから忘れないようにして下さいね。

 


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター