自動車保険 選び方 ガイド

自動車保険の選び方ガイドします。

 

納得できる自動車保険とは?

 

自動車保険、納得して加入出来ていますか?

 

殆どの人は「基本的な補償内容」+「必要と思う特約」を選び、提示された保険料を支払っているはずです。

 

もちろんそれで困ることはありせんが、「これで大丈夫!」「私の保険選びには自身がある!」と言う人は極僅かではないでしょうか?

 

そもそも「納得できる自動車保険」とはどんな保険なのでしょうか?

 

納得できるのは、あなたが安心と思える補償内容で、この保険料ならば高くないよね!と思える保険です。

 

そのためには、補償内容の優先順位を理解し、補償条件の取捨選択をしなければなりません。

 

ここでは自動車保険の「補償内容に優先順位」を付け、納得できる自動車保険選びのお手伝いをしたいと思います。

 

※「自分の場合の保険料は?」「私の場合、最安値はどこの保険会社なの?」と知りたい場合は、複数社の見積もりを比較することで簡単に見つけることができます。


▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

先ずは【保険のタイプ】と【基本補償】を知るべし!

 

保険には2つのタイプがある!

 

はじめに自動車保険には通販型と代理店型の2タイプがあり、それぞれのコンセプトを理解しましょう。

 

●保険のタイプ

保険のタイプ 特徴
ダイレクト型自動車保険【通販型】 保険料が安く、加入には最低限保険の知識が必要
代理店型自動車保険 保険料が高いが、担当者にお任せできる

 

次に、「補償の全体像」を把握するため、各補償の役割を切り離して考える必要があります。

 

補償の役割を分解して考えよう

 

 

自動車保険のそれぞれの補償には、目的が有ります。

  • 相手への賠償
  •  

  • 自分・搭乗者への補償
  •  

  • その他特約・ロードサービスなど

どの保険がどんな目的を持っているのか見てみましょう。


●補償条件

 

  賠償のタイプ 補償の種類
相手への支払い 車両等財物

ケガの補償
(賠償保険)

1 対人賠償保険    【対人】
2 対物賠償保険    【対物】
自分の受け取り ケガの補償

(傷害保険)

3 人身傷害保険(特約)【人傷】
4 搭乗者傷害保険   【搭傷】
5 無保険車傷害保険 【無保傷】
6 自損事故傷害保険 【自損傷】
車両の補償

(車両保険)

7 車両保険【車両】 一般
エコノミー
各 種 特 約 各社様々な特約があります
ロードサービス レッカー移動や簡単な修理

 

自動車保険は、この補償内容を選ぶのです。

 

役割を理解すると、必要か不必要か分かるようになりますので、順を追って説明しますね。

 

 

ステップ1 ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険

 

 

ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険どちらが良いのかと言うと、人によって違います…。
(´・ω・`)へ―

 

通販型が合う人、代理店型が合う人が存在するだけで、どちらの特徴があなたに適しているのかが重要なのです。

 

ダイレクト型(通販型)自動車保険の特徴

 

●ダイレクト型自動車保険~3つの特徴

  • 保険料が安い
  •  

  • リスク細分型できめ細やかな条件設定ができる
  •  

  • 自分で判断しなければならい事が多い

 

ダイレクト型保険の大きな特徴は、保険会社と直接取引するため保険料が安く、設定条件も細かく決めることがでることです。

 

しかし、インターネットからの申し込みのは、契約内容を自分で選ぶ必要があり、ある程度の保険の知識が必要になります。
そのため「この補償内容でいいの?」と不安にさせるポイントでもあるのです…。

 

代理店型自動車保険の特徴

 

●代理店型自動車保険~3つの特徴

  • 専属の担当者が付く
  •  

  • アフターフォローがしっかりしている
  •  

  • 保険料が高い

 

代理店型の自動車保険の特徴は、担当者がいることで自動車保険の事は全てお任せ出来る事です。

 

補償内容は?

 

更新の時の手続きは?

 

事故に遭ってしまった時の事故対応は?

 

申し込み書類作成から、事故に遭ってしまった時のアフターケアまで、殆どの事をサポートしてくれます。
面倒な事や重要なことはプロに任せたいという人は、「代理店型の自動車保険」を選ぶのが良いかもしれません。

 

ただし、代理店を挟んでいるため、営業マンの人件費や代理店の利益分保険料が2・3割高くなってしまうのは仕方ありません。

 

【まとめ】ダイレクト型と代理店型はどちらを選べば良い?

 

●ステップ1 【まとめ】

 

代理店型の自動車保険はダイレクト型自動車保険に比べ2・3割保険料が高くなります。

 

そのため、保険料を安くしたい10代・20代の人や、車は週末しか使わないよ!と言う人はダイレクト型自動車保険がおすすめです。

 

しかし、通勤に毎日車を使う人や、30代以上など家庭を持っている人や、保険料が安くなる年代の人は補償内容を手厚くするためにも代理店型の自動車保険もおすすめです。

 

自動車保険のタイプが何となくイメージ付いたら、次は補償内容を決めなければなりません。

 

自動車保険の補償内容は「相手側への賠償」と「自分側の補償」を考える必要があります。

 

相手への賠償金額を意識する人は多いのですが、自分の車の搭乗者への補償を見忘れている人がいます。

 

あなたの車に乗っているのは、自分だけではないという事を十分考えなければなりません…。


このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド