自動車保険 走行距離

年間走行距離が保険料に影響する?

 

 

年間走行距離を設定し、それに合わせた保険料を決める保険会社があります。

 

時々しか乗らない人と、通勤に毎日車を運転する人と保険料が同じというのもおかしな話ですよね?

 

そんな「年間走行距離」に着眼点を置いた自動車保険があるのです。


走行距離が少ない人は

 

走行距離によって保険料を安くできる

 

ソニー損保が有名ですが、「保険料は走る分だけ!」という保険料をリスクを細分化して保険料を安くしている保険会社があります。

 

これは、保険料を安くするのではなく、車をあまり使わない人(年間走行距離が短い人)は事故にあるリスクが減るため、それに合わせて保険料を調整しましょう。
という条件事項です。

 

週末ドライバーや近所の買い物にしか使わないという人はとても助かる条件ですので、絶対にチェックするべきです!

 

「走行距離」と「リスクの大きさ」は比例する!

 

自動車保険の仕組みを簡単に言うと、リスクがより高くなるほど、「保険料も高くなる」ようになっています。
逆にリスクが低いユーザーや、車の乗り方であれば、事故にあう可能性が低くなるととらえられ、「保険料も割安になる」ということなのです。

 

例えば若い初心者ドライバーはデータ的にも事故に遭うことが多いことが分かっています。また、走る距離が長いとそれだけ事故の確率が上がる、ということはちょっと考えてもわかりますよね。

 

そういったことで、「走行距離が少ない」場合、事故に遭う確率が低くなることから、保険料を割安に設定しているんですね。
このような走行距離での割引を行っている保険は、以下のようなものがあります。

 

走行距離についての割引設定

保険会社 設定の
有無
走行距離区分(年間走行距離) その他サービス
ソニー損保 ○あり 距離区分は3,000km以下/5,000km以下/7,000km以下/9,000km以下/11,000km以下/16,000km以下/無制限の7区分 「くりこして割」1000km以上少なかった場合は翌年い繰り越して割引されます)
アクサダイレクト ○あり 距離区分は5,000km未満/10,000km未満/無制限の3区分
SBI損保 ○あり 距離区分は5,000km以下/10,000km以下/15,000km以下無/制限の4区分
AIU保険 ✖無し
イーデザイン損保 ○あり 距離区分は3,000km以下/5,000km以下/10,000km以下/無制限の4区分
セゾン自動車火災 ○あり 契約前過去1年間の走行距離の実績を申告(実績型) 走行距離区分を自動設定するため、走行距離区分の見込み選択は不要/保険期間中に走行距離区分を超えても、手続き不要(翌年の保険料に反映)
東京海上日動 ✖無し
チューリッヒ ○あり 距離区分は3,000km以下/5,000km以下/10,000km以下/15,000km以下/無制限の5区分 車の使用目的により距離区分が変化します
三井ダイレクト ○あり 距離区分は5,000km以下/10,000km以下/15,000km以下/無制限の4区分
三井住友海上 ✖無し
損保ジャパン日本興亜 ✖無し
あいおいニッセイ同和損保 ○あり スマホ・DCMを通して走行距離を計測。1㎞単位で保険料を算出/1ヶ月の走行距離が1,000㎞以上/以下が標準ライン 「PAYD(ペイド)」という実走行距離連動型自動車保険の設定。1ヶ月の走行距離が1,000㎞以下の人は、標準走行距離の人と比べ保険料が約15~20%割安に
セコム損害保険株式会社 ✖無し
共栄火災 ✖無し
そんぽ24 ○あり

距離区分は4,000km未満/8,000km未満/12,000km未満/16,000km未満/16,000km以上の5区分。

契約時までの1年間に契約車が走行した距離により保険料を反映
富士火災 ✖無し

保険料はどれだけ安くなるの?【実例・見本】

 

では実際に、走行距離で割引を行っている保険の場合、距離を全く設定しない場合と、どのくらい保険料が安くなるのでしょうか?
ここでは一例をとって、走行距離でどのくらいの保険料になるかを、比較してみましょう。

 

各指定距離による保険料

 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 保険会社:ソニー損保
  • 車種:トヨタ・アクア
  • 年齢:37歳
  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 年齢条件 30歳未満不担保
対人賠償 無制限 車両保険 各車設定
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 15等級

年間予想走行距離

年間保険料

エコノミー車両保険

車両保険なし

3,000㎞以下

54,240円

40,400円

28,940円

5,000㎞以下

57,950円

43,150円

30,890円

7,000㎞以下

61,170円

45,530円

32,590円

9,000㎞以下

66,460円

49,460円

35,380円

11,000以下

69,810円

51,940円

37,150円

16,000以下

81,940円

60,930円

43,540円

無制限

86,110円

64,020円

45,740円

 

無制限と各指定距離の保険料の差

年間予想走行距離

年間保険料

無制限との価格差※1

車両保険なし

無制限との価格差※1

無制限

86,110円

―円

45,740円

―円

16,000以下

81,940円

4,170円↓down↓

43,540円

2,200円↓down↓

11,000以下

69,810円

16,300円↓down↓

37,150円

8,590円↓down↓

9,000㎞以下

66,460円

19,650円↓down↓

35,380円

10,360円↓down↓

7,000㎞以下

61,170円

24,940円↓down↓

32,590円

13,150円↓down↓

5,000㎞以下

57,950円

28,160円↓down↓

30,890円

14,850円↓down↓

3,000㎞以下

54,240円

31,870円↓down↓

28,940円

16,800円↓down↓

※1走行距離無制限を基準にしています。

 

年間11,000キロ以下に設定すると、かなり割安感を感じますよね。
走行距離がさらに細分化された保険もあり、3000キロ、5000キロ、7000キロなどで設定されています。

 

ほとんど車に乗らない、という場合は、3000キロで充分という場合もありますから、しっかり設定しておくとかなり保険料の節約になります。

 

またソニー損保は、今年度の走行距離が設定よりも1000キロ少ないと、来年度の保険でその分を割り引いてくれる、サービスがあり、走行距離の設定ではソニー損保が一番ユーザーの事wを考えてくれていますね。

こんな人におすすめ!

 

土日だけ、買い物だけ、距離が少ない人

 

土日しか運転しない、遠出はしない、買い物しか利用しない、という場合、万が一のための保険とはいえ、保険料がもったいない、と感じるのも仕方ないかもしれません。
でも実際に事故に遭ってしまったら、場合によっては億単位の補償が必要になります。
そういったことにも対応できるように、やはり保険には加入すべき。
対面の保険ですと、距離での割引がないことが多いため、ネットで申し込みできるものから、自分の走行距離にあったものを選ぶと、それほど保険料を負担に感じずに安心の補償が受けられますよ。

 

ダイレクト型ならではの料金体制?

 

保険料は走る分だけ!の年間走行距離によって、保険料を設定している保険会社は、ダイレクト型自動車保険しか採用されておりません。

 

代理店型の保険会社では、走行距離割引はほぼ採用されていく、ネットでは当たり前のようになっている「走行距離での割引」が受けられないのです。

走行距離で保険料を安くする【まとめ】

 

自身の車の乗り方をチェックし、お得な保険を選びましょう!

 

セカンドカーや、奥様だけが乗る車などの場合は、数千キロ程度しか距離はでないものですよね。
そういう場合は走行距離が細分化され、割引になる保険が断然オトク。
逆に10000キロ以上走行する場合は、保険料が高めになっているものもありますので、そういう方には損になってしまうようです。

 

普段から1か月にどのくらいの距離を走っているかを把握し、自分が年間どのくらい走るのかを知っておき、保険選びの際に比較してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド