車両保険

車両保険とはどんな保険?

 

任意の自動車保険の補償を大きく分けると、2パターンにわけることができ、車両保険とはどのような保険かというと自分の車を直す補償です。

 

●任意保険の補償

  • 相手への補償・・・対人賠償、対物賠償
  • 自分の補償・・・人身傷害、車両保険

車両保険は必要なの?

 

 

「車両保険に入ると保険料が高くなる・・・」という理由で車両保険に加入されない人がいます。

 

車両保険は必要なの?と聞かれたら必要です。

 

しかし、車両保険は賭けに近いものです。

 

事故に合えばプラスになりますが、事故に合わなければ加入していなくともよかったと感じてしまいます。

 

そもそも車両保険に加入する基準が分からないと思いませんか?


 

相手が悪い事故なのに車が直せない?

 

 

事故に合ったことがない人は過失割合の存在を忘れているはずです…。

 

接触事故では相手との過失割合が決められ、互いの車両修理の支払割合が決められます。

 

過失割合が10対0で相手が完全に悪かったとしましょう。

 

その場合は、相手があなたの修理費用を全額負担する上、相手の修理費用を支払う必要もないので自分の対物補償を使うこともありません。

 

しかし、あなたと相手との過失割合が8対2になるとどうでしょうか?

 

あなたの車両修理費が100万、相手の車両修理費も100万だった場合にはどうなるでしょうか?
この場合のあなたの支払い額は、相手の修理費の80%となってくるので80万円となります。

 

相手の車への修理代「80万円は貴方の保険の対物補償」から支払われます。

 

しかし、あなたの車の修理費は相手の過失が2割ですので、車の修理代の20%であり80万円しか負担してもらえないのです。

 

車を修理するには100万円必要なので、残りの80万円は自己負担になってしまうのです。

 

まとめ

 

  • 車対車の事故でも自分の車は100%補償される訳ではない
  •  

  • 過失割合が大きく影響する

 

相手への支払いは対物補償で支払われますが、自分の車は過失割合が影響し、
相手の過失分の修理費用しかもらえない」のです。

 

車両保険に入っていればこの80万円を車両保険からもらう事ができるのです。

 

相手のない自損事故も同様で、車両保険に加入していれば補償されます。

 

車両保険の種類と補償範囲

 

 

車両保険

 

車両保険は、契約車の事故による修理代を補償します。
しかし、車両保険は車種により保険料が割高になる場合があります。
そこで、補償範囲に制限を設定したり、免責(自己負担金)を支払うことで、
自動車保険料を安くすることができます。


 

●車両保険の補償の範囲

  • 一般車両保険
  • エコノミー
  • 限定A
  • エコノミー+限定A
  • 二輪自動車・原動機付自転車に関する盗難危険不担保特約

 

●車両保険の自己負担(免責)設定をする

  • オールリスク免責ゼロ特約
  • 車対車免責ゼロ特約

 

まずは上記の車両保険に関係する補償の種類を理解しよう!

 

 

車対車

盗難・落書

火災、台風等

自損事故

当て逃げ

飛び石

一般車両保険

エコノミー+限定A

×

×

エコノミー

×

×

×

×

×

限定A

×

×

×

※補償される・・・○

※補償されない・・・×

 

(1)一般車両保険

 

一般車両保険とは、自動車同士の衝突・接触事故、物との衝突・接触、物の落下・飛来、盗難、いたずら、浸水、火災などによる車両の損害などを補償してくれる保険です。
一般と言いながらも「フルカバータイプ」ともいわれています。

 

運転操作のミスで電柱に車体をぶつけたといった自損事故、当て逃げされ、相手方不明な場合でも補償されます(地震や津波での災害、戦争などによる場合は適用されません)。
このように事故の形態にかかわらず、幅広く広範囲に補償されるオールリスク型(フルカバー)といわれる車両保険です。そのためもエココノミーなどほかのタイプより高くなります。

 

→ 車両保険【一般条件】はフルカバーされる安心補償

 

(2)エコノミー+限定A

 

エコノミーと限定Aのハイブリットタイプです。
車両同士の事故の場合と災害による損害の場合に保険金が支払われ、自損事故や当て逃げによる車両の損害は補償されません。

 

→ 車両保険【エコノミー車両保険+A】は低年式車種におすすめ

 

(3)エコノミー

 

エコノミーは、自動車、二輪車などの車両同士の衝突・接触事故による契約車両の損害を補償する車両保険の一種。
(1)で紹介した一般車両保険の保険料を安くしたタイプです。
ただ、車両の事故であっても、当て逃げや盗難、自損事故といった事故の相手がわからない場合は、適用されません。

 

(4)限定A(車両危険限定担保特約)

 

限定A、正式名称を「車両危険限定担保特約」といいます。
盗難、落書きなどの車両へのいたずら、物の飛来や落下、浸水などの自然災害や火災など交通事故以外の「災害」(Accident(アクシデント)による車両の損害を補償します。
「限定A」の「A」は「Accident(アクシデント)」のことです。
つまり、車両の損害を災害に限定するものですから、
自損事故や他車との衝突・接触事故による車両の損害は補償されません。

 

(5)二輪自動車・原動機付自転車に関する盗難危険不担保特約

 

この特約は、盗難事故を車両保険で補償していても、その車両にはバイクは含めません。という内容の特約です。
つまり、2輪車が盗難されても車両保険は使えません特約です。
自動付帯されますので改めで加入する必要はありません。

 

バイクを含めない理由は、4輪自動車と比べて、2輪車であるバイクは盗難のリスクが高いから。このような2輪車まで補償対象とすると、車両保険全体の保険料が高くなってしまいます。
 そこで、車両保険の盗難で補償される車両には2輪車は含めないとされています。

 

 

 

●車両保険の選択について

 

保険会社によっては、「一般車両保険」または「エコノミー+限定A」のセットでしか付保できない場合があり、「エコノミー」のみ、「限定A」のみで付保できないこともあります。

 

●車両保険のタイプを選ぶには?

 

この3つから選択する流れになります。

 

車両保険の自己負担額(免責額)

 

 

免責設定をすることで保険料金を安くできます。

 

特に20代など若い人は、免責設定を活用し、補償と保険料のバランスを取るがポイントです。

 

車両保険は保険料が高くなるから加入出来ない…。

 

と言う人にはとても助かる設定です。


免責ってなに?

 

保険証書や申込書の「車両保険欄」に車両免責額という欄があります。
5-10万円とか、1回目0万円―2回目10万円というような記載を見たことありませんか?
車両免責額:5-10万円ですと、1回目は5万円の自己負担額で、1年の内に2回目の保険使用時は10万円自己負をしなければならないという金額を表しています。

 

免責とは事故を起こしてしまった時に「自分の車両補償」にたいして自己負担をする金額に事を表します。

 

自己負担額をすることで、車両保険料が安くすることが出来るので。
なぜこういった事が可能かと言うと、10万円自己負担するようならば10万円の修理費用は保険会社を通さずに、自腹で修理するようになりますよね?

 

結果、小さな修理は保険会社に頼ることがなくなります。

 

しかし、大きな事故の時にはちゃんと保険会社が助けてくれるという流れが出来るのです。

 

●免責金額の種類と選択肢
免責金額の選択肢 選択肢の見方
0-10万円

 

5-10万円(車対車免ゼロ)
5-10万円
10-10万円
10-15万円
10-15万円(車対車免ゼロ)

 

 

●僕のおすすめは「10-15万円(車対車免ゼロ)」での加入!

 

相手のいる事故の時には自己負担無しなのに、保険料も大幅に安くできます。

 

車両保険どうしようかな?

 

という人は「5-10万円(車対車免ゼロ)」を選んでおけば間違いありません。

 

(1)オールリスクゼロ免特約

 

オールリスク免責ゼロ特約とは、車両保険使用時に負担しなければならない自己負担額(免責額)を0円、負担しない(免責にする)特約のことです。

 

「オールリスク」とは事故の種類にかかわらずという意味です。
「事故の種類にかかわらず」といいましたが、具体的には車両同士の事故のほか、自損事故、当て逃げ、火災、盗難、台風、落書き、飛来物という事故の場合でも補償されます。

 

保険金の支払いの際(修理工場への自動車の修理代を支払うとき)、すべて保険で補償され、契約者自身の負担はありません。

 

このゼロ免責は、契約期間中に何度でも使える特約ではなく、通常は1回目の事故時のみ有効となる会社が多いですね。

 

自動車保険契約期間1年のうちに複数回事故を起こすと、次年度の契約では車両保険はつけられないとか自動車保険の契約事態を断られることもあります。

 

※戦争や騒擾、地震、津波などでの車両の損傷は対象外となります。

 

(2)車対車免責ゼロ特約

 

車対車免責ゼロ特約とは、車同士の事故に限り、車両保険の免責をゼロにする特約です。

 

オールリスク免責ゼロ特約から、自損事故や当て逃げ、盗難など相手方が不明な事故によって車に損害が出た場合には、適用できません。
ゼロ円になる条件を狭くしただけ、オールリスク免責ゼロ特約を設定した場合より保険料は安くなります。

 

(3)免責金額が発生するのは・・・・・・

 

特約で設定した免責金額が発生するのは、自分の車両を修理する必要があるときです。

 

たとえば、車体がへこんだ、事故によって破損した部品の交換が必要という場合、免責金額分を自己負担する必要があります。
一方、車を修理できないくらい破損した、修理代が契約車両保険額を上回る「全損」の場合や盗難によって車両が発見されない場合は、免責金額は発生しません。
この場合は、自己負担することなく、ご契約の車両保険金額が補償されます。

 

(4)免責金額を使うとき

 

たとえば、契約車両保険200万円。免責5万円を設定していた場合に事故によって車両に60万円の修理費用がかかることになったとします。
この場合、保険会社から免責金額5万円を引いた55万円が保険会社から車両保険金として支払われます。

 

 

まとめ

 

自分の自動車の修理に使う車両保険。
車両保険の補償範囲を広くすれば保険料は、高くなります。

 

  • オールリスクからエコノミー+限定Aに補償範囲を変更する
  •  

  • 車両保険を適用する際、1回目に限って自己負担額を設定する

以上のような設定ができ、自動車保険の保険料を抑えられます。

 

→ 免責設定で保険料を安くせよ!0円と5万円では大きく変わる保険料

車両保険の保険料について

 

補償範囲による保険料の差

 

補償が充実していることから保険料は一般型の方が高くなりますが、エコノミー+A型は相手がいない事故では補償ががないというわけです。

 

どちらにするのかは保険料との相談となってきますね。

 

それでは、一般型型かエコノミー+A型かで保険料はどれくらい違ってくるのでしょうか?

 

車両保険に加入した場合と加入しない場合の保険料の差は?

トヨタプリウス(ZVW30)で見積もりを比較してみましょう。
加入条件は以下の通りです。

  • 使用者  本人・配偶者限定  ・年齢条件:21~26歳補償
  • 使用目的 通勤・通学    7等級
  • 免許の色 ブルー
対物賠償 無制限 車両保険 一般または無
対人賠償 無制限 車両保険事故負担(免責) 1回目0万/2回目10万円
人身傷害 1億円 車両本体価格 265万円
弁護士特約 有り 等級 20等級

 

  • 車両保険に加入した場合は、年間 139,260円
  •  

  • 車両保険に加入しない場合、年間 51,170円

※SBI損補 平成28年11月8日現在

 

 

車種によって保険料の差額は異なりますが、約9万円で265万円の補償を買ったと思えば、それほど高額な感じはしません。

 

 

【補償なし】・【一般型】・【エコノミー +A】の保険料差
車両保険 一般 エコノミー+A 車両保険なし
年齢 27歳 27歳 27歳
年齢制限 26歳以上 26歳以上 26歳以上
等級 9等級 9等級 9等級
対人賠償 無制限 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限 無制限
年間保険料 94,580円 63,000円 37,790円


※対象車両:2009年式2代目プリウス

 

一般型型とエコノミー+A型の価格差は31,580円でした。
この費用差が高く感じるのかは契約者の考え次第というところですね。

 

車のタイプによって大きく変わる

 

車両保険は車のタイプによっても保険料が変わります。
特にスポーツタイプは割高になるので、保険料の安いコンパクトカーと比較してみました。

 

【スポーツワゴン】と【コンパクトカー】の保険料差
車両保険あり ホンダ・フィット スバル・レボーグ
年齢 32歳 32歳
年齢制限 30歳以上 30歳以上
等級 13等級 13等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の種類 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
年間保険料 58,170円 89,590円

 

保険料の差は31,420円の差がありますが、このさは2つ理由があります。

 

車両保険を決める「料率クラス」と「車両価格」の影響です。

 

車のタイプや車両価格により保険料が上下することは間違いありません。

車両保険に加入しなくともいい場合

 

それでは、結局のところ車両保険は付けておいた方がいいのでしょうか?

 

それは契約対象となる車両によって違ってくるでしょう。

 

特に新車や高級車など車両の時価が高額な車両の場合には付けておくことをおススメします。

 

しかし、預貯金に余裕があり補償に頼らなくても修理可能という場合にはわざわざ車両保険を付ける必要はないでしょう。

 

また、対人や対物のように損害金額が読めず、死亡時の損害請求で1億円を超えるような高額な請求も予測されるものは必ず付けておかなければなりませんが、車両保険はその限りではありません。

 

車両の時価が10万円、20万円ということもあるのです。

 

その場合ならば毎月支払う保険金に対して補償される限度額が低くなるので、保険料を支払ったと思って貯金に回した方が得策です。

 

車両保険は車両の時価が低くとも、高い保険料となります。

 

この点を踏まえて、車両保険が高い費用対効果を発揮する車両かどうかをよく検討する必要がありますね。

 

保険料の見積もりに料金はかかりません。

 

ですから、まず保険加入を検討する際には、車両保険アリ・ナシで見積もりを取って、保険料と補償内容を比較してみることが肝心ですね。

 

車両保険(一般条件での加入)の役立つとき

 

車両保険適用の事例

 

■ケース1

 

信号機のある交差点で右折をしたところ、直進してきた相手の車と出会い頭衝突をしました。自分の車の修理代は100万円。過失割合は自分が80%、相手が20%でした。
受け取れる保険金は、

 

相手の対物賠償保険から 自分の車の修理代100万円×相手の過失20%=20万円

 

となります。

 

残りの80万円は、車両保険に加入していれば支払われます。

■ケース2

 

交差点で信号待ちをしているところ、後ろから来た車両に追突されました。ところが、相手は逃走。結局、相手を特定できませんでした。
自分の車の修理代は30万円。過失割合は、自分が0%、相手が100%でした。

 

本来でしたら相手に修理代30万円を請求できるのですが、相手が特定できないため相手へ請求できません。このような場合でも自分の車両保険で修理をすることができます。

■ケース3

 

雪道でスリップし、自分の車をガードレールにぶつかりました。修理代は50万円。
自己過失による単独事故ですから、請求できる相手はいません。けれども、この場合でも自分の車両保険で修理をすることができます。

■ケース4

 

自宅が火事になり、車が燃えてしまった。車両は全損で200万円。火事なので火災保険が対象と考えてしまいますが、車両の補償は車両保険で補えます。

 

ほかにも、飛び石による損傷、車両の盗難、自然災害(水害など)にも車両保険が使えます。

車両保険の注意点

 

新車が買えるわけではない?

 

普通に考えれば、車両保険の補償はできるだけ高額設定にしておいた方が大きな安心が得られるということになってきます。

 

しかし、補償額は個人で好きに設定することはできないのです。

 

補償額は初年度登録から計算された時価が設定限度額となります。

 

つまり、購入時には300万円の時価があったとしても、年月が過ぎればその時価は下がっていくので、毎年補償限度額は下がってくるというわけです。

 

保証限度額が下がると車両保険は安くなるのですが、この仕組みを知らずにいつまでも契約開始時の補償額が適用されているとお思いの方も多いようです。

 

事故時に慌てないためにも、この補償限度額の仕組みについてはよく理解しておいてくださいね。

 

 

車両保険をつかうと・・・

 

車両保険を使うと、等級がダウンします。
等級がダウンすると、割引率が変わるので、保険料がアップします。

 

ただ、20等級など比較的等級が高い方ならアップ率はある程度抑えられますが、等級が5等級以下の方の場合、次年度の自動車保険料が割高になる(SBI損保の5等級の場合 年間170,090円)、引き受けが不可なる場合があるので注意が必要です。

 

 

車両保険はどんな保険?まとめ

 

車両保険は、車体にもしものことがあり、相手へ請求できないときに補償が得られるものです。
もちろん、その補償は有料ですから、車両保険に加入すると、保険料の負担は大きくなります。

 

  • 車両を修理したり、買い替えたりする経済的余力がある
  • 低年式で、車両の価値が低い

という場合には、車両保険は不要だと思います。

 

 

また、修理代が比較的低価格(およそ10万円まで)で済む場合は、車両保険を使うより自費で修理代を負担したほうが、今後の保険料の支払いを抑えることができます。

 

さらに、車両保険に加入する際、免責額(=修理費の自己負担額)を設定することで、
保険料を抑えることが可能です。

 

車両保険の加入には、いろいろと検討するところはあります。保険料の具体的な金額を確認してから、加入するのがよいと思います。見積もりの際には、「一般タイプから車両保険なし」とお願いし、情報を集めるのがベストです。

車両保険について契約前に詳しく知る必要がある!記事一覧

車両保険【一般条件】はフルカバーされる安心補償

車両保険 一般条件について車両保険の種類と補償範囲車両保険には一般車両保険と、エコノミー+限定Aがあります。違いをまとめると、単独事故他車との衝突当て逃げ台風・洪水火災・爆発盗難落書きいたずら一般○○○○○○○○エコノミー+限定A―○―○○○○○table.uxgxmp{table-layout:f...

≫続きを読む

車両保険【エコノミー車両保険+A】は低年式車種におすすめ

車両保険 エコノミー車両保険+Aについて車両保険の種類と補償範囲車両保険には一般車両保険と、エコノミー+限定Aがあります。一般保証とエコノミーげb亭プラスA補償内容の違い単独事故他車との衝突当て逃げ台風・洪水火災・爆発盗難落書きいたずら一般○○○○○○○○エコノミー+限定A―○―○○○○○table...

≫続きを読む

車両保険の金額|車・会社ごとの価格相場は?

車両保険の相場は簡単に幾らです!とは申し上げにくいのが現状です。何故かと言うと車両保険の保険料は「形式ごとに細かく分類されている」ため、同一車種でさえ保険料が変わってくるからです。それは保険会社が赤字な成らないために細かく分類して毎年、事故率や保険使用金額のデータを取り、この車種のこの形式は来年度は...

≫続きを読む

保険料を安せよ!【車両保険の免責金額】のおすすめは?

車両保険料を安くできる免責設定!任意保険のなかには、「車両保険」というものがあります。この「車両保険」の契約時に必ず設定するのが「免責」というもの。「免責」の設定の仕方によっては、車両保険に「より安く」加入することができます。ここでは車両保険の「免責設定」というものを掘り下げてみてみましょう。

≫続きを読む

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


自動車保険内容を見直しする


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター