余裕があれば入っておきたい自動車保険のオプション付帯サービス

自動車保険、入るなら付帯しておきたいものはコレ!

 

任意保険は自動車の事故のためだけ?

 

自動車を買ったら絶対に入っておきたいのが、任意で加入する自動車保険ですよね。
でも中には自動車をかなり背伸びして買ってしまい、保険のお金まで用意できない、なんて人もいますね。
しかしやはり重大な事故が起こってしまったら取り返しがつかないことになってしまいますので、自動車を買おうと考えた段階で任意保険について勉強し、費用を計算しておくべきなのです。
でもそれでもお金が…と思っているかた、自動車保険はただ単に死亡事故などの重大事故の場合だけ役立つと思っていませんか。
それは大きな「間違い」です。
自動車保険で役立つことはとてもたくさんあります。
皆がみんな重大な死亡事故を起こすわけではありませんが、逆に日ごろのちょっとしたトラブルなどのときにとっても役立つのが自動車保険なんですよ。
そのことを把握したら、最初から自動車保険に入っておくべきだ、ということが理解できるはずです。
次に保険に付帯しておくべきオプションについて説明しましょう。

 

個人賠償特約で自転車事故もカバー!

自動車保険は自動車に乗っているときに、何かトラブルがあった際に役立つ保険ですよね。
しかし保険内容のなかにはオプションで自動車に乗っているときとまったく関係がないときにも役だつとてもよいオプションがあります。
それはどんなものなのか?
それはずばり「個人賠償特約」というものです。
呼び名が若干違う場合も保険会社によってあるようですが、このオプションは費用としても知れていますので「絶対に」つけておくべきです!
昨今では県によっては条例ができて義務づけられつつあるのが「自転車の保険」というものです。
県によってはこれから自転車を購入する際に、「自転車の保険」に加入させるように進めています。
しかし自動車保険の「個人賠償特約」を付帯していれば自転車でのトラブルもカバーできるんです!
ですから自動車のために入った保険なんですが、自転車で万が一誰かをはねて大怪我をさせた、後遺症が残ったなどの際の賠償もできるんですね。

 

個人賠償特約は家族も安心!

「個人賠償特約」を自動車保険のオプションでつけておくと、家族が万が一第三者などのものを壊したり、怪我をさせたときなどにも対応できます。
この詳細については加入している保険の内容をしっかりと確かめて入るようにしてください。
例えば小さなお子さんがいる世帯で、そのお子さんがお店などでガラス製品を落として割ってしまった場合。
こういった時にも自動車保険のオプションである「個人賠償特約」でカバーできます。
筆者も実は会社のパソコンを乳幼児だった子供が壊したときにカバーしてもらいました。
ですから日常生活における何らかとトラブルの際にも役立つのが「個人賠償特約」。
家族が過失を犯してトラブルになったときにも役立ってくれるので頼もしいものなのです。
ただこの「個人賠償特約」は保険会社によっては上限が5000万円とか、決まっている場合がありますので金額についてはしっかり把握しておきましょう。
できれば無制限で補償してくれるものがいいですね。

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


自動車保険内容を見直しする


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター