自動車保険の早期割引も見逃せない!

自動車保険の早期割引も見逃せない!

 

 

ダイレクト型の自動車保険に加入すると、お知らせはメールで届くようになります。
だいたいその契約が満期になるおよそ2か月ほど前には、「満期のお知らせ」のメールが届き、次回の契約を検討する時期になってきます。

 

自動車保険には「早割り」こと早期契約割り引きがあります。

 

ここでは早期割引にちぃて詳しくチェックしてみましょう。


早期契約割引とは?

 

早期契約割引とは早割とも呼ばれ、その名のとおり契約開始日よりも早く契約することで受けられる割引です。

 

契約のタイミングは保険会社によってまちまちですが、どこも保険開始日の1ヶ月以上前に保険契約を完了することを割引の条件にしています。

 

ダイレクト自動車保険の場合、インターネットでカンタンに見積もり、比較検討、そして乗り換えができてしまうのでとても便利ですが…
でもそういったかたちであっさりと乗り換えられてしまうのは、保険会社にとってはがっかりなのです。
そういうことにならないようにと設定されているのが「早期割引」という割引です。
ここではダイレクト型自動車保険の「早期割引」についてみていきましょう。

早期契約割引と継続契約割引を詳しく知ろう!

 

気になってくるのが一体いくらくらいの割引が受けられるのかという点ですが、

 

  早期契約割引
ソニー損保 -
アクサダイレクト -
三井ダイレクト -
アメリカンホーム -
チューリッヒ 500円
SBI -
イーデザイン損保 500円

 

 

上記のように500円というのが相場で、期待するほどの割引額ではないのが実情です。

 

また、早期契約割引は代理店型では取り扱っていない割引サービスで、ダイレクト型のみとなっています。

 

しかも、そのダイレクト型でも取り扱っているところが少ない事を考えればそれほどやっきになって「有る・無し」を気にするほどのものではないかもしれません。

 

この早期契約割引にこだわって保険会社選びをする必要はないというのが正直なところです。

 

最終的に「保険会社をどこにしようか?」と迷った時の検討材料くらいでとらえておくのが丁度いいかもしれませんね。

更新前に比較したうえで早期割引を活用!

 

先ほど少し触れましたように、契約満期のだいたい2か月ほど前には、メールでお知らせが来ます。
その時期になると、他社の自動車保険も見積もりが可能になりますので、念のため複数の保険会社の自動車保険のプランや見積もりを取るのがおススメ。
そのうえで、今契約しているところの保険がよさそうだ、継続しようか、となったら、「早期割引」が適応になっている時期に更新をするのが最もお得になります。
毎年比較してみると、だんだん各社の保険の特徴やカラーが把握できてきますので、自分に合っている保険はいつも同じ、ということになる場合もあると思います。
そうなってくると、その会社に早期割引があるなら、使わない手はないということですね。

 

早期継続の時もネットでカンタン!

 

筆者も毎年しっかりと比較をしつつなのですが、このところだいたい同じ保険会社のプランの契約になっています。
個人的なこだわりは、弁護士費用と個人賠償責任特約を付帯させることなのですが、こういったこだわりに合う保険となるとかなり絞り込まれてきます。
今年の場合も2か月前にメールで満期のお知らせが来ましたので、すぐさま複数の会社を比較し、さまざまな割引を適用したトータルな価格をチェックしたうえで、今の保険が安かったので、さらに付けたいと思っていた風水害の補償もプラスして、「早期割引」が最大に使える時期に継続しました。
継続も意外に簡単で、ログインしてマイページからたどるだけで決済まで進めますので、難しくありません。
万が一わからない場合は、電話でオペレーターさんに聞きながら進めることもできたりしますので、継続するなら早期に進めるのがお得です。

 

契約更新に早期割引があるのは保険会社の思惑も…

 

インターネットが普及する前は、保険の代理店や車のディーラーなどで、自動車保険を考えて契約するというのが一般的でした。
しかし昨今ではインターネットで申し込みするだけで、プランも作成、比較でき、契約や決済まで終えることができるように。
そういったことからいちいち代理店をかまえたり、スタッフが足を運ぶコストが抑えられるようになったことから、コストダウンが実現してきたようです。
ただ便利な分、さらにユーザーも簡単にほかの保険と比較して1年ごとに乗り換えすることも可能ですよね。
保険会社としては、そんなさらっと乗り換えられたのではたまらないですから、早い時期に継続してもらうために、割引することでご機嫌を伺っているということなのかもしれません。
いずれにせよ、ユーザー側も賢く利用すればお得ですので、これはこれでありがたいことなんですけどね。

 

満期の2か月前には、保険をチェックしよう!

 

早期割引を行っている保険会社と行っていないところがありますので、自身が加入している保険にそういったものがあるかどうかを、まず満期の2か月前にチェックするのがひとつ。
そして割引があるなら、その時期に他社の保険もしっかりと比較し、今の保険の継続でいいかを確認。
そのうえで、割引が最大に適用になる時期に、継続手続きを行うのが最もお得なコースです。
ちょっと早い時期にも感じますが、このやり方が一番おススメです。

 ●自動車保険・割引についてのお役立ち記事

 

自動車保険の割引制度を活用しよう!

※保険会社に用意される様々な割引を紹介しています。

 

インターネット割引の活用で保険料を安くするべし!(新規加入/継続契約割引)

 

【自動車保険の継続割引】契約更新による割引はメリットが少ない?

 

 

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険選びをナビゲートします

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

安全装備による割引き
自動車保険は実は車の装備によって各種の割引きを受けられるケースがあります。ABSやエアバッグなどの安全装置が備わっていることによる割引きなどです。しっかり把握しておき適用させるようにしましょう。
インターネット割引
多くある自動車保険の保険会社、一つ一つ直接会わなくても、電話やパソコンで申し込みができるものとなってます。しかもインターネットからだと割引があるとか・・ここではインターネット割引について詳しく紹介しています。
継続割引
自動車保険には契約の更新時に更新割引が有る保険会社があります。この継続割るについて詳しくまとめました。
ゴールド免許の人
自動車保険の割引であるゴールド免許割引。常識てきな割引ですが、詳細まで理解できるように紹介します。
エコカー割・電気自動車割
エコカー割・電気自動車割って何だかおかしくないですか?ということで、エコカー割・電気自動車割について詳しく調べて、私の見解をまとめてみました。
夫婦だけしか運転しない人
自動車保険の割引制度についてまとめています。自動車保険は上手く割引を活用しなければすごく高額になってしまいます。
家族しか運転しない場合
運転者限定特約の家族限定割引を上手く使う事で車の補償範囲は狭められますが、保険料は効率的に割り当てることができます。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド