車の車検について徹底紹介~車検の費用

車の車検について徹底紹介~車検の費用はどれくらい?

 

車の車検について詳しく解説

 

車に乗っているなら、新車なら3年後、その後は2年ごとに必ず受けなければならないのが「車検」です。
もし車検を受けずにそのまま車を走らせていたら法律違反に。
「無車検車走行」となってしまい、とても厳しい罰則を受けることになってしまいます。
ここではそんな「車検」とはどういうものか、費用やその他の疑問を徹底的に調べてみました。

 

車検とは?

 

ディーラーや業者に「車検」をお願いすると、通したら次の車検まで安心、という感覚があるものです。
しかし厳密にいうと「車検」そのものは、その時点で定められている「保安基準」に適合したかどうか、ということであり、その後次の車検まで安心、ということではありません。

 

ただ一般的にこの「車検」の際に「法定24か月点検」を同時に行い、メンテナンスが必要な部分を交換することが多いため、次まで安心…という感覚になるようです。
でも「車検」と「法定24か月点検」は別物ではあるものの、一般的に一緒にして車検の流れとして受け付けるところがほとんどなため、その業者の保証がつくことがあるため、その場合はまあ、安心、といえるんですね。
「車検」の際には、車両の点検や整備を行って、自賠責保険にも加入することとなっているので、その費用も含まれています。
細かい内訳もきちんとチェックしてみてください。

 

車検の費用は?

 

車検のチラシや業者のホームページを見ると、総額だけでなく、その内訳についても書かれていますが、費用は以下のようになっています。

  • 法定費用   … 重量税、自賠責保険の保険料、印紙代
  • 車検基本料  … 代行手数料、法定24か月点検の費用、検査料
  • 整備費用   … 交換部品がある場合はその部品代と工賃など

 

筆者もたまたま今年車検で、このあいだ業者に行って事前にチェックしてもらい、見積もりを出してもらったところです。
法定費用は乗っている車の種類や大きさ、排気量によって一定の金額が必要となっていますが、そのほか代行手数料、法定点検などの含む「車検基本料金」については、業者によってもかなり差があるようです。
また点検して交換したほうがよい部分が見つかった場合、交換するならその部品代と工賃が発生しますので、これもプラスして支払わなければなりません。

 

とはいえ、部品の交換に関しては、車検が通る、通らないにかかわらない部分もありますので、ここは業者と相談し、必要に応じて変えるとよいです。
また事前に見てもらって見積りできるこのパターンだと、車検までに自分で部品を取り寄せて交換するといった工夫も可能な場合も。
筆者も今回一部自力で交換できる部分があったので、ここは外してもらいました。

 

費用を比較する場合も、内訳の金額を確認して、どこがいくらになっているか理解して比較したり、整備費も妥当かどうか確認するほうがよいですね。

 

【チェック!】

  • 車検の「法定費用」は車種、排気量によって一律
  • 内訳をきちんと確認すべし
  • 整備費用も比較して考える

 

車検時に用意するもの

 

車検を受けるには必要なものがいくつかあります。
それは以下のとおり。

  • 受ける前の「車検証」
  • 自動車税の「納税証明書」
  • リサイクル料の「領収書」
  • 自賠責保険の「証明書」
  • あれば前の「24か月点検記録簿」

 

ユーザー自身が用意するのはこのくらいですね。
もちろん車検を受ける「車両」も必要です。
納税証明書をうっかり紛失するケースが多いようですが、車検までに早めに「再発行」しましょう。
納税した段階で、すぐに車検証と一緒に保管するクセを付けておくのが一番良いですが…。

 

どこで受けたらいいの?

 

以前は車を買ったディーラーや販売店、街の工場などで受けるものでしたが、最近ではすぐそばのガソリンスタンドでも受けられるところがあります。
車検を受けられるところは以下のようなところがあります。

ディーラー     以前は「高い」印象だったが、昔ほど高くなくなっている。ディーラーも整備でも稼ぎたいのかも?
車検専門店  最短60分など、リーズナブルで早い車検も。専門店ならではのメニューでリーズナブル!
街の車工場 リーズナブルで、しかも必要最低限の整備で、無駄がないのが助かる!
ガソリンスタンド 安いようで、整備費用が高かったり、そこで整備できないところも。スタンドによりばらつきあり!
カーグッズショップ オートバックスなどカー用品店での車検。通いなれているのがいい、という方も

 

以前はディーラーはとにかく車検そのものも高い、メンテナンスも純正パーツだと高額、と不評でしたが、最近ではほかのところも意識して、それなりの値段になってきているみたいですね。
安心感は間違いないので、ディーラーも見積もってみてもいいかもしれません。
また最近ではガソリンスタンドで受けられるところが増えてます。
筆者も何度か利用しましたが、目先の基本料金はすごい安いけど…車検と関係ない部分で整備をと言われることが多いですね。
例えばエアコンフィルターの交換が3500円とか、自分で取り寄せして交換したら1200円くらいでできたし、車検とは正直関係ないしで、どうなのかなって個人的には思いました。

 

ですので基本料金とともに、整備費用もチェックして、ナットクしてから、申し込みするほうがいいと思いますね。

 

【チェック!】

  • 受ける先によって値段にも見積もり内容にも差がある!
  • 車検と関係あるところだけメンテするか、長い目で見て他もメンテするかも検討を!
  • 基本料が安いから、総額が安いとは限らない!

 

車検Q&A

 

はじめて車検を受けるかたは、いろいろ疑問に思うことも多いと思います。
とくある疑問を確認してみましょう。

 

Q)いつまでに受けたらいいの?

 

車検は、車検証に書かれてある「満了日」の「1か月前から満了日までの間」に受ける必要があります。
あらかじめこれより早い段階で、どこで受けるのか考えて、見積もりを取るなどするのがベスト。急でも空きがあれば引き受けてくれますが、費用もその場にならないとわからないと用意ができないこともありますから、早めに検討を始めます。

 

また忙しいかたは、この時期にどうしても時間が取れない、という場合もありますよね。
そういった場合、期間より前に受けるのも可能ですが、ただしこのケースでは「次回の車検満了日」が「車検を受けた日の2年後」となってしまうので、期間が短くなります。
そういったことも踏まえ、早めに時間を取る、予約するほうがよいでしょう。

 

Q)すでに車検が切れてしまっていたらどうしたら良い?

 

車検切れの車を運転すると、法律違反になってしまうので、「仮ナンバー」「自動車臨時運行許可証」を役所で発行してもらい、それを付けて依頼先へ移動します。
「仮ナンバー(自動車臨時運行許可制度)」の発行には、免許証と印鑑、発行手数料のほか「期限が残っている自賠責保険証」が必要。
また車検を通したあとは、「仮ナンバー」「自動車臨時運行許可証」は返却する必要があります。
またその他業者によっては、「キャリアカー」でユーザーの車があるところまで引き取りに来てもらう、という方法も。
その場合はそういったシステムがある業者で、かつ引き取りに別途料金を支払って依頼する必要があります。

 

ユーザー車検ってのもある?

 

車検の費用を節約したい!と自身で車検を通す「ユーザー車検」を行う方もなかにはいます。
これはユーザー自身が検査場に車をもって行き、検査を受けるもので、法定費用など必要な費用以外が節約できることに。
とはいえ、ある程度知識がないと、車検で通ってもその後不具合が生じるリスクもあるので、知識がないユーザーがただ節約のためにユーザー車検を、というのはおススメできません。

 

自分でメンテナンスでき、しっかり知識があるかたは、普段から整備も自分で行えるので、そのような方には向いている車検といえます。
自己責任の部分がほとんどとなるので、安易に安いから、という考え方はやめましょう。

 

 

まとめ

 

車検が切れた車に乗ると法令違反なだけでなく、点数も6点減点、同時に自賠責が切れていたらさらに6点減点になります。
免停の前歴が消えてるかたや、免停が初回のかたはこのとき「免停30日」になり、自賠責が切れてるとさらに伸びて「免停90日」に!
免停の前歴があるかたなどはさらに厳しく「1年免許取り消し」になるなど、かなりの厳しい処置を受けなければなりません。

 

また車検を受けず走行し、事故を起こした場合、自賠責、任意保険の加入期間がまだあるとしても、「補償が受けられなくなる」のです。
車検の年はその時期になる前からしっかり確認し、早めに見積もりや業者探しをするのがベストです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド