メーカーオリジナルの車両保険

メーカーのオリジナル車両保険

 

 

自動車保険、ディーラーで車を購入された方なら、そのディーラーを介して取り扱いの大手損害保険会社の保険に入る、というケースが珍しくないですね。
いっぽう最近ではディーラーで車を買っても、自分で別途インターネットで調べて保険に入るというユーザーが増えています。
でもディーラーで指定の保険に入ることで、メーカーのオリジナルの自動車保険(車両保険)のプランをプラスできる、というのはあまり知られていないようです。
ここではそんなオリジナルのプランについてチェックしてみました。


 

 

メーカーの補償サポートプランの役割とは?

 

車に乗っていると、大きな事故は起こさなくても、ちょっとしたことで車にキズがついたり、知らない間にエクボができていてガッカリ…なんてこと、ありますよね。
でも自動車保険に入っているからといって、この程度で車両保険を使うのは得策ではないですね。
ちょっとしたキズやヘコミでも、修理すると数万円といったまとまったお金が出ていってしまうので、あきらめてそのまま乗っている方も多いのではないでしょうか。

 

でも車を指定された販売店で購入し、指定された自動車保険に入ることで、メーカー独自の無料のサポートプランがついてきて、こういった場合をサポートしてくれるんだそう。
サポートプランでちょっとした修理をするには、メーカーがあらかじめ指定した修理工場で行うことが条件となっているようですが、同じ保険に入るのであればありがたいサービスといえそうですね。

 

 

自動車保険(対人賠償、対物賠償、人身障害、車両保険など)の補償とともに、ちょっとした車のダメージなら車両保険を使わなくとも少しの自己負担で修理ができるという、あんしんの特典…これはうれしいですね。

 

【チェック!】

  • 指定の販売店で車を買い、指定の自動車保険に入れば、メーカーのサポートプランが無料でついてくる!
  • サポートプランがなければ1等級ダウンの車両保険の補償を受けず、わずかな自己負担で修復できる!

 

 

各メーカーのサポートプラン

 

ホンダ自動車保険あんしんプラン

 

補償金額

 

全て自己負担額は各1000円、年に1回のみ、AからDの「いずれか」を利用できる

 

A 飛び石等でのウインドーガラスの修復 最大30000円まで
B いたずらや盗難等でのカギのシリンダーの修理 最大30000円まで
C いたずら等でのボディのダメージの修復 最大30000円まで
D フロントガラスのダメージの修理 最大100,000円 ※フロントに衝突を軽減、回避する装備がある車種のみ

対象の車は?

 

A メーカーや年式などを問わず補償
B ホンダメーカーの「新車」のみ対象
C ホンダメーカーの「新車」のみ対象
D ホンダメーカーの「新車」のみ対象

サービスが受けられる期間

 

A 期間の制限はなし
B「初年度登録から2年(ただし自動車保険が長期契約の場合のみ3年)
C「初年度登録から2年(ただし自動車保険が長期契約の場合のみ3年)
D「初年度登録から2年」

 

日産カーライフ保険プラン

 

補償金額

 

自己負担A~Cは3000円 Dのみ30000円 A~Dのいずれか年に1回のみ利用可

 

A ボディの板金塗装の費用 最大で15000円
B 盗難やイタズラなどでのキズの修理 最大で30000円
C 飛び石やイタズラなどでどガラスの傷の補修 最大30000円
D ウインドガラス交換の場合の費用 最大100000円

対象の車は?

 

A すべてのメーカーの自家用8車種
B すべてのメーカーの自家用8車種
C すべてのメーカーの自家用8車種
D アラウンドビューモニタのついた日産の車のみ

 

サービスが受けられる期間は?

 

A 「初年度登録から1年後」まで
B 「初度登録から3年後」まで
C 「初度登録から7年後」まで
D 「初度登録から7年後」まで

 

ロードサービスもある

 

24時間365日対応の事故・故障受付
事故時の現場かけつけサポート
30キロまで、JAFの併用も可能なレッカー搬送
修理後の工場から加入店までの車の引き取り搬送サービス
宿泊帰宅サポート

 

マツダ自動車保険スカイプラス

 

補償金額

 

自己負担 おのおの5000円)利用回数は年に1回 1度の事故について1か所のみの修理

 

A 自家用小型車と自家用普通乗用車  最大50,000円
B 自家用軽四輪乗用車        最大30,000円

 

ガラス、タイヤやホイールを除く「ボディのリペア」

対象の車は…

 

「マツダ車限定」で 自家用小型乗用車 自家用普通乗用車 自家用軽四輪乗用車

サービスが受けられる期間は…

 

最初の車検の満了日まで補償(最大3年)

 

スバル自動車保険プラン

 

補償金額

 

A~Dは 自己負担が各5000円、Eは自己負担30000円 A~Eのうちいずれか年に1回のみ利用可能

 

A バンパーのキズやヘコミなどの修理 最大で15000円 
B タイヤがパンクした場合の修理 最大3000円
C いたずらをされたことなどによるキズの修復 最大30000円
D 飛び石や飛来などでのウインドのキズの修復 最大30000円
E フロントガラスの入れ替え(※アイサイトを装備した車のみ)

対象の車は…

 

自家用8車種 営業用軽四輪貨物車

ロードサービスもあり!

 

事故の際の現場かけつけサービス
事故の際の車内携行品の修理補償  … 最大20000円 ※自己負担5000円は必要
年に1回の距離制限のないレッカーサービス ※ただし「アイサイト搭載」の車のみ回数の制限なし
24時間365日対応の事故・故障受付サービス

 

スズキ自動車保険「ちょい得プラン」

 

補償金額

 

自己負担は 1000円 年に1回のみ利用可能

 

補償するのは「バンパーのキズの修復」のみで 最大 30000円

 

対象の車は

 

スズキの車両のみ

 

トヨタとダイハツは…?

 

トヨタとダイハツはこういった独自のプランを用意していないようですね。
トヨタ、ダイハツは親戚のような会社ですから、方向性としては同じなのでしょう。
そういったサポートがなくても、車は売れる、という自信があるからなのかもしれませんね。

こんな時に役立つ

 

一般の自動車保険ですと、ほんのちょっとのキズでわざわざ車両保険を使うのは、正直得策ではないですよね。
等級に響くと結果的に次の更新のあとの保険料も高くなることを考えると、このくらいのキズは我慢して…という方が多いもの。

 

でもメーカー独自の車両保険のサポートプランがあれば、こういったときもごくわずかな出費でリペアできる、ということ。
ちょっとしたダメージでも、やはり車に乗るテンションは大きく下がるものですから、あると便利、とはいえそうですよね。

 

この保険料のお値打ち度は?

 

ただし、トータルで、必ず必要か?オトクなのか?と考えると、どうなのでしょうか。
このサポートプランに入るのは無料となっているものの、結局は代理店型の自動車保険にまず入っていることが前提ですし、車の状態や車種なども限られる部分もあるため、利用することそのものも難しさがありそう。

 

また保険料の総額がダイレクト型保険などのほうが数万円安い、ということも往々にしてあるため、必ずしもオトク、お値打ちとはいえないかもしれませんね。

まとめ 指定店で購入しても、保険は比較すべし

 

指定店で車を買ったとしても、自動車保険は必ずしもそちらが勧める保険に入る必要性はありません。
ただこのような独自の車両保険のサポートをつけますよ、といえば、加入が伸びるであろう、ということなのでしょう。
とはいえ、代理店型自動車保険は、ダイレクト型と比べてコストにはかなり開きがでるケースが多いですから、保険に関しては車の購入を検討している段階で、何社か比較しておくほうが良いですね。

 

その差でちょっとしたキズのリペアは、できてしまうケースもあるでしょうから…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド