【自動車保険の相続】車の所有者・契約者が亡くなった時の解約・名義変更承継

車の所有者が亡くなった場合の自動車保険の名義を変更する

 

契約者が死亡した場合

 

車の所有者が亡くなった場合、自動車保険の名義はどうするべきでしょうか。

 

できるだけ早く、名義変更をおこなうべきです。

 

ここでは注意すべき点など見ていきましょう。

保険の契約者、記名被保険者が亡くなった場合

 

 

自動車保険の「契約者」あるいは「記名被保険者」が亡くなった場合、契約している会社に連絡をし、「名義の変更を行う」必要があります。

 

事故を起こさなければ、次の満期時に変更をしてもいいのでは、ということも考えてしまうかもしれませんが、「記名被保険者」が亡くなって変更を怠っていると「通知義務違反」になり問題があります。

 

 

他の親族に契約を変更する

 

「契約者」「記名被保険者」などが亡くなった場合は、家族がいればそのなかのどなたかに名義を変更するのが基本です。
「契約者」「記名被保険者」となっていた方が亡くなられたら、親族内で「相続」を行うことになり、車や自動車保険もその対象とみなします。
一般的には「その車を誰が相続するのか」という面から、「契約者」「記名被保険者」などの名義の変更を検討するかたちになります。

 

名義を変更するかたが、亡くなった人の「配偶者」「同居親族」ならば、名義変更のときに、今までの保険の等級も引き継ぐことができます。

 

特に注意することはないの?

 

保険の「契約者」「記名被保険者」にあたる人が亡くなった場合、気を付けておきたいことは以下のようなものがあります。

 

新たに契約する保険の「記名被保険者」のかたの年齢、免許の色など諸条件

 

被保険者がもともとご家族のかたで、亡くなられた方でなければ、特に変更事項はありませんが、被保険者が変わった場合、年齢条件や免許の色などが違うことが考えられます。
こういった区分に間違いがないか、確認をしながら契約する必要があります。

 

新たな契約の特約が実態にあっているかどうか

 

また例えばご夫婦で配偶者が記名被保険者でその方が亡くなったという場合、「家族限定」にしていたものを、「本人限定」に変更するなどといった区分の変更も必要になるでしょう。
特約事項についても、改めて細かいところまで再確認し、実態に即しているかどうか確認すべきです。

 

別居の家族の場合は引き継げません!

 

名義変更は、別々に暮らしている家族はできません。

 

引き継げる場合、引き継げない場合は以下のようになっています。

 

NG
  • 田舎独り暮らしをしている車を所有してた父が他界。別世帯だった息子が保険を引き継げるか?
  • 単身赴任で別居の父が他界。父の保険を実家に住む息子が引き継げるか?
  • 父が他界。独り暮らししていた息子が父の保険を引き継げるか?
OK
  • 単身赴任で別居していた父が他界。父の自動車保険を妻が引き継ぎ名義変更
  • 内縁の夫が他界。内縁関係の女性が引き継げる?

 

「配偶者」を除いて、別居している家族は、保険の名義を変更、等級の引き継ぎをすることはできません。

 

また「契約者」よりも「記名被保険者」の部分を誰にするのか、おもに車に乗る人に的確に設定をすることが大事です。

 

自賠責保険は?

 

自賠責保険は次回更新時まで変更しなくても問題ないようですが、出来れば変えておく方が良いでしょう。
自動車保険にかかわらず、どういった契約でも、契約にかかわる人が亡くなられた場合は、その会社なりに連絡をし、名義や所有関係をどうするべきか相談するほうが無難です。
自賠責保険も、自動車保険を引き継ぐ方に変更しておくのがスマートでよいと思います。

【まとめ】車も自動車保険も「財産」です

 

亡くなった方が車を持っている場合、法定相続人へ財産として分与することになります。
ですので、車を分与してもらった人が自動車保険の名義も等級も引き継ぎするのが基本です。
ただし、別居の親族など、引き継ぎができない人が車を相続する場合は、名義変更ではなく、新規契約をすることになります。
そういったことも鑑みて、相続の話を行うのがベストでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド