ドライバー保険

ドライバー保険

 

 

ご自身が車を持っていなければ、免許があっても普段は車には乗らないですよね。
でも旅行先でレンタカーに乗ったり、あるいは友人のところに行って、車の運転を代わってあげるということは、けっこうあり得る話。
レンタカーの場合は、その会社の保険があることがほとんどですが、友人の車を運転していて万が一事故に遭ったら?
そういったときしっかりとカバーできるのが「ドライバー保険」。
ここではこの保険の特徴、どういったとき役立つのか、などについてみていきます。


 

ドライバー保険とは

 

名称は「ちょいのり」「1DAY」「ワンデーサポーター」などいろいろありますが、同じタイプの保険です。
車を所有していない運転免許保持者が、借りた車を運転していての事故を補償する保険です。
自動車保険の会社はかなりたくさんありますが、こういった1日単位の借用自動車の事故をカバーする保険を扱っているところはわりと限られています。

こんな人、こんな場面に役立つ!

 

1日タイプの「ドライバー保険」はどういったシーンで役立つのでしょうか?
具体的には以下のようなシーンです。

 

友人の車を運転して事故を起こしたとき 

 

もし加入していなければ、友人の車の自動車保険を使うことになり、結果的に等級をダウンさせ、保険料が大幅にアップし、友人に迷惑をかけてしまいます。
またその友人の車の保険が「家族限定」となっていた場合、事故を起こしても、他人が運転したケースとなってしまうため、補償すら受けられないということに。
場合によっては、人間関係にもヒビが入りかねないのです。

 

自転車に乗っているときも補償

 

自転車で歩行者など第三者と事故を起こした場合も、補償の対象だそうです。
自転車の事故も、昨今数千万や数億単位の賠償が必要になるケースもありますから、そういったところまでカバーできるのはいいですね。

加入出来る条件

 

運転免許証を持っている方であれば、加入が可能です。
また急に友人の車を運転する場面になった場合でも、当日にすぐ加入できるのも大きなメリットです・

 

年齢区分と等級制度

 

一般的な自動車保険は、年齢によって保険料が細分化されていたり、無事故の期間の長さで等級が上がったりしますが、そういった区分がこの保険にはありません。
一定の金額で、万が一のときの補償を受けられるのは助かりますよね。
また同じ保険会社で複数回この保険を利用することで、無事故であれば、新たに自身が車を購入し、自動車保険に新規加入する場合に、その等級を優遇してくれる、というところもあります。

 

補償が適用されない車が有ります!

 

他人の所有する車なら、どんな車を借りるときでも適用になるのかといったら、実は例外があります。
補償される場合、されない場合をみてみましょう。

 

・ご主人が、奥様の車を借りて運転する場合     ⇒ NG 車の記名被保険者の配偶者の場合は補償対象外
・お父様の車を帰省した娘さんが運転する場合    ⇒ OK 実家の車が運転者が限定されている場合、その保険で補償されない場合がある
・免許取り立て、自宅の車を息子さんが運転する場合 ⇒ OK 年齢条件が外れている息子さんが運転すると、車の保険では補償されない
・法人所有の車、レンタカーを運転した場合     ⇒ NG 規定により、法人所有の車、レンタカー、カーシェアリングは対象外

保険料はどれ位で加入できるの?

 

1日タイプの自動車保険は、価格もとても手頃。
車の補償なしなら、ワンコイン500円からというところが多く、中にはリピーターにはさらに値引きをしてくれるところもあります。
車の補償を付ける場合でも、1500円程度ですので、友人の車が高額なもので、しっかり補償したい場合もそれほど負担にはなりません。
手続きもドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンをお持ちなら、そこから進めることも可能なところも。
またセブンイレブンで手続きが進められるものもあります・

【まとめ】一日保険も検討しよう!

 

ドライバー保険は自分の車を所有していな人向けで、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害補償保険がパッケージされており、他人の車やレンタカーを運転していた時に起こった事故の損害を保証してくれます。

 

ただし、会社所有の車や親族所有の車を運転している場合には補償されません。

 

この保険に入る人はリスク回避の自動車の任意保険相場から常日頃のリスク管理への関心が深い人が加入する事が多いようですが、先ほど説明したように補償外の車もありますから、運転時はその車の保険内容を確認してから運転する事をお奨めします。

 

もし保険に入っていない車に乗って事故を起こしてしまったrあなたの人生は狂ってしまいますので、借り物でも責任はあなたですので気をつけて下さい。

 

各社の自動車保険をチェックしてみると、だいたい一律の値段設定で、申し込みもコンビニやパソコン、スマートフォンでできるなど、簡単です。
友人の保険を使うと、後々トラブルになる場合も考えられますし、またご家族間でも、補償対象外の年齢や条件であると、車そのものに保険があっても使えません。

 

保険料もそれほど負担にはなりませんし、万が一に備え、車を借りて乗る場合はドライバー保険が適用できるか確認し、利用を検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド