安い自動車保険

一番安い自動車保険はどこ?保険料を下げるための方法!

ナビさん
ナビさん
自動車保険料って節約できるって知っていましたか?

「見直し」や「乗り換え」だけで2万~4万円も保険料が変わることが有ります。

1年あたり3万円変われば、10年で30万円!

もし一生涯(20歳~60歳まで)続く計算だと、120万円も余計に支払う事になります!

これは保険料のことを、ちゃんと考える必要が有りますね!

車の保険料を安くするための方法は2つあります。

  • ①安い保険会社を見つけ乗り換える。
  • ②補償内容の最適化と割引を利用。

自動車保険を扱っている保険会社は、ざっと数えるだけでも十数社以上あり、保険会社によって値段も違います。

数ある保険の中から、自分にあった自動車保険を選ぶのは難しいと思う人がほとんどです。

ここでは自動車保険を「安くする」ために何ができるのか見ていきましょう。

保険料を安くできる特約と割引

ナビさん
ナビさん

保険料を安くするには限定条件を設定し、使える割引を徹底活用しましょう。

契約内容を見直したり割引を適用したりすると、保険料は2・3万円安くなることがあります。

補償内容を狭めての保険料削減は、必要な補償まで削ってしまう場合があるので注意しましょう。

限定特約で安くできる

補償範囲を限定すると保険料が下がります。

主に限定内容は、「年齢」と「運転者(個人・家族)」で、補償できる人を限定します。
補償される範囲が制限されることで、保険会社のリスクも下がるからです。

自動車保険の割引の種類

自動車保険の「割引」は、会社によって割引かれる金額が違います。
特にインタネット割引は1万円以上の割引が受けられるので、必ずチェックしましょう。
割引については「自動車保険の割引制度」にまとめてあります。

また、下記で主な割引を紹介しています。

新規加入時

ナビさん
ナビさん
保険料を安くできる「等級引継ぎ」と「セカンドカー割」は、新規加入時にしか使えないんだ!

使える割引はフル活用を!

保険料を左右する等級は、どの自動車保険会社を選んでも「6等級」から始まります。

新規加入時には、等級引継ぎやセカンドカー割引などを利用し好待遇な等級からスタートすることが出来ます。

新規時にしか使えない割引もあり、該当している割引を徹底的に活用するのです。

新規で自動車保険に入る場合、どんな割引を受けられるのか知り、賢く加入しましょう。

  • 等級引継ぎ
  • セカンドカー割引
  • 新車割引
  • 夫婦、本人など、運転者の範囲を限定する
  • 年齢条件
  • 車の安全装備による割引
  • インターネット割引
  • エコカー割引
  • 証券不要割引

セカンドカー割引は使えないか?

ただし、自宅に他の車がすでにあり、そこに新たに車を買って、保険に入る、といった場合なら、条件を満たしていれば、「セカンドカー割引」というものが
使え、新規加入ながら「7等級スタート」ができ、保険料を安くできます。
以前から加入している保険の等級が11等級以上など、一定の条件を満たしている必要はあるので、確認してみましょう。

等級引き継ぎの活用も!

同居のご家族が長く自動車保険に加入している、あるいはしていた場合、中断証明書をもらっていれば、新規で自動車保険に別の同居家族が入るときに、それまでの等級を引き継ぐことができます。
高い等級であるほど、引き継ぐことで、保険料がぐっとお安くなるので、今は誰も車に乗る予定がない、というときに、自動車保険を解約する場合でも、中断証明書を発行しておくと、後で役立つ場合があります。
特に新規加入の方が若年層だと、かなり保険料が高いため、等級が引き継げることでずいぶん保険料を抑えることができます。

新規加入の人 【新規加入】時に確認するポイント!(´・ω・`)check

保険を更新する時

ナビさん
ナビさん
既に加入している人は、割引の活用と限定条件の設定が効果的保険会社によって取り扱いがない割引もあるので確認しましょう。

自動車保険を満期で更新する他社に切り替える場合、考えておきたいポイントがいくつかあるので、ご紹介しましょう。

割引制度を活用

自動車保険にすでに加入していて、満期を迎えた場合も、該当する割引はフル活用すること。
割引制度は、毎年内容が変更になっていることもありますので、条件の見直しは面倒でもしっかりと行いましょう。
私も、運転者の範囲の割引制度が昨年と今年で変更になっていて、気づかず損をしていたことがあります。
また新たに使えるようになった割引が設定される場合もありますので、しっかりと確認し、フル活用しましょう。

割引制度は保険会社が独自に設定しているので注意が必要です。

年齢条件を設定する

若年層から、30代くらいまでの間は、年齢条件によって保険料も細分化されています。

ですので、条件が変わっているのに、年齢条件を見落とすと、ムダなお金を払うことになる場合も。
都度設定に間違いがないか、確認しましょう。

年間走行距離を指定する

保険料は、年間走行距離、また車の用途も影響します。
より走行距離が安いほど、買い物など、日常でちょっと利用するだけ、というほど、安く設定されています。
ただし、実態に合わない申告はNGですので、正しくきちんと設定します。

運転者を限定する

先ほども少し触れましたが、運転者の範囲も狭いほど、保険料が安く設定されています。
ただこれも保険会社によって、範囲が微妙に違う場合がありますので、保険会社にある範囲のなかで適切なものをチョイスします。
私の場合、以前は本人限定という範囲がなく、家族のみ、という範囲しかなかったため、新たに本人限定の範囲でより節約できることに気づかず損をしました。
こういう変更が生じてる場合もあるため、しっかり確認しましょう。

車両保険の免責設定を活用する

車両保険はどうしても保険料を割高にする要素ですが、より高い車両に乗っている方ほどリスクもあるため、設定しておきたいもの。
この車両保険を節約するは、免責の設定をうまく活用とす。実際事故を契約期間中に何度も起こす、ということは考えにくいものですよね。
1回目、2回目の免責を自分が払える範囲で、多めに設定すると、車両保険料を下げることができますので検討してみましょう。

保険会社を乗り換えるのも効果的

ナビさん
ナビさん
保険料を安くするためには思い切って保険会社を変えるのも手話題のダイレクト型自動車保険はかなり保険料が安くなりますよ

ダイレクト型自動車保険など安い保険会社へ乗り換える

満期で更新する場合、他の保険に切り替えることも検討してみましょう。
特にネットで契約できるダイレクト型自動車保険は、さまざまなコストがカットされており、補償内容が同じでも安いです。
デメリットは、自分で補償内容を決めたり、申し込み手続きをしたりと少し手間のかかる部分もありますが、代理店型に比べ。手間以上に保険料はは安くなります。

保険は複数社で比較検討する

結局どこの保険会社が安いのか分からない…という人は、複数の保険料を比較すると一番安い保険がわかります。

また、複数社を見比べることで、保険選びにも迷わなくなります。
保険料の比較見積もりはこちらからできます。

安い自動車保険の注意点・疑問に答えます!

安い自動車保険のQ&A

Q:一番安い自動車保険はどこですか?

A:どこの保険会社とは言い切れません。しかし、通販型の自動車保険会社が安いですね。代理店型に比べ2~3割安くなっています。

Q:通販型の自動車保険はなぜ安いのですか?

A:徹底したコスト削減が売りだからです。

  • 販売をTVCMやネット広告に絞っている
  • 販売のための営業マンがいなく人件費を抑えている
  • ユーザーと保険会社が直接契約するため中間マージンが掛からない

上記の理由から安くなっています。

Q:一番安い保険会社を探す方法はどうしたら良いのでしょうか?

A:無料一括見積もりを利用とす。各社の保険料金を比較して選ぶのが確実です。

Q:安くて評判も良い自動車保険会社はありますか?

A:国内損保系が安心できますね。ソニー損保・アクサダイレクト・おとなの自動車保険・三井ダイレクトがそれにあたります。

外資系よりも少し高い印象もありますが代理店型の自動車保険に比べると、まだまだ安く加入できます。

Q:代理店型の自動車保険で安い保険会社はありますか?

A:保険料は契約者によって保険料が変わるため一概には言えません。東京海上日動・損保ジャパン日本興亜あたりは安心しできますので、保険料を比較してみるのが一番です。

代理店型の自動車保険も一括見積から比較できます。

Q:代理店型の自動車保険で安い保険会社はありますか?

A:保険料は契約者によって保険料が変わるため一概には言えません。東京海上日動・損保ジャパン日本興亜あたりは安心しできますので、保険料を比較してみるのが一番です。

代理店型の自動車保険も一括見積から比較できます。

Q:保険料を安くするにあたってやった方が良いことは何ですか?

A:安い保険会社を見つける事と、割引を受ける事です。

  • ダイレクト型の保険にと2・3割削減。
  • インターネット割引で1万円割引
  • 限定条件を付けて更に2割引削減

代理店型と比べると数万円も安くなります。

Q:安い自動車保険でも大丈夫ですか?

問題ありません。補償内容さえきちんとしていれば事故のときに補償が受けられないという事はありません。

A:安い理由は補償以外の部分でコスト削減しているからです。

Q:安い自動車保険でも大丈夫ですか?

A:全く問題ありません。補償内容さえきちんとしていれば事故の時に補償が受けられないという事はありません。

安い理由は補償以外の部分でコスト削減しているからです。

Q:安い保険はどのような人におすすめですか?また加入しない方が良い人はいますか?

A:事故を起こしたことが無い優良ドライバーや車の使用頻度が少ない人におすすめです。逆に事故を頻繁に起こしてしまう人は加入を拒否されることが有ります。

Q:安い保険は何かデメリットはあるのでしょうか?

A:自分で判断しなければならない事です。契約内容・補償内容・特約条件の選択をを自分でしなければなりません。

●安い自動車保険と言ったら?

【まとめ】割引、引き継ぎ活用、複数比較を利用

ナビさん
ナビさん
新規でも継続でも、自動車保険を安くしたいなら、「内容をしっかり確認し、比較する」こと。

さらに活用できそうなら等級を引き継ぎする、など一工夫すると、ぐっと節約できます。
同じ補償内容でも、保険料に差がでるものですので、しっかり比較して賢く選びましょう。

●保険を安くするまとめ

  • 等級引継ぎが使えるか確認
  • 運転手の限定条件を設定する(年齢限定)(運転範囲限定)
  • 割引を徹底活用
  • ダイレクト型自動車保険に乗り換える
  • 見積もりは複数で比較すること

結論!あなたの自動車保険料を安くするには?

正式な保険料を知るにはどうしたら良いの?
答えはズバリ…一括見積を利用とす。
ナビさん
ナビさん
保険は比較と、初めてどこの保険会社が安いのか分かります。

車の保険料は、「年齢」「等級」「車種」によっても変わるため、先ずは見積もりを申し込む必要が有ります。

とは言っても、どの保険会社に申し込んでいいのか分からない…

安いと言われるダイレクト型の保険会社?

それもソニー損保やSBI損保など色々有り、この保険会社が安い!と決めることが難しいです。

そんな時に役立つのが、保険会社からの正式な見積もりを貰える「一括見積もりサービス」です。

※下記に、保険加入のパターンと、それぞれの違いを一目でわかるように比較表を作りました。

代理店に相談

WEBから一括見積

1社ごと資料請求

運営

取扱数

1~3社

最大20社

1社づつ

簡単度

店舗まで出向く必要性

自宅から申し込める

会社が決まれば簡単

安い保険選び

代理店の手数料

保険料比較ができる

探す手間が必要

※WEBから申し込む一括見積が向いている人

  • 初めての保険加入
  • 保険を見直したい
  • 安い保険を探している

上記にあてはまるなら、「無料一括見積」が一番簡単で確実です。

一度の入力で、複数社の保険料を見比べることが出来るのはありがたい。

保険料を安くしたいなら申し込んでみましょう。

後でと思い、気がつけば更新日ギリギリ!結局そのまま継続なんて事になってませんか…。

無料で入力も数分で終わるので、忘れぬうちにやってしまいましょう。

MEMO【無料一括見積】を経由しても、加入時に「インターネット割引」などのサービスは受られます。

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※複数社の見積もり比較はこちらからできます