共栄火災

共栄火災の自動車保険の評判と事故対応は?

 

 

共栄火災の総合自動車保険は「KAPくるまる」という名前のものです。
「おおきな安心感でくるまれる」という意味からこの名前が付けられたんだとか。
特徴は車の使用目的が限定されないような保証であったり、数年の長期契約があるということでしょうか。
もちろんロードサービスや事故対応も、しっかり、という感じです。


共栄火災の自動車保険の印象

 

共栄火災という保険会社自体、それほど大々的にテレビでCMを見かける、という感じではありませんが、堅実で独自の工夫がされた自動車保険になっている印象ですね。

 

一般的には自動車保険は、1年契約で、毎年契約内容をチェックしたり他社と比較するなどして、乗り換える、という感じになってきていますが、2年・3年と複数年で契約することによってよりコストダウンを測れます。

 

また年齢制限があるのが一般的ですが、レジャーのときに若い同乗者に運転を変わってもらって、万が一事故を起こしても補償される特約など、ニーズに合わせて、細やかに設定が可能。

 

派手さはないですが、細やかな自動車保険といった印象ですね。

 

注目ポイント

 

長期割引の場合、ゴールド免許割引がその間適用に!

 

共栄火災の自動車保険は、2年契約、3年契約という長期契約があります。

 

1年ごとの契約よりも割安になっているだけでなく、ゴールド免許だった場合は、この契約期間中その割引が適用になります。

 

免許の更新の際に、場合によってはゴールドからゴールドではなくなってしまう場合でも、契約期間は割引が続くということなんですね。
また長期契約だと、契約更新が面倒、という方にも手続きをこまめにしなくていいのでメリットといえます。

 

ライフスタイルに合わせて選べるオプションが充実!

 

家族・ペットがいる家族の場合、共栄火災の自動車保険のオプションはかなり魅力的です。
それは以下のようなもの。

 

  • 日常生活個人賠償責任補償特約
  •  

  • 自転車障害補償特約
  •  

  • くるまるペットくん(人身傷害保険のペット搭乗中補償特約と、入院時ペット諸費用補償特約)

 

日常生活の中でのトラブルの補償であったり、多額の損害賠償が発生している自転車事故に対しての補償がセットできるのはうれしいですね。

 

さらにペットがいる家族には、くるまるペットくんをオプション設定すれば、ペットが搭乗した車で事故に遭った場合、治療や葬儀の臨時費用、お世話をしていたご家族が入院した期間のお世話の依頼した費用などを補償してもらえます。
こういったオプションは、なかなかないですし、家族やペットがいるという方にはありがたいですね。

 

共栄火災の自動車保険のロードサービス

 

共栄火災の自動車保険のロードサービスはどんな感じなんでしょうか。
一般的な自動車保険に付帯しているようなサービスはもちろん、さらにプラスアルファのサポートもあるようです。

 

  • 15万円までを限度とする、車両搬送・引き上げ費用補償特約(自動付帯)
  •  

  • 30分以内の作業の故障現場修理サービス
  •  

  • 1名につき2万円までの自宅から20キロ以上離れた場所での事故や故障での、緊急時移動費用サービス
  •  

  • 1名につき1万円までの自宅から20キロ以上離れた場所での事故や故障での、宿泊費用サービス

 

もちろん事故車故障などのトラブルに関しては、24時間365日対応しているので、安心。
遠方で、自走できなくなった場合に移動費用や宿泊費をカバーしてくれるのもうれしいサポートですよね。

 

共栄火災の自動車保険の割引を徹底チェックした!

 

 

共栄火災の個人向けの自動車保険は「KAPくるまる」という名称のもの。
年齢や免許の色などなど、さまざまな条件を設定することで、保険料が算出できる、わかりやすい設計になっています。
ここではそんな共栄火災の「KAPくるまる」の保険料を左右する「割引」について徹底チェックしてみました。


 

共栄火災の自動車保険「KAPくるまる」の割引一覧

 

新車割引  初年度登録から24か月までの場合に新車とみなし、一定割合保険料を割り引きしてもらえます。

 

普通(小型)乗用車:対人・対物・人身・搭乗者傷害9%、車両4% 割引
軽四輪乗用車   :対人10%、人身16%、車両5% 割引

 

福祉車両割引   3% 割引

 

障害者や車いすの輸送など、規定の福祉車両とみなす場合に、保険料を割り引きしてもらえます。

 

●ハイブリッドカー・電気自動車割引 5%

 

ハイブリッドカーや電気自動車など、規定のエコカーであり、かつ初年度登録から13か月以内の場合に割引になります。

 

リサイクル部品使用特約  車両保険を4% 割引

 

車両保険とセットでの特約で、事故の際に車を修復するとき、リサイクル部品を使うという条件で、割引してもらえます。
新品の部品で修理するのと、リサイクル部品で治修理するのでは、かなり費用に差がでます。
補償する保険会社としても、そのコストを抑えてほしいので、こういった特約を設定しているのでしょうね。

 

ノンフリート多数契約割引  2台:1% 3~5台:3% 6台~:5% 割引

 

車を複数台持っている方にお得な割引。
車やバイクなど複数台ある場合に、まとめて契約してもらうぶん、お安く、というかたちですね。
複数台あると保険料もかさみますので、こういった割引があるといいですよね。

 

複数所有新規割引     7等級スタート

 

いわゆる「セカンドカー割引」などと同じもの。
契約している保険の等級が11等級以上の方が2台目の契約をする場合に、新規だと6等級からスタートのところ、7等級からのスタートになり、保険料が安くなります。
他社での契約でもこれは使える割引ですね。

 

運転者本人、夫婦限定割引  7%割引

 

運転者の範囲を狭くすることで、リスクを抑えたという意味で割引になるもの。
本人、あるいはご夫婦どちらでも、保険料から7%の割引になります。

 

長期優良契約割引      3%割引

 

優良ドライバーにうれしい割引。
一般的には無事故で保険を長く契約していると、20等級まで行ってしまうともう割引が受けられなくなり、なんとなく損をしているような気になる方も多い。
そういった補償を使わずに、長く保険料を払っている優良ドライバーに割引をしましょう、ということ。
まえの契約が20等級であり、無事故で規定をクリアしている場合に、保険料を3%割引してもらえます。

 

共栄火災「「KAPくるまる」のおススメの割引は?

 

共栄火災「「KAPくるまる」の割引プランのなかで、目を引いたものといえば、「リサイクル部品使用特約」でしょうか。  
車両保険はどうしてもコストがかかるので、どうしようか…と悩む方も多いのではないでしょうか。

 

でも付けていないと、ローンがある、車両価格が高い車などですと、万が一の事故の際、かなり大変なことに。
それを考えると、車両保険をつけ、この特約をセットすることで、車両保険から4%割引してもらえるということですので、保険料の節約になっていいのではないでしょうか。
実際リサイクル部品を私も使ったことがありますが、特に問題はないですし、むしろすでに使っている車と、例えば新品のバンパーを合わせると、よけいにキレイすぎて目立つことにもなるな、と感じました。

 

事故を起こさないことが第一ですが、万が一の時もコストを下げて対応する、という特約で、それにより車両保険を抑えられるのはいいと思いますね。

 

わかりやすく、個性的な工夫された割引

 

共栄火災「「KAPくるまる」の保険は、これらのさまざまな割引とともに、もちろんゴールド免許など免許の色によって、また走行距離や車種にとよっても細かく保険料の設定がされており、自分に合うようにカスタマイズして保険に入ることができます。

 

個人的には、エコカーや新車で保険を考えている方や、複数台車をお持ちの方にいい保険では、という感じです。
比較検討する保険のひとつとして考えてもいいのではないでしょうか。

こんな人におすすめ

 

共栄火災の自動車保険は、派手さはあまりないものの、堅実で、家族構成によってはメリットが多いように感じました。

 

ご家族がいらっしゃる方、自動車に乗っている間だけでなく、日常的な生活のなかでも補償が欲しいという方や、ペットがいて、車で移動することがある、という方にあう自動車保険ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド