自動車保険 割引

◆保険会社独自の割引制度を活用すべし!

 

 

自動車保険は昨今ではインターネットで内容を確認し、自身に合ったものを組み立てたり、比較したりすることができるようになり、じっくりと検討できて便利です。
逆にそういうことは苦手、という場合も、代理店のプロに相談しながら進めれば困ることもないですが、保険会社によっていろいろな割引も設定されていますので、利用できる場合はこれを使わない手はありません!

 

ここでは保険会社による個性的な割引の数々、賢い利用のしかたなどについてみていきましょう。


割引制度は会社により差がある!

 

自動車保険の割引と聞くと、どなたもひとつや二つは思い浮かぶのでは?
テレビのCMでも流れていますので、「ゴールド免許なら安くなります」とか「年齢が○○歳以上なら事故率が低いので割引」なんて聞きますよね。
これらの割引は、実は一律ではなくて、同じ呼び名のものでも微妙に規定などが違う場合が多いんです。

 

割引制度は同じようでも、会社によって違うものだと理解しておき、内容を細かく確認するのばベターですよ。

 

主な割引をチェックした!

 

ここでは代表的な保険会社が採用しているおもな割引についてチェックしてみました1

 

  • 早期割り引き

    …  一定期間早く契約することによって、安くなる

  •  

  • ゴールド免許

    …  被保険者の免許がゴールド免許であることにより事故率が低いとみなし割引に

  •  

  • エコカー割引

    …  車種がエコに配慮した車の場合割引に

  •  

  • 新車割引

    …  契約した車が新車の場合に安くなる

  •  

  • 証券なし割引

    …  証券の発行を省く(ネットで確認)することにより割引に

  •  

  • ネット割

    …  ネットで申し込みすることにより人件費など経費削減で割引に

  •  

  • セカンドカー割

    …  別のメインカーを契約していることで、2台目の車の保険を割安に

  •  

  • 継続割引

    …  同じ会社でさらに継続してくれることに配慮して割引に

  •  

  • ドライバー限定割

    …  運転する人を限定することでリスクを下げるとみなし割引に 

 

 

聞いたことがあるものばかりではないかと思いますが、これらも会社によって微妙に割引率や規定が異なります。
ですので内容をチェックしてそろえたうえで比較することをおススメします。

 

今はなくなってしまった割引

 

また自動車保険の割引のなかには、以前はあったのに、今は無くなってしまった割引サービスというのもあります。
そのおもなものは以下のとおり。

 

  • ABS
  •  

  • エアバック
  •  

  • イモビライザー

 

そういえば筆者の車を最初に契約したときも、ABSだの、イモビライザーだと、あったなぁ‥と思いましたが、昨今ではこのようなものが付帯した車が「当たり前」になってきたことで、割引サービスを終了したんではと思いますね。
その車も同じ仕様なら割引する意味ないですからね。

 

このように、時代の流れによって割引のタイプも変わってくるということ。
今後自動車が進化していくにつれ、また新しいタイプの割引サービスが増えるかも?
筆者の予想では、「自動運転つき車割引」なんてのが出てくるんじゃないかって思ってます。

 

もちろん2017年の今は、ありませんよ!

 

割引の形態によって分かれる

 

申し込みで割り引くタイプ

 

一律固定で割り引かれるもので、5000円割引、など金額がはっきりした割引。
こういうかたちの割引だと、予算を考えやすいですね。
各社の自動車保険の比較もしやすいです。

 

状態で割り引くタイプ

 

割引率で金額が分かるもので、10%割引します、なんていう規定になったもの。
これは保険料全体なのか、どの部分について10%なのか、ということを自身で把握しておいたほうがいいでしょうね。

 

「等級」「年齢」も割引にもろに影響!

 

自動車保険を契約するときに必ずついて回るのが「等級」そして「年齢」。
まず基本の金額をしるときにベースとなるのがこの2つです。
若年層く、新規契約者、あるいは契約後する事故を起こしたりしたかたは高くなるようになっています。
その逆の場合は年齢や等級が上がるに応じて割引が大きくなります。

 

個性的な独自の割引

 

そのほかの会社ごとの個性的な割引は以下のようなものがあります。

 

  • 長期優良契約割引      …  長くその会社で契約し、かつ無事故無違反の場合規定により割引
  •  

  • 福祉車両割引        …  消費税非課税措置の福祉車両(車いす用・障害者輸送用)の場合割引に
  •  

  • 家族そろってゴールド免許割 …  ご家族みなさんがゴールド免許という場合に割引

 

割引内容は各社違うのでしっかりチェックして!

 

ざっくりと自動車保険の割引のサービスについてチェックしてきましたが、基本は「使えるものはすべて使う!」ってことですね。
またまったく同じ名前の割引サービスでも、会社によって規定が異なっていたり、割引率や値段が違うことも。

 

さらに気を付けたいのは、割引率や値段だけにとらわれすぎて、基本料金の部分やトータルコストを見誤ってしまうこと。
「割引を適応」したうえで、必要なオプションもいれ、トータルコストがいくらなのか、ということを明確にしてから、比較、検討しましょう。


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター