ナンバープレートの種類と自動車保険

黒ナンバー(事業用登録)の任意保険の注意点と特徴【軽貨物車保険相場】

軽貨物・業務用登録の黒ナンバー

黒ナンバーとは?

黒ナンバーになる条件は

  • 軽貨物自動車
  • 有償で貨物を運送する事業用

黒ナンバー車は、「商業目的」で使う「軽自動車」に付けるナンバープレートです。

黒地であることから「黒ナンバー」と言われ、タクシー・バス・宅急便などのトラックなどが付けている「緑ナンバー」の軽自動車版と言うと分かりやすいですね。
しかし、普通自動車のタクシーやバスのように人を運ぶ事業はできす、黒ナンバーで営業を認められるのは貨物を運送することのみです。

→ 4ナンバー車(黄色)の任意保険の注意点と特徴【軽貨物車保険相場】

黒ナンバーの取得法

黒ナンバーの取得は、陸運支局と軽自動車検査協会の2カ所で手続きが必要です。

陸運支局は、
(1)「貨物軽自動車運送事業経営届出書」提出用・控えの2部)
(2)運賃料金表 提出用・控えの2部
(3)「事業用自動車等連絡書」2部
(4)車検証のコピー (新車の場合は、完成検査証)のコピー)
を提出します(ほか認印が必要です)。

軽自動車検査協会では黄ナンバーから黒ナンバーへの番号変更などの手続きをします。
黒ナンバーが交付されれば、手続きは終了となります。

黒ナンバーを黄色ナンバーにしたい

黒ナンバーを黄色ナンバーに変更するは、陸運支局と軽自動車検査協会の2カ所で手続きが必要です。

陸運支局は、
(1)「貨物軽自動車運送事業経営変更等届出書」(提出用・控え2部)
(2)「事業用自動車等連絡書」(2部)
(3)車検証のコピー
を提出します(ほか認印が必要です)。

黒ナンバーから黄色ナンバーに変更と保有する黒ナンバー車が0台になる場合は、事業廃止届の提出も必要になります。
軽自動車検査協会では、黒ナンバーから黄色ナンバーへの番号変更などの手続きをします。
黄色ナンバーが交付されれば、手続きは終了となります。

ナンバー色を変更した時の任意保険

黒ナンバーから黄色ナンバーに変更後の任意保険

黒ナンバーの任意保険と同じく、自家用と事業用では任意保険を継続できません。
ただし、自家用車の場合は、ダイレクト系保険会社でも契約できるので、事業用の場合より保険会社の選択肢が増えます。
また中断証明書を取っていた場合は、等級を継承して契約ができます。

黄色ナンバーから黒ナンバーに変更後の任意保険

「自家用車両」と「事業用車両」の車両入れ替えや等級引継ぎはできません。
黄色ナンバーから黒ナンバーに変更した場合は、新たに事業用の任意保険に加入になります。
また、ダイレクト系保険会社では、黒ナンバー車両の保険契約をしていない場合が多いため、黄色ナンバーで契約していた任意保険は、中断証明書の発行手続きをしておきましょう。
10年間のうち自家用車に乗るとき、現在の割引等級を引き継いで契約できます。

黒ナンバーの任意保険

黒ナンバーの自動車保険料が高額な理由

黄色ナンバーに比べて高いの?安いの?

配送業など、軽自動車で事業を行う場合、普通の黄色のナンバーのままではダメということはご存知でしょうか?
黄色ナンバーと、黒ナンバーが存在していることは知っているけど、どういう違いがあるのかよくわからない方のほうが多いです。
黒ナンバーはあらかじめ「事業用にこの車を使います」ということを申し出る手続きをし、はじめて取得できるもので、これにより対象車を事業に使うことを認められている、ということです。
ではなぜ黒ナンバー車と黄色ナンバー車は、自動車保険料に差が出るのでしょうか?
ここでは黒ナンバー、事業用登録車の任意保険についてみていきます。

黒ナンバー車は黄色ナンバーより保険料が高い

黒ナンバー車はひとめで「事業につかっている車」と認識できるようにそのような仕様になっています。
事業に使うということは、一般に比べて「走行距離も多く」「様々な道を走る必要がある」ということは容易に想像できます。
この事から、「黒ナンバーは黄色ナンバーよりも事故リスクが高い」と予測でき、実際に任意保険の保険料は、想像通り「黒ナンバーのほうが高く」なっています。
任意保険は事故リスクに比例して保険料も決まるため、事業につかう時点で高めになるのは仕方がないことです。

ダイレクト型自動車保険はネット申し込みができないのがほとんど

事業用・黒ナンバー車の場合、保険料の安いダイレクト型自動車保険では、受け入れをしていないところが多いです。
ダイレクト型自動車保険の大きな特徴として「ネットで簡単に申込ができること」ですが、この「ネット申し込み」では黒ナンバ車は受け付けていない場合が多く見受けられます。
こういったことから、事業用の黒ナンバーの自動車保険は、たいていの人が「代理店」で相談して加入する事が多くなっています。
ダイレクト型よりも代理店型のほうが、もともとから保険料も高い傾向にありますので、こういったことも含めて、一般の黄色ナンバーよりも保険料が高くなるのです。

ただし電話で問い合わせできる保険もある?

ダイレクト型の自動車保険の大きなポイントは、やはりネットで補償内容を確認しながら、保険料を比較して入ることができるところ。
こういった形で入れない段階で、黒ナンバーの自動車保険は、ダイレクト型では受け入れてくれない、と思われてしまいがちですが、ダイレクト型自動車保険のなかには電話で問い合わせ、引き受けてもらえるところもあります。
保険会社としては一般ユーザーと比べてニーズが少なかったり、事故リスクが大きかったりと保険料は高めになるのは否めませんが、引き受けてくれるのであれば、代理店型よりは安くなる可能性が高いので、電話で問い合わせをしてみることです。

【まとめ】受け入れ可能な保険会社を見つけるべし

安くしたいなら、受け入れ可能な保険会社を見つけて比較するのが確実です。
黒ナンバーの自動車保険は、一般と比べて「割高」なものです。
また保険会社によっては、受け入れそのものをしていないところもあります。
また保険料についても、それぞれの会社で設定に差がありますので、まず「受け入れしてくれるかどうか」を確認すること。
ダイレクト型でも電話で相談でき、受け入れているところがあるようですから、複数社に問い合わせし、受け入れしているところをピックアップしましょう。
そのうえで、補償内容を確認して比較検討すれば、自身に合った保険が見つかるはずです。
ただし、安さだけに目が行き過ぎて、補償内容が手薄になることがありますので、事業用は事故リスクが高いことを踏まえ、適切な補償内容になっているかきちんと確認しましょう。

Originally posted on 2017.6.25 @ 16:25