自動車保険の【基本補償】

対物賠償保険の役割は自車以外の「物」に対する補償です

【任意保険】 対物賠償

▼「対物賠償保険の役割をマンガで解説」▼

ナビさん
ナビさん
自分の車は直せません。
対物賠償保険とは契約者が「他人」の財物に対して損害を与えた時に賠償する時に適用される補償なんだ!
自動車保険の枠組みで言うと圧倒的に相手の自動車を修理する時に使われることが多く、ガードレールや建物なんかにも適用されますね!
対物賠償保険は
相手の「車・物」を補償する内容です!

対物賠償保険ってどんな保証なの?

対物賠償保険とは・・

対物賠償保険は対人賠償保険が人間に対する補償を行うのに対して、物品に対する補償を行うための自動車保険です。
これには様々なケースが当てはまるのですが、まず一番に注意しておかなければならないのが、対人賠償保険と同様にこの対物賠償保険もあくまでも他人の物品に対する補償だということです。
つまり自分の車をガードレールにぶつけてしまったりした場合、ガードレールの修理代は補償されますが自分の車の修理代はこの対物賠償保険では支払われないということです。
自分の車の修理代もカバーしたい場合は、車両保険などへの加入が必要となります。
多くの方が対人の補償を重要視しており、それは間違いではないのですが、例えばトラックなどと事故を起こしてしまうとその積み荷が驚くほど高額であるケースも多々有ります。
そうした場合の補償として対物賠償保険もまた重要な自動車保険です。
また対物賠償保険は事故によって物品を破損してしまったことによる、間接的な損害に対する補償も行われます。
つまりタクシーなどの営業車両との事故を起こしてしまい、修理が終わるまで仕事ができないことによる休業損失などがそれに当てはまります。
対人賠償保険とセットで、この対物賠償保険もまず優先して加入する必要のある保険でしょう。

自分の車は直せないぞ!

先程も説明しましたが、対物賠償は文字とおり「相手の物を賠償する」保険です。物損と言うことで、車を直す時に使われるイメージが有ると思いますが、飽くまでも相手の物・車を直すときにしか利用出来ません。
じゃあ自分の車を直す時は何処からお金が出るの?と言われると、それは事故の相手が加入している保険の「対物賠償保険」から支払われるのです。

もし相手がいない自損事故の時はどうなるの?と思った貴方!その疑問は重要です。
自損事故の場合は相手が居ないので、自分の車の修理費は保険が適用されないのです。そういった時は車両保険というものへ加入しなければならないので注意して下さいね!

家族の車は賠償されないぞ!

人身賠償保険の時もそうでしたが、家族の車は賠償されないので注意が必要です。
この家族と言うのが一般的には曖昧で兄弟や祖父母も家族じゃないの?と言うのが普通の感覚ですよね。
この家族の定義は自動車保険独特の範囲があるのでちゃんと確認して置かなければなりません。

補償の対象外に成る人

  • 配偶者(夫・妻)
  • 親子(父・母)
  • 子供(息子・娘)

この対象者をしっかり知っておくことが先ず重要ですね、因みに義理の両親・兄弟(姉妹)・祖父・祖母は倍賞の対象になります。

過失割合を忘れるな

事故時の車の修理費、相手がいる場合の事故のみ倍賞金額が支払われるし貰うことも出来ますが、この物損事故の支払額も過失割合が適用されるのです。
自分の車の修理費を考えた場合、過失割合が加味された金額しか適用されないので修理費の全額がもらえない場合は殆どになります。(過失割合による)もちろん自分の修理費がそうなのですから、相手も同じ状況になって要るということを忘れないで下さいね。
そんな時に困らないために車両保険というものが有りますし、過失割合というものもシッカリと理解して置かなければなりませんよ!

こんな時に助かるんだ!

対物賠償保険は物に対する保険ですよね。
自動車事故では様々な物損を起こすことがあります。
例えばフェラーリと事故を起こしてしまったらいくら掛かると思いますか?
簡単に見積もっても1000万円は簡単に超えてしまいますし、車種によっては数千万円の車も珍しくは有りません。こう言った高級車だけではなく、大型トレーラー等の一発の事故が大きな大型社の事故原因を貴方が作ってしまったとしたらどうでしょう。
またあなたが原因でトレーラーが建物に突っ込んでしまったとしたらどうでしょうか?
建物によっては数億円単位で賠償しなければならなく成ることもあるのです。
ですから、対物賠償保険の設定額は「無制限」で契約して置かなければ安心とはいえません。

Originally posted on 2019.12.1 @ 11:50