弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)

弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)

 

弁護士費用特約について詳しく解説

 

 

弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)とは

 

  • 弁護士へ交通事故紛争解決を依頼した場合の費用
  •  

  • 弁護士へ交通事故紛争に関する相談をした時の費用

 

上記の弁護士費用を保険で負担することが出来ます。

 

弁護士費用を保険で支払ってくれる特約です。

弁護士費用等担保特約について

 

適用範囲

 ●弁護士費用等担保特約を使える人

 

  • 自動車保険の契約者や被保険者
  •  

  • 自動車保険の契約者や被保険者の家族
  •  

  • 契約自動車に搭乗中の人たち

 

自動車保険の契約者や被保険者、その家族が対象です。

 

また、契約者・被保険者とは血縁関係がなくても、
保険契約している車の「同乗者」であれば使うことが出来ます。

 

特約を使用できる状況

 

  • 自動車事故でケガをしたり、ものを壊されたりし損害賠償請求をするとき
  •  

  • 自動車保険の契約保険会社の同意が必要

 

自動車保険ですので自動車に関係する場合のみの対応しかできません。

 

離婚や相続、自動車事故に関係ない法律争いには当然使えません。

 

そして自動車保険の契約保険会社が同意が必要となります。

 

補償内容

 

弁護士費用の最大で300万円までが支払われます。

 

  • 弁護士への法律相談費用
  •  

  • 弁護士へ依頼する際に支払う着手金
  •  

  • 弁護士の報酬
  •  

  • 訴訟費用
  •  

  • 仲裁、和解、調停のための費用

 

この特約は弁護士への支払いが対象です。

 

裁判や仲裁、和解、調停で決定した争いごとの相手方への損害賠償は対象となりません。
(相手方へは対人・対物賠償で支払われます)

 

弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)が活躍するとき

 

事故にあってしまった場合には、自動車保険(任意保険)会社が事故相手との示談交渉をしてくれます。

 

交通事故の当事者になっても、事故の解決までのすべてを保険会社が契約者に代わりやってくれます。

 

しかし、保険会社が事故後の示談交渉を解決できない場合があります。

 

  • 事故の相手方が保険会社の示談交渉を許可しない
  •  

  • 相手側に一方的過失のある「もらい事故」の場合

 

過失割合「0」の場合は保険会社が対応できない

 

契約者に過失がない「0:10(契約者:相手)」場合は、自動車保険の示談交渉サービスが使えないのです。

 

えっ、なぜ? と思うかもしれませんね。

 

「もらい事故」は、相手側である加害者にのみ過失がある場合であり、契約者は加害者へ賠償金を支払いません。

 

つまり契約者は賠償金の支払い責任が無いため、保険を使用しないという状況になります。

 

保険を使用しない状況では、契約している自動車保険会社は事故とは無関係になるので示談交渉に参加できなくなるのです。

 

保険会社が対応できないとどうする?

 

相手側(保険会社)との交渉は自分でやしなければなりません。。

 

と言っても、相手との交渉に時間をいつでもとれるわけではありませんね。

 

法律上の紛争を解決するための、法律スキルがあるわけでもありません。

 

交通事故の解決のためには、保険知識や法律など広い知識が必要となります。

 

 

たとえば、相手に押されて不利な条件を飲まされることも考えられます。

 

法律を誤認したまま交渉を進めても、保険金の支払いが拒絶されることもあります。

 

また相手が示談の条件を出してきても、その条件が妥当なものか判断しづらいでしょう。

 

 

そこで被害者である契約者に代わり、法律の専門家である弁護士に事故相手の保険会社との交渉してもらう事になります。

 

弁護士が対応してくれたら、時間の制約や法律知識、交渉スキルがなくても、交通事故の示談交渉を確実に解決できるのです。

 

弁護士交渉を拒否?

 

事故の相手方が弁護士との交渉を拒否したらどうなるのでしょう。

 

実は相手方は拒絶できるのです。

 

弁護士が法律・交渉の専門家とはいえ、警察のように捕まえて強制的に交渉のテーブルに相手方をつかせることはできません。

 

でも、でも、でも・・・・・・・・・・・

 

相手が示談交渉を拒否したら、弁護士は裁判を起こすことができます。

 

そうなると、相手方は交渉を拒絶した弁護士を相手しなければなりません。

 

ということは、弁護士との交渉を拒否する意味がなくなりますね。

 

弁護士費用の保険料

 

弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)は、年間数千円くらいの保険料の負担で自動車保険につけられます。

 

保険会社によっては交通事故以外でも使える弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)もあります。

 

まとめ

 

弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)は、被害者である契約者に代わって弁護士に加害者や加害者の保険会社との交渉してもらったときの費用や法律相談費用、訴訟の準備費用など弁護士へ支払った金額を保険で支払うものです。

 

補償される保険金は300万円までです。

 

プラスになる保険料は1500円前後とわずかな金額なので、この補償は絶対に加入したい特約ですね!

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド