軽自動車 自動車保険 21歳以上(21~25歳)

軽自動車【21歳~25歳】の保険料の相場

 

 

●軽自動車【21歳~25歳】の自動車保険の考え方!

 

※21・22・23・24・25歳の車を運転する状況を再確認しましょう。

21歳以上に人気のダイハツ・タントカスタムで自動車保険を紹介する

  • 軽自動車の維持費と保険料の関係
  •  

  • 友人は運転しますか?
  •  

  • 運転者年齢条件21歳以上で保険料が安くなる!
  •  

  • 友達の車を運転する事は?

 

運転者の年齢条件を21歳以上に設定すると、
保険料が大幅に安くなります。

 

それでも20代の保険料は、30代・40代・50代と比べ高額です。

 

軽自動車を所有する21~25歳の自動車保険料について紹介します!

 

これから21歳以上の年齢条件が付ける人のため、気を付けるポイントにも触れますね。

 

自動車保険に加入していない人も居るのです…

 

免許を取って車に乗り始める時期である21歳から25歳の若い世代のユーザーは、自動車保険に入っていますか?
20代前半の頃、自動車保険の必要性をちゃんと把握できておらず、未加入だった友人がいました…。

 

実際その頃軽微ではありましたが事故を起こし、自腹で相手方の修理費用を払った事もありました。
そういうことにならないためにも、ハンドルを握るなら、自動車保険の加入についてきちんと考えておくことが絶対に必要です。

 

【普通乗用車と軽自動車】双方に共通する話を詳しく紹介しています。

 

21~25歳の自動車保険

※当サイト別ページに移動します

軽自動車21歳~25歳の任意保険 【実例・見本】

 

 

運転者の年齢条件を21歳未満不担保(年齢条件21歳以上)にすると、保険料は下がります。

 

大きく保険料が変わる歳だからこそ、各保険会社の特徴が現れます。

 

先ずは複数社の保険料見積もりを取り寄せてみました。


 

最若年層よりは安いが、まだまだ高い保険料

 

21歳未満の自動車保険料は、総じて非現実的なほどの高額となっています。
これは実際に事故リスクが高いからであって、保険会社によっては「受け入れすら拒否」という場合も!

 

それに比べると、だいぶ保険料も下がるものの、ミドル層、シニア層に比べると、まだまだ高いほうです。
ここで実際に21歳から25歳の年齢層をカバーする自動車保険の保険料を確認してみましょう。

 

 

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般 ・車対車+A ・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 6等級(新規加入)


※車の所有者情報として上記の条件で算出しています。

21歳/年齢 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 21歳未満不担保 ソニー損保 132,290円 102,280円 64,100円
アクサダイレクト 164,380円 120,930円 79,880円
三井ダイレクト 150,360円 115,540円 80,390円
損保ジャパン 239,960円 184,440円 119,180円
ホンダ・S660 21歳未満不担保 ソニー損保 138,070円 105,520円 64,100円
アクサダイレクト 165,040円 120,890円 79,880円
三井ダイレクト 165,700円 123,510円 80,390円
損保ジャパン 248,120円 188,730円 119,180円
スズキ・アルト 21歳未満不担保 ソニー損保 126,500円 99,040円 64,100円
アクサダイレクト 160,650円 124,500円 79,880円
三井ダイレクト 144,220円 112,360円 80,390円
損保ジャパン 231,800円 180,140円 119,180円
スズキ・ハスラー 21歳未満不担保 ソニー損保 130,120円 101,060円 64,100円
アクサダイレクト 162,710円 125,420円 79,880円
三井ダイレクト 148,820円 114,750円 80,390円
損保ジャパン 235,880円 171,090円 119,180円
ダイハツ・ムーヴ 21歳未満不担保 ソニー損保 130,840円 101,470円 64,100円
アクサダイレクト 164,760円 126,330円 79,880円
三井ダイレクト 150,360円 115,570円 80,390円
損保ジャパン 235,880円 171,090円 119,180円
ダイハツ・タントカスタムス 21歳未満不担保 ソニー損保 130,840円 101,470円 64,100円
アクサダイレクト 165,790円 126,780円 79,880円
三井ダイレクト 151,690円 114,660円 80,390円
損保ジャパン 237,880円 172,090円 119,180円
ダイハツ・ハイゼット 21歳未満不担保 ソニー損保 122,070円 91,330円 64,100円
アクサダイレクト 168,770円 132,250円 96,830円
三井ダイレクト 125,920円 102,380円 80,390円
損保ジャパン 206,560円 168,870円 126,900円
日産・デイズ 21歳未満不担保 ソニー損保 129,400円 100,660円 64,100円
アクサダイレクト 162,710円 125,420円 79,880円
三井ダイレクト 144,790円 111,080円 80,390円
損保ジャパン 236,780円 171,190円 119,180円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

 

人気の車種の見積もりを取ってみましたが、「車両保険なし」でも6~12万円程度、「フルカバー」で15万~20万円台といった感じですね。
安くは…ないですよね。

 

 

【21歳から25歳】の軽自動車の保険料の平均相場

 

 

年齢が21歳以上のになると、軽自動車の保険料平均相場はどれだけ変わるのか?

 

軽自動車の自動車保険料の相場を調べてみました。


 

21歳/年齢 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 21歳以上 4社平均

(相場価格)

171748円 130798円 85888円
ホンダ・S660 21歳以上 4社平均

(相場価格)

238977円 179550円 85888円
スズキ・アルト 21歳以上 4社平均

(相場価格)

221057円 172013円 85888円
スズキ・ハスラー 21歳以上 4社平均

(相場価格)

225,843円 170,773円 85,888円
ダイハツ・ムーヴ 21歳以上 4社平均

(相場価格)

227,280円 171,487円 85,888円
ダイハツ・タントカスタム 21歳以上 4社平均

(相場価格)

228,733円 171,667円 85,888円
ダイハツ・ハイゼット 21歳以上 4社平均

(相場価格)

207,773円 164,943円 92,555円
日産・デイズ 21歳以上 4社平均

(相場価格)

224,560円 169,450円 85,888円

 

車両をフルカバー補償する車両保険の場合は、年間17~24万円前後で、車両保険を付けないと年間約9万円代でした。

 

1か月あたりの保険料は、おおよそ7,500円~20,000円になります。

 

車両保険なしであれば、8~9万円程度、エコノミーで13~17万円ほど、フルカバーだと20万円前後…。
平均値も、それなりのいいお値段ですね。

 

【21歳から25歳】の軽自動車の保険料の最安値はこれだ!

 

各社の保険料一覧表から最安値の保険会社の見積もりから、最安値を調べてみると「ソニー損保」が比較的安いのが分かりますね!

 

複数の保険会社で見積もりを取ってみたのですが、最安値はくしくもすべて同じ「ソニー損保」でした。
平均と比較してみると、かなり割安感が感じられますよね。

 

車両保険フルカバーでもこのお値段だったら、検討しやすい気がします。

 

21歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 21歳以上 最安値 ソニー損保

132,290円

ソニー損保

102,280円

ソニー損保

64,100円

ホンダ・S660 21歳以上 最安値 ソニー損保

138,070円

ソニー損保

105,520円

ソニー損保

64,100円

スズキ・アルト 21歳以上 最安値 ソニー損保

126,500円

ソニー損保

99,040円

ソニー損保

64,100円

スズキ・ハスラー 21歳以上 最安値 ソニー損保

130,120円

ソニー損保

101,060円

ソニー損保

64,100円

ダイハツ・ムーブ 21歳以上 最安値 ソニー損保

130,840円

ソニー損保

101,470円

ソニー損保

64,100円

ダイハツ・タントカスタム 21歳以上 最安値 ソニー損保

130,840円

ソニー損保

101,470円

ソニー損保

64,100円

ダイハツ・ハイゼット 21歳以上 最安値 ソニー損保

122,070円

ソニー損保

91,330円

ソニー損保

64,100円

日産・デイズ 21歳以上 最安値 ソニー損保

129,400円

ソニー損保

100,660円

ソニー損保

64,100円

 

【軽自動車】21歳と各年齢ごとの保険料比較

 

年齢層による保険料設定の比較…若年層は突出して高額です。

 

年齢によって、保険料はどう違いがでるのか、ここではスズキの「アルト」を例にまとめてみました。

 

 

●スズキアルト HA36S 平成26年4月登録 車両価格145万円

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 各種設定
対人賠償 無制限 年齢条件 年齢ごと設定
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 6等級(新規加入)

  一般条件 エコノミー 車両保険無
21歳以上年間保険料 161,330円 121900円 72,560円
26歳以上年間保険料 112,910円 86020円 51480円
35歳以上年間保険料 94310円 72390円 48730円
40歳以上年間保険料 92,910円 71070円 47500円
50以上年間保険料 91250円 69490円 46,010円

 

統計的に、20代の交通事故の発生率が高いため、20代の保険料は高くなります。
未成年時より保険料が安いとはいえ、ほかの年齢層よりもまだまだ高いですね。

 

21歳未満が突出して割高ですね。
もちろん等級によって左右されることもありますが、年齢条件だけでこれだけ差があるものなんですね。
21歳から25歳もミドルやシニア層に比べて事故リスクが高いことから、高めの設定になっているようです。

 

※「自分の場合の保険料は?」「私の場合、最安値はどこの保険会社なの?」と知りたい場合は、複数社の見積もりを比較することで簡単に見つけることができます。


▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

21歳の誕生日を迎えたら年齢条件を変更しよう!

 

 

自動車保険には運転者の年齢条件を設定することができます。

 

この年齢条件を設定することで大きく保険料を抑えることげ出来るので、

 

21歳になったのならば、絶対に21歳未満不担保の条件を設定してください。


 

全年齢と21歳未満不担保条件の比較

 

  • 年齢:20歳
  • 性別:女性
  • 用途:通勤使用
  • 車種:ホンダN-BOX

 

●ホンダN-BOX JF-1 平成26年4月登録 車両価格120万円

 

  • 使用者限定:なし
  • 使用目的:通勤・通学
  • 免許の色:グリーン
対物賠償 無制限 車両保険 一般 ・110万円
対人賠償 無制限 年齢条件 全年齢
人身傷害 1億円(全タイプ) (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 6等級(新規加入)

 

オシャレや旅行、将来のための貯金と給与をやりくりしたいのに、年間保険料は 338,830円と負担に感じています。

 

21歳未満不担保にすると?

 

●ホンダN-BOX JF-1 平成27年4月登録  

  • 使用者限定 本人限定
  • 使用目的 通勤・通学
  • 免許の色 ブルー
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 車対車+A 130万円
人身傷害 5000万円(車外+車内) (一般、免責金額) 1回目10円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 21歳以上補償
搭乗者傷害 有り・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 なし
弁護士特約 有り 等級 9等級

 

年間保険料120, 170円まで保険料が下がりました。

 

そこで21歳の時に年齢条件を設定するだけで、137,980円も保険料が変わるのです!

21歳から25歳の自動車保険に必要な補償

 

保険料がいくらなのかが一番気になるものですが、もっと気にしておくべきことは「補償内容」です。
保険料を安くすることばかり考えて、肝心の補償内容が不適切だと、万が一の事故の際に補償が受けられない、足りない、というケースが出てきてしまいます。
この年齢層でチェックしておきたい補償は以下のようなもの。

 

  • 対人賠償保険      …無制限  事故によっては賠償額が数億円単位になる
  •  

  • 対物賠償保険      …無制限  事故によっては賠償額が数億円単位になる
  •  

  • 対物超過修理費用補償特約…あり   つけておくほうがベター
  •  

  • 人身傷害保険      …1億~無制限 状況に応じて設定を
  •  

  • 搭乗者傷害保険     …友人を乗せる機会に応じて考慮する   
  •  

  • 弁護士費用特約     …あり   事故の際の示談で専門家の力を借りられる
  •  

  • 個人賠償責任保険    …日常生活でのトラブルを補償できるので自己判断にて
  •  

  • 他車運転特約      …友人の車を運転する機会があるなら必須

 

ロードサービスについては、各社基本的に付帯しているものが多いですが、なかには別途クレジットカードやJAFで入っていることもあることから、オプションとして選べる場合もあります。
意外と使う頻度が高いのがロードサービスですので、他で受けられない場合は、きちんとつけておくようにしましょう。

 

条件設定をチェック!

 

運転者限定

 

まず、エミさんは、自動車が家族や友人が運転することがあるかしれないと運転者限定を付けていません。

 

そこで、運転者をエミさん本人のみにしてみましょう。

 

すると、保険料は315,250円になりました。

 

人身傷害特約

 

また 人身傷害特約も登場中のみに限定しました。

 

すると、保険料は303,480円になりました。

 

免責設定

 

そして、車両保険の免責設定を1回目・2回目ともに10万円の条件を付けます。

 

すると258,150円になりました。

 

年齢条件

 

さらにエミさんは契約期間中に21歳の誕生日を迎えます。

 

自動車保険は、1年契約です。が、契約期間中でも契約条件の変更は可能です。
そこで、21歳の誕生日を迎えたら、年齢条件を「21歳以上補償」にするだけで
120, 170円
自動車保険料の1年分の差額は、

 

258,150円―120, 170円=137,980円

 

つまり、21歳の誕生日の時点で、年齢条件を変更すれば、一括で先払いしていた保険料の一部(137,980円の一部)が戻ってきます。

 

こんな簡単に保険料を見直せる手段を見逃さないようにしましょう。

21歳から25歳の保険料を抑えるには?

 

ミドル、シニア層に比べると、まだまだ高めの保険料なのが、この世代。
お金がたくさんある世代でもないので、できれば保険料も安く抑えたいですよね。
いくつかできる対策がありますので、チェックしてみましょう。

 

運転者の範囲を限定する

 

運転するのが自分だけ、というような場合、運転者の範囲を「本人限定」などに設定することにより、保険料を抑えることができます。
ただし、友人とよくドライブに出かけるかたなどの場合は、運転を代わってもらうシーンがないとはいえませんね。

 

そういう時に事故を起こすと、運転者の限定範囲から外れていると、補償が受けられなくなりますので、代わってもらう人に1日保険などに入ってもらってから、運転してもらうようにしましょう。

 

車両保険の金額、免責の設定を再確認

 

軽自動車でも、新車だとかるく150万くらいの価格ですから、事故で全損することを想像したら、やっぱり車両保険は入っておきたい、と思いますよね。
車両保険も少し工夫すれば、保険料を抑えることも可能なのです。

 

  • 免責    … 10万-10万など、事故の際の自己負担を多めにしておくと保険料を抑えられる。事故を起こさなければ払う必要もなし!
  •  

  • 金額設定  … ダイレクト型などでは、見積もりの段階で車両保険金額を調節できる。金額を下げるほど保険料も下がる
  •  

  • エコノミー … フルカバータイプはどうしても保険料が高め。一定の制限がついたエコノミーも検討してみる

 

車両保険の必要がない安価な中古を選ぶ

 

この年代はまだ社会人になったばかりとか、アルバイトなどをしている人も多いもの。
車を持つにしても、最初から新車を選ぶのではなく、26歳以上の保険料が安くなる時期までは、つなぎの車を選ぶのもひとつ。
軽自動車の中古なら、50万円ほどでも程度がいいものがけっこうあります。
車両保険も100万を切る車両価格なら、付ける必要もなくなってきますので、それだけでも保険料がぐっとお安くできます。

 

親御さんから等級を引き継ぎしてもらう

 

一定の条件を満たせば、親御さんが高い等級で自動車保険に加入している場合など、その等級を引き継ぎさせてもらうと、かなり保険料を安く抑えられます。
ただ引き継ぎをすると、親御さんがまだ車に乗る場合、そちらの保険の等級が下がってしまうので、家族で話し合ってうまく折り合いを付ける必要はあるかもしれません。
でも等級が下がっても、親御さんの年齢層の場合、基本的な保険料がかなり割安ですから、お子さんの保険と合算した総額で比較すると、かなりオトクになります。

安いからと、削ってはイケない補償

 

 

軽自動車に乗る人の特徴に出来るだけ車に維持費を掛けたくないという人がいます。
それは間違いないのですが、時々保険料を安くするために極限まで補償内容を削ってしまう人がいます。

 

あくまでも節約と最適化が目的ですので、必要最低限の補償内容は加入するべきです。


 

20代の自動車保険料は、30歳以降よりも事故発生率が高いというデータが有ります。

 

だからこそ保険料も高くなります。

 

だからといって自動車保険料を安くするため補償を軽くしてしまうと、交通事故の時に自動車保険で相手方への損害賠償責任を果たせず、自動車保険での補償以外に別途経済的な自己負担を負わなければなりません。

 

その賠償金額も軽自動車の維持費が安かったからと節約した数万円以上の莫大な賠償が必要になる事も珍しくありません。

 

過去の損害賠償の事例

 

例えば、人身事故を起こし、相手の損害額が1億円、対人賠償が5千万円までの付保だった場合、残りの5千万円は自己負担しなければなりません。

 

近年の、裁判例でも高額の損害賠償を認められたケースが増えています。

 

  • 物損事故では平成6年7月19日の神戸地裁が2億6千万円
  •  

  • 人身事故の死亡ケースでは平成23年11月1日の横浜地裁が5億843万円

 

の損害賠償を命じたケースもあります。

 

そこで、これは絶対に上限の条件で

  • 対人賠償保険 無制限
  •  

  • 対物賠償保険 無制限
  •  

  • 対物超過修理費用補償特約あり

この3点さえ外さなければ少なくとも「相手の怪我、物損」だけは十分な補償がでできます。

【軽自動車21歳~25歳】車両保険はどうしたらよいの?

 

車両保険は、自動車保険料の負担を大きくする要因のひとつです。
ただ、事故で愛車が全損になってしまったとき、どういうリスクがあるかを検討する必要あります。

 

車両保険未加入のリスク

 

未加入のリスク

 

  • 車が全損するとローンが残ってしまう
  •  

  • もし車が壊れてしまったら、公共交通機関で通勤が難しいので代替車が必要になる

という場合、車両保険が必要となります。

 

加入する場合

 

  • 免責額(自己負担額)を設定
  •  

  • 車対車+A(自損事故は保険適用なし)タイプ

など補償内容を検討されるとよいでしょう。

 

車種の価値が決めて

 

21歳前後の年齢でしたら、新車を購入と言う人もいるかもしれません。
軽自動車を新車で購入、支払増額は185万円!
この場合は絶対に車両保険に加入しましょう。

 

21歳~25歳の年齢でしたらマダマダ軽い仔擦り傷など自損を起こしてしまう場合が有ります。

 

軽自動車と言っても修理するときは安くは有りません。

 

修理費が高額だと感じる金額でしたら一般条件で加入すると良いでしょう。

 

それでも保険料が高くなってしまうのが重いというようでしたら、
エコノミー自動車保険車対車+Aに加入することで21歳位前後の人でも負担無く車両保険が付けられるでしょう。

 

安い中古車などで、したら車両保険は要りません。

 

事故で全損してしまったとしても、その時は別の車を購入するという気持ちでいられる車でしたらそれでいいのです。

 

保険料のバランスを考えると軽自動車でしたら80万円以下の句r間には車両保険は要りませんね。

 

若い時だからこそ保険料と補償のバランスが有るのです。

【まとめ】工夫次第で安くできることも。補償内容も再確認を!

 

保険に加入するときは
自分の自動車の使う状況を確認しましょう。
例えば、

 

  • 使用目的
  •  

  • 頻度多く運転するのはだれか?
  •  

  • 車両について修理代、ローン、代替を手当てできるか?

 

補償内容を十分に把握しておかないといざという時の役に立たなくなってしまいます。

 

また、車の貸し借りも免許の有無や保険の加入の有無などを確認しましょう。
保険加入の有無や条件がわからないときはドライバー保険に加入する手もあります。

 

車を所有するなら、自動車保険は必ず加入することは鉄則で、保険料が高いから…と躊躇するような感覚なら、車の所有は考え直しましょう。

 

保険料は工夫すればある程度は抑えられ、特にこの年代は保険会社によって保険料にも差があるので、複数の会社で見積もりを取ることがポイントになります。

 

また保険料を意識するあまり、補償内容を削ってしまうと、場合によっては事故の際に補償が受けられなくなる可能性も。
補償については、さまざまなシーンを想像して、しっかりとどのようなときもカバーできるように組み立てましょう。

 

また、補償内容の限定の範囲から外れる場合は、そこをカバーできる対策を取っておくこと。
せっかく保険料を納めていても、補償範囲外での事故を起こしたら、まったく保険が役に立たなくなってしまいますので、要注意です。

 

【普通乗用車と軽自動車】双方に共通する話を詳しく紹介しています。

 

21~25歳の自動車保険

※当サイト別ページに移動します

 

 

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド