30歳以上

30歳~35歳の自動車保険

 

●30歳以上の自動車保険を考える!

 

  • 年齢条件が30歳以上と35歳以上の会社が有る
  •  

  • 結婚して自分と奥さんの車2台所有
  •  

  • 少し高額な車を所有してみよう
  •  

  • 高額車と車両保険との考え方
  •  

 

30歳以上の自動車保険といえば、そろそろ自動車保険全体的に見ても比較的保険料が利用しやすい金額になってくる辺りの年齢層です。さらにこの年齢層になってくると、もはや両親などの車を借りて使用しているというケースもほぼありませんので、ほとんどの方が自分の名義で自動車保険への加入をしている、もしくは検討するようになることでしょう。

30~34歳の任意保険 【実例・見本】

 

 

30歳以上にもなると子供がいたり大きな車にも乗るようになりますよね。
しかし、免許取得から10年以上経過するので無事故で無くても等級が上がって、それなりに安くなっているんじゃないでしょうか?

 

30歳以上の条件では車種毎にどれくらいの保険料の差が有るのか比べてみましょう!


 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般 ・車対車+A ・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 13等級(継続・乗り換え)

 

26/30歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 26/30歳以上 ソニー損保 48,480円 38,360円 25,490円
アクサダイレクト 54,210円 40,820円 29,890円
三井ダイレクト 54,470円 43,210円 31,880円
損保ジャパン 90,260円 71,260円 47,600円
ホンダ・フィット 26/30歳以上 ソニー損保 58,170円 42,680円 30,320円
アクサダイレクト 64,420円 51,203円 36,280円
三井ダイレクト 64,310円 48,900円 36,100円
損保ジャパン 99,060円 77,060円 55,850円
トヨタ・プリウス 26/30歳以上 ソニー損保 75,280円 50,270円 30,320円
アクサダイレクト 85,720円 62,050円 39,940円
三井ダイレクト 78,830円 55,880円 36,100円
損保ジャパン 126,750円 90,380円 55,850円
トヨタ・VOXY 26/30歳以上 ソニー損保 64,930円 44,310円 27,850円
アクサダイレクト 74,370円 54,470円 36,250円
三井ダイレクト 69,920円 49,840円 33,580円
損保ジャパン 107,270円 78,640円 51,750円
スバル・レヴォーグ 26/30歳以上 ソニー損保 89,590円 56,620円 30,320円
アクサダイレクト 84,890円 59,640円 36,250円
三井ダイレクト 90,800円 61,310円 36,100円
損保ジャパン 140,680円 96,820円 55,850円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

※損保ジャパン・三井ダイレクトは26以上 / ソニー損保・アクサダイレクトは30歳以上の年齢条件のみの選択になります

ここで気になったのは保険会社によって年齢条件の基準が違うこと!

 

ソニー損保・三井ダイレクトは30歳以上という年齢条件を選べるのですが、損保ジャパン・三井ダイレクトは26才以上の次は35才以上の年齢条件しか有りませんでした。

 

この年齢条件は運転ができる年齢枠に影響しますが、保険料にも大きな価格差を生み出します。
30歳~34歳に人は、この年齢条件にがどうなっているのかチェックしておくべきですね!

 

30~34歳の自動車保険料の相場

 

 

自動車保険料の価格相場はいくらなの?という数字を出すために各社保険料を実際に調べて、年間保険料の平均値を出しました!

 

コレが本当に30歳以上自動車保険料の相場です!


26/30歳以上 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 26/30歳以上 4社平均

(相場価格)

61,855円 48,413円 33,715円
ホンダ・フィット 26/30歳以上 4社平均

(相場価格)

71,490円 54,961円 39,638円
トヨタ・プリウス 26/30歳以上 4社平均

(相場価格)

91,645円 64,645円 40,553円
トヨタ・VOXY 26/30歳以上 4社平均

(相場価格)

79,123円 56,815円 37,358円
スバル・レヴォーグ 26/30歳以上 4社平均

(相場価格)

101,490円 68,598円 39,630円

 

30~34歳で一番安い自動車保険会社

 

 

実際に取った見積から一番安い保険会社をピックアップし!
保険料は基本条件が同じでも各社のサービスが若干違うので安ければいいというものでは有りません。
年齢条件の部分も合わせてチェックしてくださいね!

 

26/30歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 26/30歳以上 最安値 ソニー損保

48,480円

ソニー損保

38,360円

ソニー損保

25,490円

ホンダ・フィット 26/30歳以上 最安値 ソニー損保

58,170円

ソニー損保

38,360円

ソニー損保

25,490円

トヨタ・プリウス 26/30歳以上 最安値 ソニー損保

75,280円

ソニー損保

42,680円

ソニー損保

30,320円

トヨタ・VOXY 26/30歳以上 最安値 ソニー損保

64,930円

ソニー損保

50,270円

ソニー損保

30,320円

スバル・レヴォーグ 26/30歳以上 最安値 アクサダイレクト

84,890円

ソニー損保

56,620円

ソニー損保

30,320円

 

スポーツカーなどと比べればもっと差は開いてしまいますが、それでも軽自動車とワンボックスカーでは14,976円もの差が有ります。
車両保険に加入すると更に開き、26,998円も違ってきますね!
コレの金額実に41%も上がっています。
ここまで来ると軽自動車の維持費は安いなと感じてしまいますね!
人によっては車のサイズがこんなに違うのに、3万円以下しか変わらないんだなという印象も受けると思います。

 

自動車保険料はほんの少しの条件変更で大きく変わってしまします。
確実に自分の保険料をチェックするには一括見積もりを活用して比較するのが絶対に間違えないポイントです!







※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年齢条件が【30歳以上】と【35歳以上】の会社に分かれている!

 

 

30歳以上になると、30歳未満不担保という条件を付けることが出来き保険料を更に抑えることができます。

 

そうして安くなった保険料分は、他の特約に回しさらなる補償を付ける事で、さらなる安心感を得ることができます。

 

30歳以上の自動車保険になりますと、年齢条件の割引率も大きくなってきます。


注意したいのが、キャリア(保険会社)事によってかなり料金に差が開いてくると言う事です。
自動車保険は各社特徴を持ちターゲット層を変えてきているため、様々な会社を比較してみる必要があるのです。

 

年齢条件はキャリア(保険会社)が影響

 

30代での年齢条件は、【30歳未満不担保】と【35歳以上不担保】の、2パターンの設定が有ります。

 

この条件の違いは、保険会社が両方設定している事はなく、保険会社によってどちらか一方での選択になります。

 

先ず30歳以上負担を選べる保険会社は何処の保険会社なのかチェックしてみましょう。

 

●例えば、各社の年齢条件設定を調べてみると

保険会社 全年齢 21歳以上 26歳以上 30歳以上 35歳以上
ソニー損保 ×
チューリッヒ ×
セゾン自動車 主に運転する人の年齢を1歳刻みで設定。
アクサ ×
アメリカンホーム 主に運転する人と契約者の年齢で設定
SBI損保 × ×
三井ダイレクト ×
イーデザイン ×
そんぽ24 × ×

 

このように30歳は、保険会社により自動車保険の条件設定が異なります。

 

30歳~34歳の人は、年齢条件が【30歳未満不担保】を選べる保険会社の方が得ですよね?

 

さらに30歳から34歳の年齢層は、子供が出来たり、マイホームを購入したりする世代ですので、万が一の時の補償の充実を図るのも必要になってきます。

 

保険料を節約するのも必要ですが、その分補償内容の充実ももちろん大事ですね!

 

30歳未満不担保が有る会社無い会社

 

 

前に加入していた保険会社は損保ジャパン(現損保ジャパン日本興亜)でしたのですが、保険更新時に年齢条件の30歳以上という設定がなくなり、35歳以上からの設定になってしまった事が有りました
当時32歳だったのですが、保険料が上がってビックリした事を覚えております…。

 

30歳以下不担保を選べる保険会社をピックアップしてみましたので参考にしてみてくださいね!


 

●一般的に自動車保険の年齢区分

年齢条件
20歳以下(無制限)
21歳以上
26歳以上
30歳以上(保険会社によって違う)
35歳以上(保険会社によって違う)

 

ポイントは保険会社によって「30歳以上補償」「35歳以上補償」と扱いが異なるということです。
たとえば、「30歳以上保障」の年齢区分がない保険会社の場合、35歳になるまでは、26歳以上と同じ保険料の括りになり、保険料の割引を受けられません。

 

「26歳以上保障」と「30歳以上保障」の間では、同じ等級でも10%程度の保険料の違いがあります。
運転者が30歳〜34歳なのであれば、「30歳以上保障」の年齢条件を持った保険会社を選びたいですね。

 

「30歳以上保障」の年齢区分を持っている主な保険会社は以下の通りです。
(補償内容は日々変わりますので必ずしもこれが全てではありません)

 

30歳が以上割引設定が有る保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • アメリカンホームダイレクト
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • 共栄火災
  • セコム損害保険株式会社
  • ソニー損保
  • チューリッヒ
  • 東京海上日動
  • 日本興亜損保
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト

 

年齢条件は、運転する全ての人が条件に適合していなければ事故の際に補償されないので注意が必要しましょう。
夫婦で運転する車では、ご主人が30歳でも「奥様が29歳」の場合は「30歳以上保障」の契約では奥さんが適用外になってしまいます。
29歳の奥様が30歳になった日から保険会社に申告すれば即日条件の変更ができ、保険料も日割りで戻ってきますので誕生日を迎えた際には手続きの変更をしましょう。

 

実際に2012年2014年と保険料の値上げが行われた時に、こう言ったサービスや条件の廃止が相次ぎました。
保険会社も保険業の利益が中々出にくい状況になってしまっているため、赤字になってしまう特約を絞っているのです。

 

保険会社が赤字になると、ユーザーにとって様々な不都合なことが起こります。
有名なのは過去にあった保険料未払い問題ですよね。
あの未払の殆どが自動車保険だったて知っていました?
そうならないためにも健全な会社運営をしていて欲しいですね。

30歳未満不担保でいくら安くなるの?

 

30歳になると年齢条件の設定が一つ上がる保険会社が有ります。

 

運転者の条件設定を設けるのか、設けないかでどれほどの差が有るのか比べてみました。

 

しかし、最近の保険会社の設定では36歳以上の設定で30歳未満不担保の割引設定がある所が減って居る印象を受けます。

 

特にダイレクト型の保険会社は細かな設定が出来て、ユーザーとしてはありがたいものです。

保険の例

 

あなたの年齢 年齢制限・等級 年間保険料 車両保険なし
30歳以上 全年齢・13等級 73,197円 51,486円
30歳以上 26歳以上・13等級 47,102円 33,131円
30歳以上 30歳以上・13等級 43,962円 30,922円

 

保険料を抑えられる、最低限の保証内容を知ろう!

奥さんや家族の年齢も考えて!

 

 

この年代の方で気を付けるポイントは家族構成です。
結婚して奥さん・旦那さんがいる人も居ると思います。
この家族の人がもし運転するようでしたら、
年齢条件を年齢の低い人に合わせる事が大事です。

 

他車運転特約も、家族間での事故では補償がされません。
ココの所は本当に注意が必要です。


 

もしも、奥さんが29歳で自分は31歳のように年齢条件をまたいでしまうようでしたら、迷わず26歳以上の条件にしましょう。

 

奥さんが事故を起こしてしまったら偉いことになりますからね…。

30~34歳にオススメの契約内容は!

 

 

30代の方にオススメの内容は可能ならば年齢条件の設定をすることですね。
しかし、設定したのなら、条件外の方には絶対に運転させないということが重要なのと、家族などの使用状況をちゃんと確認しましょうね!


更に詳しく知って保険の【契約内容】を決めてみよう!

 

 

30歳~34歳の方の自動車保険となれば年齢もさる事ながら、等級アップもかなり期待できるので本当に大きな割引が可能となってくる年齢と言えるでしょう。

 

自動車保険の保険料割引は年齢と自動車保険の等級が大きく影響してくるので、ダブルで割引が受けられるために、保険料が本当に安くなってくる26歳以上よりも更なる割引が可能となってくるのです。


30歳~34歳という年齢は自動車保険算出時に利用される年齢区分において下記のように、

 

30~34歳の保険料を大きく左右する 「年齢条件」

 

年齢
20歳以下(全年齢)
21歳以上
26歳以上
30歳以上
35歳以上

 

26歳以上よりも割引率の高くなる次の段階にアップする年齢です。

年齢条件による比較

 

30歳未満の各年齢区分と等級を同じにして保険料を試算しました。

 

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 20歳以下 21歳以上 26歳以上 30歳以上
等級 6等級 6等級 6等級 6等級
運転者限定 本人限定 本人限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 無制限 無制限 無制限 無制限
免許の種類 ブルー ブルー ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限 無制限 無制限
車両保険 あり あり あり あり
年間保険料 567,100円 284,700円 171,600円 164,100円

 

運転者の年齢制限を30歳以上にすることで、保険料が安くなることが分かります。

 

等級による比較

30歳になって初めて免許を取得したという方もいるでしょうが、30歳ともなれば運転歴も長く、自動車保険の加入年数も10年を超えるという人は多いことでしょう。

 

 

そこで期待できるのが、冒頭でも申しました自動車保険の等級アップによる割引です。

 

18歳から無事故で30歳になっているとすれば12等級の等級アップとなり、持っている等級は18等級となっています。

 

等級は最大で20等級ですから、18等級ともなれば最大割引に近い割引率が適用されるというわけです。

 

●30歳6等級(新規加入)と、18等級の比較

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 30歳以上 30歳以上
等級 6等級 18等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 無制限 無制限
免許の種類 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
年間保険料 164,100円 85,000円

 

 

上記のように2倍以上の金額さが出てきます。

 

安全運転を心がけて、事故のなかった方はその見返りとして大きな割引が受けられるというわけなのです。

 

 

しかし、1度も事故がなかったというドライバーの確率は決っして多いとは言えませんよね。

 

そこで、2度事故を起こして等級が6等級ダウンした12等級のケースを見てみることにしましょう。

 

●年齢制限30歳以上、その他等級の違いによる比較

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 30歳以上 30歳以上 30歳以上
等級 6等級 12等級 18等級
運転者限定 本人限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 3,000km 3,000km 3,000km
免許の種類 ブルー ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限 無制限
年間保険料 164,100円 108,900円 85,000円

 

等級の変化によって、それなりの割引が受けられます。

免許証の色による比較

30歳~34歳ともなれば免許書の種類がブルーからゴールドになっている方も少なくないでしょう。

 

この場合には自動車保険のゴールド免許割引の適用を受けることが可能です。

 

18等級でブルーとゴールドの保険料を比較してみると、

 

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 30歳以上 30歳以上
等級 18等級 18等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 無制限 無制限
免許の種類 ブルー ゴールド
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
年間保険料 8,500円 85,000円

 

 

若干ではありますが更なる値引きを受けることが可能となってきます。

 

以上のように、30歳以上の自動車保険は30歳未満と比べると大きな割引を受けやすい条件が初めて出揃った年齢というわけなのです。

 

30歳~34歳は免許書を初取得した場合も、そうでない場合も、安心価格で自動車保険に加入できるということになってきますよね。

 

しかし、そう断言できないのが自動車保険の難しいところです。

 

確かに30歳未満と比べれば確実に安い保険料で自動車保険に加入することは可能です。

 

だからといって何も考えずに自動車保険に加入すれば、熟考した補償内容で契約した方よりも割高な保険料となってしまうケースがあるだけでなく、「何でこんなに高い保険料を支払っているの?」となることも無きにしも非ずです。

 

よって、割安となる30歳以上の自動車保険だと安心せず、割高となってしまう原因や安くするためのポイントをチャンと把握しておく必要があるのです。

 

それでは今回は安くて充実した自動車保険に加入してもらうために、必ず抑えておいて欲しいポイントについてご説明していくことにしましょう。

30~34歳の保険契約4つのポイント!

 

 

自動車の保険料で大きく影響するのが年齢と等級です。

 

30歳以上の人は、30歳未満の人よりも安い保険料で加入することができます。

 

何年も自動車保険を支払っていれば、冒頭で説明したように有利な金額で保険加入ができるのか分かると思います。

 

しかし、これはあくまでも年齢や等級割引を充分受けた場合の保険料です。


 

年齢による割引は確実に受けることはできます。

 

●保険料に影響する年齢以外の条件

  • 車種
  •  

  • 等級割引
  •  

  • ゴールド免許割引

 

3つの割引率はドライバーの運転状況によって違い、事故や違反の多い人はこの割引を最大限利用することができず、優良ドライバーと比べると割高な保険料となってしまいます。

 

しかも、「等級も高く」、「ゴールド免許」といってそれで満足する必要はありません。

 

補償内容を見直すだけで、更なる保険料の節約をすることもできるのです。

 

それでは30歳~34歳の皆さんができるだけ保険料を安くするためにはどのようなポイントがあるのかを説明していくことにしましょう。

 

 

●30歳~34歳の保険料を安くするポイントは5つ

  1. 購入車両の検討
  2. 車両によって大きく変わる保険料

     

  3. 車両保険の検討
  4. 車両保険はどうしたらいい?

     

  5. 走行距離の見直し
  6. 走る分だけ保険に入ればいい

     

  7. 保険会社の年齢条件設定
  8. 年齢条件は友人家族の事忘れないで!

     

  9. 傷害保険の検討
  10. 傷害保険はどうしたらいいのでしょうか?

 

5つのポイントを上手に利用すればピッタリの補償内容で無駄もなくなります。

 

購入車両を検討しよう (タイプ別保険料比較)

 

自動車保険の保険料は年齢と等級が大きく影響してきますが、「保険契約の対象車両」も忘れてはなりません。

 

対象車両となる型式も年齢や等級と同様に保険料へ大きく影響してくるのです。

 

自動車保険に詳しくない方の中には対象車両の型式が保険料に影響してくるなんて夢にも思わなかもしれません。しかし、「車種」「型式」により保険料は驚く程違ってきます。

 

30歳以上の保険料が割安となるのは、「年齢」と「等級」が30歳未満よりも大半が有利な条件になっているからです。

 

年齢が高ければ運転技術の経験があり、事故率が減りますし、等級が高ければそれだけ事故を起こしていない証となります。

 

 

事故が多い若年層や等級の低いドライバーは、保険金支払いのリスクが高いと判断されて保険料が高くなるのです。

 

高級車やスポーツカーは保険料が高くなる!?

 

それでは契約対象車両が保険料に大きく影響してくるのはどんな理由があるからなのでしょうか?

 

一般的に保険料が高くなると言われている車両の代表格は高級車とスポーツカーです。

 

高級車やスポーツカーは一般的なファミリカーとの比較

  • 値段が高額
  •  

  • 事故を起こす確率が高い

 

このような特徴も持ち合わせています。

 

保険会社から見るとこれらの車種をは、事故を起こしてしまった時の「保険金利用の金額」が高くなるという認識でいます。

 

これが契約対象車両が保険料に大きく影響してくる理由なのです。

 

自動車保険の保険料算出には下記の型式別料率クラスが用いられます。

 

保険料率クラス

 

料率クラス 保険料
1 約59,000円
2 約70,000円
3 約85,000円
4 約100,000円
5 約120,000円
6 約150,000円
7 約180,000円
8 約210,000円
9 約230,000円


*100万円の車両保険を付けた場合

 

1~9までのクラス分けがされており、料率クラスが高いほど保険料が高くなります。

 

高級車やスポーツカーはこの高い料率クラスが設定されているため、保険料はどうしても高くなってしまうのです。

 

タイプによる保険料の違い
車種 フィット 1.3シリーズ クラウン3.0 RX-8タイプS
年齢制限 30歳以上 30歳以上 30歳以上
等級 18等級 18等級 18等級
運転者限定 本人限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 5,000km 5,000km 5,000km
免許の種類 ゴールド ゴールド ゴールド
対人賠償 無制限 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限 無制限
車両保険 あり あり あり
年間保険料 56,700円 71,900円 66,400円

 

ファミリーカーと比べれば確実に保険料は高くなってしまいます。

 

年齢・等級など最上級の条件で算出した保険料でも1、2万円の差額があるわけですから、条件が悪くなると更なる差額が出ることが予測されます。

 

この年齢ともなると倍以上違うというような大幅なひらきは出ないでしょうが、少しでも保険料を安くしたいとお考えならば、高級車やスポーツカーの購入は避けたほうがいいというわけです。

 

ハイブリッドカーの場合は?

また、30代ともなると流行りのハイブリッドカーの購入を検討している方も多いことでしょう。

 

燃費がよく、補助金や税金の免除が受けられることで人気の車種ですが、実はこのハイブリッドカーも高級車やスポーツカー同様に高い型式別料率クラスが設定されています。

 

ハイブリッドカーは一般車にはない特殊システムが導入されているため修理費が高額となってしまうからです。

 

車種 フィット 1.3シリーズ プリウス1.8G
年齢制限 30歳以上 30歳以上
等級 18等級 18等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 3,000km 3,000km
免許の種類 ゴールド ゴールド
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 53,700円 63,000円

 

高級車やスポーツカーの場合と同じように大きな差額ではありませんが、保険料を安くするという面から見れば検討してもらいたいポイントともなってきます。

 

しかし、ハイブリッドカーの場合には燃費性や補助金、税金の免除というメリットがあるので、これらを考慮すれば保険料の増額は痛くないというケースもあります。

 

この点は注意が必要ですから、よく計算してからの判断が必要になってくるところですね。

安全性の高い車両は多くの割引サービスが受けられる!

 

高級車・スポーツカー・ハイブリッドカーは保険利用リスクが高いため保険料は高くなりますが、これとは逆に、契約対象車両が安全性が高く事故率の低いと判断されれば保険料は安くなります。

 

その最たるものがファミリーカーです。

 

しかし、安全性が高く事故率が低いと判断される材料は車種だけではないのです。

 

車両にどんな安全装置がついているのかでも保険料の割引額は違ってきます。

 

現在、各保険会社で用意されている安全装置装着による割引サービスには多くのものが用意されており、最大で15%もの割引が受けられます。

 

近年の車両には安全装置が標準装備というケースも多いので、自分の車両にどのような安全装置が装備されており、どの割引サービスが適用されるかをシッカリと確認しましょう。

 

割引サービスの有る無しや、割引率は各保険会社で違ってくるので、更なる保険料減額を望むのであればこの比較も重要なポイントとなってくるでしょう。

 

割引サービスについては、「知らないと損をする保険会社の割引サービス」で詳しく解説していますので、詳細に知りたいという方は覗いてみてくださいね。

 

車両保険を検討しよう!

 

 

自動車保険を考える上で忘れてはならいのが車両保険ですね。

 

自動車保険の保険料が高くなる一番の原因がこの車両保険だし、事故の時に影響するのもこの「車両保険」だからです。

 

では割引率が高くなってくる30歳以上では車両保険はどうしたらいいのでしょうか?

 

答えは車によるというのが正しいのですが、少し保険料金の比較データを見てみて下さい。


 

30歳~34歳の車両保険あり・なしの比較
車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 30歳以上 30歳以上
等級 18等級 18等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 5,000km 5,000km
免許の種類 ゴールド ゴールド
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり なし
年間保険料 56,700円 30,200円

 

保険料は倍近くの金額差が出てきます。

 

この金額の差を見れば20代ならばいざ知らず、30歳以上になれば車両保険をつけると高くなるから省くというわけにはいきません。

 

収入に余裕がでて、守るものも多くなってくる年齢です。だからこそ、車両保険の必要性をちゃんと理解して判断してほしいのです。

 

車両保険の補償額は契約対象車両の時価が上限となります。

 

中古車の場合には補償額上限が思っているよりも低くなるケースが多いのですが、高額な車両や新車の場合にはそれでは困りますね。

 

ポイントは車両価格が100万円を超えるか超えないか?が判断基準だと感じます。100万円以上の車でしたら、事故時の修理費を考えれば付けておいた方が確実ですね。

 

車両保険の補償内容を検討しよう!

 

車両保険は大きく分けると、2つに分けられます。

 

●車両保険の種類

  • 一般型車両保険
  •  

  • エコノミー車両保険 車対車+A

 

呼び名については保険会社によって違いはありますが、この2つが一般的な車両保険となってきます。

 

●2つの車両保険の特徴

  • 一般型 → 万全の補償を受けられる
  • 地位車上でぶつけたなど、自損事故も補償

     

  • エコノミー+A型 → 補償範囲は少ないが保険料が低くなる
  • 相手がいる事故時にのみ自分の車に対して補償される

 

2つの車両保険は「補償範囲の違い」により保険料が変わるのです。

 

●2つの車両保険どちらを選べばいいの?

  • 1・2万円は安くしたい → エコノミー+A型を
  •  

  • 手厚い補償を求める → 般条件の車両保険

 

天秤にかけたときに判断基準にしたいのは、補償範囲で満足できるかどうかです。

 

 

 

●エコノミー+A型で補償が降りない内容

  • 自損事故
  •  

  • 当て逃げ

 

基準は100万円の価値のある車かどうか?
100万円以下の場合は「エコノミー車両保険+A型」へ加入し、対象車両が高額である場合には一般的な車両保険に加入するべきです。

 

減額だけにとらわれず、間違った判断だけはしないように心がけましょう。

 

免責を利用しよう!

 

契約対象車両によっては補償内容を一般型にするしかないというケースは多くなってきます。

 

車両保険を安くする方法に「免責条件」を設定するというものがあります。

 

免責は事故時に車両保険を使った時に、契約者自身が修理費の一部を負担することで保険会社から保険料の値引きが受けられるサービスです。

 

 

●保険会社で用意されている免責の一般的な設定金額

  • 「1回目0円・2回目以降0円」
  •  

  • 「1回目0円・2回目以降5円」
  •  

  • 「1回目5万円・2回目以降10万円」
  •  

  • 「1回目10万円・2回目以降10万円」

 

の4パーターンあります。

 

車両保険に加入する際には必ずどの免責条件を設定するかを聞かれますので、免責設定したくないなら、「1回目0円・2回目以降0円」を選ぶこともできますが、車両保険の割引を受けたい場合には、任意の免責設定を選ぶこととなります。

 

高い免責金額を設定するほど割引額は多くなってきます。

 

この免責金額は30歳以上の好条件であっても割引額は最大で2,3万円も保険料が変わってきます。

 

自動車の運転ん位慣れて案z年運転を心がけている30歳~34歳の人でしたら「1回目5万円・2回目以降10万円」のコースを設定するのが良いかもしれません。

 

加入する保険会社に「免責ゼロ特約」が用意されている場合には話は別ですが、ぜひ免責設定することをおススメします。

 

是非加入して欲しい免責ゼロ特約!

 

通常、免責設定をすれば事故時の修理費は自己負担額が発生します。

 

万が一車両保険を使いたいという時に面積設定を指定していても自己負担が発生しないのが免責ゼロ特約です。

 

免責ゼロ特約に加入する費用は発生してきますが、これは保険料を減額するうえで大きな材料となってきます。

 

しかし、この免責ゼロ特約に加入するには注意が必要です。

 

 

 

●免責ゼロ特約の注意ポイント

  • 扱っている保険会社が少ない
  •  

  • 1~6等級は加入できない

 

という加入するためにクリアしなければならない条件があるのです。

 

30歳以上であれば等級条件は十分に満たしているでしょうから、保険会社選びにさえ気を付けておけば問題はないでしょう。注意してほしいのはこの2つだけではなく、免責加入で得られる割引額と免責ゼロ特約加入で得られる割引額が、

 

免責割引額>免責ゼロ特約加入額

 

となる場合でなければ十分なメリットを引き出すことができない点です。

 

せっかく免責ゼロ特約に加入しても、その保険料が免責設定で受けられる割引額を超えてしまって意味がありません。

 

免責ゼロ特約を扱っている保険会社は、「1回目5万円・2回目以降10万円」以上の免責設定が加入条件となっているのが一般的ですから、割引額を超えるというケースは少ないですが、この点は必ず確認するようにしましょう。

 

以上のように20代と比べれば格段に保険料が安くなる30歳~34歳ですが、保険料を圧迫する車両保険を見直すことで更なる保険料の減額が可能なのです。

 

●車両保険のチェックポイント

  • 補償内容の見直し
  •  

  • 免責設定
  •  

  • 免責ゼロ特約

 

の3つを利用した保険料減額に挑戦してみてくださいね。

 

 

走行距離の見直し

 

30歳~34歳の年齢の人は20代前半の時のように毎週末遠出をすることは少なくなっていることでしょう。
気が付けば年間走行距離が5000km前後だっていう人もいるかもしれません。

 

そこで検討してもらいたいのが走行距離です。

 

●走行距離指定条件の区分

  • 3,000㎞
  •  

  • 5,000㎞
  •  

  • 7,000㎞
  •  

  • 9,000㎞
  •  

  • 11,000㎞
  •  

  • 16,000㎞
  •  

  • 無制限

 

走行距離が指定できる保険会社は、年間走行距離により保険料が増減してきます。

 

走行距離が少ないほど保険料は安くなるというわけです。

 

20代から走行距離を変更しておらず、ずっと無制限のままだったということも考えられますし、変更していても現状の走行距離がさらに短くなっていたということも考えられます。

 

日本人の地方住まいでの平均年間走行距離は10,000㎞で、通勤にだけ使う場合は5,000㎞、奥さんが買い物でのみ使う場合は3,000㎞と言われています。

 

よって、走行距離を見直すだけで、

 

●走行距離条件による保険料の差

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 30歳以上 30歳以上 30歳以上
等級 18等級 18等級 18等級
運転者限定 配偶者限定 配偶者限定 配偶者限定
年間走行距離 3,000km 5,000km 11,000km
免許の種類 ゴールド ゴールド ゴールド
対人賠償 無制限 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限 無制限
車両保険 あり あり あり
年間保険料 57,900円 57,900円 68,300円

 

1万円前後の差額ではありますが、むだな補償に費用を支払うのはナンセンスな話です。

 

必ず走行距離はライフスタイルに合わせてちゃんと見直すようにしてくださいね。

 

 

走行距離を見直す場合の注意点

 

しかし、走行距離を見直す場合には注意が必要です。

 

走行距離に対する保険会社の考え方は、

 

  • 契約時から1年間先までの予想走行距離
  •  

  • 契約時に過去1年間の実走距離

 

の2つがあり、加入する保険会社によって申告する走行距離が違ってくるのです。

 

これでは契約した生活環境が変わって申告した走行距離をオーバーしてしまったということも無きにしも非ずですよね。

 

そこで確認しておいてほしいのが申告した走行距離をオーバーした場合の補償がどうなるかです。

 

ソニー損保では走行距離がオーバーしていた場合、その差額保険料を支払えば補償が受けられることを明言しているところもありますが、他の保険会社すべてが明確に規定しているわけではないのです。

 

杓子定規に超えていたから補償はしませんという対応はないようですが、これも定かではありません。

 

後々トラブルとならないためにも必ず確認するようにしましょう。

 

保険会社の年齢条件設定

 

冒頭でもご説明しましたが一般的に保険料算出時には、

 

  • 20歳以下(無制限)
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上

 

上記の年齢条件が反映されます。

 

ですから、30歳以上が一番割引率の高い年齢となってくるのです。

 

しかし、これは一般的な話で最近はこの年齢条件がより細分化される傾向が現れ始め、30歳以上よりも高い年齢区分クラスを用意しているところもあります。

 

ですから年齢を重ねればさらに高い割引を受けることも可能になってくるのです。

 

しかし、これは年齢によっては喜んでばかりもいられないデメリットも存在します。

 

この年齢条件の区分の条件に35歳以上が入ったことによって、

 

 

  • 20歳以下(無制限)
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 35歳以上

 

というような年齢条件区分となっている保険会社もあり、30歳以上35歳未満の方は適用年齢区分が26歳以上となってしまうのです。

 

そうなれば一般的には26歳以上よりも割引率の大きい30歳以上が適用される30歳以上35歳未満の方がその割引を受けられず、保険料が割高となってしまうというわけなのです。

 

他の補償費用の影響もありますから、一概にこの適用される年齢区分だけで保険料が割高となってくるわけではありますが、決してスルーしていいものではありません。

 

せっかく保険料を減額しようと他の保険会社に乗り換えたとしても、損をしてしまうケースもあるわけなのです。

 

30歳以上がなく、26歳以上の次が35歳以上となっている保険会社には、

 

  • アクサダイレクト
  •  

  • アメリカンホームダイレクト
  •  

  • イーデザイン損保
  •  

  • そんぽ24

 

が挙げられます。

 

これら30歳以上の年齢区分を適用している保険会社には、必ず注意するようにしてくださいね。

 

傷害保険の検討

 

特約として選べる傷害保険ちゃんと理解していますか?

 

傷害保険は基本補償の一つで、

 

  • 人身傷害保険
  •  

  • 搭乗者傷害保険

 

の2つがあります。

 

どちらも事故時の「搭乗者」の損害金を補償する保険なのですが、メインとなるのは人身傷害保険で、搭乗者保険はあくまでも補償内容を厚くするための補助的な補償でしかないのです。

 

時にはその他の保険と補償内容がかぶってしまうケースもあるため美馬押しておく必要もあるのです。

 

人身傷害保険の補償額を検討する!

 

人身傷害保険の保険料はその補償限度額によって左右されます。

 

契約するにあたって補償金額は3,000万円から選ぶことができ、最高額の無制限まで用意されており、補償限度額が高いほど保険料は高くなります。

 

ではいくらで選ぶべきなのか?

 

ですが、30歳から34歳の人では無制限の補償金額にするべきです。

 

しかし、保険加入者の半数以上が最低補償額に設定しているのが実情です。

 

●人身傷害保険の補償限度額

補償限度額 加入率
無制限 15.3%
2億円 0.3%
1億円 4.5%
9千万円 0.0%
8千万円 0.5%
7千万円 1.9%
6千万円 0.2%
5千万円 26.7%
4千万円 0.3%
3千万円 50.3%

 

人身傷害保険は3,000万円が一番多い理由はとりあえず入っておこうという人であり、加入金額が3,000万円からしか選べないからです。

 

事故にあった場合、相手の対人賠償保険もあり、損害金のすべてを人身傷害保険に頼る必要はないですから、この考えもあながち間違いではないでしょう。

 

しかし、これは接触事故であり、相手が判明している場合の話です。

 

自損事故や当て逃げ事故の場合には対人賠償保険による補償はゼロになってしまうため、補償額は1億円以上、できるのであれば無制限の設定がおススメなのです。

 

搭乗者は親族だけとは限りません。

 

友人や知人、その関係者を乗せた状態で自損事故を起こすことも考えられます。

 

そうなれば、その損害金をシッカリと支払える補償がなくては相手とのトラブルとなってしまいます。

 

補償限度額を無制限から3,000万円に変更しても保険料は数千円しか変わりません。

 

それならばシッカリとした補償が受けられる無制限に設定しておく方が賢い選択だったと後悔することになる可能性もあるのです。

 

できるだけ安い保険料を望むのであれば、補償限度額を低くすることで確実に保険料減額が可能です。

 

しかし、この補償限度額設定による保険料削減は深い思慮が必要となってくるので、くれぐれもよく熟考した上で行うようにしてくださいね。

 

同居家族がいる場合には必ず内容の見直しを!

 

30歳以上となれば結婚している人も多いでしょうし、奥さんの車も所持するなど家族で複数台の車を維持しているケースも多いはずです。

 

そんな方に絶対確認してほしいのが人身傷害保険の契約内容です。

 

人身傷害保険には同居家族が契約対象者以外であった事故の際にも補償が受けられる車外危険補償が付帯されています。

 

しかし、この車外危険補償は1車両の人身傷害保険に付帯していれば1家族で重複して加入する必要のないものです。

 

よって、同居家族がいて、複数台の車両を維持している場合には、この車外危険補償が重複していないかを必ず確認するようにしましょう。

 

あなただけでなく、家族全体で保険料の削減も可能です。

 

まとめ

 

30歳以上の方の保険料は20代と比べれば格段に安くなります。

 

ですから保険料の削減対策を講じても20代前半のように大幅な削減はありません。

 

しかし、今回説明した削減ポイントを検討することで更なる保険料削減は可能なのです。

 

しかも結婚等、家族構成に変化が訪れる年齢ですから、自分一人ではなく、同居家族を含めた保険見直しも必要な年齢になっていると言えます。

 

現在の保険料に満足することなく、今回説明したポイントを踏まえた上で一歩先の保険契約を目指してくださいね。

自動車保険上手く選べてますか?

 

 ●ママ(29歳)の自動車保険選び

30歳以下までの自動車保険は高額だからこそ補償内容を吟味するべし!

 

我が家の保険選びシミュレーション

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。 軽自動車の保険料相場と補償内容の 選び方のポイントをチェックしましょう。

軽自動車の保険相場はどれくらい?

 ●保険選びをナビゲートします

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。

自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。

おすすめの自動車保険ランキング!

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

この記事と関連するページ

20歳以下(10代)
10代、20歳以下での自動車保険の加入では、もっとも負担の大きい保険料の額となってしまいますので、維持をしていくのが大変になってきます。ただし親と同居していれば等級を引き継ぐことも可能になっています。
21歳以上
21歳以上の自動車保険となると、20歳以下の条件に比べると少し保険料が安くなります。ただし20歳以下は不担保となるなどの条件も同時に付くことになりますので、注意が必要となります。
26歳以上
自動車保険の年齢層区分では、26歳以上29歳以下という区分も設けられています。この場合26歳未満不担保という条件がついてしまいますが、年齢条件を設定することで保険料の低減が可能になります。
35歳以上
自動車保険会社によっては採用していないところもありますが、35歳以上という区分もありますのでこの年齢層の方が自動車保険料を抑えるのであれば、35歳以上の区分設定のある保険会社を選ぶと有利です。
40歳代
40歳以上の運転者となると、子供が車を運転するようになるケースも多いため単純に安さだけを求める訳にはいきません。しかし運転技術の安定などの理由から、不必要な特約を除外したりと選択肢が増えてきます。
50歳代
50歳以上の自動車保険といえば全体から見てももっとも保険料が格安となる年齢区分です。生活面でもゆとりのある方が増えてきますので、極力充実した補償内容を附帯させた自動車保険選びをしたいものです。
60歳代
60歳以上の人の保険料相場は?またどういった所に気をつけるべきなのでしょうか?
70歳以上
70歳以上のひとが自動車保険に加入する際に気を付けるべきポイントと保険料の相場を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター