インターネット割引と早めの契約(早期割引)で保険料が安くなる

インターネット申し込みで、保険料の割引きが受けられる

 

 

自動車保険に割引の一つに「インターネット割引」と「早期加入割引」が有ります。

 

この自動車保険の割引で一番大きな割引率を誇るのは「インターネット割引」なのです。

 

早期割り引きも、ある程度保険料を安くしてくれますが、先ずはインターネット割引からチェックしてみましょう。


 

※インターネットから申し込む保険の割引には早期割引もありますね?
早割の効く期間などについて「自動車保険の早期割引(早割り)も見逃せない!」で詳しく書いていますので、加入までに余裕のある人はこちらも読んでみてください。

 

インターネット割引とは、インターネット経由で保険契約するこで受けることのできる割引サービスです。

主な割引の種類と、取り扱い保険会社はここ!

 

各社の割引の取り扱い

 

  インターネット割引 早期契約割引 継続契約割引 複数契約割引 証券不発行割引 繰越割引 紹介割引 前年度無事故割引 エコカー割引
ソニー損保 × ×
アクサダイレクト × × × × × ×
三井ダイレクト × × × × × ×
チューリッヒ × × × ×
SBI × × × × × × ×
イーデザイン損保 × × × × ×
JA共済 × × × × × × × ×

 

自動車保険には多くの割引があり、取り扱いにも差がありますね。

 

また、その割引額や割り引きのタイプも各保険会社によって異なります。

 

各社の割引金額

 

  インターネット割引 証券不発行割引 早期契約割引 継続契約割引
ソニー損保 8,000円 500円 -

2,000円

 

アクサダイレクト 最大10,000円 - - 1,000円
三井ダイレクト 最大10,000円 500円 - ×
チューリッヒ 最大12,000円 500円 500円 ×
SBI 5,500円 500円 - ×
イーデザイン損保 10,000円 500円 500円 10,000円

なぜインターネットから申し込むと保険料が安くなるの?

 

 

インターネットで申し込みする場合「インターネット割引」を摘要すると、保険料が割り引かれます。

 

ではなぜ、「インターネットから申し込む」だけで、保険料が安くなるのでしょうか?


インターネット割引を採用している、ほとんどの会社が「ダイレクト型自動車保険」で、保険を売り込むための営業マンがいません。

 

そのほとんどが、電話やインターネットで申し込み完了するため、契約に手間も時間もかけていません。

 

答えはここにあるのです。

 

その①:集客をメディアやCMに委ねているため、営業マンなどの人件費が必要ない。

 

その②:契約・集客が価格競争になっている【価格訴求型】の保険である。

 

インターネット割を採用している保険会社は、徹底したコスト削減で保険料を抑えている保険会社であり、価格訴求型の保険会社が多いのです。

 

インターネット申し込みがメインの会社ですから、インターネットで申し込めば安くなりますよ!というのが一番申し込みの後押しになりますからね。

 

保険料を安くしたい場合見積もりが比べられるこちらを使うのも便利です。

インターネット割引には3つのタイプがある

 

「インターネット割引」は、人件費などのコストが大幅に削減できることから、各社が採用している割引です。
割引額も保険会社によって違い、割引方法も3タイプあるのです。

 

このタイプによって保険料の割引金額に大きな開きが出るのです。

 

「定額割引タイプ」

 

 

最もポピュラーなのがこの定額で割引をしてくれるタイプです。
例えば「インターネット割引なら1万円安く」などといった感じで、その人個人のプランニングした保険の金額にかかわらず、見積もり結果から「一定額割引」してくれるます。
この額については各社異なりますので、比較してみる必要があると思います。
※「ソニー損保」「SBI損保」「イーデザイン損保」がこの割引方法にあてはまりますね。

 

「段階割引タイプ」

 

 

定額で割り引くタイプの次に多いのが、段階的に割引額が設定されているものです。
例えばA社の場合、プランニングした保険が3万円から5万円の間だったら3千5百円割引、B社は3万円から4万5千円の間だったら5千円割引と、見積もり額の一定額ラインに対して、固定額割引いてくれます。

 

「低率割引タイプ」

 

 

保険をプランニングした総額から、一定の率で割引をしてくれるタイプがこちらです。
例えばプランニングした額からインターネット割引は10%といった感じで設定されていて、5万円の保険の場合だったら5千円割引になりますよ、といった具合。
ただし最大の割引金額の上限を設定している会社もありますので確認が必要です。

インターネット割を活用するべし!

 

インターネット割引には一つ落とし穴が有ります。テレビでCMで電話をかけているシーンが見受けられますが、電話で問い合わせ、申し込みをしてしまったらインターネット割引が受けられません。
同じ保険会社でもインターネットで契約するだけで、これだけ大幅な割引があるのですから、もったいないですよね。
会社によってもかなり割引の金額にも違いがありますので、複数のダイレクト型自動車保険を比較したうえで、しっかりと割引を使うのが得策なんですね。

 

インターネット割引を活用するには、複数社の保険料を比較して申し込むと失敗しません。(複数社の見積もりはここからできます

早めの申し込みで受けられる早期割引

 

 

自動車保険には「早割り(早期契約割り引き)」があります。

 

この早期割引はダイレクト型自動車のみの取り扱いで、新規でも契約更新でも利用することができます。

 

ダイレクト型の自動車保険は、更新時期にお知らせメールが届くようになります。
ここでは早期割引についくチェックしてみましょう。


 

早期割引金額と期限は?

 

●割引の【金額・期限】と保険会社情報

保険会社 適用期間 早期契約割引
ソニー損保 - -
アクサダイレクト - -
三井ダイレクト - -
アメリカンホーム - -
チューリッヒ 45日前まで 500円
SBI - -
イーデザイン損保 45日前まで 500円
セゾン自動車火災保険 50日前/30日前 600円/400円

 

上記のように500円というのが相場で、期待するほどの割引額ではないのが実情です。

 

取り扱っている会社が少ない事を考えればそれほど急いで「有る・無し」を気にすることもありませんね。

 

この早期契約割引にこだわって保険会社選びをする必要はないというのが正直なところです。

 

なぜ早割はダイレクト型の自動車だけなの?

 

ダイレクト自動車保険の場合、インターネットでカンタンに見積もり、比較検討、そして乗り換えができてしまうのでとても便利です。
でもそういったかたちであっさりと乗り換えられてしまうのは、保険会社にとってはがっかりなのです。
そういうことにならないようにと設定されているのが「早期割引」という割引です。
また、ダイレクト型の自動車にはユーザーと会話をする営業マンが居ません。だからこそ、「早期割引」のように契約を促すために割引が存在するのです。

 

満期の2か月前には、保険をチェックしよう!

 

早期割引を行っている保険会社と行っていないところがありますので、自身が加入している保険にそういったものがあるかどうかを、まず満期の2か月前にチェックするのがひとつ。
そして割引があるなら、その時期に他社の保険もしっかりと比較し、今の保険の継続でいいかを確認。
そのうえで、割引が最大に適用になる時期に、継続手続きを行うのが最もお得なコースです。
ちょっと早い時期にも感じますが、このやり方が一番おススメです。

2年目の継続でも割引が利くの?

 

自動車保険はたいてい、1年契約ですが、契約終了時後、同じ保険会社に継続更新する場合はインターネット割引を使えるのでしょうか?

 

基本的にインターネット割引は1度目の申込時しか使えません。

 

これは、携帯会社が乗り換えすると、キャッシュバックや電話料金が安くなるのと同じ仕組みだからです。

 

保険会社によっては、インターネット割引が2年目以降も使える保険会社もありますが、殆どの保険会社は「継続割」など別の割引を用意しています。

 

しかし、継続割引は新規加入時に使える割引に対して「割引金額が少ないのが殆どなのです…。」

その他の割引と合わせて考えたい

 

早期契約割引と継続契約割引はダイレクト型のみの割引!

 

●早期契約割引と継続契約割引はを同時に考えるべし

 

早期契約割引と継続契約割引の2つの割引はダイレクト型の保険会社のみが提供している割引サービスなのです。

 

そのため、代理店型ではこの割引サービスは受けられません。

 

ダイレクト型保険の申し込みは電話からもできますが、通常インターネットからの申し込みが一般的です。

 

ダイレクト型の保険会社の場合、どこもインターネットで保険契約すれば割引が受けられるインターネット割引を用意しています。

 

ですから、早期契約割引と継続契約割引、2つの割引を受けようという方ならば自動的にインターネット割引の恩恵を受けることになるというわけなのです。

 

実際、今回の説明で早期契約割引と継続契約割引はあまり期待できるような割引ではなかったと感じている方は多いことでしょう。

 

自動車保険の割引は、複数を掛け合わせて総合的に適用させるのがポイントですね。

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

エコカー割・電気自動車割
エコカー割・電気自動車割って何だかおかしくないですか?ということで、エコカー割・電気自動車割について詳しく調べて、私の見解をまとめてみました。
安全装備による割引き
自動車保険は実は車の装備によって各種の割引きを受けられるケースがあります。ABSやエアバッグなどの安全装置が備わっていることによる割引きなどです。しっかり把握しておき適用させるようにしましょう。
ゴールド免許の人
自動車保険の割引であるゴールド免許割引。常識てきな割引ですが、詳細まで理解できるように紹介します。
セカンドカー割引
自動車保険会社に用意されている「セカンドカー割引」について詳しく説明します。セカンドカーと言ったら、2台目の車という意味ですが、じつは家族内で、さらに保険会社もべて別にお状態でも適用できるって知っていましたか?
家族しか運転しない場合
運転者限定特約の家族限定割引を上手く使う事で車の補償範囲は狭められますが、保険料は効率的に割り当てることができます。
夫婦だけしか運転しない人
自動車保険の割引制度についてまとめています。自動車保険は上手く割引を活用しなければすごく高額になってしまいます。
継続割引
自動車保険には契約の更新時に更新割引が有る保険会社があります。この継続割るについて詳しくまとめました。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド