SBI損保と東京海上日動の比較~信頼と手軽さ選ぶならどちら?

新鋭ダイレクト型、実績豊富な代理店型…どちらがおすすめ?
       SBI損保と東京海上日動の徹底比較

 

 

 

自動車保険も今では海外の会社や代理店型、ダイレクト型などかなりの数があります。
ここではダイレクト型の「SBI損保」と歴史のある代理店型の「東京海上日動」を徹底比較してみました!


SBI損保 VS 東京海上日動 保険料満足度は?

 

みなさん何を基準に自動車保険を選びますか?
多くの人が「保険料」ではないかと思います。ここでは「SBI損保」と「東京海上日動」の保険料満足度を比較しましょう。

 

データは「オリコン2018」のランキングのものです。

【保険料満足度】

  • SBI損保  … 74.66点 ランキング第3位
  • 東京海上日動 … 72.14点 ランキング第9位

 

両社ともベスト10にランクインしていました。
「SBI損保」はダイレクト型なので予想できましたが、「東京海上日動」もベスト10に入っていたのは立派では。
ちなみにベスト10には代理店型自動車保険は2社しか入っていませんでした。
どちらかに軍配を上げるなら「SBI損保」。保険料満足度はどうしてもダイレクト型が高い傾向にありますね。

 

SBI損保 VS 東京海上日動 ロードサービスの充実度は?

 

次は各保険会社で細かく内容が違う「ロードサービス」を「SBI損保」と「東京海上日動」で比較しました。

 

【無料レッカー距離と詳細】

SBI損保

指定工場までは無制限、ユーザーの指定した修理工場までは50㎞まで
一定の条件を満たす場合のプレミアムロードサービスならユーザー指定工場までは150㎞まで。

東京海上日動

故障や事故で自走不可になった場合は1回の案件につき15万円を上限にレッカー搬送を行う。
 承認した修理工場などへの搬送は距離は無制限で対応

 

 

【緊急トラブル対応の詳細】

 

バッテリー上がり
SBI損保 バッテリーの点検、交換、ジャンピング 契約期間中1回限定、交換の場合はバッテリーはユーザーで準備。 ※プレミアムロードサービスなら バッテリーの交換費用とともに部品代もカバー
東京海上日動  バッテリーのジャンピング 回数については記載なしのため要確認

 

 

キーとじ込み
SBI損保

車内にカギがある場合に限定
 ※プレミアムロードサービスなら、車内閉じ込み以外も対応、ドアキー作成も可(期間中1回)

東京海上日動 キーとじ込み時の場合のドアの開錠

 

 

ガス欠の際のガソリン補充
SBI損保 2018年6月より主な保管場所もサポート対象にガソリン代も10Lまで無料、ただし契約期間中1回限定。
東京海上日動 契約期間中1回に限りガス欠時ガソリン代10L無料で補充対応(ただし自宅車庫でのガス欠はガソリン代は実費)「電欠」の場合は充電可能場所まで搬送、ただしその費用は実費負担

 

 

パンクの際のスペアタイヤ交換
SBI損保

2018年6月より回数制限撤廃、主な保管場所もサポート対象に
※プレミアムロードサービスではタイヤ交換、点検も対応

東京海上日動  パンクした場合の応急のスペアタイヤへの交換作業(パンクの修理は対象外)

 

 

オイル漏れ、冷却水など
SBI損保  冷却水補充、ボルト締付け、オイル漏れ点検補充、ヒューズ取替えなど対応、ただし部品は実費
東京海上日動 30分以内の作業時間で対応できるサポートが可能(ただし消耗品や部品などは自己負担)

 

 

脱輪など車のトラブル
SBI損保 2018年6月より、3輪まで無料に (全車輪の場合は有料)
東京海上日動  記載なし(30分の応急作業対応との記載なので場合によっては対応?要確認)

 

 

宿泊サービス
SBI損保

1名あたり15000円を上限に一泊分をカバー
事前にSBI損保安心ホットラインに連絡のうえ利用する

東京海上日動   記載なし

 

 

帰宅費用サポート
SBI損保

1名につき20000円を上限としてカバー、いったんユーザー側で立替え後日清算
 ただしタクシーやレンタカー利用となった場合は1台につき30000円を上限とする

東京海上日動 当面の場所への移動費用を上限5万円まで補償、タクシーの場合は上限1万円まで

 

 

修理後の引取費用
SBI損保  対応なし
東京海上日動

修理完了後の納車にかかる費用か、車の引取りに必要な一人分の往路交通費を補償
1回の案件について10万円を限度にカバー

 

 

修理期間中の代車
SBI損保  対応なし
東京海上日動  修理期間中に必要な代車を日額5000円限度に最大で15日提供

 

 

ロードサービスはどちらも甲乙つけがたいですが、違いは自走ができなくなった場合の「宿泊費用」の有無や、修理している間の代車費用がでるか否か、修理し終わったあとの引き取りの費用がカバーされているかというところ。
この部分が一長一短なので、自身に必要なサービスかどうかを考えて選ぶ必要がありそうです。
修理中の代車や修理後の引き取りもカバーしたいなら「東京海上日動」自走不可時の宿泊もカバーしたいなら「SBI損保」がいいですね。

 

SBI損保 VS 東京海上日動 事故対応は?

 

では次は「事故対応満足度」を「SBI損保」と「東京海上日動」を比較しましょう。

 

【事故対応満足度】

 

  • SBI損保 … 公式サイトの評価:91% ※ 満足~普通と答えた合計割合 ただし価格.com、オリコン2018ともにランク外 
  • 東京海上日動 … 94.9% ※ 大変満足~やや満足までの合計割合 ※オリコン2018では第5位

 

事故対応は事故を起こした人でなければ経験しませんね。
万が一のときどんな対応かはかなり重要なポイントですので、実際に経験した人の意見は聞きたいもの。2社は公式サイトに満足度を載せていますが「SBI損保」は「普通」と答えたものも含めているので微妙です。
またオリコン2018など外部のランキングでも圏外なので、ここは「東京海上日動」に軍配。
老舗代理店型ならでは実績が評価されているようですね。

 

SBI損保 VS 東京海上日動 特約、オプションは?

 

それでは次はさまざまな場面で助かる「特約」について「SBI損保」と「東京海上日動」を比較しましょう。

 

【両社共通の特約】

 

  • 弁護士費用特約
  • ファミリーバイク特約
  • 全損時諸費用特約
  • 車内(車外)身の回り品特約
  • 個人賠償責任特約 (日常生活賠償特約)

 

次に両社独自で用意されている特約は以下のようになっています。

 

SBI損保の特約

被害者救済費用等補償特約 契約車の欠陥や不正アクセスでの人身、物損事故で被保険者に法律上賠償責任がない場合に保険金を支払う特約※自動車保険契約時に自動的にセット
他の自動車運転危険補償特約

他者から借りた車で事故の際ユーザーの申し出によって自身の保険を優先的に使う特約
 対象は「対人」「対物」「借りた車の損害」「単独事故によるケガ」など
 ※自動車保険契約時に自動的にセット

自転車事故補償特約 記名被保険者とその家族が自転車事故で他者にケガをさせたりモノを壊した際の賠償責任をカバー。また自転車事故で対象者がケガをした場合も保険金が支払われる

 

東京海上日動の特約

入院時選べるアシスト特約 人身傷害保険の保険対象の事故で3日以上入院したとき、限度額の範囲で、ヘルパーや家庭教師などの費用をカバー。必要に応じて選べ、限度額は最大で180万円まで状況に応じて補償、19種類のアシストからチョイスできる
レンタカー費用等補償特約 自動セットの代車費用をさらに充実させる特約、事故の場合30日上限、費用も1日あたり7000~10000円に
地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約 契約車両が地震や津波、噴火で特約で規定した全損になった場合に、50万円(車両保険金額50万円以下のときは車両保険金額)を支払う特約
車両無過失事故に関する特約 相手がある事故で自身に過失がない場合、車両保険を等級を下げずに使える特約
ドライブエージェント パーソナル特約

「事故発生の通知等に関する特約」契約の場合に提供されるテレマティクスサービス。
 高度な事故対応、安全運転診断サービス、事故防止支援サービスなどが受けられる

自転車傷害補償特約 自転車での事故でのケガに対する補償
サイクルパッケージ 自転車障害補償特約と個人賠償責任特約のセットで自身と相手への手厚い補償

 

 

どちらもなかなかの印象。
自転車での事故に関してはネーミングが違うものの相手への補償と自信への障害への補償という同等の特約も。
それ以外については「東京海上日動」のほうがさまざまなシーンで助かる特約は多く手厚さを感じますね。
ただしその特約が必要ないなら関係ないので、自身に必要な特約を明確にして判断するのが大事です。

 

SBI損保 VS 東京海上日動 割引は?

 

さて次は「SBI損保」と「東京海上日動」の保険料の「割引」を比較しましょう。

 

両社の割引

SBI損保

東京海上日動

インターネット割引

新規も継続も一律に 10000円割引

代理店型自動車保険のため設定なし

新車割引

車両保険は3%引き 車両保険以外は9%引き

2~21%割引

ASV割引

設定なし

9%割引

Eco割引

設定なし

3%割引

福祉車両割引

 不明 

3%割引

運転者限定割引

 割引率不記載、ただし対応はあり

運転者の範囲を設定することによって割引

ゴールド免許割引

 最大で19%引き

7~12%引き

証券不発行割引

500円

設定なし

1日自動車保険無事故割引

設定なし

1日自動車保険に加入した履歴によって2~20%割引

 

 

割引の種類もベクトルも違う印象です。
ダイレクト型と代理店型による違いということでしょうか。一概にどちらが安いとはいいがたいです。ただ「SBI損保」のネット割り1万円は大きいですね。
またユーザー像や契約車両でもトータルの保険料には違いが出てきます。必要な特約をしっかりつけてから、見積もりをとり比べてみるのがおすすめです。

 

SBI損保 VS 東京海上日動 総括!

 

「SBI損保」と「東京海上日動」を比較しました。どちらも特色はありましたね。
事故対応満足度は圧倒的に「東京海上日動」がよい印象でしたが、さらに口コミなどをチェックして検討するのがよさそう。
またロードサービスで必要なものがついているかとか、特約は何をつけるかしっかり確認して見積もりし、自身にぴったりな保険を見つけましょう。
私としては事故は起こさない自信ありというユーザーは安い「SBI損保」、事故対応や特約の手厚さ重視なら「東京海上日動」をおすすめします。

 

 

 

SBI損保の基本情報特徴を詳しく解説 東京海上日動火災保険の基本情報特徴を詳しく解説

 

 

自動車保険おすすめランキン


「満足度」「事故対応」のランキングからおすすめの保険会社を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド