ソニー損保と三井住友海上の比較~新旧損保対決!

新しいダイレクト型損保と老舗代理店損保、どちらがいい?
    ソニー損保と三井住友海上の徹底比較

 

 

 

 

保険料満足度はソニー生命と三井住友海上はどちらかしら?


 

 

テレビCMでなじみある「ソニー損保」は比較的新しい損害保険。「三井住友海上」は歴史と実績のある自動車保険。さまざまな面から比較してみていこう!


ソニー損保 VS 三井住友海上 保険料満足度は?

 

 

保険料満足度はソニー損保と三井住友海上はどちらかしら?


 

 

ランキング結果からみるとソニー損保が圧勝かな。


 

自動車保険選びで一番気になるのは「保険料がいくらなのか」ということでは?まず最初に「ソニー損保」と「三井住友海上」の「保険料満足度」をチェックしました。
三井住友海上の公式サイトには自社で集計したデータがないので、公平を期し「オリコン2018」最新データを確認しました。

 

保険料満足度

 

ソニー損保

74.21点 ランキング第4位

三井住友海上 

ランキング圏外(10位以下)のためデータなし

 

 

 

●軍配はソニー生命

 

オリコンのデータの保険料満足度は「ソニー損保」は総合4位で、三井住友海上は10位以内に入っておらず圏外。
10位までは数値も記載がありますが、圏外の保険会社についてはデータも記載なしでした。
ということで「保険料満足度」については「ソニー損保」に軍配。保険料満足度はどうしてもダイレクト型保険のほうが高いようですね。
ただ圏外であっても点数は僅差かもしれないので、一概にランク外の会社がダメとはいえないでしょう。

 

ソニー損保 VS 三井住友海上 ロードサービスの充実度は?

 

 

ロードサービス充実度って会社によって違うのかな?


 

 

細かい部分が、保険会社によってあったりなかったりとそれぞれだよ。比べながらみていこう。


 

自動車保険は万が一の事故の際に役立つもの。でも事故じゃなく車のトラブルでロードサービスを使うほうが実際は多いかも。
ここでは「ソニー損保」と「三井住友海上」のロードサービスの充実度をチェックしましょう。

 

【無料レッカー距離と詳細】

ソニー損保

指定工場までは無制限、ユーザーの指定した修理工場までは150㎞まで。
契約期間中の回数制限もなし

三井住友海上 レッカー牽引は500㎞までOK、手配から費用までしっかりカバー。

 

 

【緊急トラブル対応の詳細】

 

バッテリー上がり
ソニー損保 バッテリーの点検、交換、ジャンピング 契約期間中1回限定、交換の場合はバッテリーはユーザーで準備
三井住友海上 バッテリーのジャンピング 契約期間中1回限定で対応

 

 

キーとじ込み
ソニー損保 イモビライザーなどセキュリティ装置がない一般的なカギの開錠に限定
三井住友海上 キーとじ込み時のドアの開錠

 

 

ガス欠の際のガソリン補充
ソニー損保 契約期間中1回限定、初年度はガソリン代は有料2年目更新以後はガソリン10Lまで無料に。 電気自動車の「電欠」は最寄りの充電場所への搬送のみ ※こちらも期間中1回限定
三井住友海上 契約期間中1回に限りガス欠時ガソリン代10L無料で補充対応

 

 

オイル漏れ、冷却水など
ソニー損保 対応の種類を準備できる場合に限り点検や補充を行う、冷却水も汎用のもので対応可能なら補充(オイルや冷却水の代金は実費)
三井住友海上 30分以内の作業時間で対応できるサポートが可能(ただし消耗品の代金は要確認)

 

 

パンクの際のスペアタイヤ交換
ソニー損保 スペアタイヤ交換のみ対応、スタッドレスなどへの交換は不可、スペアがない場合はレッカー対応
三井住友海上 パンクした場合の応急のスペアタイヤへの交換作業

 

 

脱輪など車のトラブル
ソニー損保 主な保管場所は対象外、2輪脱輪の場合は2輪目からは有料。ぬかるみなどのスタックの場合、自走可能な場所までのレスキュー。雪のスタックの場合、雪道仕様(スタッドレス、チェーン装着)で除雪など努力してムリだった場合のみ(自宅車庫は不可)
三井住友海上 詳しい記載はなし。ただし30分程度での作業の対応はありのためその範疇なら対応あり

 

 

宿泊サービス
ソニー損保  ユーザー自身で手配、後日領収書を提出するなどして清算 ※ビジネスホテルランクの料金を一泊分カバー、センターに金額を相談しながら手配する、ただし飲食代などは除外 ※同乗していた人の宿泊費もカバーできる
三井住友海上 搭乗者にたいしひとり1万円までの宿泊費をサポート

 

 

帰宅費用サポート
ソニー損保  ユーザーが手配し、立替え後日清算、レンタカーの場合は24時間を限度。最も合理的な交通手段での交通費をカバーするものとする
三井住友海上 車の事故やトラブルの際の帰宅費用か当面の目的地までの費用をひとりあたり2万円までカバー(ただし1000円は自己負担)

 

 

ペット費用サポート
ソニー損保 ペットホテル料金、交通費等を1万円を上限に支払い、ユーザーがいったん立て替え後日清算。 同乗してなかった場合でもシッター代、ペットホテル代が延長になってしまった分を10000円を上限にカバー
三井住友海上 記載なし

 

 

 

●いざと言うときに助かるサービスを選ぶべし!

 

ロードサービスについて公式サイトをチェックしましたが、三井住友海上は細かいシチュエーションについての説明が少ないように感じました。比較した限りでは「ソニー損保」のほうが手厚い印象ですが、こんなケースはどうなるの?と疑問があるならコールセンターに問い合わせてみるのがおススメです。
私としては「三井住友海上」の脱輪時の対応がどうなのか気になりましたね。
このあいだパンクしてお世話になったんですが、損保によっては「修理キット」があれば応急修理もしてもらえるところもあります。私は修理キットがなくスペアで対応してもらいましたが、修理キットで応急対応というのはいらない気がしました。
なぜなら、私のパンクの場合修理不能な部分にキズがあったから。こういう場合はスペア対応後タイヤ交換となるので、あまり意味がないです。こういったこともあると踏まえて検討するのがおススメです。

 

ソニー損保 VS 三井住友海上 事故対応は?

 

 

とにかく事故のときは自動車保険が頼りだわ。


 

 

そうだよね。突然の事故時の対応はとても大切だよね。


 

事故が起こると誰もが動揺し、どう対応していいかわからないもの。事故時に保険会社がどう対応するかは最も大事なポイントかも。
ここでは「ソニー損保」と「三井住友海上」の事故対応満足度をオリコンの2018年のデータから比較しました。

 

ソニー損保

76.50点 ランキング第2位 

三井住友海上

75.69点 ランキング第7位

 

 

あくまでもオリコンでの回答の数値ですが、ソニー損保のほうが若干ポイント高めですね。でも事故対応満足度も1位から10位までは1点台の差しかありませんでしたので、このくらいの差はほぼ同等といってもいいのかもしれません。
どちらも満足度は合格点、安心しておまかせできそうですね。

 

ソニー損保 VS 三井住友海上 特約、オプションは?

 

 

 

自動車保険の「特約」や「オプション」ってそんなに会社によって違いはあるのかな?


 

 

保険のどこを手厚くするかと、保険会社によって様々だからよくみて比較していこう!


 

自動車保険の補償は基本の補償とともに、ユーザーの意志で付けられる「特約」があります。
ここでは「ソニー損保」と「三井住友海上」それぞれの特約、オプションについて比較しました。

 

【両社共通の補償、特約】

 

  • 無保険車障害特約
  • 弁護士費用特約(自動車事故限定のものと日常生活もカバーするものがある)
  • ファミリーバイク特約
  • 全損時諸費用特約
  • 車内(車外)身の回り品特約
  • 個人賠償責任特約(日常生活賠償特約)

 

次に両社独自で用意されている特約は以下のようになっています。

ソニー損保の特約

おりても特約 車で出かけた先」でのトラブルに対し、ケガをしたり携行品を破損した場合カバーできる特約
事故時レンタカー費用特約 車両保険をつけていて事故で修理中にレンタカーを借りる場合の費用をサポートする特約

 

 

三井住友海上の特約

重度後遺障害時追加特約 事故で重い障害が残った場合自宅のバリアフリー改造費用、福祉車両の購入費用など500万円まで実費で補償。職業訓練や資格取得の費用も月額で5万円まで補償。
ケアサポート費用特約 事故で入院したり付き添いが必要な場合、家事(ホームヘルパー含む)や介護、育児やペットの世話などそれぞれ1日2万円までサポート。治療方針の相談について1事故につき5万円をサポート
搭乗者傷害(入通院/2区分)倍額払特約 搭乗者傷害(入通院/2区分)特約の保険金の金額を倍額にして支払ってくれるという特約
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約  契約車両に乗っている時の事故でケガ、死亡した、後遺障害が残ったときに補償する特約。ベビーシッターやヘルパー専門医などの紹介ネットワークも利用できる
差額ベッド費用特約 人身傷害保険の対象の事故の場合の差額ベッド費用を15000円を上限にカバー
車両保険無過失事故特約 車両保険を契約していて100対0の事故で過失がないケースで、等級を下げずに補償が受けられる特約
新車特約          規定の新車の状態で車両保険に入っている場合に、事故で大きな損害を受けたとき買い替え費用をサポートする特約
ロードサービス費用特約 この特約をプラスすることでレンタカー費用特約(事故で修理が必要な場合で車両保険を付帯しているとき、修理期間中のレンタカー費用を補償する特約)などが受けられる
交通乗用具事故特約 電車やバス、飛行機や船舶、エレベーターやエスカレーターなど交通乗用具でのケガ、死亡の場合も人身傷害保険を支払う特約
自動車事故特約       ほかの車と歩行中の事故など自動車事故のケガや死亡したときまたは後遺障害が残った場合、人身傷害保険金を支払う特約
地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約 地震や噴火、それらによる津波で車が全損になったとき車両保険金額を上限に最大50万円を支払う特約

 

 

 

●特約の手厚さでは「三井住友海上」に完全に軍配!

 

共通した特約もありますが、そのなかでチェックしたいのは「個人賠償責任特約」。ソニー損保は「1億円まで補償」で、三井住友海上は「無制限」となっているので、三井住友海上のほうがより手厚いということになります。
またその他特約の数も圧倒的に「三井住友海上」のほうが多いですね。このあたりはさまざまなユーザー層に対応できるので、特約の手厚さでは「三井住友海上」に軍配という感じです。

 

ソニー損保 VS 三井住友海上 割引は?

 

 

割引って、自動車保険会社によって違うのかな?


 

 

そうだね、保険会社によって割引内容もいろいろなんだよ。比べてみていこう!


 

先ほど保険料の満足度をチェックしましたが、その保険料を決定する重要なファクターが「割引」です。
ここでは「ソニー損保」と「三井住友海上」の保険料の「割引」について比較しましょう。

 

両社の割引

ソニー損保 

三井住友海上

インターネット割引

新規は10000円、継続は2000円

代理店型のためなし

新車割引

5%引き

適応あり、ただし割引率不記載

ASV割引

設定なし

規定の車両で衝突被害軽減ブレーキ(AEB)仕様車の場合割引(率は不記載)

運転者限定割引

限定範囲により1~7%引き

運転者の範囲を設定することによって割引はあり

ゴールド免許割引

10%引き

10%引き

継続割引 

1~2%引き

設定なし

証券不発行割引

500円

設定なし

電気自動車割引

1000円 

記載なし

マイページ新規申込割引

1000円

記載なし

継続時複数契約割引

1000円

記載なし

くりこし割引 

走らなかった分を翌年繰越し割引

記載なし

1DAYマイレージ割引

設定なし

1日自動車保険に加入した履歴によって割引(率などは不記載)

長期優良契約割引 

設定なし

20等級で事故あり件数0の場合で1年間無事故なら1.5%割引

 

割引に関してはダイレクト型のなかでも多い部類の「ソニー損保」が圧倒的な感じですね。
こういう割引の積み重ねが最終的な保険料のトータルコストの差になってるはず。
ただシンプルな補償ならソニー損保がコストは安くなりそうですが、ソニーに自分に必要な特約がない場合は、いろんなシーンで役立つ特約がある三井住友海上のほうが何かと安心かもしれません。

 

 

 

ソニー損保 VS 三井住友海上 総括!

 

 

ソニー損保と三井住友海上ってどちらがいいのかな?


 

 

そうだね
特約だけみたら、三井住友海上!割引の充実さならソニー生命かな。


 

 

 

この2つの自動車保険はある意味「双璧」といった印象。
シンプルでコスト重視なら「ソニー損保」で、特約の充実ぶりでは「三井住友海上」といった感じ。
私が勧めるなら、とりあえず保険は入っておきたいけどお金はかけたくないなら「ソニー損保」、自転車に乗るとか地震などで車が壊れるのも心配だという手厚さを求める人には「三井住友海上」。いずれも事故対応満足度もしっかりしてるのでいいと思います。
コストありきなのか、契約する車両、自身がどんな補償が必要か、何を優先したいのかを明確にしてから検討するとよいかもしれませんね。

 

 

 

ソニー損保の基本情報特徴を詳しく解説 三井住友海上の基本情報特徴を詳しく解説

 

 

自動車保険おすすめランキン


「満足度」「事故対応」のランキングからおすすめの保険会社を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド