ソニー損保とあいおいニッセイ同和損保の比較~安心度が高いのは?

どちらが安心?ダイレクト型は心配?
ソニー損保とあいおいニッセイ同和損保の徹底比較

 

 

 

 

自動車保険、ソニー損保とあいおいニッセイ同和損保どちらがいいのかなぁ?


 

 

そうだね
ダイレクト型と代理店型で事故対応やサポートに違いがあるものなのか?ここではダイレクト型「ソニー損保」と代理店型「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険を徹底比較してるのでみていこう!


 

ソニー損保 VS あいおいニッセイ同和損保 保険料満足度は?

 

 

保険料満足度はソニーとあいおいはどちらが高いの?


 

 

オリコンデータで比べると、ソニーの方が満足度は高そうだね。


 

テレビCMは「ソニー損保」を目にする比率が高め。CM中でも保険料の安さを謳っています。
まず「ソニー損保」と「あいおいニッセイ同和損保」の保険料満足度をチェックしました。
「あいおいニッセイ同和損保」の公式にデータがないので「オリコン2018」のデータで見てみましょう。

 

保険料満足度

 

ソニー損保

74.21点 ランキング第4位

あいおいニッセイ同和損保 

ランキング圏外(10位以下)のためデータなし

 

 

オリコンの満足度ランキングでは「ソニー損保」は第4位で「あいおいニッセイ同和損保」は残念ながら10位以内には入っていませんでした。
ただしデータで10位までの保険会社はほとんど数値に差がなかったため、圏外でも極端に点数が低いともかぎりません。
ただこのデータからは「ソニー損保」のほうが満足度は高いといえます。
やっぱりダイレクト型のほうが保険料満足度は高めかもしれませんね。

 

ソニー損保 VS あいおいニッセイ同和損保 ロードサービスの充実度は?

 

 

困ったときのロードサービスって保険会社によって違うのかな?


 

 

細かいサポートが会社によってあったりなかったりと、ロードサービスも保険会社によって違うので比較をみていこう!


 

自動車保険は一般的には事故よりお世話になることが多いのが「ロードサービス」です。
今や自動車保険にロードサービスがつくのは当たり前になってますが、「ソニー損保」と「あいおいニッセイ同和損保」ではロードサービス充実度はどうなのか?さっそくチェックしましょう。

 

【無料レッカー距離と詳細】

ソニー損保 

指定工場までは無制限、ユーザーの指定した修理工場までは150㎞まで。
契約期間中の回数制限もなし

あいおいニッセイ同和損保  現場~工場までのレッカーけん引での搬送。1回の案件につき30万円相当、およそ500㎞相当をカバー。金額は車両保険の10%が30万円よりも高いユーザーの場合は車両保険の10%を限度とする

 

 

【緊急トラブル対応の詳細】

 

バッテリー上がり
ソニー損保  バッテリーの点検、交換、ジャンピング 契約期間中1回限定、交換の場合はバッテリーはユーザーで準備。
あいおいニッセイ同和損保 バッテリーのジャンピング 契約期間中1回限定で対応

 

 

キーとじ込み
ソニー損保 イモビライザーなどセキュリティ装置がない一般的なカギの開錠に限定
あいおいニッセイ同和損保 イモビライザーなどセキュリティ装置がないキーとじ込み時やキーの盗難、紛失の場合のドアの開錠

 

 

ガス欠の際のガソリン補充
ソニー損保 契約期間中1回限定、初年度はガソリン代は有料2年目更新以後はガソリン10Lまで無料に。電気自動車の「電欠」は最寄りの充電場所への搬送のみ ※こちらも期間中1回限定
あいおいニッセイ同和損保 契約期間中1回に限りガス欠時ガソリン代10L無料で補充対応(ただし自宅車庫でのガス欠はガソリン代は実費)

 

 

オイル漏れ、冷却水など
ソニー損保 対応の種類を準備できる場合に限り点検や補充を行う、冷却水も汎用のもので対応可能なら補充(オイルや冷却水の代金は実費)
あいおいニッセイ同和損保 30分以内の作業時間で対応できるサポートが可能

 

 

パンクの際のスペアタイヤ交換
ソニー損保 スペアタイヤ交換のみ対応、スタッドレスなどへの交換は不可、スペアがない場合はレッカー対応
あいおいニッセイ同和損保 パンクした場合の応急のスペアタイヤへの交換作業(パンクの修理は対象外)

 

 

脱輪など車のトラブル
ソニー損保 主な保管場所は対象外、2輪脱輪の場合は2輪目からは有料。ぬかるみなどのスタックの場合、自走可能な場所までのレスキュー。雪のスタックの場合、雪道仕様(スタッドレス、チェーン装着)で除雪など努力してムリだった場合のみ(自宅車庫は不可)
あいおいニッセイ同和損保 脱輪、落輪からの復旧作業(雪や砂地凍結時のスタックは対象外)

 

 

宿泊サービス
ソニー損保 ユーザー自身で手配、後日領収書を提出するなどして清算 ※ビジネスホテルランクの料金を一泊分カバー、センターに金額を相談しながら手配する、ただし飲食代などは除外※同乗していた人の宿泊費もカバーできる
あいおいニッセイ同和損保 搭乗者にたいしひとり15000円までの一泊分の宿泊費をサポート

 

 

帰宅費用サポート
ソニー損保 ユーザーが手配し、立替え後日清算、レンタカーの場合は24時間を限度。最も合理的な交通手段での交通費をカバーするものとする
あいおいニッセイ同和損保 車の事故やトラブルの際の帰宅費用か当面の目的地までの費用をひとりあたり2万円までカバー(ただし1000円は自己負担)

 

 

ペット費用サポート
ソニー損保 ペットホテル料金、交通費等を1万円を上限に支払い、ユーザーがいったん立て替え後日清算。同乗してなかった場合でもシッター代、ペットホテル代が延長になってしまった分を10000円を上限にカバー
あいおいニッセイ同和損保 記載なし

 

 

修理後の搬送費用
ソニー損保 対応なし
あいおいニッセイ同和損保 契約車両修理後、車の保管場所までの搬送費用をカバー(搬送、引き取り費用を合算して15万円を限度に)

 

 

修理後の引取費用
ソニー損保 対応なし
あいおいニッセイ同和損保 契約車両を修理後車の引き取りの際に負担した交通費を免責分1000円を差し引いてカバー(搬送、引き取り費用合算で15万円限度)

 

 

修理期間中の代車
ソニー損保 対応なし
あいおいニッセイ同和損保 修理期間中に必要な代車を1300㏄以下のクラスのもので30日(故障の場合は15日)限度に提供

 

 

 

充実度はあいおいニッセイ同和損保かな!

 

一般的なロードサービスは「あいおいニッセイ同和損保」のほうが充実している印象。
ロードサービスは車がトラブルを起こさなければ利用しませんが、私は実際に何度かお世話になってます。もしなかったらかなり大変なことになってたと感じてますね。
基本車のトラブルの頻度は事故率より高めなので、どういうサービスがついてるかしっかり把握しておくべきですよ。

 

ソニー損保 VS あいおいニッセイ同和損保 事故対応は?

 

 

事故時の対応はとても大事だと思うわ!


 

 

そうだよね。突然の時の対応はとても大切だね


 

自動車保険選びは実際に事故に遭ったときの対応や処理が最も重要なポイントと言えます。
事故を起こすと慌てますし、相手との交渉や対応で精神的にもかなり疲れるもの。
ここでは「ソニー損保」「あいおいニッセイ同和損保」の事故対応満足度をチェックしましょう。

 

ソニー損保

91.7% 

あいおいニッセイ同和損保

94.9%

 

 

データはおのおの公式サイトで公表してるユーザーの満足度アンケートの結果。
どちらの保険会社も9割以上のユーザーが事故対応は満足だったということですね。
これを見る限りではどちらも万が一の際の対応はしっかりしていて安心感が高いとみてよさそう。ただしオリコン2018など他のランキングではあいおいニッセイはランク外でしたので、いろんなデータをチェックしたほうがいいと思います。

 

ソニー損保 VS あいおいニッセイ同和損保 特約、オプションは?

 

 

自動車保険の「特約」や「オプション」って何かしら?


 

 

「特約」とは、基本の保険契約に少しプラスして、保障の幅を広げたりまたは、制限したい場合に活躍するものなんだよ


 

それでは次はさまざまなシーンで助かる「特約」を「ソニー損保」と「あいおいニッセイ同和損保」で比較しましょう。

 

【両社共通の補償、特約】

 

  • 無保険車障害特約
  • 弁護士費用特約(自動車事故限定のものと日常生活もカバーするものがある)
  • ファミリーバイク特約
  • 全損時諸費用特約
  • 車内(車外)身の回り品特約
  • 個人賠償責任特約(日常生活賠償特約) 

 

次に両社独自で用意されている特約は以下のようになっています。

 

ソニー損保の特約

おりても特約        「車で出かけた先」でのトラブルに対し、ケガをしたり携行品を破損した場合カバーできる特約
事故時レンタカー費用特約  車両保険をつけていて事故で修理中にレンタカーを借りる場合の費用をサポートする特約

 

 

あいおいニッセイ同和損保の特約

不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約 ハッキングなど不正アクセスやご契約車の欠陥などが原因で、法律上の損害賠償責任がない事故が起きたとき、被害者の救済費用を支払う特約(自動セット)
対人臨時費用特約 契約車の事故で他人を死亡させ、法律上の損害賠償責任を負うとき、弔問・葬儀参列の際の弔慰金などの臨時費用の支出に備えて、被害者1名につき20万円をカバー(自動セット)
対歩行者等傷害特約 契約車両での事故で自転車や歩行者に乗った人をケガをさせたり死亡させてしまったとき、対人賠償でカバーできない「相手方の過失部分を含む損害額を設定金額を限度に補償(自動セット)
傷害一時金特約 人身傷害の対象となる事故で、被保険者がケガをしたとき、治療日数、傷害の部位・症状に応じて、一時金を支払う特約
交通事故特約 自転車事故や駅構内の階段で転んでケガをしたりなど、自動車の事故以外の交通事故で、被保険者が死傷したときに保険金を支払う特約
犯罪被害事故特約 日常生活のなかで犯罪行為を受け、記名被保険者、その家族が死傷したときに、保険金を支払う特約
人身傷害子ども育英費用特約 人身傷害の対象となる事故で満18才未満の子供を扶養しているひとが死亡したり重度後遺障害を被ったとき、1つの事故、被保険者1名につき500万円を支払う特約
人身傷害サポート費用特約 人身傷害対象の事故で生活を支えるために必要な「ヘルパー」「ベビーシッター」「介護」「ペット関連」「差額ベッド代」「転院移送費用」などの費用をおのおの1日当たり2万円を限度にサポートする特約
新車特約 事故で契約車に損害が出て事故から90日以内に買い替えしたとき、新車保険価格を限度に購入費用や登録諸費用を支払うもの
買替時諸費用特約 事故で契約車に規定の損害が発生したときで、事故の日から90日以内に車を買い替えた場合に買替時諸費用保険金を支払うもの
地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約 契約車両が地震や津波、噴火で特約で規定した全損になった場合に、50万円(車両保険金額50万円以下のときは車両保険金額)を支払う特約

 

 

 

特約については圧倒的に「あいおいニッセイ同和損保」のほうが充実していますね。
また両社ともある「個人賠償責任保険」も金額が「あいおいニッセイ同和損保」は無制限なのでより安心です。
個人的に注目したのは犯罪被害に遭った際の補償の特約
実際犯罪被害にあったとき加害者が賠償を踏み倒すケースが多いと言いますので、自動車保険でこういう部分までカバーできるのはメリットといえるのでは。
私としては特約は「あいおいニッセイ同和損保」がおススメですね。

 

ソニー損保 VS あいおいニッセイ同和損保 割引は?

 

 

自動車保険の割合は多い方がうれしいよね!


 

 

そうだね、保険会社によって割引も違うのでみていこう。


 

次は保険料を左右する「割引」を「ソニー損保」「あいおいニッセイ同和損保」で比較しましょう。

 

【両社の割引】

ソニー損保

あいおいニッセイ同和損保

インターネット割引

新規は10000円

継続は2000円

代理店型のためなし

新車割引

5%引き

2~21%割引

ASV割引 

設定なし

9%割引

先進環境対策車割引

設定なし

3%割引

耐損傷性・修理性割引

設定なし

車両保険 6等級以外16%、6等級26%割引 

福祉車両割引

不明

3%割引

運転者限定割引 

限定範囲により1~7%引き

運転者の範囲を設定することによって割引はあり

ゴールド免許割引

10%引き

10%引き

継続割引 

1~2%引き

設定なし

証券不発行割引

500円 

設定なし

電気自動車割引

1000円

記載なし

マイページ新規申込割引

1000円

記載なし

継続時複数契約割引

1000円 

記載なし

くりこし割引

走らなかった分を翌年繰越し割引

記載なし

1DAYマイレージ割引

設定なし

1日自動車保険に加入した履歴によって割引(率などは不記載)

長期優良契約割引

設定なし

20等級で事故あり件数0の場合で1年間無事故なら2%割引

 

 

 

代理店とダイレクト型では割引に差がある!

 

両社かなり割引に関しては差がありますね。
これは代理店型とダイレクト型での差と言えるかもしれません。
契約車両や使用目的、ユーザー像などによってトータルの保険料は違います。私の場合先進技術非搭載の車なので「ソニー損保」のほうがお得になりそうですが、新車や安全装置搭載車、電気自動車などなら「あいおいニッセイ同和損保」のほうがメリットあるかも。また特約も必要に応じ付帯させないと比較できませんね。

 

ソニー損保 VS あいおいニッセイ同和損保 総括!

 

 

ソニー損保とあいおいニッセイ同和損保、どちらがいいのかな?


 

 

そうだね
代理店型ダイレクト型ってこともあるのか、けっこう違いがみられたね。割引を優先するとソニー損保で、特約を厚くしたいひとはあいおいニッセイ同和損保が良さそうですね。どこをとるかライフスタイルをみながら検討してみよう!


 

 

さまざまな角度から「ソニー損保」「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険を比較しました。おのおの「方向性に違い」が感じられました。
私ははじめて契約したのが実は「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険。でも保険に無知なのをいいことに(?)知らない間に「3年契約」にされてました。
それは極端な例でしょうが、自動車保険はしっかり自分で内容を把握し、必要な特約を付けていざというとき助けになるようにすべきです。
シンプルでリーズナブルな「ソニー損保」か、自動車以外のシーンも手厚くカバーできる「あいおいニッセイ同和損保」か。ユーザーのニーズによって合う保険は違ってきそう。手厚く特約をつけたいという人は「あいおいニッセイ同和」がいいですがコストはある程度するかもしれません。

 

 

ソニー損保の基本情報特徴を詳しく解説 あいおいニッセイ同和損保の基本情報特徴を詳しく解説

 

 

自動車保険おすすめランキン


「満足度」「事故対応」のランキングからおすすめの保険会社を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド