三井ダイレクト

三井ダイレクト

 

 

三井ダイレクトはMS&ADインシュアランスグループの傘下で、三井住友海上やあいおいニッセイ同和損害保険と同グループのダイレクト自動車保険会社です。

 

このMS&ADインシュアランスグループとは、損害保険における収入が国内および世界の双方において常にトップクラスに位置している大企業となります。

 

したがってその母体における信頼度は申し分なく、信用が重要になる自動車保険選びでは有力な候補となるのは間違いありません。


三井ダイレクトの評判と事故対応

 

私の感じた三井ダイレクト

 

三井ダイレクトはその名の通りダイレクト型の自動車保険ですので、インターネット等を通じた通販タイプの保険商品を提供しています。

 

それによって保険料のコストダウンを図り、充実したサービスを提供しながらも手頃な料金での自動車保険加入が可能になっています。

 

そのための取り組みとして三井ダイレクトは事務の効率化を徹底して行っています。作業の効率化によるコストダウンによって保険料の割引などといった形で利用者に還元しているのです。

 

注目ポイント

 

三井ダイレクトの大きな特徴としては、保険料の支払いで月払いが選択できるという点があります。

 

保険料はご存知の通りけっこうな負担になってしまう場合も多く、一年分を一括して支払うと割引があったりはするものの、多額の出費となってしまうため生活を圧迫してしまうことも少なくありません。

 

その点月払いであれば、日々の家計を考えた支払いができますので、無理をせず余裕を持った自動車保険選びができるようになります。

 

ロードサービス

 

またロードサービスの充実ぶりも見逃せない点で、レッカーサービスや車両トラブルの緊急対応サービス、事故の際に帰宅するための費用や宿泊するための費用を提供してくれるなど、いざというときにも安心できるサービスがしっかり備わっています。

 

サービス内容 対応内容・条件
レッカー距離

/運搬費用

指定工場 30㎞・10万円/希望先 30㎞・10万円
宿泊費用 1万円/名
帰宅費用 2万円/名
トラブル対応
  • バッテリー上がり
  • キー閉じこみ
  • パンク・タイヤ交換
  • 脱輪引き上げ
  • ガス欠
  • 条件(30分以内)

 

こんな人におすすめ

 

補償内容はそれぞれの利用者のニーズに合わせて、本当に必要なものを設計することができるようになっていますので、自分にとっては余分な補償内容が付いてきて、保険料が高くなってしまうということがありません。

 

また付加サービスとして、クルマ生活応援サービスというものが用意されており、国内外75000店舗以上の宿泊施設やレジャー施設を割引価格で利用することができるという嬉しいサービスも用意されています。

 

こうしたサービスが用意されているのは、大手企業ならではの強みで単純に車のトラブルだけをフォローした自動車保険ではないことがわかります。

 

さまざまな付加価値を求める方にとっては、三井ダイレクトは非常に優れた保険会社となるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド