自動車保険 見積

自動車保険の見積もりをチェック!!

 

 

●自動車保険見積もりシミュレーター

 

この自動車保険見積もりシミュレーターで

 

おおよその保険料が分かります!

 

自動車保険料が幾ら位になるかチェックしてみてください!

 

    補償条件

  • 対人補償:無制限
  • 対物補償:無制限
  • 搭乗者傷害:1,000万円
  • 車両保険:あり
  • ※上記にて算出しております。


Step1 車のメーカーを選択

Step2 車種を選択

Step3 型式を選択 ※車検証に表記

Step4 等級を選択(1~20等級)

★自動車保険の見積もり結果(年払い金額)

円/年

★自動車保険の見積もり結果(月払い金額)

円/月

 

自動車保険には各種割引が存在します。

 

  • ゴールド免許
  • 年齢
  • 免許証の色
  • エコカー割引

様々な条件により保険料が大きく変わって来ます。

 

正式な保険料を知りたい場合はこちらの一括見積を使ってみてください。

 

※自動車保険の一括見積もりが取れるおすすめのサービスです→ 保険スクエアbang!

自動車保険の見積もりは比較することで最適なものがわかる!

 

 

自動車保険は、たくさんの会社から出ているため、実際どの保険が自分自身に一番合っているのかわかりにくいものです。
適切なものがあったとしても、また別の保険会社のもののほうが、内容は同じで安いこともあります。
また保険の補償内容も、最近はさまざまなその会社オリジナルのオプションがある場合もあり、あとで見つけ「しまった」と思うこともあるかと思います。

 

ここでは自動車保険の見積もり比較の必要性について、まとめてみました。


見積もり時に用意するもの

 

自動車保険のおおよその金額は、シュミレ―タ―などで把握することができますが、どんな補償内容をチョイスするかによって、実際の金額は違ってきます。
なので、加入することを考えて見積もりを取る場合に必要なものを準備するところから始まります。

 

自動車保険の見積もりの際に必要なものは、以下のようなものを用意しましょう。

 

  • 契約予定の車の車検証
  •  

  • 契約する車のオドメーターの数値
  •  

  • 現在契約中の保険があればその証券か、詳細が分かるマイページの契約内容詳細
  •  

  • 受信連絡可能なメールアドレス

 

これらがあれば、補償内容を確認し、組み立てつつ具体的な見積もりを取ることができます。

 

見積もりのコツは、補償条件を統一する

 

ネットで見積もりができる自動車保険は今や当たり前ですので、実際に加入しなくても気軽に検討することができます。
またダイレクト型の自動車保険はその時に合わせて進化しているので、A社の保険の補償内容が最適だと思っていても、実はB社にさらにメリットのあるプランが出てきた、ということも。
なので1社だけ見積もりをして、これが最適だと思っていても、実は自分にもっと合う補償内容があった、という可能性もあるのです。
さらに同等の内容でも保険料の設定は会社によって差があるため、C社が安いと思ってたのに、同じくらいの内容でD社のほうが安かった、というこも。
複数の保険の見積もりをきちんと比較するには、まずは「一定の条件を統一してしまう」こと。
さらに、自身に必要なオプションを考慮し、それを加えての内容、金額を確認し、検討するのがおススメですね。

 

便利な一括見積サービスを活用するのもあり

 

また複数の保険の見積もりをひとつひとつ取るのはけっこう大変なものです。
ネット上での契約内容の入力だけでも、面倒だと感じる人も多いのではないでしょうか。
複数の保険をカンタンに比較したい、時間があまりない、という方にいい方法としては、自動車保険の一括見積もりのサービスというのがあります。

 

これだと詳細の入力が1回で済むうえ、すぐに複数の会社の同じ補償内容での概算見積もりを取ることができます。

 

見積もり依頼をするとどうなるの?

 

一括見積もりサービスに詳細を入力すると、早いと1時間程度で、メールアドレスに保険会社から見積もりの概算が届きます。
ただこの見積もりは、オプションなどを想定する前のものですので、あくまでも概算、ということ。
必要最小限の補償内容での見積もりですので、とにかく安く、という方はこれで比較するのもありです。
さらにその中から比較的安いところにアクセスして、オプションなどで必要なものを付けて見積もりを完成させて、比較検討する、のが個人的にはおススメ。

 

最近では車に乗っているときの補償だけでなく、日常生活のなかで助かる補償のオプションや、無事故割引といった独自の内容を打ち出している保険もあるので、自分に必要な補償をきちんと想定して見積もりを完成させ、比較するほうがいいですね。

 

【まとめ】最適な補償の保険を効率的に見つけましょう

 

自動車保険の補償は、最近独自色がかなり出ている気がします。
安く入るというのはもちろん魅力ですが、実際に運転していて、あるいは生活のなかで、助かる補償が受けられてこそ、値打ちがある気がします。
事故を想定した部分では最大限に手厚く、ちょっとした車の生活のなかでのトラブルも助けてもらえるなら、さらにその価値が高く感じられますよね。

 

保険選びも的確なものを効率的に選べる方法もあるので、必要に応じうまく活用してみてましょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド