自動車保険 ペーパードライバー

ペーパードライバーのための保険講座

 

 

ペーパードライバーだったけど車を購入!
自動車免許は取ってみたものの、日常的な移動手段が公共交通機関のため自動車が不要な方や、室内での仕事のために自動車を使うことがない方は、何年も運転する機会がないままペーパードライバーになってしまった…という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ペーパードライバーだった方が自動車を新規で購入した場合、どのような保険に加入すべきか考えてみたいと思います。


 

ペーパードライバーとは、自動車免許を取得していて、現在も有効な免許を所有しているにも関わらず、普段運転することがない方や、運転する機会のない方のことをいいます。

どんな自動車保険に加入したらいいの?

 

まずはペーパードライバーの方が自動車を購入したとき、一番はじめに考える自動車保険について考えていきましょう。もしペーパードライバーになる前に自動車を所有していた経験があれば、保険の内容も何となく分かりそうなものですが、初めて自分の自動車を購入する方は、そもそも自動車保険って何?自賠責保険ではダメなの?というところから確認していく必要があるかもしれませんね。

 

もし、過去に自動車保険に加入していたようならば「中断証明」を貰っていますか?中断証明を取っているようならば先ずは書類を探してみましょう。

 

2種類のの自動車保険を知るべし

 

まずここでいう自動車保険とは、民間の損害保険会社で契約できる任意保険のことをいいます。自賠責保険との違いは、「強制加入」か「任意加入か」という点です。

 

自賠責保険

 

自賠責保険は、もし事故を起こして自分が加害者になってしまった場合、被害者を最低限守るための補償として、法律によって自動車を所有しているすべての人に加入が義務付けられているものです。保険の内容も「被害者を救済するための補償」という前提のもと、被害者に対するケガの補償や、死亡や後遺障害に対する補償など、対人賠償保険に限られています。

 

任意保険

 

一方「任意保険」の場合、どの保険会社で、どんな補償内容で加入するか?ということを契約者自身が決定することができます。補償内容も対人賠償保険以外に、他人の物や自動車を壊した場合に支払われる対物賠償保険や、自分や同乗者のケガに支払われる人身傷害保険、自分の自動車に対して補償される車両保険と、細かなオプションがあります。

 

ペーパードライバーの皆さんは、自動車の運転歴も浅い方が多く事故リスクも大きくなりがちなので、自分と相手を守るためにも、自動車を購入したら必ず任意保険に加入しましょう。

ペーパードライバーが任意保険に新規加入する

 

ペーパードライバーの方にとって、次に気になることは「ペーパードライバーであること」が保険料に影響するのか?ということではないでしょうか。

 

保険料はどうなるの?

 

ペーパードライバーは、年齢や性別、免許の色、これまでの運転歴など個々の状況は様々かと思いますが、いずれの人の場合も運転経験が豊富な人と比べると、運転に不慣れなために事故リスクが確実に高くなります。事故リスクが高いということは、その分保険料も高くなるということです。ないよりはあったほうが良い運転経験ですが、このような運転経験の差は保険料に影響してくるのでしょうか。

 

実はペーパードライバーだからといって、それだけで保険料が高くなることはありません。むしろ運転をせずにゴールド免許になった方や年齢が高い方は、「ゴールド免許割引」や「年齢条件」によって割引が適用され、免許を取得したてのドライバーより保険料が安くなることがあります。

 

しかし保険料が安くなる要素の一つである「ノンフリート等級」は、新規の場合、年齢に関わらず6等級からのスタートとなります。ノンフリート等級は、1年に1回、自動車保険の更新期日までに無事故だった場合に1等級上がります。そのため6等級よりも10等級、20等級の方が長期間無事故だった優良ドライバーとして保険料が安くなるのです。

 

次の項目では、どのような条件であれば具体的に保険料を節約できるか、お伝えしていきたいと思います。

 

→ 自動車保険に新規加入する際の注意点は補償内容と選び方!

ペーパードライバーだからこそ、保険料が安くなる?!

 

ゴールド免許になっている

 

ペーパードライバーの人はは日常的に運転する機会がないため、事故の発生リスクも皆無です。そのため、免許更新時には多くの人がゴールド免許へ更新することができます。(運悪く1日自動車保険などに加入していて運転していた時、違反があった方は除きます)

 

ゴールドになるためには、グリーン免許から数えて6年、ブルー免許から数えると3~5年の年数が必要ですが、この年数が経過するとともに、自分の年齢も重ねていることにお気づきでしょうか?

 

また免許の色というのは、「事故リスクを起こしにくいドライバー」であることの証となりますので、グリーンよりもブルーが、ブルーよりもゴールドの保険料の方が安くなります。
ゴールド免許の場合、保険料が安くなる最も大きな要因は「ゴールド免許割引」の適用です。自動車によく乗る人(=記名被保険者)がゴールド免許を保有していれば、割引が適用されます。

 

年齢による保険料評価

 

自動車保険というのは、契約者全体の平均をとって保険料率を決定し、契約者の保険料に対して公平性を図っています。そのため、どの保険会社も年齢が若い方と事故を起こしやすい高齢者の保険料を高く設定し、30代後半から60代前後までのゾーンを安く設定しています。

 

また保険適用する運転者への年齢条件を設定できることで、若年層の人が初めて保険い加入するよりもリーズナブルに加入することができるのです。

 

年代別の保険料相場

 

優遇される優良ドライバーと一致している!

 

気になる割引率ですが、こちらは各保険会社でバラバラかつ公表している会社と非公表の会社があります。しかし割引率を公表している会社をみてみると、約7%~20%の割引率になっていることが多いようです。少なくとも7%割引されているというのは、やはり保険料全体でみても大きいのではないでしょうか。

 

ペーパードライバーの皆さんの中には、運転に対する経験不足の恐怖から、自動車を購入しても保険料が高くなってしまうのではないか?それなら運転をしないほうがよいのではないか・・・?と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ペーパードライバーだったからこそ、「年齢条件による割引」と「ゴールド免許割引」の適用を受けることができるということをぜひ覚えておいていただければと思います。

【まとめ】ペーパードライバーだった人は補償を充実させよう

 

ペーパードライバーだったからこそ補償額を充実させるべき!
ここまでペーパードライバーの皆さんにとって、任意保険の保険料は一般のドライバーよりも安くなる可能性が十分ある、ということをお伝えしてきました。しかし保険料を安くすることばかりにとらわれるのは、考え物です。日々運転しているドライバーに比べると、皆さんの事故リスクが高いことに変わりはありません。相手を守ることはもちろんのこと、自分自身が久しぶりの運転を安心して楽しむために、安くなった保険料部分については、ぜひ補償額やオプションを充実させていただければと思います。


任意保険の選び方をナビゲート!

●保険チェックのゴールは保険選び!

自動車保険の「保険会社」「補償内容」「車両保険の有無」 【最終的に契約する保険会社】を選ぶためのお手伝いをします。
こちらでは自動車保険の選び方を6ステップに分けて紹介していますので是非あなたに合った保険を見つけてくださいね!

 

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険内容を選べる様にガイド!

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド