自動車保険

自動車保険の事どう思っていますか?

 

誰しも交通事故には遭いたくないものです。
でも万が一事故にあってしまったらどうしても「お金」が必要になってしまいます。

 

自分か相手も怪我をしてしまったら?車の修理費用を弁償しなくてはならないなど、交通事故にはお金が付きものです。

 

そんな万が一の時に助けてくれるのが自動車保険なのです。


その自動車保険の保険料が毎年払う時になると高いなと思ってはいませんか?

 

自動車保険って加入する人の考え方によって大きく変わってくるものなのです。

 

このサイトでは一般的なデータと私の考えを織り交ぜて紹介するので、あなたの条件に合った自動車保険を見つけられたらなと思います。

 

当サイトの保険に対する考え方

 

当サイトの考え方は免許取り立てである18歳~25歳までは出来るだけ安く保険に内容を紹介します。また、保険料が安くなる26歳~49歳までは年代ごと必要な条件で補償を充実させるスタイル!50歳以上のかたは子供の手が離れる年代なので、自分中心の補償スタイルを紹介します。

 

●当サイトの保険に対する考え方

  • 18歳~25歳は、必要最低限でできるだけ安く
  •  

  • 26歳~49歳は、徐々に充実した補償スタイルへ
  •  

  • 50歳以上は、自分中心の保険選びに帰ろう

この考え方に基づいて保険内容と保険料のバランスを紹介していきますね!

 

自動車保険の料金について知ろう!

 

皆さんは自動車保険に加入する際、保険会社によって保険料にどれほどの価格幅が有るのか知っていますか?
僕は車も好きですし、保険の販売も経験しているのでかなり詳しいです!
何といってもこのサイトを作ってしまうくらいですからね!


ここでは僕の保険の知識と実際に取ったデータを公表するので、来てくれた人の自動車保険選びの参考になればいいと思っています!

 

この保険料の価格差と契約内容のバランスにより、自動車保険の相場が出来上がるのです。

 

あなたが自動車保険を選ぶ際、今の補償条件での適切な保険料相場が分かれば保険選びに迷いがなくなるのです。
自信持ってここの保険にしよう!と決断するためには、自動車保険の補償内容と保険料の関係を知ることが必要です。

 

もし、自動車保険どうしようかな?と迷っている人がいたらこのサイトを参考にして自分にピッタリで納得出来る保険を見つけて下さいね!

自動車保険料相場の実例(ホンダ・フィット)

 

 

自動車保険料って一体いくら位が適正なの?と疑問を思うとおもいますが、保険料は車種や年齢条件・等級など細かな条件によって大きく変わってきます。
そこで、実際に存在する車種・契約条件を上げてどれ位の保険料に成るのか相場観を見てみましょう。

 

実際の車と照らし合わせることで保険料のおおよその価格が分かりやすくなりますからね!


※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 車種:平成26年 ホンダ・フィット
  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤
対物賠償 無制限 車両保険付き  
対人賠償 無制限 車両保険 120万円
人身傷害 無制限 (一般、免責金額)
弁護士特約 有り 等級 7等級

あなたの年齢 本人以外の年齢制限 年間保険料 車両保険なし
20歳以下 全年齢 107,599円 68,184円
21~25歳以下 全年齢 87,330円 61,427円
26~29歳以下 26歳以上 69,240円 48,703円
30~34歳以下 30歳以上 64,624円 45,456円
35~49歳以下 35歳以上 60,585円 42,615円
50~54歳 35歳以上 64,624円 45,456円
55~59歳 35歳以上 69,240円 48,703円
60~64歳 35歳以上 74,566円 52,449円
65歳以上 35歳以上 77,549円 54,547円

 

※この参考保険料金は2015年7月25日に自動車保険料シュミレータで試算した金額です。

 

ココではホンダフィットの実際の保険料をお見せいたしましたが、保険料は車種によって5万円以上の差が開いてしまいます。
この車格毎の保険料相場が分かるように【ホンダ・N-BOX】【ホンダ・フィット】【トヨタ・プリウス】【トヨタ・VOXY】【スバル・レヴォーグ】の実際の保険料を提示してありますのでチェックしてみてください。

⇒ 軽自動車から高級車まで、車格毎の保険料を比較してみよう!

 

また、あなたの車(明確なメーカー・車種・契約条件)による「保険料一括見積もり(無料)」で正確な保険料を取得することが出来ます。

 

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

保険料の相場は簡単には測れない?

 

自動車保険幾らぐらいから高いと感じますか?

 

またはどれくらいの金額なら納得出来ますか?

 

個人によって違いますね?少し内容について見てみませんか?

自動車保険の相場を知るためには?

 

保険料相場は目安としてとらえろ!

 

保険料は同じ保証内容で契約しても、「年齢・等級・車種・事故歴」などによって変わります。そのため自動車保険料の相場はいくらですか?
という問いに一言では答えられません。各社のサービス形態と特約内容を確認する必要が有ります。

 

自動車保険の種類は2つある!

 

保険を選ぶ前に代理店型ダイレクト型の2種類有ることを理解しておくことが必要です。
双方にメリット・デメリットが有るので、自分に合った方を選びましょう。

 

自動車保険の選び方のポイント!

 

自動車保険の選び方をレクチャーします。保険の内容と保険料のバランス・ロードサービスがポイントですね。最終的には各社の保険料を比較して選びましょう!

 

上記の事を知ることで自動車保険料の相場を知り、納得して契約が出来るようになるのかを紹介いたします!
保険料は高くても安くても良いというものでは有りません。契約内容によるバランスとメリット・デメリットも紹介いたしますね!


 

自動車保険の相場は幅が広すぎる?

 

任意保険の保険価格は「車種・年齢条件・等級・事故歴・割引の内容」などによりそれこそ数万円単位で高くもなりますし、安くもなります。

 

それこそ、保険会社と内容を見なおしただけで、25,000円以上安くなるなんて言うことは良く有ることで、自分の場合いくら位になるのかな?と車種と年齢で検索した所で大きく金額が変わってきてしまうのです。

 

じゃあどうしたら保険料が高いのか安いのか調べたらいいの?と言う時は、正式に見積もり請求が手っ取り早く金額を確認することが出来るのです。
先ず自動車保険には自賠責保険と任意保険の2つが有りますが、このサイトで自動車保険といえば任意保険の事を話していると考えて下さい。

 

保険には 代理店とダイレクト型 2種類有る

 

 

最近TVCMでやっている自動車保険はホボ全てダイレクト型の自動車保険と言います。
簡単に言うと保険会社とユーザーが直接契約するのか、間に代理店を通すのかの違いで、直接契約するからダイレクトと言う事なのですね。

 

 

じゃあ代理店とダイレクト型のメリット・デメリットはどうなの?
と言ったら、先ずは値段ですね。
圧倒的にダイレクト型自動車保険の方が保険料の相場が安くなります。

 

具体的にどれ位違うかといいますと、大体2割~3割程安いというのが相場になっています。
55,000円の2割引ですと44,000円ですから、実に1万円以上安くなる計算ですね。
コレは意外と大きな金額ですね。

 

もちろん代理店型のメリットも有ります。
それは面倒な契約手続きや、事故処理の手続きを代理店の人が殆どおまかせでやってくれると言う事です。
この手間賃分が2割りと見るのを安いと感じるか高いと感じるかは、人それぞれですね。

 

⇒ 代理店型自動車保険の特徴は補償とサービスが手厚く保険料が高い

 

⇒ ダイレクト型(通販型)自動車保険の特徴は徹底した低価格路線

 

どうやって保険を選べば良いの?

 

 

ダイレクト型と、代理店型を選ぶのですが、ポイントを上げておきますね。

 

特徴
ダイレクト型
安くてロードサービスが充実しているが手続きなどの手間がある
(保険更新手続きなど)

 

代理店型
少々高目ですが、担当者(代理店)が付いてホボお任せで簡単で安心

こんな人はダイレクト型がオススメ!

  • とにかく保険料を安くしたい。
  • 車を運転するのは週末くらいで通勤などに車を使って居ない。

 

こういう人は代理店型が良いんじゃない?

  • 通勤で毎日自動車に乗る人
  • 保険のことが良く分からないから取り敢えず安心感を買いたい人

 

正直近年はダイレクト型の保険の方が売れています。
その理由に保険会社のシステム化が進んでいるからです。
昔は事故を起こしてしまうことで、スグに代理店の人が駆けつけてきてくれて事故処理などをしてくれました。
しかし近年保険対応のシステム化が進んできて、事故受付後スグにロードサービスが駆けつけてくれます。
その後、事故対応チーム(人身チーム)(物損チーム)がそれぞれ対応してくれるので、効率的に処理が進められるのです。
そのため、事故後の補償までの流れがスムーズに行くのです。
そんな意味でもダイレクト型の保険は不安だと言う事も無くなったのです。

 

 

 

具体的にどうしたらいいのか?と言ったら、

 

一括で複数社の保険料見積ができるサービス」が有るのです。
一度こう言ったサービスで出来るだけ多くの見積もりを貰い、その中から保険料とロードサービスなどチョットした各社の違いが有るので、気に入った所へ正式に申しこめばいいのです。


ポイントは保険料と各社が独自に設けているサービスとのバランス!

 

条件は1回の入力で同条件で全ての保険会社へ依頼できるので、本当に並べて比べると違いが分かりますので、絶対に申し込んで見ることをオススメします。

もちろん無料ですので絶対やらなければ損ですよ!

 

●ワンポイント

 

2014年の10月から各保険会社が一斉に値上げをしました。この保険料の値上げは少しずつですが今後も毎年続いていくでしょう。
自動車保険の値上げの流れは、全社共通の流れなので抜け道は有りません。
また、保険料が安くなる年齢条件の区切りが30歳以上がなくなり35歳以上へ引き上げられた保険会社も多く有ります。

 

どうしても自動車保険が上がってしまう中でも、出来るだけ今まで通り保険料を抑えていという人は一度簡単に出来るこの見積もり比較サービスを受けてみるのが絶対に損をしないための鉄則になり、補償内容と値段を比べてみるだけで今の保険が良いのか悪いかも判断できるのです。
複数社の見積を見るだけで、今の任意保険の相場がだいたい分かるはずです。

 

ただしネット型のダイレクト保険のデメリットも抑えておくべきです。
悪いポイントは毎年自分で更新しなければならないこと。
担当の営業が事細かく説明してくれないことですね。
契約内容が同じでしたら同等に補償されるので補償という観点では問題ありません。ダイレクト型自動車保険の特徴は申し込みを自分でするなど、加入者の手間が増える傾向がありますね。


TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター