車のタイプ別 自動車保険

車のタイプ別自動車保険を紹介!

 

 

自動車保険は「安さ」にこだわるだけでなく「補償内容」や「カーライフ」にもあったものするのが大事です。

 

ここで車のタイプによってどのように自動車保険を考えていくとよいのか、チェックしてみましょう。


車のタイプが保険料に影響する

 

保険料は【型式別料率クラス】に反映されている

 

保険料は、「型式別料率クラス」から決まります。
例えばスポーツカータイプの車が、実際の事故の件数が多かったり、車種や型式によってデータ化され「型式料率クラス」に設定されているからです。
これは毎年更新されるため、自分の型式の車の事故が増えてしまい、補償を受けた件数が増えた場合、料率クラスが変更になると、次の保険料が上がってしまうことがあります。

 

保険料が決まる型式クラスについては「【型式別料率クラス】が自動車保険料を左右する!保険料への影響と決まり方」で詳しく解説しています。

 

主に車両価格が車両保険料に影響する

 

また「車のタイプ=車両価格」とも取れます。そのため、車両価格が高い車は、車両保険の保険料も比例して高くなるので、保険料にも影響します。
車両保険を付けたいけど、保険料が高くて…という場合は、免責の設定を工夫するなどして、コストダウンを考えてみるといいでしょう。

 

車両保険については「車両保険の必要性は自損事故だけじゃない!」で詳しく解説しています。

車のタイプによって自動車保険の考え方が変わる!

 

車の保険料はクラス等級により決まりますが、そのクラス等級は車のタイプによって大きく左右されます。

 

軽自動車とスポーツカーでは車の使い方も変わりますよね?
自動車保険は車の使われ方による補償内容の考え方って結構大事です。

 

 

車のタイプによって補償内容のかけ方も変えないとなりません。

 

そのため、普通車に比べて軽自動車の保険料は安かったり、輸入車は少し高かったします!


 

 

車の法的規格車による違い

 

車には規格や用途にを、ナンバープレートで表しています。

 

軽自動車や普通乗用車のみならず、トラックなど事業用のども色分けされています。
少し変わったものでは、特殊車両にあたる「キャンピングカーの8ナンバー」であったりと番号によっても区分けされています。

 

車検の時に支払う自賠責保険はこのナンバープレートによって、保険料が大きく変わりますが、任意保険も全く影響を受けないわけではありません。

 

車のタイプによる自動車保険【まとめ】

 

自動車保険は、保険料を決める基準の「型式別料率クラス」に影響します。
そのため、車の車種や、ナンバープレートはそのタイプによって傾向が出るとも言えますね。

 

極論を言うと、いい車や楽しそうな車になるほど、保険料も上がる傾向にあると言っていいでしょう。
とはいえ、やはり妥協せず自分が乗りたい車に乗るのが一番。

 

もし車の保険料が気になるようでしたら、それ以外にも年齢が大きく影響します。少しでも欲しい車の保険料を安くしたい場合は年齢と保険料について調べてみると良いでしょう。
年齢と保険料に関しては「年代別・車の保険料相場」で詳しく解説していますので、読んで見てください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド