セカンドカー割引

セカンドカー割引を徹底解説

 

 

ご家庭に家族が増えた場合や、奥様が買い物に車で出かけることがある場合、車を2台所有する、ということはよくあることです。

 

また郊外での暮らしの場合、車がないと不便なので、「1人1台」所有しているなんてことも珍しくありませんよね。
そういった場合の自動車保険の契約時オトクになるのが
「セカンドカー割引」。
ここでは「セカンドカー割引」とはどういったもので、どのように利用するのか、について解説します。


セカンドカー割引とは?

 

「セカンドカー割引」といっても、すべての2台目の車の自動車保険加入時に適用ができる、というものではありません。

 

受けられる割引は、新規加入の等級が1つサービスされ「7等級からスタートできる」事だけです。
※通常新規加入は6等級スタートです。

 

また、セカンドカー割引が適用できる条件を下記にまとめます。

 

●セカンドカー割引の適用条件

  • 契約している自動車保険の等級が「11等級以上」である
  •  

  • 1台目と2台目の【被保険者】が「本人か配偶者・同居の親族」である
  •  

  • 1台目と2台目の【車の所有者】が「本人か配偶者・同居の親族」である
  •  

  • 契約する車種・用途が【自家用】であり、

    「小型乗用車」「軽四輪乗用車」「普通乗用車」「軽四輪貨物車」「小型貨物車」「最大積載量2トン以下の普通貨物車」「キャンピングカーなど特種用途自動車」

 

「セカンドカー割引」は「複数所有新規割引」などと、各社呼び方が異なっている場合もありますが、内容としては同じです。
自動車保険に新規で契約する場合、最初は「6等級」からスタートしますが、先に契約している自動車保険の等級が「11等級以上」であることで、「補償を使わず優良なドライバー」と見なされ、少し等級を「おまけ(保険料を安く)」してスタートしてもらえる、と言った感じですね。

「たった1等級分?」と言うなかれ、6等級と7等級の間には大きな差が有り、割引率は19%約2割も安くなるのです。

 

自動車保険の保険料は、等級によって割引や割り増しの設定となっています。
6等級でスタートするよりも、7等級でスタートすることで、割引率が大きくなるので、保険料が安くなるということなんですね。

セカンドカー割引はこんな状況でも適用できる!

 

 

セカンドカー割引がどういうものか見てきましたが、家庭環境により状況に複雑な違いがありますよね。
ここでは具体的にセカンドカー割引を適応できる状況について、見ておきましょう。

 

セカンドカーと言っても、自分一人で1つの保険会社に契約する必要はないのですよ!


 

記名被保険者や所有者が「同一」でなくても利用できる!

セカンドカーだからと、契約者の「記名被保険者」や「車両の所有者」が同じでなければならないことではありません。
考えかたとしては、「同居している家族・親族」であれば、その家族内でのセカンドカー、「2つめの保険契約」という認識で適用されます。
ですので、被保険者が1台目はご主人、2台目は奥様であったりお子さんであったり、という契約で適用できます。

 

契約保険会社が違っても適用される!

 

契約する保険会社は、1台目と2台目が別々の会社で契約しても割引適用されます。
1台目はA社の保険、2台目はB社の保険でも適用が可能なので、運転実績のある家庭であるという事が重要なのかもしれませんね。

 

そのため、1台目の保険の等級が11等級以上となっている場合は、2台目の自動車保険を検討する際、どの保険会社にするかにかかわらず、必ずこの割引について適用できるか確認しましょう。

 

11等級以上でも【事故有係数】がある場合は要問合せを!

 

セカンドカー割引の適用について、先の契約が「11等級以上」でも、保険会社によっては、「11等級以上かつ事故有係数適用期間0年」としているところもあります。
同じ11等級以上であっても、それまでに事故を起こしたことがある11等級と事故ナシでの11等級では、実際違いますよね。
事故を起こしていない、補償を使っていないユーザーのほうが、保険会社としてはありがたいのは納得できますので、ここで違いを付けられるのもわからなくはありません。

 

ただこの部分まで条件として引っかかるのかかからないのかは、保険会社により見解が分かれていますので、セカンドカー割引を検討する際は問い合わせしてみましょう。

 

【まとめ】2台目の車が新規加入ならば活用しよう!!

 

一般的なユーザーであれば、事故を起こしていなければ毎年等級はアップします。
私も、ずっと無事故できているので、気付いたらもう16等級になっていました。
今2台目の車が必要、となったら、このセカンドカー割引が使える状態ってことですね。

 

このように2台目の車を検討する際には、まず先の自動車保険の等級をチェックし、11等級以上となっていれば、その他の条件を満たすかどうか確認しましょう。
特に新規契約時の1等級分は、保険料もかなり変わりますので、適用できる場合はしっかりと割引を利用しましょう。

セカンドカー割引の取り扱いのある保険会社一覧

 

社名  名称
ソニー損保 セカンドカー割引
SBI損保 複数所有新規
AIU保険 複数所有新規
アクサダイレクト 複数所有新規割引
チューリッヒ セカンドカー割引
三井住友海上保険 ノンフリート多数割引
あいおいニッセイ同和損保 ノンフリート多数割引
そんぽ24 複数所有新規制度
アメリカンホームダイレクト -
東京海上日動火災  
共栄火災 複数所有新規割引
三井ダイレクト セカンドカー割引
セコム損保 複数所有新規
セゾン自動車火災 複数所有新規
損保ジャパン日本興亜 複数所有新規割引

セカンドカー割引を使用した際の保険料

 

  フルカバー 車両保険 エコノミー 車両保険+A 車両保険なし
20歳以下 396,840 322,960 209,480
21-25歳 211,230 172,610 1132,90
30-34歳 76,250 63,070 42,830
40-49歳 79,920 65,740 43,940

 ●自動車保険・割引についてのお役立ち記事

 

自動車保険の割引制度を活用しよう!

※保険会社に用意される様々な割引を紹介しています。

 

 

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

【インターネット割引き】と【早割】
自動車保険の保険会社、一つ一つ直接会わなくても、電話やパソコンで申し込みが可能で、インターネットから申し込むことで割引が受けられます。まや早期契約割引を合わせるとより保険料を抑えることができお得です。ここではインターネット割引と早期契約割引について解説します。
エコカー割・電気自動車割
エコカー割・電気自動車割って何だかおかしくないですか?ということで、エコカー割・電気自動車割について詳しく調べて、私の見解をまとめてみました。
安全装備による割引き
自動車保険は実は車の装備によって各種の割引きを受けられるケースがあります。ABSやエアバッグなどの安全装置が備わっていることによる割引きなどです。しっかり把握しておき適用させるようにしましょう。
ゴールド免許の人
自動車保険の割引であるゴールド免許割引。常識てきな割引ですが、詳細まで理解できるように紹介します。
家族しか運転しない場合
運転者限定特約の家族限定割引を上手く使う事で車の補償範囲は狭められますが、保険料は効率的に割り当てることができます。
夫婦だけしか運転しない人
自動車保険の割引制度についてまとめています。自動車保険は上手く割引を活用しなければすごく高額になってしまいます。
継続割引
自動車保険には契約の更新時に更新割引が有る保険会社があります。この継続割るについて詳しくまとめました。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド