自動車保険 見直し

自動車保険を見直すべし!

 

 

自動車保険は原則1年更新で、任意保険は更新のたびにその都度見直しをするのが常識です。

 

なぜ毎年内容を見なおさなければいけないか?

 

それはあなたの年齢、車の年式が変わり
最適な保険条件から変化するからです。


 

毎年見直しすることが大切

 

自動車保険は任意で加入するものですが、だいたい1年単位の契約ですね?

 

中には複数年契約というのもありますが、面倒でそのまま更新していませんか?

 

自動車保険は費用面だけでなく、「補償内容」や「サポート」が日々進化しています。
実際に交通事故に遭ったことがないと想像しにくいですが、万が一の際に本当に役立つかどうか見直すことが必要です。
費用の比較はもちろん、車に乗るときや日常生活のなかで必要なサポートがしっかりあってこそ、その価値があります。

継続更新の落とし穴

 

 

保険会社も「おすすめプラン」を更新時期に案内を送ってくるのですが、それでは駄目なの?と言われると、実はそこに落とし穴が有るのです。

 

保険会社が送ってくる「継続内容」の紹介は、前年とほぼ同じ金額になっていませんか?

 

3パターン程紹介してくれる場合も有りますが、それでも「おすすめの保険内容」なるコースを押してきます。

 

このおすすめの保険内容というのが厄介なのです。


そもそも保険会社は慈善事業じゃありません。

 

いかに会社が利益を出すのか?が目的で運営されているのです。

 

皆さんに良いサービスをと言うのも安定してお客様を呼びこむ手段なのです。

 

何が言いたいかといいますと…

 

おすすめの保険内容が本当は保険会社にとって一番有利な保険内容に成っているなんて事が少なくないのです。

 

中には前年まで提供していた無料特約サービスが、人知れず廃止になっていたり、さり気なく補償範囲が変わっていたりしていませんか?

 

近年では、全社で保険料の値上げが有ったので、殆どの人が保険料が高くなったと思いますが、普通事故をしなければ保険料は年々安くなっていくものです。その安くなるはずだった分だけ補償を手厚くした内容をオススメにしてくるパターンと、保険会社が全体的に統一したい保険内容へ誘導してくるパターンが有ります。

 

保険内容も細分化されてることで、オペレーションが難しくなってくるものです。そのため一括管理しやすい「おすすめパックコース」の方が管理コストが抑えられるのです。

 

また、赤字だった特約コースは基本的に入ってほしくないのです。そんなサービスが気がつくと廃止されているなんて事が多いですね。

 

少し黒いイメージを付けてしまいましたが、自動車保険は毎年自分自身の目でチェックすることが大切なのです。

【補償内容】を見直す必要性

 

なぜ見直す必要があるの?

 

自動車保険は、交通事故に遭ったとき、被害者の賠償を行うということだけを考えるものではありません。

 

もちろんそういった時に、保険会社の助けで賠償できることも重要ですが、最近の自動車保険は、独自のサービスを打ち出してきているところが増えています。
見直しする必要性がある理由はこんなことが挙げられます。

 

●見直しをする必要性~こんな事が変化している!

 

  • ライフスタイルが変化から、必要な補償も変わる
  •  

  • 貴方の年齢が変わる(年齢制限)
  •  

  • 車の価値の変動(車両保険)
  •  

  • 免許の色が変わる(ゴールド免許割など)
  •  

  • 必要なサポートが付帯されているか再確認するため
  •  

  • 全国の事故実績データが更新されるため
  •  

  • 適用される割引状況が変わる
  •  

  • 加入していた補償が変更になっている場合があるから
  •  

  • 新しいサービスが増えている場合がある
  •  

  • 知らされずに終了しているサービスが有る
  •  

    保険が変わる事よりも、あなたの適用される状況が変わっている可能性があるのです。

     

    最近私も驚いたのが、たまたま加入している自動車保険で、交通事故を起こしたら「かけつけサポート」というのが来てくれて、事故後の対応を助けてくれる、というサポートが始まっていたのです…。

     

    今まで意識していませんでしたが、確かに事故を起こしたら、ひとりで警察や救急車の手配、相手と対峙するのは大変です。
    そういうサービスがあることなども、見直したり比較することで、認識できるんですね。

     

    まとめ

     

    経過する年数によってあなたの現状が補償内容に合わなくなっている場合があります。

     

    年齢・車の価値が変わる事で気が付けば無駄な保険料を払っていることもあるのです。

    見直すポイントは?

     

     

    では、どこをチェックしたらいいの?

     

    と言うことで、チェックしておきたいポイントを上げました。


     

    補償内容の見直しポイント

     

    ●補償内容のチェック

     

    • 年齢条件
    •  

    • 車両の価値(車両価格・保険料が左右されます)
    •  

    • 免許証の色(ゴールド免許割)
    •  

    • 走行距離
    •  

    • 車両保険
    •  

    • 割引
    •  

    • ロードサービスの内容
    •  

    • 個人賠償責任保険

    特に車を乗り換えたなんて人は絶対見なおしてみてください。
    大きく保険料が下がることが有ります!

     

    自動車保険は、以前は「とにかく安くしたいから」見直すということが一般的でした。
    しかし交通事故での補償はもちろんですが、ライフスタイルに合った必要なオプションを付ける、ということも、せっかくお金を払うわけですので考えておくほうがいいのではないでしょうか。
    実際ロードサービスや、個人賠償責任保険のほうが、身近なトラブルで助けられた、ということが多いようです。
    具体的に見直す部分は以下のようなポイントです。

     

    • 補償内容  … 重大な事故でもしっかりとカバーができるか、同乗者への補償はどうか
    • オプション … 日常生活のなかでお役立ちのもの 個人賠償責任保険 弁護士特約 ロードサービス 自転車の事故の補償 など
    • 保険料   … 比較する場合は、同じ補償内容で確認を
    • 保険会社  … 独自のサポートがあったり、ライフスタイルによってオトクな場合あり
    • 車による割引、免許の色による割引など  … 会社によっては割引が入る車種があったりゴールド免許割などがある

     

    どれくらい前に申し込むべき?

     

    自動車保険の見直しは、どうしても更新の時期になってから慌てて、ということが多いようですが、2か月ほど前から比較検討しておくことをおススメします。

     

    またご家族が成人し、免許を取って車に乗るようになった、というとき、うっかりしていて年齢制限がそのままであった、ということもよくあります。
    車を買い替えたり、結婚したり、お子さんがやんちゃ盛りになったなど、ライフスタイルが変化したときも、自動車保険でカバーできるオプションを確認し、費用面だけでなく補償をプランニングするといいですね。

    どうやって保険を見直したら良いの?

     

     

    保険を選ぶポイントは保険内容と保険料と万が一の時困らないかですよね?

     

    保険会社を選ぶ時助かるのが一括見積もりサービスです。

     

    また、保険会社を選ぶポイントは

    • 保険内容と保険料のバランス
    •  

    • 万が一の事故対応

    この2つです。


     

    選ぶべき保険~見直しの仕方

     

     

    ● 其の1 ~比較するべし

     

    保険内容と保険料のバランスは同一条件でも保険会社によって変わります。
    まずは保険料を比較してみましょう。

     

    ● 其の2 ~基本的補償内容

     

    どう言った補償内容にするのか決めます!
    万が一の時に保障額が保険会社によって変わることはありません。

     

    ● 其の3 ~ロードサービスの内容を比較するべし

     

    万が一の時のロードサービスも付いていると困ることはありません。
    保険会社によってはロードサービスが別料金オプションという事もあります。

     

     

    ●基本的補償内容

     

     

     

    保険会社は「同一条件で安い事」・「ロードサービスも充実」と言う保険を選びましょう!

     

    ●保険を見直す必要性【まとめ】

     

    以前はただ費用を抑えるために、自動車保険は1年ごとに見直す、という感じでした。

     

    最近では社会情勢も変化していますし、天変地異も日常茶飯事になってきています。
    そういう部分をカバーできる補償にする、という必要性も高まってきているように感じますね。

     

    保険会社によって、さまざまなシーンで役立つサポートも打ち出してきていますので、そういったこともチェックして、ライフスタイルにぴったりな保険を選ぶようにしましょう。

     

    見直しのタイミング

     

     

    自動車保険の契約内容は、事あるごと見直しチェックを行うことが重要なのです。

     

    ここでは自動車保険の見直しがなぜ必要なのか、またその見直しのタイミングはいつなのか、といったことについて、みていきましょう。


     

    どんな時に見直す必要があるの?

     

    自動車保険は、満期が近づくと、そこでいくつかの保険会社の見積もりを取るなどして、同時に補償内容も見直す、という方がほとんどではないでしょうか。
    もちろんそれは正解ですが、満期が近づいたタイミング以外にも、やはり見直しをすべきタイミングというものがあるのです。
    絶対に見直しをしなければならないタイミングは、

     

    • 「ライフスタイルが変化したとき」
    •  

    • 「車の乗り方が変わったとき」

     

    契約中ずっとライフスタイルが変わらなければ、同行距離も予想通りでしょうし、車の乗り方も現状の保険で合うはずですが、仕事が変わった、家族が生まれた、同居する人が増えた、減った、なんてことは往々にしてあること。

     

    このような、生活環境に変化が生じたときが「保険見直しのタイミング」なのです。

    まずは、定期的に見直すこと!

     

    1年ごとの保険更新時にチェックするべし!

     

    もちろん先ほど言及した、満期が近づいたタイミングの見直しは絶対です。
    ここで補償内容もそこそこに、同じ会社に継続契約しているなんて方は、実態に合ってない補償内容になっている人は多くいます。

     

    最低限度の見直しタイミングは「契約満期の前」であり、その時に見積もりを比較するだけでなく、現状の車の乗り方に補償内容があっているのか?ムダはないか?必要なものがきちんとついているのか確認が必要なのです。

     

    年間走行距離指定は、半年あたりで確認して

     

    保険契約は、走行距離も予測して、あらかじめ何キロまで、というかたちで設定していますよね。
    でも契約期間中にライフスタイルが変わり、よく車に乗るようになった、というシーンもあります。

     

    今までは、年間走行距離が5千キロ行けばいい感じだったのが、その年は色々と回る必要が出たため、7千キロほどになりそうだと気づいたことがありました。
    契約から半年時にオドメーターを確認し、契約スタート時のオドメーターと比べることで、走行距離が超えないかの確認になり、補償の範囲を逸脱しそうかなどを見ておくことも大事なのです。

    大きく補償内容を見直す必要がある時

     

    運転者【年齢条件】をまたぐとき

     

    補償内容を見直すべきポイントは、なんといっても「年齢条件が変わる」タイミングですね。

     

    特に若年層の方は、「全年齢」 「21歳」 「26歳」と細かく分かれているうえ、年齢条件が変わることで保険料も大きく違ってきます。

     

    年齢条件のラインをまたぐ場合は、満期を待たずに契約条件を変更しましょう。
    また車両保険など補償内容についても、このときにしっかりと見直しをすることをおすすめします。

     

    車を買い替えたとき

     

    保険期間中に車を買い替えた場合も、条件が大幅に変わるため見直しのタイミングです。
    車両保険の部分や、搭乗者などにも変化があることから、人身・搭乗者傷害などの補償についても必要に応じて見直しが必要です。
    新しい車に補償内容が合っているのか、必要なものが欠けていないか、しっかりと見直ししましょう。

     

    家族構成が変わったとき

     

    人生の節目である「家族が増えた」 「巣立った」 「結婚した」 などという時も見直しのタイミングです。

     

    運転者の限定の範囲や年齢条件、また車の乗る距離にも影響が出ます。

     

    家族構成が変わったあとのカーライフがどう変化するかを想定し、補償内容があっているかどうか確認すべきです。
    車に乗るシーンだけでなく、小さなお子様が生まれたときなどは、「個人賠償責任保険」などのオプションも再検討するのも必要です。

     

    → 子供が結婚して別世帯になったら補償内容を見直そう

     

    子供が免許を取ったとき

     

    またお子さんが自動車免許を取得する場面では、車に乗る前から保険の内容をチェックし見直しをする必要があります。

     

    特に若い時の運転は、スキル面でも不安があり事故の確率もあがります。
    車両保険や、年齢の設定もお子さんが運転するその日に、きちんと補償されるようにしてください。

     

    → 子供が免許を取得し運転するようになったら保険を見直そう!

    まとめ【補償内容は毎年見直すのが基本】

     

    自動者保険は、入ったら入ったときだけチェックすればいいというものではありません。

     

    毎年更新時には見直しするのはもちろんのこと、ライフスタイルが大きく変化するときは要注意です。
    ちゃんと現在の状況に合った補償がついているのか再確認しましょう。
    的確に見直しを行うことで、保険料のムダを省き必要な補償がしっかりと受けられるようになります。

     

    【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


    今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

    ※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

    年代別の保険料相場と価格の決まり方


    このサイトの人気記事!


    結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


    各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


    自動車保険内容を見直しする


    TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター