車 安全装備 割引き

車の装備による割引き!安全装置が価格に反映

 

意外とご存じない方もいらっしゃるのですが、自動車保険というものは加入者の車に備わっている装備によって、割引きがなされるケースがあり、代表的なものにABS・エアバッグ・イモビライザー装着車に対する割引がありますね。

 

自動車保険の料金というものは、年齢や運転歴などの条件によっても変わることから判るように、事故を起こしにくい条件であるほど安くなるようになっています。

 

安全装置の備わっている車の場合は割引きが行われる自動車保険会社がほとんどです。

 

安全装置とはどういったものかといいますと、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)やエアバッグなどが挙げられます。この他にも各社ごとに基準が定められていますので、受けられる割引きはしっかりと受けるようによく確認しておくようにしましょう。

 

また車両保険に加入している場合には、イモビライザーの有無も保険料に関わってきます。
盗難防止装置であるイモビライザーが備わった車であれば、リスクを軽減することができるため保険料の割引きが適用されるケースが多いのです。

 

さらに新車割引きやエコカー割引き、低公害車割引き、福祉車両割引きなど様々な装備によって割引きしてもらえる可能性がありますので、必ずこうした車の装備を把握しておき、適用があるかどうかを確かめておくことが大切です。

 

少しでも費用を抑えて好条件での自動車保険選びを心がけましょう。

知らないと損をする保険会社の割引サービス!

 

 

保険商品の自由化以降、各保険会社は独自サービスを展開して競合事業社との差異化を図っています。

 

ほかとは違ったサービスを提供することで競争力を高め、顧客集客を狙っていると共にリスクが減る分はちゃんとユーザに還元しようという表れでもあります。

 

実際にどのようなサービスが用意されているのかを知るのも、賢い自動車保険選びのひとつですね!


現在の保険会社はリスク細分化を導入しているので、事故を起こさない可能性が高ければ高いほど保険料は割引しても利益は確保できるのです。

 

    ●保険会社が保険料を安くしても良いと考える契約者

     

  • 事故を起こしにくい
  •  

  • 事故時の被害が少ない

 

保険会社としても赤字にならないと判断されればそれが保険料に反映され、保険料割引が大きくなるというわけです。

 

    ●自動車保険の基本補償

     

  • 対人賠償保険
  •  

  • 対物賠償保険
  •  

  • 車両保険
  •  

  • 傷害保険

 

割引は基本補償全てに反映されるものと、それとは別に各保険会社が用意している割引サービスがあります。

 

最大で15%もの割引を受けられる割引サービスもあるので、保険を検討する際にはどのような割引サービスものがあり、自分の車にはどのような適合する装備委が装着されているのか知っておけば保険会社選びの大きな基準になります。

 

どんな割引サービスがあるの?

 

各保険会社が展開している主な割引サービス

 

ゴールド免許割引

 

免許書がゴルードで運転者限定が本人の場合、3~5%の割引が受けられる

 

イモビライザー割引

 

契約対象車両にイモビライザー(盗難防止装置)が付いている場合、車両保険の5%割引が受けられる。

 

エアバック装着割引

 

契約対象車両にエアバックが付いている場合、搭乗者傷害保険の10%割引が受けられる。

 

デュアルエアバック装着割引

 

契約対象車両にデュアルエアバック(運転席と助手席両方にエアバック)が付いている場合、搭乗者傷害保険の15%割引が受けられる。

 

衝突安全ボディ割引

 

契約対象車両が追突衝撃を緩和する衝突安全ボディの場合、搭乗者傷害保険の10%割引が受けられる。

 

ABS装着割引

 

契約対象車両が急ブレーキ時に車両安定を確保するABS装着の場合、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険、全てに5%割引が受けられる。

 

横滑り防止装置割引

 

契約対象車両が自動で車両の進行方向を安定させる横滑り防止装置を装着している場合、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険、全てに5%割引が受けられる。

 

などがあります。

 

安全装置の割引情報 まとめ

 

安全装置が装備されている車両ならばこのような割引が受けられます。

 

特に保険料上昇の原因になる「車両保険」の割引かれるイモビライザー割引や、車両保険を除く基本補償すべてに割引が受けられるABS装着割引・横滑り防止装置割引は保険料に少しからず影響してくるでしょう。

 

しかし、これら割引サービスは全ての保険会社で同じように用意されているわけではありません。

 

ゴールド免許割引はほとんどのところで用意されていますが、ほかの割引はあるところないところがある上、その割引率も違ってきます。

 

この割引サービスだけを目的に保険会社を選びの基準にはなりませんが、対象車両に安全装置が装備されている際には、大きな比較検討材料としてもいでしょう。

 

必ずどのような安全装置が装備されているのかを把握して、契約候補先の保険会社でどのような適用があるのかを確かめるようにしましょう。

 ●自動車保険・割引についてのお役立ち記事

 

自動車保険の割引制度を活用しよう!

※保険会社に用意される様々な割引を紹介しています。

 

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


自動車保険内容を見直しする

この記事と関連するページ

ゴールド免許の人
自動車保険の割引であるゴールド免許割引。常識てきな割引ですが、詳細まで理解できるように紹介します。
インターネット割引きと早期契約割引
早期割引や継続割引きなど各種割引制度が有ります。その中でも一番保険料に影響するのがインターネット割引きですね!
夫婦だけしか運転しない人
自動車保険の割引制度についてまとめています。自動車保険は上手く割引を活用しなければすごく高額になってしまいます。
家族しか運転しない場合
運転者限定特約の家族限定割引を上手く使う事で車の補償範囲は狭められますが、保険料は効率的に割り当てることができます。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター