NEWS・コラム

保険の怖い話【自動車保険相場Navi】

知ってっる?

先日保険屋さんの営業マンと話をしていたのですが、今の保険内容が間違っていた事に気がつかされました。
というか、保険屋さんの進める保険が本当に良い物ではないということに気付かされてしまった。
僕は、コレを機会に自動車保険は富士火災に見直します。
今すぐに切り替えようと思うほど衝撃的な話だったんです。
こんな話、したんです・・・

実体験で怖い話でした。

(営業マン)
自動車保険、特に任意保険ですが詳しいですよね?
(田中)
ええ、まあソコソコ勉強したので前より詳しくなってますね。
(営業マン)
ではどんな任意保険の内容で入っていますか?
(田中)
もちろん対人・対物 無制限で入ってますよ。
それと、弁護士特約と車両保険まで入ってます。
200万円以上した車ですから車対車+A(エコノミー車両保険)に入ってますね。
(営業マン)
ふんふん。
ちゃんと最低以上の保険に加入してますね。
でも、一つ忘れてませんか?
(田中)
はて?
何か忘れてますか?
(営業マン)
アレですよ アレ。
「人身傷害」ですよ。
(田中)
あ、あ。
もちろん入ってますよ。
確か、5000万円で加入してます。
でも殆どの人は3000万円何ですよね?
だから僕は少し上乗せして5000万円にしてますね。(チョット得意気)
(営業マン)
それじゃアカンのですわ~
それでは危ないんです。
この「人身傷害」も無制限、又は最低「1億円」にしないと危ないんです。
因みに殆どの人が3000万円て話ですが、何で皆3000万円で入っているのか知っていますか?
私は個々の部分に自動車保険会社の不親切さを強く感じるんです。
だから今日この話をしているんです。
(田中)
ホウ ホウ、で、なぜ皆3000万円なんですか?
(営業マン)
「人身傷害」の最低お加入金額が3000万円からなんです。
皆事故をした時に相手の事と、車のことと、自分の事はそれなりに考えるんですが、自分の車に乗っている
「同乗者」の事の最悪のケースを考えてないんですよね。
だから、取り敢えず3000万円加入しているからと安心してしまうんです。
それでも気にする人でも5000万円位なんですよね。
(田中)
「同乗者」の最悪のケースですか。
確かに考えていないわけではないけど、3000万円ってかなり大きな金額だと思っていましたから。
(営業マン)
そこなんです。
もしですよ?
もし、奥さんが自損事故で電信柱に突っ込んでしまって、亡くなってしまったらどうしますか?
携帯電話をイジっていてよそ見で事故なんてよく有ることではないですか?
そんな事故で、奥さんが亡くなってしまったら、自動車保険の保証は3000万円支払われるんです。
この金額を安いと見るか高いと見るか?
ココがポイントなんですが、生命保険で3000万円降りるってかなり高額な金額になるので、納得はしませんが、
かなり高額な金額が降りますね?
正直それならいいんです。
言いづらいのですが、奥さんが亡くなってしまったなら良いんです。
では、もし奥さんが生き残って、重度の障害が残ってしまったらどうしますか?
もしそのまま、寝たきりなんて言ったらどうしますか?
ハッキリ言って3000万円なんかじゃ全く足りないんでrす。
お爺ちゃんおばあちゃん何かですと、ぽっくり言ってしまうことが有るんですが、
まだ若い方は生き残ってしまうんです。
そうしたら、シムまでに一生掛かる介護料幾ら掛かるとオイますか?
1億・2億欲しくなるんですよ。
ハッキリ言って、保険会社は被保険者が亡くなってしまったほうが有難いんです。
それなら、3000万円契約なら3000万円、無制限なら、一生涯その人が稼ぐであろう金額が支払われますね?
でも、生き残って、一生介護なんて言ったらいくら掛かるのかビックリする金額になるので保険会社も大損害なんです。
だ・か・ら・保険会社もその「人身傷害」の部分はそれほど大事にしないんです。
いいづらい事ですが、亡くなってしまったほうが良かったなんてどうかしてますよね?
でも会社の利益はその方が高いんです。
この話も、知っていると知らなかったで、後になってアノ時に入っていたらなんてことになってしまったら嫌ですよね?
私も嫌な気分です。
だから、少しきつい話ですが、こんな話をしたんです。
(田中)
なるほど、生命保険の3000万円と、自動車保険の3000円って意味合いが違うんですね。
でもその分保険料って高くなるんですよね?
最近の保険のトレンドって安く安くって感じですよね?
(営業マン)
そうですね。
確かに保険料が高くなります。
でもせっかく保険を見直すようでしたら絶対「人身傷害補償」は無制限にして下さい。
でいくら位いがると思いますか?
(田中)
今の保険料が車両保険込みで 約75,000円位ですから80,000円くらいですか?
5,000円くらい上がるんですかね?
(営業マン)
実は年間で1500円ほどしか上がらないんです。
月間でもコーヒー1本分でこの安心が買えるんですよ。
(田中)
そんなもんなんですか?
でも何でこんな大事なこと今までの人は話してくれないんですか?
ものすごい大事じゃないですあk?
(営業マン)
そうなんです。
僕もそれは声を大にして言いたいんですが、理由は
保険会社が損してしまうからなんです。
保険会社は慈善事業ではないんです。
利益優先の営利団体なんです。
色々車内でも有るんですよね。
でも僕のお客さんには悲しい思いをして欲しくはないですし、
保険は見えない商品。それは信頼を売るものですからね。
信頼を得る商品は値段じゃないんです。
少しくらい高くても信頼、安心できる保険で契約しますよね?
コレが僕のモットーで今日話しをした理由なんです。
(田中)
でも、この保険内容で他の会社で契約したら良いんじゃないんですか?
(営業マン)
フッフッフッ!(´・ω・`)
心配ないんです。
当社富士火災は、ロードサービスも最強なんです。
富士火災のロードサービスは上限30万円なんです。
30万円でレッカーしたら400km運べますからね。
そういう意味でも自動車保険は富士火災最強なんです。
因みに生命保険は他社をおすすめしますけどね。

せっかく自動車保険を見直す機会が有るのでしたら他社との比較もしておいたほうが絶対に良いです。
何故かと言うと?
もし加入したい自動車保険が少し位高くなってもその差額で納得できると言うことが大事なんです。
自動車保険、高いなーと思うよりも
任意保険は〇〇円だけど、安心できると納得できることが大切なんです。
その、納得のためには他社比較も大切なんですね。

Originally posted on 2019.3.2 @ 21:00