バイク保険

おすすめのバイク保険と選び方

 

 

「バイクにも任意保険が必要です!!」

 

「えっ、バイク用の保険なんてあるの?」

 

「僕は事故を起こさない運転技術を持っているから保険なんていらないよ」
という方もいそうです。

 

でも、バイクは事故に遭った時、怪我をしたり、死亡したりする確率は自動車よりはるかに高くなっています。


バイク保険は排気量ごと使う保険が変わる?

 

バイクの保険は自賠責・自動車保険のファミリーバイク特約・バイク専用の任意保険

 

原付バイク【50cc以下】の保険

 

原付バイクにも他と同様に「自賠責保険」がありますが、車検がない分、うっかり自賠責が切れたまま走行してしまうことがあります。
ここを気を付けるとともに、自動車保険のファミリーバイク特約を活用するか、自動車を所有していないなら、きちんと別途「任意保険」に加入することが大切です。

 

→ 原付バイクの保険について詳しくチェック

 

小型自動2輪【125~250cc未満】の保険

 

125~250㏄までの小型自動二輪の場合、「車検がない」ので、コストがかからず人気という反面、「自賠責保険が切れても気づかない」ことが大きなリスクになりえます。
自賠責保険を切らしたまま事故を起こすとまったく補償が受けられませんし、大きな事故を起こすと自賠責では到底補償が足りません。
事故を起こした時のリスクをきちんと考え、万が一のトラブルに備えて、任意保険にしっかり入ることが大事です。

 

→ 小型自動2輪【125~250cc未満】の保険について詳しくチェック

 

中型自動2輪【250cc~400cc】の保険

 

250~400㏄の中型自動二輪の場合は、自動車と同じように「車検」というものが必要なため、自賠責保険がうっかり切れてしまって…という心配はほぼなくなります。
とはいえ、自賠責保険のみで万が一事故を起こしたとしたら、人身、物損ともにまったく保証が足りず、その後の人生を棒に振るような形になるリスクも高くなります。
基本「自賠責保険+バイクの任意保険」が必要と考え、補償内容もしっかりと理解し検討することが大事です。
意外に思われるかもしれませんが、保険料も実はこれより小型のバイクのものと変わりません。

 

→ 中型自動2輪【250cc~400cc】の保険について詳しくチェック

 

大型バイク【600・900・1000cc以上】の保険

 

大型バイクの場合も、車検に通す必要がありますから、「自賠責保険」についてはこのときにしっかり加入、となるので問題はないでしょう。
とはいえ、やはり事故を起こしたときに自賠責のみしか加入していないと、必要な補償がきちんと受けられない状態となるため、任意加入のバイク保険はきちんと検討、加入することが大事です。
大型バイクの保険は、大々的に値段などを出して宣伝をうっている保険会社はほとんどないので、自分自身でいくつか保険会社に相談し、見積もりをとる必要がありそう。
大々的に値段が出ていないだけに、きちんと複数で比較検討しないと、結果的に損をするかもしれません。

 

→ 大型バイクの保険について詳しくチェック

バイクの保険には種類がある!

 

バイクの保険に入るのは、バイクを運転するマストアイテムです!

 

バイクが加入できる保険は3つあります。

 ●バイク保険の種類

  • 自賠責保険(バイク)~加入が絶対必要で未加入は違法。相手の怪我のみ補償。
  •  

  • ファミリーバイク特約~自動車の任意保険にオプションとして追加出来ます。
  •  

  • 「バイク保険(任意保険)」~バイク専用の任意保険、補償内容も選択できます。

 

このページでは、この3つのバイクの
保険を紹介します。

自賠責保険

 

自賠責に加入するのは義務!

 

道路を走るバイクは必ず「自賠責保険」に加入していないと、公道を走ることができません。
(自賠責法2条、5条)
これは法律で決まっており強制保険に分類されます。

 

加入の義務に違反すると

 

  • 1年以下の懲役、50万円以下の罰金
  • (自賠責法86条の3 第1項)

自賠責保険に加入していないと道路交通法違反になり罰せられます。

 

標章を付けていないと

 

標章 =(自賠責の加入した際渡されるナンバープレートにはるシール)

  • 30万円以下の罰金
  • (自賠責法88条 第1項)

 

標章により一目で見分けがつくようになっており、ナンバープレートに標章シールを貼る事で判別することが出来ます。

 

自賠責保険が強制と言われる理由がわかりますね。

 

補償範囲

 

自賠責保険の補償範囲は「事故相手の怪我」のみ補償できます。

 

相手の物、自分の怪我に対しては補償されません。

 

対人賠償
  • 死亡の場合 3000万円
  • 傷害の場合 120万円
  • 後遺障害  75万円~4000万円 (認定される等級により異なります)

※「対人」とは、相手方の怪我の補償です。

 

対物賠償
  • ありません

 

自身への補償
  • ありません

 

もし事故の相手が車屋バイクだった場合、自分自身の怪我は相手側の自賠責保険にて補償されます。

 

しかし、相手が自転車や歩行者、または自賠責に加入していかった場合(期限切れも含む)自身の補償に保険は適用されません。

 

そのため、自賠責保険は、かならず加入しないといけません。

 

それでも、自賠責保険だけではもしもの時の「補償」は足りないのです。

 

ファミリーバイク特約

 

加入の方法

 

自動車を持っており任意保険に加入している場合(自動車は任意ですが、基本的には加入してください)、自動車の任意保険のオプションとして追加して125cc以下のバイクまでは「ファミリーバイク特約」という補償が適用することができます。

 

補償範囲

 

ファミリーバイク特約はバイクを乗る人の任意で申し込みをしなければなりません。
車の任意保険に加入していても、対象のバイクを登録していなければ補償されません。

 

排気量や年齢による制限があり、契約できない場合もあります。

 

対人賠償・対物賠償

 

自動車任意保険の契約額まで補償されます。

 

自身への補償

 

保険会社によっては、人身傷害特約を付けることができます。

 

他車運転危険担保特約

 

人から借りたバイクを運転し事故にあったときは補償されません。

 

→ 原付特約(ファミリーバイク特約)~【自動車保険の特約紹介】

 

バイク保険(任意保険)

 

バイク用の任意保険が存在します。

 

自賠責保険は飽くまでも相手の怪我を補償する補償でした。

 

しかし任意保険は、契約内容によっては自賠責保険だけで足りなかった補償金額をカバーするだけではなく、対物補償から自身の怪我・バイクの修理代まで補償することが出来ます。

 

この補償内容は、自動車同様に補償の範囲を細かく決めることが出来ます。

 

補償範囲

 

対人賠償

 

無制限に設定がおすすめ

 

対物賠償

 

無制限に設定がおすすめ

 

自身への補償
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 搭乗者傷害保険など
  • 車両保険

 

自動車保険の任意保険とまったく同じ内容の補償が用意されています。
保険未加入者やひき逃げ事故でも補償が厚くなります。

 

デメリット

 

バイクは事故率が自動車より高いので、保険料が割高になります。
特に若い人や初めてバイク保険に加入する人は割高になってしまいます。

 

バイク保険の補償範囲の比較

 

3つのバイクの保険の補償範囲をまとめました。

 

 

自賠責保険

ファミリーバイク特約

バイク保険

対人賠償

対物賠償

自身への補償

排気量の条件

なし

125cc以下まで

なし

 

バイクに乗る人にオススメにお保険はこれ!

 

バイクに乗るのならば自賠責保険だけではなく、
任意保険にも加入しましょう。

 

  • 自賠責+ファミリーバイク特約(車の任意保険)
  •  

  • 自賠責+バイク保険(任意保険)

 

バイクの排気量、用途などによって
ファミリーバイク特約にするか、バイク保険を選ぶことになります。

 

バイクだからと任意保険には加入していない人が多く見られますが、
バイクを運転するなら必ず入ってくださいね!

 

 

バイクの任意保険どこに入って分からない場合
ますは比較してみましょう。→ バイクの見積もり比較を見てみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド