バイク保険

おすすめのバイク保険と選び方

 

▼「2バイク保険の必要性をマンガで解説」▼

 

 

「バイクにも任意保険が必要です!!」

 

「えっ、バイク用の保険なんてあるの?」

 

「僕は事故を起こさない運転技術を持っているから保険なんていらないよ」
という方もいそうです。

 

でも、バイクは事故に遭った時、怪我をしたり、死亡したりする確率は自動車よりはるかに高くなっています。


 

A. 【排気量別】バイク保険の保険料とベストチョイスを紹介!

 

バイク保険どこの保険会社が良いの?」とよく聞かれます。
そんな時「どの保険会社が良いかわからなければ、複数社の見積もりを比較するといいですよ」と答えます。

 

1社だけ見ても、補償内容と保険料の特徴が分かりませんが、比較することでどの保険会社が安いのか一目でわかり、保険選びも迷いません。
※複数社の保険見積もりはこちらからできます→ バイクの見積もり比較をしてみる

バイクの保険には種類がある!

 

バイクの保険に入るのは、バイクを運転するマストアイテムです!

 

バイクが加入できる保険は3つあります。

 ●バイク保険の種類

  • 自賠責保険(バイク)~加入が絶対必要で未加入は違法。相手の怪我のみ補償。
  •  

  • ファミリーバイク特約~自動車の任意保険にオプションとして追加出来ます。
  •  

  • 「バイク保険(任意保険)」~バイク専用の任意保険、補償内容も選択できます。

 

このページでは、この3つのバイクの
保険を紹介します。

自賠責保険

 

自賠責に加入するのは義務!

 

道路を走るバイクは必ず「自賠責保険」に加入していないと、公道を走ることができません。
(自賠責法2条、5条)
これは法律で決まっており強制保険に分類されます。

 

加入の義務に違反すると

 

  • 1年以下の懲役、50万円以下の罰金
  • (自賠責法86条の3 第1項)

自賠責保険に加入していないと道路交通法違反になり罰せられます。

 

標章を付けていないと

 

標章 =(自賠責の加入した際渡されるナンバープレートにはるシール)

  • 30万円以下の罰金
  • (自賠責法88条 第1項)

 

標章により一目で見分けがつくようになっており、ナンバープレートに標章シールを貼る事で判別することが出来ます。

 

自賠責保険が強制と言われる理由がわかりますね。

 

補償範囲

 

自賠責保険の補償範囲は「事故相手の怪我」のみ補償できます。

 

相手の物、自分の怪我に対しては補償されません。

 

対人賠償
  • 死亡の場合 3000万円
  • 傷害の場合 120万円
  • 後遺障害  75万円~4000万円 (認定される等級により異なります)

※「対人」とは、相手方の怪我の補償です。

 

対物賠償
  • ありません

 

自身への補償
  • ありません

 

もし事故の相手が車屋バイクだった場合、自分自身の怪我は相手側の自賠責保険にて補償されます。

 

しかし、相手が自転車や歩行者、または自賠責に加入していかった場合(期限切れも含む)自身の補償に保険は適用されません。

 

そのため、自賠責保険は、かならず加入しないといけません。

 

それでも、自賠責保険だけではもしもの時の「補償」は足りないのです。

 

ファミリーバイク特約

 

加入の方法

 

自動車を持っており任意保険に加入している場合(自動車は任意ですが、基本的には加入してください)、自動車の任意保険のオプションとして追加して125cc以下のバイクまでは「ファミリーバイク特約」という補償が適用することができます。

 

補償範囲

 

ファミリーバイク特約はバイクを乗る人の任意で申し込みをしなければなりません。
車の任意保険に加入していても、対象のバイクを登録していなければ補償されません。

 

排気量や年齢による制限があり、契約できない場合もあります。

 

対人賠償・対物賠償

 

自動車任意保険の契約額まで補償されます。

 

自身への補償

 

保険会社によっては、人身傷害特約を付けることができます。

 

他車運転危険担保特約

 

人から借りたバイクを運転し事故にあったときは補償されません。

 

→ 原付特約(ファミリーバイク特約)~【自動車保険の特約紹介】

 

バイク保険(任意保険)

 

バイク用の任意保険が存在します。

 

自賠責保険は飽くまでも相手の怪我を補償する補償でした。

 

しかし任意保険は、契約内容によっては自賠責保険だけで足りなかった補償金額をカバーするだけではなく、対物補償から自身の怪我・バイクの修理代まで補償することが出来ます。

 

この補償内容は、自動車同様に補償の範囲を細かく決めることが出来ます。

 

※バイク保険は排気量によって加入すべき最適な保険が変わります。
【排気量別】バイク保険の保険料とベストチョイスを紹介!

 

補償範囲

 

対人賠償

 

無制限に設定がおすすめ

 

対物賠償

 

無制限に設定がおすすめ

 

自身への補償
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 搭乗者傷害保険など
  • 車両保険

 

自動車保険の任意保険とまったく同じ内容の補償が用意されています。
保険未加入者やひき逃げ事故でも補償が厚くなります。

 

デメリット

 

バイクは事故率が自動車より高いので、保険料が割高になります。
特に若い人や初めてバイク保険に加入する人は割高になってしまいます。

 

→ 怖!バイクで任意保険に加入してない?事故ったらどうなる?

 

バイク保険の補償範囲の比較

 

3つのバイクの保険の補償範囲をまとめました。

 

 

自賠責保険

ファミリーバイク特約

バイク保険

対人賠償

対物賠償

自身への補償

排気量の条件

なし

125cc以下まで

なし

任意保険の必要性~自賠責との違い

 

 

自動車を所有するなら、その時点で任意加入の自動車保険も検討するのが一般的ですよね。
でも、バイクの場合はどうでしょうか。
バイクといってもさまざまな種類、大きさがありますので、どんなバイクに乗るかで、保険に対する考え方や感覚が個々に違っていることもあるかもしれません。

 

でも、大きさや種類にかかわらず、バイクこそ、事故を起こしたら大変な状況に陥りやすいものなのです。
もちろん「自賠責保険」には入っているでしょうけど、それだけでは到底賄えないような事故のほうが多い。

 

ここではバイクに乗るとき、「自賠責保険」だけではダメな理由、「任意保険」がなぜ必要なのか、考えてみました。


 

バイクに乗っていて「自賠責保険があるから大丈夫」という何の根拠もない自信をもって、平気な人も中にはいます。
しかし以下のようなケースでは、到底自賠責だけでは賄いきれません。

 

  • 運転を誤りガードレール、店舗、家など他者の物に損害を与えてしまった場合
  • 事故での過失から、自賠責保険で補償できる範囲以上の賠償金額となった
  • 事故を起こして自分のバイクが大破、大掛かりな修理が必要になった
  • 事故で転倒し、自分自身が大けがを負ってしまい、入院、手術費用が高額になった

 

バイクの種類や大きさなどにかかわらず、こういったケースの場合、「自賠責保険」だけではカバーできません。
「自賠責保険」とは、あくまでも事故を起こした際に「相手のケガに対して必要最低限度の補償をするもの」でしかありません。

 

  • 死亡    … 最高で 3,000万円
  • 後遺障害  … 最高で 3,000万円 ※神経などに著しい障害が残り常時要介護の場合 最高4,000万円
  • 傷害    … 最高で 120万円

 

自分自身がもし死亡、後遺障害、傷害となったとしても、自分の自賠責からこういった補償はうけられません。
さらにあくまでも体に関してのことだけであり、相手の車やバイク、第三者の物損などについては、「自腹で賠償」することになるのです。

 

仮に自身が相当なお金もちだったとしても、それらを100%賠償するのはさすがに厳しいのではないでしょうか。

 

実際の事故では、どのくらい賠償しなければならない?

 

ケース1 原付 対 原付 正面衝突

 

Y字になった信号のある道路で、二股の一方から青信号で原付で法定速度で走行していて、トラックの陰からすり抜けて信号無視をしてきた原付が飛び出してきて正面衝突。
体が投げ出され打撲で救急車で搬送されたものの、信号無視してきた加害者が連絡に応じなくなり、こちらも自賠責のみだったので、壊れた原付の修理費用も、治療費も数十万円単位ですべて自腹で払うことになった。

 

相手がきちんと任意保険に入っていなければ、逃げることもなかったはず…

 

ケース2 バイク 対 歩行者 追突

 

悪天候の日、250㏄のバイクで走行中、飛び出してきた動物を避けたところ側道を歩いていた男性に追突。
男性は後遺障害を負い、数千万円単位の賠償金が必要に。
自賠責のみしか入っていなかったため、一部は賄えたものの、どう頑張っても払いきれないほどの賠償金を生涯かけて払うことになった。

 

ケース3 大型バイクで単独事故 信号機を破損

 

大型バイクで右折してくる車と接触しそうになったので慌ててしまい、避けられたものの、歩行者などもいたため、信号機に激突してしまった。
バイクはかなり高額なものだったが全損状態になり、自分もケガをし、信号機を大きく破損。
買ったばかりのバイクで任意保険に入る前に乗ってしまったため、数百万の信号機の補修費用と自分のケガの治療費、バイクのローンがのしかかることになってしまった。

 

ケース4 バイク 対 車

 

旦那さんがバイクで車と事故を起こし、死亡。
過失もあったことから、相手方への億単位の賠償が必要になり、家族が路頭に迷うことに。
大黒柱である旦那さんがきちんと任意保険に入っていれば、相手方への補償もしっかり、また亡くなったことに対しても補償が受けられた。

 

自身のケガ、バイク、物損にも備えなければ人生を棒に振る

 

「自賠責保険」に入っているから、何とかなる、というのは大きな間違いです。
これは本当に「必要最小限度、相手の体に対しての補償をする」というものであり、実際に事故に遭ったら、到底そんなものでは済まされません。
また相手があっての事故で、車やバイクで相手の保険で自身のケガに関して補償があればまだましですが、相手も無保険であったり、過失割合によってはしっかりと賄えるとも限りません。

 

また高額なバイクに乗る場合、ローンを組んで支払っている最中に事故、ということもあり得ます。
任意保険で車両保険を付けていれば、こういった場合もカバーできる可能性がありますが、任意保険未加入ではさらに大きな借金を背負いこむだけになることも。

 

原付から限定解除など大型バイクまで、どんなバイクでも、事故を起こせば命に係わるリスクが高いものです。
バイクを買う段階で、任意保険についてもチェックし、予算のなかに組み込んでから検討するようにしましょう。

 

バイクに乗る人にオススメにお保険はこれ!

 

バイクに乗るのならば自賠責保険だけではなく、
任意保険にも加入しましょう。

 

  • 自賠責+ファミリーバイク特約(車の任意保険)
  •  

  • 自賠責+バイク保険(任意保険)

 

バイクの排気量、用途などによって
ファミリーバイク特約にするか、バイク保険を選ぶことになります。

 

バイクだからと任意保険には加入していない人が多く見られますが、
バイクを運転するなら必ず入ってくださいね!

 

 

バイクの任意保険どこに入って分からない場合
ますは比較してみましょう。→ バイクの見積もり比較を見てみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド