チューリッヒ

チューリッヒ【zurich】

 

 

チューリッヒは外資系のダイレクト型自動車保険です。

 

日本でも近年はテレビコマーシャルなどによってかなりその名を耳にする用になりましたが、元来世界中で信頼されている大手損害保険会社として高い実績を誇ります。


チューリッヒ【zurich】の評判事故対応は?

 

私の感じたチューリッヒ

 

チューリッヒの自動車保険のもっとも大きな特徴は、合理的な商品構成による保険料の低減化です。

 

徹底して中間コストや人件費等のコストを削減することで、削減分変換という形でそれを実現しています。

 

商品構成がシンプルであることから、インターネットでの申し込みでも不安に感じることが少なく、その手続きすべてがインターネットにて完結させることができるため、手軽さが受けている自動車保険でもあります。

 

注目ポイント

 

自動車保険に対する要望は人それぞれで違ってきますので、安さを求める方はチューリッヒが適していますが、万全のサポート体制を求める方にはあまり向いていないかもしれません。

 

その分安さは業界でもトップクラスとなっており、公式サイトに掲載されている例では、車種がワゴンRで対人および対物賠償保険、車両保険をつけても年間保険料がわずか20420円という低料金での自動車保険を提供してくれています。

 

最終的にどこまで補償をつけるべきか、安さとの兼ね合いをどうするか、というのは自身の判断となりますので、よく比較検討して決断するようにしましょう。

 

ロードサービス

 

チューリッヒの損害拠点数は全国6箇所、そして提携ロードサービス拠点が約9500箇所ということで、全国をしっかりカバーすることができています。

 

ただしレッカーサービスや修理サービス、また事故の際の宿泊や帰宅費用のサービスといった、いわゆるロードサービスは自動付帯ではありませんので注意が必要です。

 

これらのサービスが欲しいと思う方は別途申し込む必要がありますので、ロードサービス費用特約などを付帯させるようにしましょう。

 

サービス内容 対応内容・条件
レッカー距離

/運搬費用

指定工場 100㎞/希望先 100㎞
宿泊費用 1泊
帰宅費用 無制限
トラブル対応
  • バッテリー上がり
  • キー閉じこみ
  • パンク・タイヤ交換
  • 脱輪引き上げ
  • ガス欠
  • 条件(30分以内)

チューリッヒ自動車保険の割引をチェックしてみた!

 

とても合理的で納得の保険料で定評のある「チューリッヒ自動車保険」。
ダイレクト型保険の先駆け的な印象もある会社です。
自動車保険のことはわからない、というかたも、公式サイトをみれば丁寧に説明してあるので意外とカンタンに申し込みもできます。
ここではそんな「チューリッヒ自動車保険」の安さの秘密「割引」についてチェックしてみました。

 


 

チューリッヒ「スーパー自動車保険」は割引が充実している

 

チューリッヒの自動車保険「スーパー自動車保険」には、いくつかの割引が設定されています。
これがこの保険の安さの秘密ともいえそうです。
割引は以下のようなものがあります。

 

インターネット割引 

 

保険料に応じて1年目、2年目、3年目以降でインターネットで申し込みすることにより割引に

保険料 3万円 1年目 2500円、2年目 2000円、3年目以降 1500円 割引
保険料 3~4万5千円 1年目 5000円、2年目 4000円、3年目以降 1500円 割引
保険料 4万5千円以上 1年目 7000円、2年目 5000円、3年目以降 1500円 割引

 

ゴールド免許割引

 

被保険者の方の免許が「ゴールド免許」である場合に、優良ドライバーで低リスクという見方から割引に。
そのほか、免許の色によって、保険料は細分化されています。

 

早期契約割引

 

「早割」などともいわれる割引で、契約の日が保険が開始される日から45日前までであれば、年間の保険料からさらに500円安くなります。

 

e証券割引

 

「e割」などとも呼ばれる割引。
インターネットから、新規、継続契約をしたうえ、保険証券(解約承認書・異動・領収証なども)を省略する場合に受けられる割引。
500円割引してもらえます。

 

新車割引

 

保険期間の最初の日が属している月に対して、初年度登録から25か月までの車を「新車」と規定し、その車で契約する場合(自家用普通乗用車、自家用小型乗用車限定)に限り「対人」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」「人身傷害保険」の保険料が割引されます。

 

エコカー割引

 

以下のようなタイプの車が契約車の場合に、「対人」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」「車両保険」を割引してもらえます。

  1. ハイブリッドカー
  2. 電気自動車(含む 燃料電池自動車)
  3. 天然ガス自動車
  4. メタノール自動車
  5. 自動車重量税、自動車取得税の特例措置の対象の自動車(初年度登録平成22年1月1日以降に限る)

 

地球環境保護促進という観点から、低公害車とみなせる車を対象に、保険料を割引してもらえるということです。

 

紹介割引

 

現在チューリッヒで「スーパーバイク保険」「スーパー自動車保険」「スーパー傷害保険」を契約しているユーザーから紹介されて「スーパー自動車保険」に契約すると、紹介割引を受けられます。
最大で2500円ということですので、これもお得ですね。

 

チューリッヒ自動車保険のおススメの割引は??

 

チェックしたなかで、この会社で設定された割引のなかで個性的なのは、「紹介割引」でしょうか。
現在加入している方から紹介されることで、新規のユーザーさんにも、図書カードが1500円相当分もらえるんだそうです。
ということは、紹介される側の方にもうれしい割引ということですからね。

 

契約していて、この保険いいと思ってる方は、知り合いや親戚などに紹介してみるといいですね。

 

ネット申し込み可、比較的新しい車やエコカーの方はおすすめ

 

やはり昨今多くなっているダイレクト型の自動車保険の場合、インターネットで申し込むほうが断然お得になっていますね。
このチューリッヒの場合も、ネット申し込みすることによって、証券を省略すれば、e証券割引も適用することができますし。

 

またこの会社のように、早期割引を設定しているところも多くなっていますので、より早めに複数の自動車保険を比較検討するのが得策と言えそうです。

こんな人におすすめ

 

もっとも通常自動付帯となっていることが多いロードサービスなどを外すことによって、より保険料を抑えることができますので、その辺りはそれぞれ個々の必要に応じて検討したいところです。

 

とにかくコストを抑えて、最低限の補償だけは付けておきたい、といった自動車保険の選び方をする場合には、このチューリッヒはとても有力な候補となることでしょう。

 

また事故の受付に関してですが、24時間受け付けは行っていますが、休日の場合は受付のみとなっています。また休日事故急行面談も行っていませんので、必要な方は検討し直さなければなりません。

  

 

 

 ●チューリッヒ自動車保険 お役立ち記事

 

自動車保険の割引制度を活用しよう!

 

自動車保険会社の役割と各社の紹介

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド