あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保

 

 

あいおいニッセイ同和損保が提供する自動車保険がタフ・クルマの保険です。

 

あいおいニッセイ同和損保はMS&ADインシュアランスグループの傘下であり、三井住友海上などとも同グループの大手損害保険会社です。

 

安心度は高く万一の事故などの重要な場面での交渉を任せるのにも、信頼して任せることができるでしょう。


あいおいニッセイ同和損保の評判事故対応は?

 

私の感じたあいおいニッセイ同和損保

 

あいおいニッセイ同和損保のタフ・クルマの保険は対歩行者等傷害特約、人身傷害自立支援費用補償特約がセットされるなど、充実した補償内容が特徴でしっかりとした安心を買っておきたいという方にはぴったりの自動車保険です。

 

もちろんダイレクト自動車保険等と比較すれば、費用面は高くなってしまうケースが多いですが、その分利用者の満足度は非常に高く、バランスのとれた自動車保険ということで高評価を得ています。

 

注目ポイント

 

家族運転者の年齢条件に関する特約の適用や、優良運転者割引の適用など、きめ細かな条件設定も売りとなっており、それぞれのニーズに応えたさまざまなサービス提供が行われています。

 

あいおいニッセイ同和損保がもうひとつ高い評価を得ているのが、契約時や事故対応などの際の対応力です。

 

まず契約時には解りづらいことや、疑問点などはこと細かく親身に説明してくれるという口コミを随所で見かけることができます。

 

事故対応も非常に素早く、不安を感じさせる暇もないほどにてきぱきと処理してくれる、という利用者の声が多いようです。

 

ロードサービス

 

ロードサービス等は特に充実しており、レッカーサービスは60km以内の修理工場までの移動が無料、登録修理工場への移動は無料という設定になっており、無料での移動距離数は数ある保険会社の中でもトップクラスです。

 

クイック修理サービスは自力走行ができなくなってしまった場合の30分以内の応急修理等が無料となっています。

 

バッテリー上がりやパンク、ガス欠、キーの閉じ込みなどさまざまなトラブルに対応してくれます。

 

あいおいニッセイ同和損保の損害拠点数は全国229箇所、スタッフ数は約6000名となっています。

 

さらに代理店数は2012年の時点で約49000箇所と、保険会社の中でもかなり大規模な全国展開を行っていますので、それがいざという時のスムーズかつスピーディーな対応に繋がっているのです。

 

サービス内容 対応内容・条件
レッカー距離

/運搬費用

指定工場 15㎞・15万円/希望先 15㎞・15万円
宿泊費用 1万円/名
帰宅費用 2万円/名
トラブル対応
  • バッテリー上がり
  • キー閉じこみ
  • パンク・タイヤ交換
  • 脱輪引き上げ
  • ガス欠
  • 条件(30分以内)

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の割引を徹底チェック!

 

 

古くからある損害保険会社とニッセイなどが合併したことでできた「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険。
長い実績のある保険ですので、安心感は高いと感じるかたも多いのではと思います。
実は私もニッセイの生命保険に加入していた縁で、こちらの保険に入っていた経験もあります。
ここではそんな「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険の「割引」にスポットをあててみました。


 

「あいおいニッセイ同和損保自動車保険」の割引一覧!

 

「あいおいニッセイ同和損保自動車保険」には、以下のような割引が設定されています。

イモビライザー割引 イモビライザーがついている車なら、車両保険の保険料から3%割引
ECOカー割引  ハイブリッドカー、電気自動車などの場合、環境に配慮していることから3%割引に(車種に規定アリ)
福祉車両割引 車いすの移動車、身障者輸送車など一定の規定を満たす車なら保険料から3%割引
新車割引 会社規定から新車とみなされる場合、「対人賠償」「対物賠償」「車両」「人身傷害」保険料を1~21%割引
ゴールド免許割引  被保険者のかたの免許がゴールド免許の場合、保険料を割り引き
耐損傷性・修理性割引 規定を満たした耐久性の高い車種の場合、車両保険を12%割引に
ノンフリート多数割引 契約台数が多いとそれに応じて、3~5%割引に
長期優良契約割引 20等級からでもさらに2%優良ドライバーなら割引が受けられる
ワンサポ無事故割引 1日自動車保険を複数回無事故で利用した場合その実績に応じて割引に

さまざまな割引が設定されていることが分かりました。
適応になるものはすべてしっかりと割り引いてもらうのが大事、という感じですね。

 

「あいおいニッセイ同和損保自動車保険」のおススメの割引

 

耐損傷性・修理性割引

これはエコ、あるいは耐久性から修理のリスクを考慮して付けられた割引、という感じですね。
以下を満たした場合に、車両保険料が12%割引となります。

 

  • 契約車両の用途車種:「(普通・小型)自家用乗用車」なおかつ、「新型式の自動車」
  • 当社の衝突実験装置を使った所定衝突実験から、耐損傷性・修理性の改善度の所定基準をクリア
  • 初度登録年月から始期日の属する年月までの期間が13か月以内

 

ワンサポ無事故割引

これはまた自分の車を持っておらず、友人の車を借りることが何度かあった、という方が、新たに自分の車を買い、保険に入る際にお得な割引です。
友人の車を借りる場合でも、やはり事故のリスクは想定しておくべき。
友人が保険に入っていても、万が一の事故でその保険を使うと、後々話がややこしくなりがちなもの。
こういったときは、「借りたときだけかけられる自動車保険」に入るのがベスト。
そういった1日保険をこの会社も提供していますので、それを複数回無事故で利用していたユーザーに、新規保険に入るとき割引をしてくれる、というものです。
規定に応じて2~20%も割引になりますので、もし1日保険を利用するなら、1社に絞っておくほうがいいかもしれませんね。

 

長期優良契約割引

 

優良ドライバーで補償を使わないできた方に優遇し、保険料を2%割引してくれるというもの。

 

下記の条件をすべて満たす場合に保険料が割引になります。

  • 今回継続する継続契約の開始日の過去1年間、継続契約の等級が20等級
  • 継続契約の開始日の前の1年間、継続契約において「事故有」の割増引率が不適用
  • 継続契約の開始日の前の1年の間、等級ダウン事故がない

 

つまりとにかくまったく事故を起こしていない、長く契約している、という方は、20等級になったらそれ以上に保険料が安くならない、というところを、さらに2%割引しますよ、ということですね。
保険を使わないということは、保険会社にとってはありがたいことですから、そういうユーザーに還元する、ということなんですね。

 

基本契約の保険料から割引を使い、総費用を比較しよう

 

「あいおいニッセイ同和損保自動車保険」の割引についてみてきましたが、最終的には、保険の割引をしたあとの実際の費用がいくらなのか、ということと、補償内容や事故の際のサポートがどうなのかを確認するのが大事です。

 

口コミなどもチェックし、トータルでどの保険を選ぶのか、満期間際ではなく、早めに検討するのをおススメします。

こんな人におすすめ

 

代理店ならではの親切親身な対応は、実際に事故等に遭ってしまった時にはとても重要なポイントになります。

 

事故などの際にはどうしても精神状態が平静ではいられませんので、親切な対応を求めたい方は代理店型自動車保険の契約が適しているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド