軽自動車

軽自動車とはどんな車?

 

 

最近の販売的に大人気な軽自動車、この「軽自動車」という括りにはどう言った成約が有るのでしょうか?


  • 排気量 = 660cc以下
  •  

  • 車のサイズ

     

    全長3.4m以下
    幅1.48m以下
    高さ2.0m以下

  •  

  • ナンバープレート = 黄色

軽自動車の種類

 

一目で分かるのがナンバープレートの色ですが、3桁の「分類番号」が4から始まるナンバーと5から始まるナンバーが有ります。

 

軽自動車の分類
  • 5ナンバー(黄色): 軽乗用車
  • 4ナンバー(黄色): 軽貨物
  • 黒ナンバー: 貨物運送業(営業用)

軽自動車の任意保険!維持費が安い車だから

 

 

基本的に自動車に関するあらゆる費用において、普通乗用車よりも軽自動車の方が安価に設定されています。

 

この事は任意保険においても例外ではなく、格安の自動車保険料で済ませることができるのです。


任意保険とは一般的に多くの方が思い浮かべる自動車保険のことで、よくテレビコマーシャルや各所で宣伝されているような自動車保険というのは、全てがこの任意保険という分類のものです。
自賠責保険に比べて、補償が手厚く個人の要望に応じて様々な形での補償内容とすることが可能であるという点が特徴です。任意とはいうものの自賠責だけでは補償が足らないことがほとんどですので、実質的にはこの任意保険もほぼ必須の自動車保険といって間違いないでしょう。

 

ただし軽自動車では自動車保険料も安くなるといいましたが、その差はそれほど大きな違いではなく、自賠責保険では約1000円程度、任意保険においても数千円程度の差であることがほとんどです。

 

もちろんこの保険料の差は各自動車保険会社によって違ってきますので、いくつもの自動車保険を比較していくともっと大きなコストダウンに成功することも十分あります。

 

その他の費用分も含めれば、軽自動車を所有するメリットはとても大きいですので、自動車保険も妥協せずしっかりとコストパフォーマンスの高いものを慎重に選ぶようにしたいところです。

軽自動車の保険を知ろう

 

軽自動車の保険も普通車同様「自賠責保険」と「任意保険」があります。

 

車を運転するうえではどちらも加入する必要があります。

 

自賠責保険

 

自賠保険は自動車に乗る場合必ず加入しなければならない保険であり、強制保険ともいわれております。

 

自賠責保険は刑事動作でも普通乗用車でも保険料の差は殆どなく、補償範囲も「対人賠償」のみが対象になっています。

 

支払いは新車購入時又は車検通過時に支払い、自賠責帆円に加入していないと車検に通過することは出来ません。

 

軽自動車の自賠責保険12ヶ月で15,130円

 

任意保険

 

任意保険は「任意」と言われてはいますが、加入しなくても良いという訳ではありません。

 

もちろん法律で任意保険に加入を義務付けられているわけではありませんが、未加入車に乗ることはかなりのリスクを伴います。

 

私の見解では、「任意」の意味は、任意で保険会社を選んで加入できる保険と言うとらえ方が正しいと思っています。

 

維持費に影響、【軽自動車の保険相場】はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド