代理店型 自動車保険

代理店の存在が影響

 

代理店型自動車保険というくらいですから、自動車保険の販売に中間販売を受けもつ代理店が存在しています。

 

この代理店の存在は自動車保険そのものに大きく影響しているのです。

 

代理店が有るということは営業所を運営するための営業マンがいますが、営業マンはどの様な仕事をしているのでしょうか?

 

代理店型自動車保険を知る上で、営業マンの仕事内容を知ることで代理店型自動車保険の全体像が見えるように成るのです。


 

営業マンの一番重要な仕事は自動車保険を販売することです。

 

保険代理店の収入源は、自動車保険の契約を取ることで販売した保険料の1割~2割のリベートを貰うことが出来きまです。

 

代理店の営業マンは商品を売るために何をするのかといいますと、主にユーザーへ対するサービスへ当てられます。
サービスの内容にはユーザーの保険へ対する相談から事故時の対応など、契約者のアフターフォローをする事で契約者との信頼関係を築く必要が有ります。信頼関係ができる事で、翌年も継続して営業マンから自動車保険に加入してもらうという流れに成るのですが、その結果自動車保険は万が一の補償は当然ながらも信頼関係で安心感を売る商売に成っているのです。
このアフターフォローはサービスをしたからプラス料金を貰えるというわけではなく、契約時の報酬から活動費として充てがわれています。

 

安心感を売る自動車保険ですので、事故時など万が一契約者が困ったことになった際には徹底的なフォローをしなければなりません。この際に必要な自賠責保険の手続きや様々な細かな仕事を代理店の営業マンが代行してくれます。
こう言った、ユーザーに見えない部分でこの営業マンが動いてくれるからこそ充実したサービスが受けられるのです。

 

自動車保険は代理店の営業マンがいるからこそ受けられるサービスもあるのですが、恩恵を受けるためには人件費も掛かっているのが代理店が現状なのです。
ユーザーが手厚いサービスを受けるからにはそれなりの料金を払わなければ維持できないということですね。

代理店型自動車保険の保険料

代理店型の自動車保険は通販型の自動車保険保比べ保険料金としては確かに高くなります。

 

この保険料が高いという表現は適切ではなく、サービスが行き届いている分手間暇の付加価値分が上乗せされていると言ったほうが適切かもしれません。
金額的相場だけを比べると、通販型自動車保険よりも料金が高くなっています。
この手厚いサービスを受けたいという人から見れば、この金額差が必ずしもデメリットというわけでは有りません。

 

保険料が上乗せされるポイントとして担当者の人件費が有ります。営業マンが時間を惜しまず対応してくれる分、料金を払わなければいけないのは当たり前のですよね。

 

具体的にどう言った事を代理店がやってくれるのかというと以下のうようなことが有ります。

  • 保険内容見直しの最適化(相談)
  • 事故時の対応(現場へ駆けつけて動いてくれます)
  • 書類の作成

 

契約内容の見直しや事故の際、担当者が駆けつけてくれるのは安心感に繋がり、長期的に見ても失敗がなくなります。

 

では金額としてはどれ程差があるのかと言いますと、通販型の自動車保険に比べ1割~2割前後多く支払うことになります。
金額として1万円から3万円弱ですね。
実際に見積もりを取った比較ですと、通販型の自動車保険では45,235円だった車種が代理店型では54,254円でした。

 

この保険料だけを並べて比較すると、代理店型の保険料の方が高いのでは?という気分になってしまうのですが、自動車保険は物が残る商品ではなく、目に見えない安心を買う商品です。
安心を買うという意味では、代理店型自動車保険はそう高いとは言えないでしょう。

手厚い補償

 

自動車保険の一番重要な部分はなんと言っても事故時の補償です。どんなにサービスが行き届いてもイザという時に補償が受けられなければ意味がありません。
では代理店型の自動車保険の補償はどんな特徴が有るのかチェックしてみましょう。

 

万が一事故に合ってしまい賠償や補償をの責任が発生してしまった時に契約している内容条件で保証してもらえます。

 

自動車保険に加入する際、営業マンと相談して決めた契約内容が事故状況に合致していなければ補償は受けられません。当たり前ですが、契約内容に無い条件では事故の時に保証は受けられません。

 

こう言った困った状況にならないために、営業マンがどう言った補償内容で契約するべきなのか、的確なアドバイスをくれるので代理店型自動車保険での加入は心配事が減るのですね。。

 

通販型保険と代理店型保険の保険料差は1・2万円です。もし意図しない事で保険料がもらえなかったなどと言った事になれば小さくても数十万、大きれば自分では原切れないような金額を賠償しなくてはならない事にもなりかねません。

 

代理店型自動車保険は自動車保険の根源である安心感を買う上でとてもマッチしたサービスだと思いませんか?

 

代理店型保険のメリットって本当にあるの?

代理店型の保険商品に加入している人にとってのメリットは、その専門的知識によって契約者をフォローしてくれるところにありますが、これって、すべての代理店に共通することではないようです。既存の代理店型自動車保険では、支払っている保険料の15%前後が保険代理店に代理店手数料に当てられていますが、その代理店手数料に相当するだけの効果があるのかがなってきます。損保会社員の話によれば、代理店といえど、事故処理に関する知識をきちんと持ち合わせているところは、極めて少ないとのことです。ですから、年1度の更新時にしか連絡をしてこないような代理店であれば15%もの代理店手数料を支払うメリットはないかもしれませんね。代理店型メリットを求めるのならば、慎重な会社選びが必要ということになりますね。

【自動車保険の基礎知識】~まずは自動車保険の基礎を知ろう!

 

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●自動車保険を見直す理由

契約内容は毎年見直しなければ損してしまいます。
車もあなたも年々状況が変わります。
気が付けば、もっと安くなるかも知れません。


毎年見直す必要性が有るのです

 ●結局どの保険を選べばいいの?

数ある保険会社の中から結局どの保険を選べばいいのか分からない。そんな人向けに、おすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキングを紹介!

この記事と関連するページ

自賠責保険を理解しよう
強制保険である自賠責保険と任意保険に違いと役割を理解しましょう。自動車に乗るからにはこの2つの役割を知らなければ適切な自動車保険を選ぶことが出来ません。
通販型【ダイレクト型】自動車保険の特徴
通販型【ダイレクト型】自動車保険の特徴は徹底したコスト削減による保険料の低価格化です。しかし損害保険は安ければいいというわけではないので車の用途によって使い分ける必要が有ります。
任意保険の基本補償
自動車保険の基本補償について説明します。任意保険の基本補償とは、対人賠償保険・対物賠償保険・無保険車傷害保険・自損事故傷害保険の4つの事を指します。子の補償についてんお役割と保険の組み立て方について紹介します。
自動車保険の様々な特約を紹介
自動車保険には様々な特約があります。ここでは特約の種類とどのようなときに適用されユーザーが助かるのかを紹介いたします。
セット保険!SAP・PAP・BAP
自動車の任意保険ではセット保険の種類をSAP・PAP・BAPと表しています。ここでは各種類の内容と比較をして分かりやすく紹介します。
等級
任意保険には1等級から20等級までのランク分けがされており、その等級によって保険料が決定されます。初めて任意保険に加入した場合はまず6等級から始まっていき、無事故運転を続けることで徐々に等級が上がっていくようになっています。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター