自動車保険 基礎知識

自動車保険を理解しよう!

 

 

自動車の任意保険、しっかり選べていますか?
人によっては代理店まかせで内容まで完璧に把握できてない場合もあるかもしれません。

 

それはそれでOKです。代理店から加入する自動車保険とはそういうものです。( *• ̀ω•́ )b

 

また自動車保険は、その成り立ちや保険料の決まり方、補償内容について、知っておくことが望ましい「基礎知識」というものがいくつかあります。
ここでは自動車保険の理解を深める「基礎知識」について簡単にまとめてみました。


自動車保険を形作る基礎知識

 

自賠責保険

 

任意加入の自動車保険とは別に、車を所有している人なら「必ず入っている」ものに「自賠責保険」というものがあります。
これは正式には「自動車損害賠償責任保険」といい、車での事故に対して障害120万、死亡で3000万など「必要最低限度の補償が必ずできるよう」強制加入するもの。

 

補償はあくまで「対人」で「被害者の方を救済すること」が目的です。
未加入での自動車の運転は「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」違反の点数が6点の「免許停止処分」、車に自賠責保険証明書が不携帯だと「30万円以下の罰金」になります。
車検と同時加入する仕組みなので、車検をきちんと受けていれば、加入できています。

 

自賠責保険を理解しよう~自賠責保険と任意保険の役割

 

任意保険の役割

 

自賠責保険と別で加入する「自動車保険(任意保険)」はどういう役割があるのか?
これはずばり、「自賠責保険で賄いきれない補償をカバーするため」というのが最も大きな役割です。
交通事故で、人身事故の場合に後遺障害が残ったり死亡事故などになったりした場合、賠償金額が億単位になることもあり、自賠責保険では賠償しきれません。
そういった場合も任意保険に加入していおることで、被害者に対して充分に補償ができるようになります。
加入せずに大きな事故を起こしてしまうと、償うことで一生を棒に振ることにもなりかねず、任意保険は自分のために加入する保険でもあるのです。

 

また最近ではこれに付帯されたロードサービスや、個人賠償責任保険といった、車に乗るとき、事故の際以外にも実際に多く助けられるサポートも充実してきています。

 

自動車保険のタイプ

 

自動車保険は、大きく分けて「代理店型自動車保険」と「ダイレクト型(通販型)自動車保険」があり、前者はスタッフや代理店を介して加入するもの、後者はインターネットなどで加入するタイプの保険です。
受けられる補償は変わりませんが、サービスから対応や保険料になど、アフターフォローの部分に違いがあります。

 

ダイレクト型(通販型)自動車保険

 

インターネットや電話で加入することができる自動車保険が「通販型自動車保険」です。
なぜ、ダイレクト型と言われているかというと、「ユーザー」と「保険会社」が直接解約するからです。

 

自動車保険も製麺保険も代理店が窓口となり保険に加入していましたが、代理店を通さずに直接契約することで、コスト面(保険料)のメリットを際立たせた保険商品なのです。

 

実際に、店舗や人員コストが削減できることで、保険料を圧縮できており、代理店型と比べてて安く加入できます。
現在ではインターネットで補償内容を自分で理解しつつ組み立てていき、クレジットカードなどでそのまま決済、契約までできるようになっています。
インターネット割引などさまざまな割引を積み重ねることで、保険料をぐっとコストダウンすることも可能。
またオプションも弁護士費用や個人賠償、バイク特約など、ライフスタイルにあった保険を自在に選ぶことができ、支持されています。

 

 

代理店型自動車保険

 

従来型の代理店が窓口になり契約する自動車保険です。
代理店の営業マンが専属で担当につくため、契約内容に迷うことはありません。
また、更新の時期や車の買い替え(車両入替)などの手続きなど、殆どの事を電話一本でやってもらえます。

 

その分保険料は2・3割高くなりますが保険のことがよく分かっらないという人は、安心して保険に加入できます。

 

 

 

基本補償(対人賠償・対物賠償・傷害保険)

 

対人賠償

 

任意加入の自動車保険は、この中で最も「基本」となる補償で、補償対象は相手の「怪我」や「身体」が対象となります。

「他者を死傷させたとき」の賠償する保険であり、「示談交渉つき」となので、相手との対応も保険会社に任せられます。
「補償金額が選べる」のですが、基本的に無制限で加入する人が殆どです。

 

補償上限を無制限で加入しておけば、数億円単位の補償が必要になる場合でも全額補償されます。

対物賠償

 

任意保険の「基本」の補償で、「物」に対して賠償される保険です。

「事故相手の車両」や「建造物」に対する補償であり、「示談交渉付き」であり、「補償金額選べる」ようになっています。
こちらも対人同様「無制限」で加入するのが殆どで、相手の車だけではなく、ガードレールや信号機など建造物に衝突してしまったなどの場合も賠償されます。
トラックや家やビルへの影響を考慮するとやはり「無制限」にして置く必要があります。

傷害保険

 

事故の際に、自身を含め自分の車に同乗していた人のケガに対して補償するもの。

「対人賠償」はあくまでも被害者のための補償であり、「人身傷害」は自分や家族、同乗者のケガを補償するものです。
示談が成立するまえに保険金の受け取りができるということも、万が一の際に非常に助かります。
また、「過失割合にかかわらず」支払われるということも大きなメリットです。
例えば自分の過失が100%の自損事故でのケガの場合でも、補償の対象となります。

 

車両保険

 

車両保険は、自分の車に対して掛ける保険で、自分の損失に対する補償となります。
そのため、万が一の時は車は諦めるという覚悟がある場合は加入しなくても問題ありません。

 

しかし、新車や車両価格が高い車の場合や、ローンがまだ残っている車なら、加入していることをお勧めします。
車対車の事故での破損・車両の盗難・いたずらなどの場合も修理費用が補償されます。
「一般型」と「エコノミー車両保険車対車+A」と2タイプから選ぶことができます。

 

予算に応じて「エコノミー型」や「一般型」を選び、更に「免責」などの設定をすることもできますので、必要に応じて備えるとよいでしょう。

 

各保険会社が用意している特約

 

保険会社は競争意識から、重大事故だけでなく、他のシーンでもサポートするための、さまざまな特約を充実させてきています。
会社により有無の差はありますが、以下のような特約があり、必要に大路手チョイスしましょう。

 

  • 弁護士費用特約     … 事故時の弁護士費用を上限金額までの範囲で補償
  •  

  • 個人賠償責任保険特約  … 日常生活のなかで他者に損害や物損を与えた場合などの補償
  •  

  • ファミリーバイク特約  … 原付などバイクがある場合、バイクでの事故の補償が受けられる
  •  

  • 他車運転特約      … 契約車両以外を運転した際の事故の補償が受けられる
  •  

  • 対物超過修理費用特約  … 相手の車が「時価額」を超えるとき過失割合により補償を上乗せする
  •  

  • ペット費用特約     … 同乗していたペットがケガをした場合などの補償
  •  

  • 身の回り品補償特約   … 車に乗せていたものが事故で壊れたりした場合の補償
  •  

  • 形成手術費用特約    … 事故で残った傷跡を治療する治療費の補償

 

自動車保険の様々な特約を紹介

 

ロードサービス

 

自動車保険のほとんどに「ロードサービス」が付帯されてます。

 

「自動車事故=ロードサービス(レッカー)が必要」と言うイメージが有りますが、日常の車のトラブルにも対応しています。

 

ロードサービスは、JAFなどに加入せずとも、車のトラブルがあったときには電話で連絡するだけで、近くの拠点からスタッフが急行してくれます。
キーとじ込みやバッテリー上がり、パンク、脱輪、自走できない場合のレッカー移動など、不測の事態にしっかりと備えられる、メリットは大きいです。
保険会社によっては自走不可時の帰宅交通費や宿泊費、レンタカーなどのサポートがあり、保険会社によって各ロードサービスの上限や補償金額が変わります。

 

事故は起こさずとも、ロードサービスにはお世話になって助かった、という方のほうがむしろ多いかもしれません。

 

等級

 

自動車保険の保険料を決める大きなポイントとなっているのが「等級」です。
これは「ノンフリート等級」というもので、新規加入時には「6等級スタート」し、補償を受けることなく満期を迎えることで、翌年の契約等級がひとつ上がる仕組みです。

 

「等級」によって保険料の割引や割り増しがされ、最大で「20等級」63%割引が受けられます。
逆に契約中に事故を起こし補償を受けた場合、内容により1等級、あるいは3等級ダウンしてしまうと、保険料が高くなっていきます。

【まとめ】「基礎知識」は理解するとそれほど難しくない!

 

任意加入の自動車保険を形成する「基礎知識」をみてきましたが、おおよそ理解していただけたのではないかと思います。
このようにチェックしてみると、保険がどのように成り立っているか、保険料が決まっていくか、どんな補償が必要なのかだんだんわかってきますね。
順を追ってみていくと、保険の基礎知識はそれほど難解なものではありません。
ぜひ理解を深め、必要な補償でリーズナブルな価格の自動車保険選びの参考にしていただければと思います。

自動車保険見直していますか?


 ●年代別の保険料相場

保険料は年齢に大きく左右されます。
10代・20代・30代と各年代の保険料相場を紹介。各年代毎の保険のポイントもチェックしましょう!


年代別の保険料相場

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。
軽自動車の保険料相場と補償内容の
選び方のポイントをチェックしましょう。


軽自動車の保険相場はどれくらい?


 ●保険選びをナビゲートします

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。


自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。


おすすめの自動車保険ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド