60歳以上 自動車保険

 

60代の自動車保険、ココに注目!

 

     

  • 60代から保険料は徐々に高くなる!
  •  

  • 安全運転が保険料節約の近道!
  •  

  • 家族よりも「自分(+配偶者)」中心の補償内容に!
  •  

  • 優良ドライバーは「おとなの自動車保険」を検討してみる!
  •  

 

 

60歳以上からは、事故率の上昇とともに保険料もしだいに高くなるので、安全運転を心がけましょう。
また、60代では子供も独り立ちしている場合が多いため、運転者限定や年間走行距離を見直して適切な内容にする必要があります。


60歳以上の任意保険 【実例・見本】

 

保険会社や車種によって、保険料は大きく変わります。
まずは人気の保険会社4社(ソニー損保、アクサダイレクト、三井ダイレクト、損保ジャパン)の見積もりから、年間保険料を比較してみましょう。

 

保険会社4社の年間保険料(車種別)
※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般 ・車対車+A ・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 20等級(継続・乗り換え)

 

60歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 ソニー損保 44,920円 35,670円 23,910円
アクサダイレクト 46,450円 35,790円 25,910円
三井ダイレクト 42,120円 33,570円 23,950円
損保ジャパン 72,600円 57,490円 38,280円
ホンダ・フィット 30/35歳以上 ソニー損保 52,860円 39,100円 28,120円
アクサダイレクト 53,710円 42,350円 30,090円
三井ダイレクト 50,320円 37,370円 27,270円
損保ジャパン 78,530円 60,740円 43,210円
トヨタ・プリウス 30/35歳以上 ソニー損保 69,720円 46,590円 27,120円
アクサダイレクト 69,850円 50,680円 33,070円
三井ダイレクト 63,500円 43,570円 27,270円
損保ジャパン 97,690円 69,590円 43,210円
トヨタ・VOXY 30/35歳以上 ソニー損保 58,880円 40,560円 24,940円
アクサダイレクト 61,050円 45,630円 30,070円
三井ダイレクト 54,570円 38,110円 25,030円
損保ジャパン 85,420円 62,270円 40,150円
スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 ソニー損保 80,550円 51,390円 27,120円
アクサダイレクト 69,090円 48,690円 30,070円
三井ダイレクト 72,160円 47,490円 27,270円
損保ジャパン 109,130円 74,870円 43,210円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

※損保ジャパン・三井ダイレクトは35以上 / ソニー損保・アクサダイレクトは30歳以上の年齢条件のみの選択になります。

 

保険料の高い20代ほどではないにせよ、60代から自動車保険は徐々に高くなります。
とはいえ60代にもなると子供が独り立ちしている場合が多いので、自分と配偶者のみに補償を絞り保険料を節約しましょう。

 

60歳以上の自動車保険料の相場

 

 

各社保険料を実際に調べて、年間保険料の相場を出しました。
コレが本当の60歳以上自動車保険料の相場です!


60歳以上 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

51,523円 40,630円 28,000円
ホンダ・フィット 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

58,855円 44,890円 32,173円
トヨタ・プリウス 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

75,190円 52,608円 32,918円
トヨタ・VOXY 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

64,980円 46,643円 30,298円
スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

82,733円 55,610円 32,168円

 

相場を見ても、これまでより保険料がやや高くなることがわかりますね。
少しでも節約したい場合には、保険の見直しは必要不可欠です。

 

年齢条件60歳以上の一番安い自動車保険会社

 

各社の見積もりから、一番安い保険会社とその保険料をピックアップしました。
現在の保険料と比べてみてください。

 

50歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

42,120円

三井ダイレクト

33,570円

ソニー損保

23,910円

ホンダ・フィット 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

50,320円

三井ダイレクト

37,370円

三井ダイレクト

27,270円

トヨタ・プリウス 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

63,500円

三井ダイレクト

43,570円

ソニー損保

27,120円

トヨタ・VOXY 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

54,570円

三井ダイレクト

38,110円

ソニー損保

24,940円

スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 最安値 アクサダイレクト

69,090円

三井ダイレクト

47,490円

ソニー損保

27,120円


60代では、三井ダイレクトが最も安い保険料である可能性が高いことがわかりました。
とはいえその人の条件によって保険料は変わるので、実際の見積もりで比較してみることが大切です。

 

 

「一括見積もり」を使えば多くの保険会社を一度に比較できますよ!


▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

 

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

60代にオススメの契約内容は?

 

60代は加齢によって判断力が落ち、事故率も高まる世代。より補償を手厚くし、いざというときに自分を守れる内容にしていきましょう。
もちろん、これまで以上に慎重な運転を心がけることも大切です。

 

また60代では家族構成に変化のある人も多いので、補償範囲も合わせて変更しましょう。
例えば子供が独立し夫婦だけの世帯だと、運転者限定を「家族限定」から「夫婦限定」にすれば保険料を節約できますよ。

 

 

以下に60代にオススメの契約内容をまとめました。
保険見直しの参考にしてくださいね!


 


●必須の保険内容


①対人賠償保険  必ず無制限で!
②対物賠償保険  必ず無制限で!
③傷害賠償保険  一億円~無制限がオススメ
  (人身傷害保険は加入必須。搭乗者保険は任意で選択。)
④車両保険 エコノミー車両保険(車対車+A)


●必須の特約

  • 弁護士特約
  • 日常生活賠償責任補償特約

     (家族全員に適用。他人に怪我をさせたりものを壊した時に降りる補償)

  • ロードアシスト(JAF未加入の場合)

●必須の条件

  • 年齢条件
  • 運転者限定特約
  • 免許証カラー条件
  • 車の使用目的設定

この上記の条件は最低限必要です。
後はお好みで補償内容を充実させたり、各保険のサービスをつけるとよいでしょう。
その他にも以下のように、保険会社によっては自動的にセットとなる補償があります。



●自動的にセットとなる補償

  • 無保険車傷害保証特約

    無保険車との事故で自身の車に乗っている人を保証してくれる


  • 他車運転危険補償 

    他人の車や借りた車で事故を起こしてしまった場合、自分自身が加入している保険を適用することが出来る


  • 示談交渉サービス 

    相手との示談交渉を保険会社が行ってくれる

※保険会社によりことなる場合があります

「60歳~64歳」と「65歳以上」の保険料の差

 

保険の例

あなたの年齢 本人以外の年齢制限 年間保険料 車両保険なし
60~64歳 35歳以上 55.380円 28.600円
65歳以上 35歳以上 62.510円 34.100円

 

保険料を抑えられる、最低限の保証内容を知ろう!

60代こそ自動車保険の見直しを!

 

事故が多くなる60代は保険料も高めになるので、内容を見直して保険料節約に努めましょう。

 

とはいえ必要な補償を削ってしまい、事故にあった時に適切な補償が受けられないのは不安なもの。そこでここからは、絶対に必要な補償を付けつつも保険料を節約するポイントについて考えます。

 

普通車から軽自動車へ変えた佐伯さん(60歳)の場合

 

佐伯さん(60歳)は、40年近く勤めてきた会社の定年を迎えました。
これからは奥さんと2人で趣味の登山に打ち込むつもりです。
38歳の息子さんと35歳のお嫁さん、3歳のお孫さんと同居しています

 

これまで佐伯さんは仕事で遠距離へ行くこともあったため、普通車のトヨタ・アクアに乗っていました。
しかし定年後は近くの山へ行くくらいで、維持費もバカにならないため、軽自動車のダイハツ・ムーヴに乗り換えることに。
当然、自動車保険も変更しなければなりません。

 

まずは、佐伯さんの現在の保険内容を見てみましょう。

 

見直し前の保険料~佐伯さん(60歳)の場合~
  • 車両:トヨタ・アクア
  • 記名保険者:佐伯さん本人
  • 使用者限定:配偶者限定
  • 使用目的:業務
  • 走行距離区分:10,000km以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 保険会社:損保ジャパン日本興亜(代理店型)

 

対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・170万円
人身傷害 7000円(全タイプ) (一般、免責金額) 1回目0円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 35歳以上
搭乗者傷害 有り・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 あり
弁護士特約 あり 等級 20等級

 

★アクサダイレクトのトヨタ・アクア保険料データ(表)挿入

 

それでは上のデータを元に、これからの保険について考えていきましょう。

 

<ポイント1>保険会社の見直し

 

佐伯さんはこの機会に、代理店型で保険料の高い「損保ジャパン日本興亜」から、ダイレクト型で保険料の安い「アクサダイレクト」へ変更することにしました。
担当営業マンがつく代理店型の保険は、サービスが行き届いている分だけ保険料も高めに。
一方ダイレクト型は、インターネットから自身で手続きするなどの手間がかかる分だけ保険料を抑えられます。

 

<ポイント2>使用目的・走行距離の見直し

 

使用目的や走行距離を見直すと、保険料が安くなる場合があります。
佐伯さんの場合、定年前は出張などに車を使っていたので、使用目的は「業務」、走行距離は「無制限」でした。
しかし今では日常の買い物やレジャーなどにしか使用しないので、使用目的は「日常・レジャー」、走行距離は「5,000km以上10,000km未満」へ変更することに。
車の使用頻度が少ない「日常・レジャー」は「業務」よりも保険料が安く、またダイレクト型保険には走行距離による割引があるので、保険料を節約できます。

 

<ポイント3>免責金額の見直し

 

事故にあった際に修理費用の一部を自己負担する「免責」の金額を高めに設定すると、保険料を抑えられます。
佐伯さんは、これまで「免責額1回目0万円、2回目以降10万円」だった設定を「免責額1回目10万円、2回目以降10万円」に変更しました。

 

見直しで60代の保険料が安く!

 

以上の点を変更したことで、佐伯さんの保険料はこんなにも安くなりました。
実際のデータを用意したので、以前の保険料と比べてみてくださいね。

 

見直し後の保険料~佐伯さん(60歳)の場合~
  • 車両:ダイハツ・ムーヴ(平成29年7月登録)
  • 記名保険者:佐伯さん
  • 使用者限定:家族限定
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 走行距離区分:11,000km以下
  • 免許の色:ゴールド
  • 保険会社:アクサダイレクト(通販型)

 

対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・170万円
人身傷害 3000万円(全タイプ) (一般、免責金額) 1回目10万円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 35歳以上
搭乗者傷害 あり・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 あり
弁護士特約 あり 等級 20等級

 

★上記条件(アクサダイレクト、ダイハツ・ムーヴ)の保険料データ挿入

 

データから、佐伯さんが保険料を★○円も節約できたことがわかりますね。
以上で解説した点を見直せば、保険料が高めの60代でも節約出来ますよ。
手厚い補償を残しつつ保険料を節約するためにも、保険はしっかりと見直しましょう。

 

※60代の自動車保険、ココがポイント!

 

    60代の自動車保険、見直しポイント

     

  • 保険会社の見直し!代理店型からダイレクト型に変更すると保険料が安くなる
  •  

  • 使用目的の見直し!使用頻度が少ないほど保険料が安くなる
  •  

  • 走行距離の見直し!走行距離が少ないほど保険料が安くなる
  •  

  • 免責設定の見直し!免責設定の金額が高いほど保険料が安くなる
  •  

 

 

<裏ワザ!>運転者限定・記名保険者の見直し

 

保険料を抑える裏ワザとして、記名被保険者を、60歳で保険料の高い佐伯さんから、38歳で保険料の安い息子にするという手があります。
記名保険者とは「契約の車を主に運転する人」で、必ずしも契約者(この場合は佐伯さん)と同じである必要はありません。
ただこの場合には、佐伯さんが保険対象となるよう運転者限定を「配偶者」から「家族限定」へ変更する必要があります。

 

★「記名被保険者」についての内部リンクを入れる

「おとなの自動車保険」で節約できる?

 

 

40~50代に人気の「おとなの自動車保険」、60代ではどうなのでしょうか?
実際の見積もりから保険料を確認してみましょう!


 

「おとなの自動車保険」の特徴は?

60代の保険料が高くなる理由のひとつとして、60代以上が加害者となる交通事故の増加が挙げられます。
保険料が割引される「年齢条件」をとっても、事故率の少なくなる年代の【35歳以上】までは設定できますが、【60歳以上】を設定できる保険会社はほぼありません。
そんな60代の保険で唯一の例外が、「年齢条件」を一歳きざみで設定できる「おとなの自動車保険」なのです。

 

実際に見積もりで比較してみよう!

 

気になる保険料を、「おとなの自動車保険」と★他保険会社の実際の見積もり結果で比べてみましょう。

 

★以下のデータを、「おとなの自動車保険」と他保険会社の保険料に作り替える

 

「おとなの自動車保険」と「他社」の保険料比較(40~69歳)
 
  • 車両:トヨタ・アクア(平成25年12月登録)
  • 使用者限定:本人・配偶者限定 
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 走行距離:年間10,000km以下
  • 免許の色:ゴールド
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・130万円
人身傷害 車外も含む5000万円 (一般、免責金額) 1回目0円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 35歳以上
搭乗者傷害 有り・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 あり
弁護士特約 あり 等級 20等級


上の契約条件で見積もりを取ると

年齢 保険料
40歳 36000円
45歳 34950円
49歳 34040円
50歳 34760円
55歳 35250円
59歳 35630円
60歳 37360円
65歳 39120円
69歳 42660円

 

どちらの保険であっても50代後半を境に保険料は高くなるものの、「おとなの自動車保険」では保険料が★○円安くなることがわかります。
ただし、以上の見積もりは優良ドライバーの場合で設定しているため、条件によっては「おとなの自動車保険」のほうが保険料が高くなる場合も。
気になる人は実際の見積もりをとり、他社の保険料と比較してみてくださいね!

 






※「保険スクエアbang! 自動車保険」で「おとなの自動車保険」を含む見積もりが比較できます

【60代自動車保険】まとめ

 

行動範囲や生活パターンに変化の多い60代は、車両や補償範囲などを現状に合わせていくことが大切です。
以下のポイントを踏まえ、しっかりと保険を見直しましょう。

 

 

    行動範囲の変化があるときには…

  • 自動車を軽自動車にする
  • 保険の「走行距離」を短くする

 

    生活パターンの変化があるときには…

  • 保険の「使用目的」を見直す
  • 保険の「運転者限定」を見直す

 

    保険料を節約したいときには…

  • 保険会社を「ダイレクト(通販)型」に
  • 車両保険の免責設定を高めに

 

 

保険選びに迷っている人は次の記事も読んでみてくださいね!


 

自動車保険上手く上手に選べてますか?

 

 ●父(66歳)の自動車保険選び

60代の自動車保険は夫婦のための補償内容にしたいです。

 

我が家の保険選びシミュレーション

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。 軽自動車の保険料相場と補償内容の 選び方のポイントをチェックしましょう。

軽自動車の保険相場はどれくらい?

 ●保険選びをナビゲートします

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。

自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。

おすすめの自動車保険ランキング!

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

20歳以下(10代)
10代、20歳以下での自動車保険の加入では、もっとも負担の大きい保険料の額となってしまいますので、維持をしていくのが大変になってきます。ただし親と同居していれば等級を引き継ぐことも可能になっています。
20代前半(21~25歳)
20代の自動車保険となると、20歳以下の条件に比べると少し保険料が安くなります。21歳以上のには年齢条件特約と附帯することで保険料が大きく割引されますが、20歳以下は不担保となる条件も同時に付くことになりますので、注意が必要となります。
26歳以上
自動車保険の年齢層区分では、26歳以上29歳以下という区分も設けられています。この場合26歳未満不担保という条件がついてしまいますが、年齢条件を設定することで保険料の低減が可能になります。
30代前半 (30~34歳)
30歳以上の自動車保険ともなれば、そろそろ保険料がお手頃な料金になり始める辺りでもあります。この世代では家庭を持ったりすることで出費が多くなりやすいですので、有利な自動車保険選びが重要です。
35歳以上
自動車保険会社によっては採用していないところもありますが、35歳以上という区分もありますのでこの年齢層の方が自動車保険料を抑えるのであれば、35歳以上の区分設定のある保険会社を選ぶと有利です。
40歳代
40歳以上の運転者となると、子供が車を運転するようになるケースも多いため単純に安さだけを求める訳にはいきません。しかし運転技術の安定などの理由から、不必要な特約を除外したりと選択肢が増えてきます。
50歳代
50歳以上の自動車保険といえば全体から見てももっとも保険料が格安となる年齢区分です。生活面でもゆとりのある方が増えてきますので、極力充実した補償内容を附帯させた自動車保険選びをしたいものです。
70歳以上
70歳以上のひとが自動車保険に加入する際に気を付けるべきポイントと保険料の相場を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド