60歳以上 自動車保険

 

●60代の自動車保険を考える!

 

  • 子供が独り立ちした後の自動車保険の考え方
  •  

  • 定年を見据えた保険選び
  •  

  • 安全運転が一番の節約
  •  

  • おとなの自動車保険は60代に優しいの?
  •  

 

60歳以上で自動車保険を探すとなると、正直保険料は高くなる傾向が有るので色々と不利に成るのが正直な所です。
40代・50代の人に優しいおとなの自動車保険も60代にもなると保険料が上がる傾向になっています。

 

また、60歳と65歳とでも既に価格差が出て居るのも要チェックですね!

60歳以上の任意保険 【実例・見本】

 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般 ・車対車+A ・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 20等級(継続・乗り換え)

 

60歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 ソニー損保 44,920円 35,670円 23,910円
アクサダイレクト 46,450円 35,790円 25,910円
三井ダイレクト 42,120円 33,570円 23,950円
損保ジャパン 72,600円 57,490円 38,280円
ホンダ・フィット 30/35歳以上 ソニー損保 52,860円 39,100円 28,120円
アクサダイレクト 53,710円 42,350円 30,090円
三井ダイレクト 50,320円 37,370円 27,270円
損保ジャパン 78,530円 60,740円 43,210円
トヨタ・プリウス 30/35歳以上 ソニー損保 69,720円 46,590円 27,120円
アクサダイレクト 69,850円 50,680円 33,070円
三井ダイレクト 63,500円 43,570円 27,270円
損保ジャパン 97,690円 69,590円 43,210円
トヨタ・VOXY 30/35歳以上 ソニー損保 58,880円 40,560円 24,940円
アクサダイレクト 61,050円 45,630円 30,070円
三井ダイレクト 54,570円 38,110円 25,030円
損保ジャパン 85,420円 62,270円 40,150円
スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 ソニー損保 80,550円 51,390円 27,120円
アクサダイレクト 69,090円 48,690円 30,070円
三井ダイレクト 72,160円 47,490円 27,270円
損保ジャパン 109,130円 74,870円 43,210円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

※損保ジャパン・三井ダイレクトは35以上 / ソニー損保・アクサダイレクトは30歳以上の年齢条件のみの選択になります。

 

 

60代の自動車保険は40代50代に比べて徐々に保険料が高くなってきます。
50歳と60歳で保険料を比べると約1000~5000円高くなっています。

 

しかし60代にもなると子供さんなど独り立ちしている事ですので、ご自身と配偶者のみに補償を絞って契約することで50代よりも保険料を安いコースにする事が可能です。

 

●60歳以上の自動車保険料の相場

 

 

自動車保険料の価格相場はいくらなの?という数字を出すために各社保険料を実際に調べて、年間保険料の平均値を出しました!

 

60歳以上自動車保険料の相場を出しました!


60歳以上 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

51,523円 40,630円 28,000円
ホンダ・フィット 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

58,855円 44,890円 32,173円
トヨタ・プリウス 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

75,190円 52,608円 32,918円
トヨタ・VOXY 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

64,980円 46,643円 30,298円
スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

82,733円 55,610円 32,168円

 

年齢条件60歳以上の一番安い自動車保険会社

 

各社の見積もりを取った中から一番安い保険会社を表にしました。
60代の自動車保険は運転者条件・個別補償などを本人限定に絞り込むといいでしょう。

 

50歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

42,120円

三井ダイレクト

33,570円

ソニー損保

23,910円

ホンダ・フィット 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

50,320円

三井ダイレクト

37,370円

三井ダイレクト

27,270円

トヨタ・プリウス 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

63,500円

三井ダイレクト

43,570円

ソニー損保

27,120円

トヨタ・VOXY 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

54,570円

三井ダイレクト

38,110円

ソニー損保

24,940円

スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 最安値 アクサダイレクト

69,090円

三井ダイレクト

47,490円

ソニー損保

27,120円

 

 

例えば年齢条件を変えるだけでも保険料は驚くほど変わってしまします。
車種・年間走行距離・等級などその人それぞれにマッチした内容で比較することが保険選びには重要なのです!







※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

「60歳~64歳」と「65歳以上」の保険料の差

 

保険の例

あなたの年齢 本人以外の年齢制限 年間保険料 車両保険なし
60~64歳 35歳以上 55.380円 28.600円
65歳以上 35歳以上 62.510円 34.100円

 

保険料を抑えられる、最低限の保証内容を知ろう!

60代の自動車保険を更に詳しく知ろう!

 

 

このコーナーで得られる情報は

 

60代は、自動車保険料が高くなります。

 

保険の補償は十分なものだけど、保険料を抑える、

 

そんな方法を調べてみました。


60代の自動車保険料は高い!

 

平成28年現在、自動車保険の年齢条件は「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」は、ほとんどの保険会社が設定しています。

 

しかし、「60歳以上補償」「65歳以上補償」という年齢条を選択できる設定している保険会社はありません。

 

反対に、30代、40代と自動車保険料の保険料は年を重ねるごとに安くなりますが、60歳をなると年々保険料が高くなっていきます。

 

実際に見積もりを取ってみました!

 

主に運転する人の年齢を1歳刻みで保険料を設定するセゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」で見積もりをとってみました。

 

●トヨタ・アクア 平成25年12月登録 

 

  • 使用者限定 本人・配偶者限定 
  • 使用目的 日常レジャー 年間10,000km以下走行
  • 免許の色 ゴールド
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・130万円
人身傷害 車外も含む5000万円 (一般、免責金額) 1回目0円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 35歳以上
搭乗者傷害 有り・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 あり
弁護士特約 あり 等級 20等級


上の契約条件で見積もりを取ると

年齢 保険料
40歳 36000円
45歳 34950円
49歳 34040円
50歳 34760円
55歳 35250円
59歳 35630円
60歳 37360円
65歳 39120円
69歳 42660円

 

と年齢が上がると割引率が大きくなります。

 

60代の自動車保険の高い理由

 

自動車保険は、保険料に「車種」「型式」「年齢条件」「運転者限定条件」「免許の色」「使用用途」「使用地域」「年間走行距離」などのリスクを反映し、計算されます。
保険料が高くなるのは、60代以上の方が加害者となる交通事故が増加しているのも要因の一つです。

こんな時はどうなるの?

 

定年退職後会社を作る時

 

車の保険の使用目的は「日常レジャー」。そのままで、車を使っていても大丈夫?

 

自動車保険料が高くなりますが、使用目的を「業務使用」へ変更しましょう。

 

保険契約者には、使用目的の変更、自動車を替えた、住所を変更した、年齢条件を変えた、自動車や運転する人の状況が変わった場合、保険会社への連絡が必要となります。これを保険契約者の「通知義務」といいます。

 

使用目的の変更を保険会社に連絡しないで、そのまま使用し続け、事故にあったとき「通知義務違反」として保険金が出ない場合があります。

 

だから、契約条件の変更や状況が変わったときは、保険会社へ連絡をしましょう。

 

自動車保険から保険金を受け取った。確定申告は必要なの?

 

被害者の方が受け取った自動車保険から保険金は、損害の穴埋めとしての賠償金なので所得とはなりません。

 

したがって、税金はかからず確定申告は不要です。

 

人身傷害保険など怪我の治療費などとして受け取った保険金も非課税です。

 

また、対物超過費用など、修理のため保険が支払われた場合も所得としてみなされないので非課税となります。

 

ただ、死亡保険金の場合、被害者の相続人に対し相続税がかかります。

自動車保険を見直してみよう

 

佐伯さんは、40年近く会社勤めをしていましたが、定年を迎えることになります。
これからは奥様と2人で趣味の登山に打ち込もうと話し合っています。
ご家族は、38歳の息子さんと、35歳のお嫁さん、3歳のお孫さんと同居しています

 

これまでは仕事で遠距離へ行くこともあったので普通車に乗ってきましたが。
定年後は、趣味で近くの山へ行くくらいで、遠出もしないので軽自動車に乗り換えることにしました。

 

自動車を乗り換えるのを機会に、自動車保険も見直してみることにしました。

 

佐伯さんの契約条件は、
●トヨタ・アクア 平成27年7月登録 

  • 記名保険者 佐伯さん60歳
  • 使用者限定 本人・配偶者限定  
  • 使用目的 業務  距離区分:なし
  • 免許の色 ゴールド

 

対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・170万円
人身傷害 7000円(全タイプ) (一般、免責金額) 1回目0円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 35歳以上
搭乗者傷害 有り・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 あり
弁護士特約 あり 等級 20等級

 

年払いで55460円になります。

 

使用目的・走行距離を見直す

 

佐伯さんはこれまで仕事で車を使ってきたので、使用目的を業務、また頻繁に遠隔地へ車で出かけていたので、走行距離を無制限にしていました。

 

これからは仕事で使うことはないので、使用目的を日常・レジャーに変更しました。

 

また、佐伯さんの加入している保険会社は走行距離による保険料の割引設定をしてます。

 

そこで、走行距離を年間11000km以下に設定してみました。

 

業務使用・走行距離無制限:55460円

 

日常レジャー・走行距離11000km以下 :48420円

 

になりました。

 

人身傷害を見直す

 

これまで佐伯さんは有職者だったので、必要な金額を算出して7,000万円にしていました。
しかし、退職後は年金以外の収入はないので、3000万円に変更します。

 

7000万円のとき:55460円

 

3000万円のとき:46,660円

 

(日常レジャー・距離区分11000km以下)

 

車両保険の免責金額を見直す

 

車両保険を付ける場合、修理代が安く済むときは保険を使わないほうが、次年度の以降の保険料の値上がりを抑えることができ、経済的負担が軽くなります。
つまり、車両保険を付ける場合 安い修理代相当する自己負担するという免責額を設定すると保険料を抑えることができます。

 

佐伯さんには、ある程度の貯金もあるので、少額の修理は自分で払うと設定をすることにしました。
(ただし、車対車は0万円)

 

免責額1回目0万円、2回目10万円:55460円

 

免責額1回目5万円、2回目10万円:42,770円

 

となりました。

 

記名保険者を変える

 

佐伯さんは息子さんと同居しているので、記名保険者をお子さんにする方法もあります。
同居の35歳の息子さんを記名保険者にし、本人・配偶者限定を、同居の家族限定にしました。
とすると
39990円と、
60代の佐伯さんを記名保険者とするより、35歳の息子さんを記名保険者にしたことにより保険料が安くなりました。

 

佐伯さんの見直し後の契約条件

 

変更点

 

    佐伯さんの自動車保険の変更点

     

  • 使用目的
  • 距離区分
  • 車両保険自己負担額の設定
  • 人身傷害保険の金額設定
  • 記名保険者の変更

 

●トヨタ・アクア 平成27年7月登録 

  • 記名保険者 息子さん35歳
  • 使用者限定 家族限定
  • 使用目的 日常・レジャー  距離区分:11,000km以下
  • 免許の色 ゴールド

 

対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・170万円
人身傷害 3000万円(全タイプ) (一般、免責金額) 1回目5円/2回目10万円
対物超過特約 有り 年齢条件 35歳以上
搭乗者傷害 有り・死亡1000万円 日常生活(個人)賠償 あり
弁護士特約 あり 等級 20等級

 

変更点を見直すことにより年間保険料が55460円だったのが、39,990円になり、

 

保険料が17,570円安くなりました。

【60代自動車保険】まとめ

 

事故の危険率が高くなると、保険料は、高くなります。
そして60代に自動車保険料は高くなります。
でも、60代はお仕事を退職されるなどで行動範囲や生活パターンの変更があると思います。

 

行動範囲の変化に対して

  • 乗っている自動車を軽自動車にする
  • 距離区分設定ができる自動車保険の場合、距離区分を短くする

 

生活パターンの変更に対しては

  • 自動車保険の使用目的を見直す

 

収入の変更に対して

  • 人身傷害に金額を変える
  • 車両保険に免責額を設定する

 

ほか

  • 記名保険者を、30代、40代などの家族に変更する

 

以上の工夫で保険料をオトクにできますよ。

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


自動車保険内容を見直しする

この記事と関連するページ

20歳以下(10代)
10代、20歳以下での自動車保険の加入では、もっとも負担の大きい保険料の額となってしまいますので、維持をしていくのが大変になってきます。ただし親と同居していれば等級を引き継ぐことも可能になっています。
21歳以上
21歳以上の自動車保険となると、20歳以下の条件に比べると少し保険料が安くなります。ただし20歳以下は不担保となるなどの条件も同時に付くことになりますので、注意が必要となります。
26歳以上
自動車保険の年齢層区分では、26歳以上29歳以下という区分も設けられています。この場合26歳未満不担保という条件がついてしまいますが、年齢条件を設定することで保険料の低減が可能になります。
30歳以上
30歳以上の自動車保険ともなれば、そろそろ保険料がお手頃な料金になり始める辺りでもあります。この世代では家庭を持ったりすることで出費が多くなりやすいですので、有利な自動車保険選びが重要です。
35歳以上
自動車保険会社によっては採用していないところもありますが、35歳以上という区分もありますのでこの年齢層の方が自動車保険料を抑えるのであれば、35歳以上の区分設定のある保険会社を選ぶと有利です。
40歳代
40歳以上の運転者となると、子供が車を運転するようになるケースも多いため単純に安さだけを求める訳にはいきません。しかし運転技術の安定などの理由から、不必要な特約を除外したりと選択肢が増えてきます。
50歳代
50歳以上の自動車保険といえば全体から見てももっとも保険料が格安となる年齢区分です。生活面でもゆとりのある方が増えてきますので、極力充実した補償内容を附帯させた自動車保険選びをしたいものです。
70歳以上
70歳以上のひとが自動車保険に加入する際に気を付けるべきポイントと保険料の相場を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター