50歳以上 自動車保険 相場

 

50代の自動車保険、ココに注目!

 

     

  • 事故が少ない50代は保険料も安い!
  •  

  • 子供が独り立ちした後は保険見直しが必須!
  •  

  • 憧れのハイブリットカーも手が届く保険料に!
  •  

  • 「おとなの自動車保険」は50代に優しい!
  •  

 

 

50代では、子供が結婚し、家族構成が大きく変わる人も多いですよね。
そんな変化があった後には、しっかりと自動車保険を見直す必要があります。
また、50代に人気の「おとなの自動車保険」についても検討していきましょう!


50歳以上の任意保険 【実例・見本】

 

保険料は、保険会社や車種によって変わります。
まずは保険会社4社(ソニー損保、アクサダイレクト、三井ダイレクト、損保ジャパン)の車種別年間保険料を見てみましょう。

 

保険会社4社の年間保険料(車種別)
※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般 ・車対車+A ・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 あり 等級 20等級(継続・乗り換え)

 

50歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 ソニー損保 44,920円 35,670円 23,910円
アクサダイレクト 44,810円 34,500円 24,910円
三井ダイレクト 38,050円 30,150円 21,830円
損保ジャパン 65,580円 56,500円 34,360円
ホンダ・フィット 30/35歳以上 ソニー損保 59,040円 46,660円 36,780円
アクサダイレクト 50,990円 40,460円 28,880円
三井ダイレクト 45,880円 34,490円 24,680円
損保ジャパン 71,310円 59,760円 39,700円
トヨタ・プリウス 30/35歳以上 ソニー損保 74,210円 53,390円 36,780円
アクサダイレクト 66,030円 48,210円 31,700円
三井ダイレクト 58,590円 40,840円 25,150円
損保ジャパン 88,340円 63,540円 39,700円
トヨタ・VOXY 30/35歳以上 ソニー損保 64,460円 47,970円 34,810円
アクサダイレクト 57,840円 43,520円 28,860円
三井ダイレクト 49,250円 34,350円 22,050円
損保ジャパン 77,440円 56,870円 36,980円
スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 ソニー損保 83,960円 57,720円 36,780円
アクサダイレクト 65,280円 46,310円 28,860円
三井ダイレクト 65,510円 42,950円 24,120円
損保ジャパン 101,840円 70,100円 43,210円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

※損保ジャパン・三井ダイレクトは35以上 / ソニー損保・アクサダイレクトは30歳以上の年齢条件のみの選択になります。

 

上のデータからも、ハイブリットカー(トヨタ・プリウス)の保険料が現実的な価格となったことがわかりますよね。
これまで保険料の高さから諦めてきたハイブリットカー、購入するなら「50代から」がオススメです!

 

50歳以上の自動車保険料の相場

 

 

各社の保険料を実際に調べて、年間保険料の平均値を出しました
コレが本当の50歳以上自動車保険料の相場です!


50歳以上 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

50,178円 41,275円 28,618円
ホンダ・フィット 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

56,805円 45,343円 32,510円
トヨタ・プリウス 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

71,793円 51,495円 33,333円
トヨタ・VOXY 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

62,248円 45,678円 30,675円
スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 4社平均

(相場価格)

79,148円 54,270円 32,365円

 

50代では等級も最高クラスまで上がっている人が多いため、保険料も安くなっていることがわかりますね。
とはいえ50代は子供さんの独り立ちなど家族構成に変化が生じやすい世代なので、補償の見直しは必要不可欠です。

 

年齢条件50歳以上の一番安い自動車保険会社

 

各社の見積もりを取った中から一番安い保険会社を表にしました。
参考にしてみてくださいね。

 

50歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

28,050円

三井ダイレクト

30,150円

三井ダイレクト

21,830円

ホンダ・フィット 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

45,880円

三井ダイレクト

34,490円

三井ダイレクト

24,680円

トヨタ・プリウス 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

58,590円

三井ダイレクト

40,840円

三井ダイレクト

25,150円

トヨタ・VOXY 30/35歳以上 最安値 三井ダイレクト

49,250円

三井ダイレクト

34,350円

三井ダイレクト

22,050円

スバル・レヴォーグ 30/35歳以上 最安値 アクサダイレクト

65,280円

三井ダイレクト

42,950円

三井ダイレクト

24,120円

 

 

以上のように、保険会社はもちろん、車種、年間走行距離、等級などの条件を変えると保険料は驚くほど変わります。
だからこそ自身の条件に合った内容の見積もりを数社からとり、比較することが重要ですよ!


▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

 

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

50歳以上の人にオススメの契約内容は!

 

 

50代の人が任意保険を見直す際のポイントは、運転者の対象年齢です。
契約者自身の登録は50代ですが、家族である息子さんやお嫁さん等が運転する場合を考慮して契約しなければなりません。
家族の使用状況に合わない内容で契約してしまうと、事故に合ってしまった場合に補償を受けられないので気をつけましょう!


 


●必須の保険内容


①対人賠償保険  必ず無制限で!
②対物賠償保険  必ず無制限で!
③傷害賠償保険  一億円~無制限がオススメ
  (人身傷害保険は加入必須。搭乗者保険は任意で選択。)
④車両保険 エコノミー車両保険(車対車+A)


●必須の特約

  • 弁護士特約
  • 日常生活賠償責任補償特約

     (家族全員に適用。他人に怪我をさせたりものを壊した時に降りる補償)

  • ロードアシスト(JAF未加入の場合)

●必須の条件

  • 年齢条件
  • 運転者限定特約
  • 免許証カラー条件
  • 車の使用目的設定

この上記の条件は最低限必要です。
後はお好みで補償内容を充実させたり、各保険のサービスをつけるとよいでしょう。
その他にも以下のように、保険会社によっては自動的にセットとなる補償があります。



●自動的にセットとなる補償

  • 無保険車傷害保証特約

    無保険車との事故で自身の車に乗っている人を保証してくれる


  • 他車運転危険補償 

    他人の車や借りた車で事故を起こしてしまった場合、自分自身が加入している保険を適用することが出来る


  • 示談交渉サービス 

    相手との示談交渉を保険会社が行ってくれる

※保険会社によりことなる場合があります

 

その他に入るべき内容

 

同居ご家族の年齢条件・特約
別居の子供の年齢条件・特約

 

年間走行距離(それ程走らない方)

50代、自動車保険を見直そう!

 

家族構成や車の使用状況の変化も多い50代では、保険の見直しは必須です。
ここからは、50代の保険見直しのポイントについて考えていきます。

 

ホンダ・フィットに乗る伊藤さんの場合

伊藤さん(55歳)は会社員、奥さん(50歳)は専業主婦です。
今年26歳になる娘さんはこの春結婚し、新居を構えました。
まずは、伊藤さんの現在の保険内容を見てみましょう。

 

見直し前の保険料~伊藤さん(55歳)の場合~
  • 車両:ホンダ・フィット
  • 運転者限定:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学 年間10,000km以下走行
  • 免許の色:ブルー
  • 保険会社:ソニー損保(通販型)

 

対物賠償 3,000万円 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 (車対車+A)・115万円
人身傷害 車内+車外補償3000万円 (一般、免責金額) 1回目5万円/2回目以降10万円
対物超過特約 あり 年齢条件 21歳以上
搭乗者傷害 なし 日常生活(個人)賠償 なし
弁護士特約 なし 等級 20等級

 

★ソニー損保のホンダ・フィットの保険料データ(表)挿入

 

当初、伊藤さんは車を購入したディーラーの「代理店型」保険に加入していましたが、5年前に保険料の安さにひかれて「通販型」保険に乗り換えました。
保険料が安くなった点については満足しているものの、いざという時に必要な補償が受けられるのか不安を感じています。
また、26歳の娘さんが結婚し家を出たのをきっかけに、現在の使用状況に合わせた補償内容にしたいとも考えています。

 

それでは保険見直しのポイントについて、伊藤さんの実際の保険内容からチェックしていきましょう。

 

<ポイント1>相手への補償は十分?

 

相手への補償は、ケガに対しては自賠責保険と対人賠償、物損に対しては対物賠償が適用されます。
伊藤さんの場合、対人賠償は「無制限」なので問題ありません。
しかし対物賠償は「3000万円」なので、十分とはいえませんね。
この場合、物損事故を起こし相手への損害額が1億円とすれば、伊藤さんは7千万円もの大金を自己負担しなければなりません。

 

近年の裁判例でも

 

平成6年7月19日の物損事故において、神戸地裁が2億6千万円

 

というように高額の損害賠償を認められたケースもあります。
通販型の保険では保険料も安くすむのですから、万が一のことを考えて対物賠償は「無制限」、もしくは「一億円」にしましょう。

 

<ポイント2>自分への補償は十分?

 

伊藤さんは自身への補償として、傷害賠償保険の人身傷害保険と、車両保険に入っています。
ただ、現在の車両保険は自損事故には適用されない「エコノミー(車対車+A)」なので、「万が一」を考えると「一般型」にしたほうが良いでしょう。
人身傷害の補償は「3000万円」ではなく「無制限」、もしくは「1億円」にすると安心ですね。
免責設定(事故にあった時、一部の金額を事故負担する設定)を最高額にすることで、保険料が安くなります。

 

また、交通事故で入院したときには早急にお金を工面しなければならない場合も。
そんな場合に備えるなら、搭乗者保険にも加入しましょう。

 

<ポイント3>必要な特約に入ってる?

 

特約には「無保険車傷害特約」や「他車運転危険補償」のように自動的に付くものもありますが、「対物超過修理費用補償」や「弁護士費用等補償特約」のように申請が必要な特約もあります。
以下にオススメの特約についてまとめました。見直しの参考にしてくださいね。

 

【対物超過修理費用補償特約】

相手の車の修理費が車両の時価を上回った場合、その差額を責任割合に応じて補償する特約で、50万円が限度です。
対物賠償保険に上乗せして保険金が支払われるので、事故処理が早くなります。
対物超過修理費用特約について対物超過修理費用特約ってどんな時に助かるの?メリットと必要性は?で詳しく説明しています。

【弁護士費用等補償特約】

赤信号で停止中に追突されたというような「自分に過失がないもらい事故」の場合、契約している保険会社の示談代行サービスは使えません。
そこで相手との示談を弁護士に依頼し、その費用を補償してもらえる特約です。
弁護士費用等補償特約について弁護士費用等担保特約(弁護士費用等補償特約)で詳しく説明しています。

【事故付随費用特約】

事故により契約車が走行不能になったときに発生する臨時宿泊費用(ホテル代など)、臨時帰宅費用(JRなどの交通費)および搬送・引取費用を補償する特約で、車両保険とセットで加入できます。

 

 

<ポイント4>【限定条件】は適切?

 

車の使用者である伊藤さんと奥さんは50歳以上。以前は車を共有していた娘さんも、今では結婚し家を出ました。
そのため年齢条件は夫婦の年齢にあわせ、最高クラスの「35歳」にすると保険料が安くなります。
「運転者限定条件」については、「家族限定」から「配偶者限定」に変更しましょう。

 

とはいえ、同居している未婚の子供と車を共有する場合には、子供の年齢に合わせた年齢条件にしなければなりません。
以下に年齢条件ごとの保険料を示したデータを用意したので、参考にしてくださいね。

 

年齢条件による保険料の差

保険の例

あなたの年齢 本人以外の年齢制限 年間保険料 車両保険なし
50~59歳 35歳以上 37,020円 27,560円
50~59歳 30歳以上 39,520円 29,800円
50~59歳 26歳以上 44,680円 34,640円
50~59歳 全年齢 89,450円 65,700円

 

<ポイント5>使用目的、走行距離は適切か?

 

伊藤さんが52歳の時、職場の配属先が変わったことでマイカー通勤から電車通勤になりました。
現在では奥さんの買い物や、休日のおでかけに車を使用しています。
そんな使用状況にあわせ、使用目的を「通勤・通学」から「日常・レジャー」に、「走行距離」はより少なく設定すると、保険料を節約できます。

 

見直しでより適切な保険に!

 

保険を見直した結果、伊藤さんの保険はこんなに「★補償が適切にor保険料が安く、もしくは両方」なりました。
以下は見直し後の実際の保険料です。見直し前の保険料と比べてみてください。

 

見直し後の保険料~伊藤さん(55歳)の場合~

 

●車両:ホンダ・フィット ●契約者年齢:31歳 ●対人・対物補償:無制限 ●運転者限定:家族限定 ●使用目的:日常・レジャー

 

対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般
人身傷害 車内+車外補償3000万円 (一般、免責金額) 1回目15万円/2回目以降15万円
対物超過特約 あり 年齢条件 21歳以上
弁護士特約 なし 搭乗者傷害 なし

 

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 30歳以上 30歳以上
等級 12等級 20等級
年間保険料 64,420円 50,990円
エコノミー車両保険 51,203円 40,460円
車両保険なし 40,460円 28,880円

※アクサダイレクトの保険料です。

 

以上のように、50代では保険料が安い分だけ、補償を手厚くしましょう。
また、車の使用状況や家族構成に見合った内容にすることも大切ですよ。
以上の点を踏まえて、しっかりと保険を見直していきましょう。

50代にオススメ!「おとなの自動車保険」

 

 

車の運転技術も上達し、事故が減る50代にオススメなのが「おとなの自動車保険」。
香川照之さん出演の「プップッ!40代50代の皆さん」というTVCMおなじみですよね。
今回は、この「おとなに自動車保険」について解説します。


「おとなの自動車保険」は、契約者のほとんどが「40代、50代、60代」。
理由としては、「おとなの自動車保険」が1歳きざみの年齢条件を採用しており、年齢条件の最高クラスである「35歳以上」を適用するより保険料が安くなる場合が多いためです。
それに加え保険料は走った分だけなので、年間走行距離が「10,000Km以下」の人は保険料が安くなる可能性もあります。

 

とはいえ「おとなの自動車保険」は保険料が安い人、つまり等級が高い人をターゲットにした保険。そのため事故が多く等級が低い人はかえって保険料が高くなる場合もあるので、注意が必要です。
気になる人は実際の見積もりをとり、他社と比較してみてくださいね。

 

50代、安全運転だから安くなる!

 

事故率が下がり保険料が安くなる50代は、補償を充実させるまたとないチャンス。
出来る限り多くの特約をつけたり、補償額を最高に設定したりと、万が一の時に後悔のない内容にしましょう。
保険料や特約は会社によっても変わるので、多くの見積もりを比較し自分に合った保険会社を見つけることが重要です。

 

自動車保険上手く上手に選べてますか?

 

 ●母(59歳)の自動車保険選び

50代の自動車保険は夫婦のための補償内容にしたいです。

 

我が家の保険選びシミュレーション

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。 軽自動車の保険料相場と補償内容の 選び方のポイントをチェックしましょう。

軽自動車の保険相場はどれくらい?

 ●保険選びをナビゲートします

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。

自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。

おすすめの自動車保険ランキング!

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

20歳以下(10代)
10代、20歳以下での自動車保険の加入では、もっとも負担の大きい保険料の額となってしまいますので、維持をしていくのが大変になってきます。ただし親と同居していれば等級を引き継ぐことも可能になっています。
20代前半(21~25歳)
20代の自動車保険となると、20歳以下の条件に比べると少し保険料が安くなります。21歳以上のには年齢条件特約と附帯することで保険料が大きく割引されますが、20歳以下は不担保となる条件も同時に付くことになりますので、注意が必要となります。
26歳以上
自動車保険の年齢層区分では、26歳以上29歳以下という区分も設けられています。この場合26歳未満不担保という条件がついてしまいますが、年齢条件を設定することで保険料の低減が可能になります。
30代前半 (30~34歳)
30歳以上の自動車保険ともなれば、そろそろ保険料がお手頃な料金になり始める辺りでもあります。この世代では家庭を持ったりすることで出費が多くなりやすいですので、有利な自動車保険選びが重要です。
35歳以上
自動車保険会社によっては採用していないところもありますが、35歳以上という区分もありますのでこの年齢層の方が自動車保険料を抑えるのであれば、35歳以上の区分設定のある保険会社を選ぶと有利です。
40歳代
40歳以上の運転者となると、子供が車を運転するようになるケースも多いため単純に安さだけを求める訳にはいきません。しかし運転技術の安定などの理由から、不必要な特約を除外したりと選択肢が増えてきます。
60歳代
60歳以上の人の保険料相場は?またどういった所に気をつけるべきなのでしょうか?
70歳以上
70歳以上のひとが自動車保険に加入する際に気を付けるべきポイントと保険料の相場を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド